この記事は2011年1月5日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

リムとハンドルの見分け方について

コメントへの返信です。いろいろと考えていて遅くなりました。。。


ハリアーハンドルは広告を見る限り、W&WによるOEMのように見えましたが、KAYAのハンドルはW&Wが作っているのですか?
nbkcさん


コメントありがとうございます。
ご質問に関してですが、新年の記事でも書きましたが、(何処で作っているのかという)仕入れの知識・ノウハウというのはそのショップの競争力そのものです。主に価格に直結します。そのために、この辺りの事情はあまり詳しく書けないことをご理解下さい。
どの工場でだれが作っているのかが分かれば、正しいルートで仕入れることで安く販売することが出来るようになります。(正しいルートというのはあちぇ屋が工場から直接仕入れることではなく、工場と最もパイプが太く影響力のある代理店をいかにして見つけるかということです)
リムとハンドルの見方について少しだけ書きますと…
110105_122756.jpg

この写真を見て、どのメーカーの系列か分かる方。いろいろなメーカーのものをテストしている方であれば、分かるかもしれません。
ハンドルとリムというのはリカーブもペイントも形も、パクリとは言わなくとも、似ているものはいろいろとあります。似ていたとしても、同じメーカーであるとは言えません。
プロショップでは何処を見るかというと、リムであれば、例えばこの金具の部分。リムを作っている工場の数が5だとすれば、世の中に存在するブランド数は10~15くらいになります。OEMでも、それぞれのブランドの為にいろいろと変えて作りますので、見た目でOEMだと判別することは困難ですが、例えば、このパーツをOEM用に特別に変えることはしませんし、このパーツはモデルチェンジもないので、少し古いリムでもみわけるのに便利です
ハンドルでも、リムボルトのようにOEM先によってデザインを変えたりしないパーツや、あとは、例えばCartelの新作のハンドルのクリッカーネジはM4で作られています。分かる人にはピンと来るかもしれません。
そういったポイントを見ながら、製造先・OEM先を考えて、どのように・誰にコンタクトするかを考えたり…そんなことがこの会社での自分の業務になっています。


The following two tabs change content below.

Ryo

(株)JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、コンパウンド競技歴5年、2021年よりターゲットベアボウに転向。リカーブとコンパウンドで全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。次はベアボウでの出場を目指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。