この記事は2010年8月20日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

Kim Hyung Takのアーチェリーのお試し版

mag201009.jpg

今週の雑誌アーチェリーは韓国ELI社の社長のKim Hyung Tak氏が書いた「Archery」の要約です。英語版の価格が1万円近いにもかかわらず、取引があるショップではみんな在庫切れになっています。ELIは以前仕入れていたので、直接メールして送ってもらうように手配中ですが、お試し版というか、英語版のチャプター1までの内容が「立ち読み用」に公開されています。英語です。なぜか、公開先はFITA(archery.org)です。FITA公認?
archerybook.jpg
Kim Hyung Tak “ARCHERY”
(3.46MB-PDF)

以前に、イタリア・アーチェリーについて書かれた「The Heretic Archer」を翻訳中だといっていましたが、その要約のほうが個人的には楽しみです。いつごろになりますかね~。
@JP_ARCHERY
https://twitter.com/JP_ARCHERY

それと、Twitter始めました。何書くかはまだ決めていませんが、よろしくお願いいたします。


The following two tabs change content below.

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。