この記事は2010年9月17日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

UUKHAについての中間報告

UUKHAについての中間報告させていただきます。技術も新しいのですが、それだけではなく、韓国系であれば、社長の経歴だけで、どのようにビジネスをするかを含め、どのようなメーカーかわかりますが、UUKHの社長はハンドル・リムメーカーから独立した人でもないので、業界内でのビジネスのやり方を含め、いろいろと話することが多くて…でも、話は着実に進んでいます。
まず、性能や特徴については、テストシューターの方のブログで何度も取り上げていただきました。ありがとうございます。また、もう一つテスト用に外に出しているリムは、東京都のシングル大会で世界大会出場経験豊富な選手たちを抑え、RC成人部門で優勝したそうです。おめでとうございます。
問題としては、リムのリカーブ・長さと音の問題などが報告されています。引き続きテストしていきますが、リムとしてUUKHAのリムは技術・性能・品質ではかなりレベルの高いところまで来ているが、商品としての統合的な魅力をもう少し、国内市場に出す前に磨きたいと思います。
UUKHAというのブランド名ですが、作っている会社はXcompositeという会社で、HOYTやSAMICKのような会社がリムを作るためにいろいろな素材を試すとの違い、コンポジット素材を作るのが本業で、その素材を使ってリムを作っているというメーカーです。素材から開発するという点では、HOYTよりも、EASTONに似ているかもしれません。
そのためにリムの開発の仕方も他社と異なり、他社では簡単に修正できる点の修正に時間がかかったり、逆に他社には絶対にできないことができたりします。その一方で、社長は素材から作っている自社製品にかなりの自信を…まぁ、自信を持っていないと何千万もかけて設備投資できないとは思いますが、その自信があだとなる場合も多いので難しいです。
あとは、最近の欧米でのビジネスのやり方ですが、SFと同じようなやり方です。メーカーにとって、自社製品をあまりにも安く販売されれば、ブランドイメージに流通に問題が生じますし、逆に高く販売されると、これもブランドイメージを棄損します。
例えば、デジタルカメラの場合、2万円クラスの性能というはどのメーカーも同等レベルであり、お客様もそれを期待して購入します。その時に、1万円で販売されると「そんなに売れていないのかな」となり、3万円で販売されると3万円台の他社製品と比べられ「この値段でこのスペックはないだろ」となり、どちらもメーカーにとって望ましいものではありません。Appleなどもこの路線を取っていて、通信会社との契約があるiPhoneは別としても、iPad-wifiやiPodは世界中どこで買っても、先進国では同じくらいの値段です。
最近ではメーカーがこの販売帯で販売してほしいと公表する流れがありますが、SFアーチェリーの場合、Forgedの欧米価格は27,000円です(これに日本までの輸送料を加えた29,800円であちぇ屋では販売しています)。SFアーチェリーの代理店は国内では大手はどこも断ったのですが、これ商品の卸価格を考えると、この商品はWINACTと同じくらいの価格で販売したいのです。
UUKHAの場合はUX100でヨーロッパ地区の希望小売価格は58,000円程度です。輸送料を加えると、日本では62,000~64,000円で販売してほしいということになりますが、卸価格は中々の金額で、日本国内の慣例に従えば、108,000円とか、そのあたりの定価をつけなければなりませんが、これではXcompositeの社長が認めるか微妙です。高くも安くも、フェアに、送料を除けば世界中のどの国でも同じような値段で販売してほしいとのこと。
現状、国内で「日本価格」を付けずに、そのような条件で販売できる業者は多くとはないと思います。自分としても、大手が扱うのなら、そのほうがUUKHAにとってもいいことだと思いますが、難しいのではないかというのが正直な印象です。
商品をマーケットに出してから、まだ、たった1年のメーカーですが、この段階で既存メーカーに遜色レベルに達しているのは、作り方の革新性(リムの作成に治具ではなく金型を使うので”職人芸”が必要な部分がかなり少ないです)もあると思いますが、すごいです。
新しいメーカーと付き合うというのは、商品の問題だけではなく、いろいろとあります。
ということで、話は継続中です。2011年に向けてということで。


The following two tabs change content below.

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

2 thoughts on “UUKHAについての中間報告

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    面白いメーカーですね!
    この素材ならW社のフォーカ●リムのような形状や、プラスしてY●MAHAのパワーリカーブを付け足したりとかも可能かもですね(良い悪いは別として…)。傷さえ付けなければ折れる心配がなさそうな印象のリムです。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    1000本近く販売してまだ1本も折れていないとメーカー側では説明しています。本当かどうか確認のしようがないので何とも言えませんが、楽しみなメーカーであることは間違いないと思います。ヨーロッパでも商業主義でどんどん広告出してとかではなく、自社のコミュニティを大事にして、少しずつ口コミで販売しているようですので、あとは商品の総合力をどう高めるかだと思います。
    > 面白いメーカーですね!
    > この素材ならW社のフォーカ●リムのような形状や、プラスしてY●MAHAのパワーリカーブを付け足したりとかも可能かもですね(良い悪いは別として…)。傷さえ付けなければ折れる心配がなさそうな印象のリムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。