この記事は2010年3月4日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

KAYAのSOULスタビライザー販売開始しました。

KAYAからの初期入荷分のテストが終了しました。テスト結果はかなり良好でしたので、本日販売を開始しました。
KAYAに対してテストの結果をフィードバックする約束でしたので、今いろいろと話しあっていますが、特に評価が高かったのはフルカーボンロッドの振動吸収性と軽さから来るロッドバランスが評価されました。比較は同価格帯(センターはウェイト込みで9,200円)で振動吸収性が評価されているHMCと、全体のバランスが良く、ベストセラーとなっているACEスタビライザーです。
ちなみに、ウェイトを含まない12インチロッドの重さでは
・SOMA CEX2 62g
・KAYA SOUL 84g
・W&W HMC 132g

*参考値 EASTON ACE 55g(11インチ:12インチモデルはありません)
    SOMA CEX5 98g
です。上記の5つの当店の売れ筋モデル(世界のトップ選手の6割以上は上記のスタビライザーのいずれか使用しています)では、ちょうど真ん中に位置する重さです。面白いポジションのモデルを作ってきたと思います。この重さのフルカーボンモデルはSOULスタビライザーくらいではないでしょうか。
以下、テストシューターからのフィードバックです。
・The vibration reduction is faster than the other stabilizer (e.g. HMC, ACE) when shooting without dampers.
→ 発射後の弓の振動の収まりが良い(同価格帯のHMCやACEと比べた場合)
・The sound became quieter
→ 発射音が小さくなった
・Fairly moderate weight
→ 上記の比較ロッドに比べ、ロッドの重量のバランスが良い
・Center-rod is good but side-rod feels the best while shooting
→ 上記の3点について、特に、センターロッドよりも、サイドロッドの方がより出来が良い。
などなどでした。


The following two tabs change content below.

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。