この記事は2009年3月18日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

伊藤洋一のビジネストレンド「第162回 伸びるオンラインショッピング」

iPodのPodcastで配信されている伊藤洋一のビジネストレンドというコンテンツで昨年の10月に配信された162回でネット通販について扱っていた。とても勉強になったので、10回くらい繰り返し聞いたが、そろそろ消そうと思ったのでまとめてみました。15分くらいの番組です。
伸びるオンラインショッピング  by 伊藤洋一(経済評論家)

2007年度のネット通販は前年比27%upの伸びであり、その売上は5兆3千億円であった。2007年度のイオンの売上が5兆2千億円だったので、これはイオンがもう一社誕生したのと同じ。他の小売の売上が減るのは当たり前。

ネット通販が増えた理由は大手もネット通販に力を入れてきたから。伊勢丹のネット通販部門の売上は前年比40%up。ガソリン代の値上げも要因の1つか。

なかでも、日用品の伸びが著しい。ヤフーショッピングでは、ティッシュ・シャンプー・洗剤が前年比60%up

江戸時代も人口が伸びず経済は停滞した。その時代の商人が競ったのは御用聞きと配達である。それはまさしく現代のネット通販である。

戦後の人口成長時代に店を作れば売れた時代があり、小売はそれを忘れてしまった。

いまやデパートは博覧会場となっていて、みんな見ているだけで誰も買っていない。博覧会場がなくてもさびしいが、今の数は明らかに過剰。

毎年百貨店からカタログが送られてくる。とても立派だが分厚くて処分に困る。こんな立派なカタログを送ってくるなら値段を安くしてくれと思う。ネット通販が毎年20%ずつ伸びていく中で、既存店は価格では競争できないなら売り方を変えなければいけない。

ちなみに、これは日本IBMが提供している番組なので割り引いて聞く必要があります。自分も歩いて3分のところにスーパーがあっても、飲み物・ティッシュなどの重くてかさばる商品はネットで購入していますね。
負けた…

The following two tabs change content below.

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。