この記事は2010年11月8日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

メーカーのあり方と育ち方 その2

タイトルを「その2」にしましたが、内容は先日のブログの記事のコメントへの返信です。


Tokyoはレジェンドとプロセレクトのコラボ商品で、「電車移動が多い東京のアーチャーにも使いやすい大容量ケース」がコンセプトだったはずなので関係無くはないと思いますが。
# 2010-11-06(21:20) :


コメントありがとうございます。もちろん、お客様の方では、好きな商品をご購入して頂ければよいと思いますし、当店でも、どうしても取り寄せて欲しいという商品を「メーカーの生産の問題」以外の理由でお断りする事はほぼありません。
ただ、記事に書いたとおり、メーカーが出してくる商品を代理店としてどう判断するのか。
うちは、まだ代理店として新参者なので、自社の事は何も言えませんが、他の代理店を見ていると、代理店としてメーカーと10年付き合っていても、ちっともメーカーを成長させられない代理店もあれば、きちんと意見をしてメーカーと共に成長できている所もあります。後者である為には、なんでも売ればいいとは考えていませんし、今回は自社のアイデンティティを大事にしてほしいということで、一年間代理店としての活動は控えさせていただきました。その間もプロセレクトさんでは、Legendの商品を日本に供給していたので、結果的に、あちぇ屋の判断がお客様に大きくご迷惑をおかけすることは無くて良かったかなと思います。


WIN&WINさんに対して、(しょうもない商品を作りながらも)っていうのはいかがなものかと思われます。
ものづくりの姿勢に対しては、賛同しますが・・・。
# 2010-11-07(00:03) :
# 週1アーチャー


コメントありがとうございます。3月で今年のWINのINNO EXリムシリーズは抜群に良いと書きました。しかし、ご存知かと思いますが、この5年間で見ると、4年前にはWINはXQ-1というリムで、設計の問題により、初期製造分の回収・交換のリコールを行っています。
このような商品を「しょうもない商品」と呼ぶのは失礼かもしれませんが…でも、やっぱり、売ったリムがほぼ壊れて回収して交換というのは、その後のリカバリーはメーカーとして誠意ある対応だったとしても、もう少し商品を市場に出す段階で頑張ってほしかったと思っています。
…という過去の話をいまさら掘り返してもと思ったので、具体的には書かず、「(しょうもない商品を作りながらも)」と表現させていただきましたが、説明が足りず申し訳ございませんでした。
同時期には、渋谷アーチェリーのSSスタビライザーが製造上の問題によりすべて破損して交換、HOYTのG3も特定時期の出荷ロッドがほぼすべて破損して交換となっています。


文章の全体と前後の流れから言えば、この「しょうもない(ry」は、愛のある「しょうもない」と読めますよ。
最近のマスコミのような煽動的で、言葉尻だけをを捉えた批判はいかがなものかと思われますが。
我々一般人くらいは、人の言葉をちゃんと捉えましょうよ。
批判的でネガティブな解釈しか出来ない人種になるのだけはやめましょうよ。
さみしくなります。
# 2010-11-07(19:10) :
# とも


コメントありがとうございます。
ちょうどブログを書く前に、今月の雑誌アーチェリーの渋谷アーチェリーがINNOハンドルについて書いた記事を読んだ所で、次期モデルのCXTが市場に出て1年近くたつのに、その3年前に設計リリースされたモデルをいまさら、「鬆」があるから不安だという書き方に疑問を感じました。通常商品の評価レビューという最新の商品に対して行うもので、3年前のモデルを評価するということはしないと思いますが…。
今回の記事では、5年前に発売されたXQ-1リムについては、その事件を具体的に書いて掘り返したりしないで、「しょうもないものも作ったが」という表現にとどめておこうかと思ったのですが、何処まで書くのかというの難しい問題です。


The following two tabs change content below.

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

7 thoughts on “メーカーのあり方と育ち方 その2

  1. SECRET: 0
    PASS: a91c2d9c2498c2c1d383f16458bd203a
    このブログをよく拝見させていただいています。
    私はWIN&WINを愛用してして、なおかつ愛着があります。
    しかし、この公式ブログに「しょうもない製品をつくりながら」
    という書き込みはどうかと思います。
    このブログを見た友人からも批判の声を聞いております。
    気をつけていただきたいです。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメントありがとうございます。
    該当の文書ですが…「しょうもない商品を作りながら」ではなく、「しょうもない商品を作りながら"も"」です。前者ではWINが回収する商品しか作っていないということになりますので、その部分で文書を切られると誤解を招くかと思います。
    批判はお受けしますしますが、これはブログに"だけ"書いていることではなく、WIN&WIN本社との直接の話し合いでも、直接担当にお伝えしている内容です。
    お客様のご愛用のメーカーにあちぇ屋が失礼なことを言っていると受け取られるのかもしれませんが、そういうことを言うことが代理店・販売店の役割だと思っていますし、相手もそれを理解していると考えています。
    > このブログをよく拝見させていただいています。
    > 私はWIN&WINを愛用してして、なおかつ愛着があります。
    > しかし、この公式ブログに「しょうもない製品をつくりながら」
    > という書き込みはどうかと思います。
    > このブログを見た友人からも批判の声を聞いております。
    > 気をつけていただきたいです。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    何で事実ありのまま「リコール問題に発展した製品」と書かずに「しょうもない」と書くのかが理解に苦しむポイントです。まだまだ大学生気分が抜けないのでしょうか?

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    「しょうもない~」
    ってそういう事だったんですね
    winwinのした事が余りわからなかったので…
    少しでも歴史がわかりました
    有難うございます
    でも…あまり説明なしに書くのは如何かと……

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そうですね。そう言われるともう4年経っていました。ついこの間の事だと思っていたのですが。説明が足りませんでした。
    お客様では、特定のメーカーを贔屓にされたり、愛着があったりすると思いますし、良いことだと思いますが、業者としては、毎年の各メーカーの特徴・出来・不出来を見極める事が大事だと思っています。
    正直、どのメーカーも調子がいい年もあれば、調子の悪い年もあります。ずっとていいものしか作らないメーカーは無いのではないかと思います。それをきちんと評価することと、また、それはメーカーとの信頼関係の上でやっています。当社と信頼関係のない、販売していないメーカーについては出来るだけ言及しないこととしています。
    > 「しょうもない~」
    > ってそういう事だったんですね
    > winwinのした事が余りわからなかったので…
    >
    > 少しでも歴史がわかりました
    > 有難うございます
    >
    > でも…あまり説明なしに書くのは如何かと……

  6. SECRET: 0
    PASS: 7c8c2b4510a39d9e868da573106eeeac
    いつもブログを楽しく読ませていただいています。
    自分もWINの製品に愛着を持っていますが、前々回の日記からは特にWINを貶めるような意図を感じませんでしたし、むしろWINに対する敬意を感じました。
    いろいろな方がブログを読んでいるので苦労も多いと思いますが、商品の率直なレビューや弓具に対する考察など楽しみに待っていますのでこれからも頑張ってください。

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメントありがとうございます。
    文書のみで何かを伝えるのは難しいときもありますが、基本的にあちぇ屋で販売しているメーカーさんは、高く評価しているから販売していますので、率直に書いているだけで、メーカーとの関係はしっかりとあります。
    "嫌いな"メーカーもないとは言いいませんが、そういったメーカーはまず当店で取り扱いをしていませんし、取り扱わない・関係のないメーカーの商品についてブログで触れる事もまずないはずです。
    *MK Koreaは取り扱いしたいが、利権が複雑で手を出していないだけです
    > いつもブログを楽しく読ませていただいています。
    > 自分もWINの製品に愛着を持っていますが、前々回の日記からは特にWINを貶めるような意図を感じませんでしたし、むしろWINに対する敬意を感じました。
    > いろいろな方がブログを読んでいるので苦労も多いと思いますが、商品の率直なレビューや弓具に対する考察など楽しみに待っていますのでこれからも頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。