この記事は2010年11月9日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

THE Heretic Archerを翻訳します。

100907_115413.jpg

agre.jpg
翻訳契約締結しました。
日本のアーチェリー界を面白くと前に書きましたが。。。。イタリアのトップ選手フランジィーリの著書「The heretic Archer」を翻訳させていただくことが決まりました。韓国の理論以外にも興味がある方にお勧めです。
いろいろと日本との違いがあり、リムと矢と弦などは道具の選択として書かれていますが、スタビライザーの選び方はチューニングの一種として語られています。
少し昔に入ってきていたアメリカのアーチェリー技術の本とも、今、流行の韓国のアーチェリー技術本とも違う独特の味。まぁ、タイトルが「Heretic(異端)」ですから。。あちぇ屋にはぴったりなのかもしれませんが。
本は父Vittorioと息子Micheleは各パートを担当して書いたもの。Micheleは1996年のオリンピックでの銅メダルを始め、15年間世界の第一線で活躍し、現在でも世界ランキング6位。
イタリアでのアーチェリーの歴史は細かくは知りませんが、お隣のフランスでアーチェリーが始まったのは1620年だそうです。今では”異端”になりましたが、昔ながらの伝統的なシューティング技術は案外こっちだったりするかもしれませんね。
交渉中には強く「同じフォーマットで」と言われていましたが、A4サイズはどう考えても日本には大きすぎるので、いろいろ話し合った結果、4か国で翻訳されていますが、日本語版だけ小さいサイズでの出版を許可してくれるそうです。頑張ります。一応、目次だけアップします。
現在関係スタッフ3人で翻訳中、11月には翻訳が完了し、12月の入稿、1月の出版販売を計画しています。みなさん宜しくお願い致します。
目次
1) イントロダクション
1.1) イントロダクションby Vittorio Frangilli
1.2) イントロダクション by Michele Frangilli
2) 道具の選択
2.1) アーチェリー競技とアーチェリー用品
2.2) アルミシャフトとカーボンシャフト
2.3) 矢
2.4) リム
2.5) 弦
3) チューニング技術
3.1) ティラーハイト・感覚の世界
3.2) スタビライザー
3.3) 初期チューニング
3.4) ファインチューニング
3.5) グルーピング
4) シューティング技術
4.1)  シューティング技術の教え方と教わり方
4.2) シューティングテクニックの進化:Fast shooters and Slow shooters
4.3) 11ステップの理論
4.4) 1 的に対しての足と体の位置
4.5) 2 押し手
4.6) 3 とりかけ
4.7) 4 弓と的の線上にサイトを合わせる
4.8) 5 肩を押し手の肩セット
4.9) 6 アンカーポイントまでドローイングする
4.10) 7 アンカリング
4.11) 8 バックテンションのコントロール
4.12) 9 弓と的の線上にサイトを合わせる
4.13) 10 サイトを的方向へ押す
4.14) 11 リリース
4.15) 射の全体のイメージ
5) トレーニング
5.1) トレーニングの6つの法則
5.2) ピークパフォーマンス
5.3) コンディショニング
5.4) フィジカル・トレーニングとメンタル・トレーニング
6) 競技の形式
6.1) アウトドアターゲット
6.2) インドアターゲット
6.3) フィールドアーチェリー
7) 進化するアーチェリー
7.1) よくされる質問
7.2) あとがき
7.3) 参考
(全160ページ)


The following two tabs change content below.

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

4 thoughts on “THE Heretic Archerを翻訳します。

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    翻訳権の獲得おめでとうございます。
    出版を楽しみにしています。
    ところで、「Micheleは1996年のオリンピックでの同メダルを始め」とありますが、「予選1位、最終6位」ではないでしょうか?(月刊アーチェリー2004/3月号)
    フランジーリは自分の好きな選手ですので、少し気になり調べてみました。
    間違っていたらごめんなさい……m(_ _)m
    (一度目はちゃんと投稿できていなかったようなので二度目の投稿です。)

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    銅メダルが同メダルになっていましたね…すみませんでした。ミケーレの方の経歴を載せておきます。父親が書いているので、間違いはないと思いますが、全てはチェックしていません。
    Olympic Games
    Team Bronze Medal 1996
    Team Silver Medal 2000
    World Games
    Silver Medal 2001
    Gold Medal 2005
    Silver Medal 2009
    World Champion Titles
    Team Junior World Champion 1994, Target Archery
    Team World Champion 1999, Target Archery
    World Champion 2000, Field Archery
    World Champion 2001, Indoor Archery
    World Champion 2002, Field Archery
    IFAA World Champion 2003, Indoor Freestyle Limited
    Team World Champion 2003, Indoor Archery
    World Champion 2003, Target Archery
    World Champion 2006, Field Archery
    Team World Champion 2007, Indoor Archery
    Team World Champion 2008, Field Archery
    European Champion Titles
    Team European Champion 1998, Target Archery
    European Champion 1999, Target Archery
    Team European Champion 2000, Indoor Archery
    Team European Champion 2002, Indoor Archery
    European Champion 2002, Target Archery
    European Champion 2009, Field Archery
    Team European Champion 2009, Field Archery
    Team European Champion 2010, Indoor Archery
    Italian Champion Titles
    47 times Italian Champion
    > 翻訳権の獲得おめでとうございます。
    > 出版を楽しみにしています。
    >
    > ところで、「Micheleは1996年のオリンピックでの同メダルを始め」とありますが、「予選1位、最終6位」ではないでしょうか?(月刊アーチェリー2004/3月号)
    >
    > フランジーリは自分の好きな選手ですので、少し気になり調べてみました。
    > 間違っていたらごめんなさい……m(_ _)m
    >
    > (一度目はちゃんと投稿できていなかったようなので二度目の投稿です。)

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    どうも、自分のいっているのは個人結果のことだったようですね。
    雑誌には団体結果には触れていなかったので…。
    改めてネットで調べてみると、団体ではイタリアは三位(銅メダル)だったようです。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    この本はすでに4つの言葉に翻訳され、多くの人が読んでいるので、こちらの翻訳ミス以外での間違いはあまり多くないのではないかと思います…そう思うとさらにプレッシャーですが…質の良い日本語でお届けできるよう頑張ります。
    > どうも、自分のいっているのは個人結果のことだったようですね。
    > 雑誌には団体結果には触れていなかったので…。
    > 改めてネットで調べてみると、団体ではイタリアは三位(銅メダル)だったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。