この記事は2010年12月13日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

Stokerized 2011 SS1の正体は…

insideA.jpg

Stokerizedの社長さんがめでたく、アーチェリービジネス誌の「Inside Archery」の表紙を飾ったようで、メールをいただきました。おめでとうござます。この雑誌…購読してなくてすみません。。。
155971_462424882230_55941502230_6020161_8005739_n.jpg

SS1という2011年の新商品のフライヤーをいただきましたが、これでは、どういう商品か分からない…とにかく、HOTな商品みたいです。
FUSEのCarbon Bladeが代理店に到着したようですが、開封が間に合わないそうで、本日JPアーチェリー宛てに出る荷物には「2011年のカタログ5部」だけが乗るとかで、微妙すぎる。次回便は木曜日に出る予定ですので、Carbon Bladeの入荷は来週の月曜日あたりです。楽しみですが、オーダーリストを見ると、あの楕円形のドインカーのダンパーだけでも、販売しているようですので、こちらも単品でいろいろと使い方がありそうな気がします。
cxt_z.jpg

また、ウィンジャパンさんが、やはりウッドモデルとして日本側で独自にWINACTリムとハンドルを残す事を発表しました。ベストセラーのWINACTが日本のために販売がずっと続くのはいいことですが、ここまで来るとやめ時が難しそう。


The following two tabs change content below.

Ryo

(株)JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、コンパウンド競技歴5年、2021年よりターゲットベアボウに転向。リカーブとコンパウンドで全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。次はベアボウでの出場を目指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。