ウィン&ウィン(WIN&WIN)グリップ名・互換リストが更新されました。

2018年より、これまでは商品名で管理されていたウィン&ウィン(WIN&WIN)グリップ名・互換リストが更新され、番号表記となりました。個人的には分かりやすくなって良かったと思います。ユーザーの皆様は一度ご確認ください。

弊社で販売しているものの商品説明の追記しました。1番と5番となります。


NSリム届きました。1色だと思いますよ…。

出荷が始まったNSリムが届きました。詳細は明日。

そして、わかったこと。一時、このリムにグロッシーとマットがあるのではないかという噂がありましたが、価格表には「グロッシー and マット」とありました。その意味通り、ANDというのはフェイス面がマットで、バック面がグロッシーということでした。

おそらく、それを日本語に翻訳するときに「グロッシー or マット」と勘違いしたところがあり、そのような誤解がなったのではないでしょうか。

このリムには期待しています。価格は改定前のWIAWIS ONEと同じとなります。

WIN&WIN WIAWIS NSリム


ウィン(WIN&WIN)小物類などの新商品について

win2017ws7002ウィンの新しいハンドル・リム・スタビライザーを紹介してましたので、最後にアクセサリー類です。まず、新しいWS700というカーボンサイトが出ます。207gという比較的軽いサイトです。エレベーションはシンプルな構造で、エクステンダーバーにはWIAWIS21スダライザーにも使われているグラファイトフォームコアを採用しています。

*アチーブカーボン198g、アルティマサイト219g

win2017%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b92winex一点漏れていましたが、ウィネックス(WINEX)のハンドルのみ新しくデザインがマイナーチェンジし、ウィネックス2となります。リムも名称は同じウィネックス2になっていますが、見る限り2016年モデルと違いはないようです。ハンドルに合わせての名称のみの変更と思われます。

2016年から全然入荷しないので扱いを終了していましたが、2017年のカタログで正式にINNO EXシリーズのマット色の生産終了が出ました。実質的には2016年の初旬からもう生産していなかったと思いますので妥当な感じです。

win2017acs%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%91%e3%83%bcアッパーでは、既存のWTSシリーズが終了し、ACS UPアッパーが登場します。

win2017acs%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc%e6%96%b0%e8%89%b2ACSクリッカーに新色のゴールドが登場します。

win2017wiawisstretch%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%89新しいユニークな形状のストレッチバンドも登場します。

紹介したもので卸価格がまだわからないものもあります。いずれも価格が出た時点で予想範囲内であれば取り扱い予定です。

より詳細な情報はカタログをご確認ください。ウィンの公式ページカタログが2017年に差し替えられていますが、SFとKAPのカタログが削除されています。KAP手元にあるの2014年のカタログなので…更新してほしいなー(商品のラインナップに変更はないです)。

WIN&WIN Archery catalog 2017 (PDF 9MB)


ウィン(WIN&WIN)が新しいスタビライザーシリーズWiawis21を発表

wiawis21%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%93%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b6%e3%83%bcウィン(WIN&WIN)が新しいスタビライザーシリーズWiawis21を発表しました。現行では、FUSEのXテーパーのような内径ストレート、外径テーパータイプのスタビライザーとなっています。

wiawis21%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%93%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b6%e3%83%bc2今までにない特徴としては、新しく登場するWIAWIS NSリムに採用されるグラファイトフォームコアがこのスタビライザーにも採用されていることです。上が新しいスタビライザーの特性のHMCとの比較ですが…生のデータをグラフで見せてくれるのは非常にありがたいのですが、もう少し解析した値があると助かるのかなと。

以前にHMC+とHMC2を比較した時、HMC+は振動の収まりがよく、短時間で振動を吸収する特性があり、HMC22は振動継続時間が若干長いものの、大きな振動をうまく抑えることができている結果となりました。写真で読み取る限り、今回のWIAWIS21はその逆の特性を持ち、対HMC+との比較で、より振動の収まりがよく、短時間で振動を吸収しているようです。ただし、逆に発射後の衝撃(グラフの縦軸)はHMC+よりも少し大きいようです。

wiawis21%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%93%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b6%e3%83%bc3ウェイトには新しいタイプのテーパー型のものが採用され、センターの場合3つウェイトが付属します。色は黒のみのグロッシーとマット色の2種類のみです。

また、カロログからはWIAWISとHMC22が削除されました。在庫限りとさせていただく予定ですが、WIAWIS21の入荷はまだ先だと聞いていますので、特価品への追加は当分見合わせます。

2016年モデルで廃盤になったRCX-100/AL1/ラピード/WINEX(ハンドルのみ)の4モデルは値下げし、特価品に追加しました。在庫限りです。ニーズに合う方に特化はお買い得になっている思います。よろしくお願いします。


ウィン(WIN&WIN)2017年はドイツ時間朝10時(日本時間18時)発表

%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%aa%e3%83%bc2017%e7%99%ba%e8%a1%a8ウィン(WIN&WIN)のフェイスブックより。

例年ドイツで行われるベルリンオープンごろに新作が発表されるウィンですが、今年は1か月ほど早く、本日のCET(ドイツやフランス時間)の朝10時に発表されるとアナウンスされました。日本時間では18時となります。楽しみですが、これまで発表から実際届くまで長くて半年かかったりするので、入手は少し先とお考えください。


WINの新型コンパウンド、Dragonflyはフレックスガードを

11942186_1070160769675593_5519913110246038788_o2014年に続き、次のWINの新しいコンパウンドボウの詳細が出ました。前回のハリケーンC6はかなりハンティングモデルですが、今度はターゲット向けのデザインになりました。アクセル間40インチ、矢速はIBO:320fps+、重さは4.2ポンドで、ドローレングス25-30/27-32の2モデル。40/50/60ポンドモデルがあります。

11947789_1070160776342259_1825134686833051819_oこれまでのモデルとの一番の違いはケーブルガードがフレックスタイプになり、かつ、ローラーガードになりました。

実測しなければわかりませんが、40インチハンドルで、320fps以上出るのであれば、かなり高性能なカムが搭載されているはずです。現状、レットオフの情報だけが得られていませんので、まずはそこを確認してみたいと思います。ここまで、進化してくると機会があったら一度テストしてみたいですね。