この記事は2011年2月3日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

Nimes インドアトーナメントの方がアップされました

(携帯電話からアクセスの場合、動画はご覧になれません)
Fivicsの2011年のカタログをアップしましたので、ご確認下さい。90MBもあるのでダウンロードには若干時間がかかります。
Fivics Archery 2011 カタログ(PDF)
http://archery-shop.jp/catalog/fivics_2011.pdf

また、KAYAのSOULの2011年モデルをショップにアップしました。カーボンのグレードと使用量の増加の為、重さが旧モデルに比べ3~5g程度重くなっています。今までは軽量フルカーボンロッドとして扱ってきましたが、この重さだと…もう軽量とは呼べないかも。。中くらいです。
Nimesのアーチェリー展示会の方についていくつも記事を書きましたが、会場では「Archery World Cup Indoor Challenge」という、多くの有名選手が出場する試合が行われていました。


WIN&WIN、HOYTなどのメーカーも選手を派遣し、女子ではWINの選手が、男子ではHOYTの看板でもあるエリソンが優勝しました。動画はFITAが配信しています。

ジュニアの方では決勝にUUKHAのUX100を使用した選手が出場していましたが、やはり、メーカーのおひざ元のフランスではかなりシェアを伸ばしていました。「自国のメーカー」には贔屓になりますし。



決勝はFITAが撮影し編集した素敵なビデオがございますが、トーナメントの様子はないので、1/4で残った選手が一斉にシューティングしている画を撮ってきました。トップ選手がどのようなタイミング・リズムで3本を射つのか参考になるかと思います。交互射ちと違ってみんな結構引き戻ししてますし…。


The following two tabs change content below.

Ryo

(株)JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、コンパウンド競技歴5年、2021年よりターゲットベアボウに転向。リカーブとコンパウンドで全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。次はベアボウでの出場を目指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。