この記事は2009年12月1日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

業界について誤解のないように具体的に

コメントを見ながら、今後の動きを考えていたのですが…少し、誤解をされている方がいらっしゃるようですので、具体的に書いてみます。
>>雇用主としての責任を全うするためにも、なかなか書きづらくなってきました。
>>現在ではある程度業界内に組み込まれてしまった部分もありますので、書きたくてもかけないこともあります。
という前の記事に対して
> 魂を売り渡したプロショップたちの事情が少しは分かったのでは?
というコメントをいただきました。元の記事はこんなのです。
魂を売り渡したプロショップたち
http://jparchery.blog62.fc2.com/blog-entry-275.html

まとめると、実物販売ならともかく、在庫スペースなどの関係で、商品の全サイズ/全種類を在庫しているアーチェリーショップはほとんどありません。カタログでの商売です。カタログで商売するのであれば、その”魂”ともいえるカタログを自分で作らずして、他人が作ったものをそのままコピーしてアップしたり、そのまま使うのはあまりにもお粗末ではないかという話です。
当店は今でもウェブのショップを中心に仕事をしています。当然、カタログは自分たちで作成して、自分たちの言葉、自分たちで写真を撮ってショップにアップし、自分たちで価格を決めています。
“魂”は売り渡していませんし、そのつもりも毛頭ありません。前の記事で、
>>雇用主としての責任を全うするためにも、なかなか書きづらくなってきました。
>>現在ではある程度業界内に組み込まれてしまった部分もありますので、書きたくてもかけないこともあります。
と書いたの、情報に関しての部分です。
たとえば、簡単な例がPSEです。PSEのハンドルについて、前の記事で海外のアーチェリーフォーラムの情報を紹介して、こんな新しいハンドルが出るみたいですよと紹介しました。
それができたのは、PSEと全く関係がなく、まったく取引もないからです。
しかし、たとえば、来年のHOYTのラインナップ。以前はPSEと同じ事が出来ました。しかし、現在はHOYTのハンドルを何種類も販売しています。そうすると一般向けより早く情報が手に入ってきます。プロ向けのリリースです。しかし、逆にそういう情報は書けないのです。
あいまいに知っているから書けたこと、逆に確実に知ってしまうと書けなくなってしまうのです。その部分で、今年はPSEだけ。HOYTもSAMICKもWIN&WINもブログで紹介するタイミングはメーカーに合わせています。フライングはできません。EASTONもACGについて9月の後半で情報はありましたが、ブログでの紹介は11月のEASTONのカタログ発表後になりました。
残念なことも多いですが、その部分では仕方ないと思っています。
> 魂を売り渡したプロショップたちの事情が少しは分かったのでは?
ということですので、自分が今まで批判してきた、閉鎖性(若者が入っていけない)、ぼったくり(かなり改善されました)、楽して転売するだけ(価格すら自分でつけられない)などの点がわかってきて、あちぇ屋もそうするしかなくなってきているという意味ではありません。
あくまでも、ブログでお客様向けに書ける内容が、多くのメーカーから、海外・国内代理店から情報がどんどん入ってくる状態であるがゆえに、少なくなってしまっているということを説明したかったのです。ご理解ください。


The following two tabs change content below.

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

4 thoughts on “業界について誤解のないように具体的に

  1. SECRET: 0
    PASS: c543b84aa0508c004992afb649837456
    例えば、フォーミュラリム。
    支点金具からリム先端までの長さは旧製品と同じでも、
    (Mリムと25インチハンドルとの組み合わせで全長が68インチになるのは同じでも)
    チップ先端が小さくなり、その分、弦を掛ける溝の位置が約1センチずつ先端寄りになっている。
    その結果、ストリングハイトが同じでも、旧製品よりリムと弦との接触面が長くなる。
    これって、もしかすると、根本の長さを長くしている以上に、リムの性質に影響ある変更点かもしれないと思います。
    こういう、カタログ見ても分からないような特徴を指摘して、その影響について考察することは出来ると思いますよ。
    最近やってないみたいですけど、こういうものこそスロービデオ動画をupしたら面白いと思うんですが。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    山口です。コメント・情報提供ありがとうございます。
    提案の件については自分も面白いと思います。
    まず、スロー動画についてですが、忙しいために更新が出来ていません。仕事が一番少ない2月に撮影を行い、更新する予定です。
    リムについてのこのような情報提供ですが、自分もしたいとは考えております。実は、以前にいろいろと試みを行ったことがあります。そうしたところ的はずれな反論や嫌がらせの書き込みが相次ぎ、反論としてあまりにも的はずれな意見はそのままにしていたのですが、お客様同士の言い争いに発展したためにサービス提供を中止しました。
    その時に古くからのお客様から意見をいただき、商品の個人的な意見・見解の書き込みを控え、商品の提供に集中した方が良いという方針を決めたという経緯がありますので、このような情報提供は難しいと思います。
    > 例えば、フォーミュラリム。
    >
    > 支点金具からリム先端までの長さは旧製品と同じでも、
    > (Mリムと25インチハンドルとの組み合わせで全長が68インチになるのは同じでも)
    > チップ先端が小さくなり、その分、弦を掛ける溝の位置が約1センチずつ先端寄りになっている。
    > その結果、ストリングハイトが同じでも、旧製品よりリムと弦との接触面が長くなる。
    >
    > これって、もしかすると、根本の長さを長くしている以上に、リムの性質に影響ある変更点かもしれないと思います。
    >
    > こういう、カタログ見ても分からないような特徴を指摘して、その影響について考察することは出来ると思いますよ。
    > 最近やってないみたいですけど、こういうものこそスロービデオ動画をupしたら面白いと思うんですが。

  3. SECRET: 0
    PASS: 2c7a5a6bfa4b5baee3b981b7803c3747
    8月8日の記事にNプロは生産していないので
    リムの取り扱いができないとありますが、
    生産再開後取り扱う可能性はありますか。
    以前地方のショップで購入しようとしたら
    うちは扱っていないからと言われ
    断られてしまったので扱っていただけると
    たいへんありがたいのですが…

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Nプロについては当店でも問合せをしていますが、
    生産設備売却後の工場の移転が遅れているようです。
    また、機械は同じものでも、作る職人が大幅に変わる可能性が高いとのことで、
    生産が再開されたとしても当分は取り扱わない方針です。
    今年後半からは問い合わせをしても返信もない状況です。
    日本最後の専業メーカーとし応援したい気持ちはあるのですが…
    > 8月8日の記事にNプロは生産していないので
    > リムの取り扱いができないとありますが、
    > 生産再開後取り扱う可能性はありますか。
    > 以前地方のショップで購入しようとしたら
    > うちは扱っていないからと言われ
    > 断られてしまったので扱っていただけると
    > たいへんありがたいのですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。