この記事は2011年6月8日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

SFアーチェリーのアルティメイトカーボンハンドル

110608_202830.jpg

本日、届きました。いろいろと書こうと思ったら、ちびっ子のお風呂の時間!!もう会社を出ないといけません。
明日、書かせていただきます。
お勧めののハンドルはと聞かれたら、
5万円台 → WIN&WIN INNO CXT
4万円台 → HOYT GMX
3万円台 →
2万円台 → SF Forged Plus
1万円台 → SF Premium
という感じでしたので、3万円台のエースになるのではないかと思っています。
(もともとは、3万円台でもっとも出来の良かったハンドルはMastersでしたが、販売が終了。さらに、新型モデルは4万円台のモデルとして発売されるようです)


The following two tabs change content below.

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。