この記事は2010年7月24日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

日本のアーチェリー業界のこれまでとこれから

金曜日はアーチェリービジネス業界の大御所の方とお話をしてきました。日本アーチェリー業界のこれまでとこれからについて話をし、午後から5時間以上もお話しをしていただきました。本当にありがとうございました。内容は書きませんが、一言でまとめると「フェア」とは何かについての話が中心だった気がしています。フェアな価格・フェアなサービス・フェアな取引・フェアな参入。
勉強になりました。是非これからも、いろいろとご指導いただければ幸いです。
どの世界にも表向きでは笑顔で、裏で人を刺す人間はいますが…こうも裏表のない、立派な方からお話を聞くと、アーチェリービジネスをやっていてよかったなと思います。アンフェアな卑怯者には負けられませんね。
帰り、友人で来年アーチェリーショップに就職が決まっている大学4生の方とも、ちょっと1杯(4杯?)呑んできました。日本のアーチェリー業界(と矢を)を支える大事な業務をやっている会社ですが、正直、お客様の間ではあまり有名では無いのかな。就職は来年ですが、今でもいろいろとお手伝いしているとのことで、こちらも良い話ができたかなと思います。

「お客様のニーズはわかっているが手段がない」
「手段はあるが、お客様ニーズがわからない」

ここから脱することができれば、ショップとして大きく成長できると思いますし、新しいアイデアとパワーでアーチェリー業界を面白くしていきましょう!!!すぐには変えられなくても、正しいことをやり続けていれば、少しずつ世間は応えてくれるものです。
もう欲しいものが手に入らない時代ではありません。大手の通販やネットショップで何でも買える時代にショップとして求められていることは商品を供給することだけではなく、アーチェリー面白くすることじゃないかなと。
偉そうなことを書いていても、すぐに何かできるわけではありませんが、これまで同様、少しずつ、一歩ずつ、前に進みたいと思います。ここまで4年。そうですね。6年後には、陰ながらでも、日本のアーチェリー業界を支える会社になっていればいいなと思います。よろしくお願い致します。


The following two tabs change content below.

Ryo

(株)JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、コンパウンド競技歴5年、2021年よりターゲットベアボウに転向。リカーブとコンパウンドで全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。次はベアボウでの出場を目指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。