G5プライムのカラーヨークスプリッターが入荷しました。

G5プライムのカラーヨークスプリッターが入荷しました。先日、発表されたカラーキットは4種のカラーパーツが入っていますが、ターゲットモデルで使用できるのは3種のみです。

ちょっとしたコーディネートに、ヨークスプリッターだけの交換はいかがでしょうか。

G5 PRIME ヨークスプリッター


プライム(PRIME)が2017年ターゲットモデルを発表、STXのマイナーチェンジです。

prime%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%aa%e3%83%bc2017%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%aa%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3プライムがマシューズ同様ターゲットモデルのみを先行で発表しました。特に新しいモデルはなく、既存のラインの整理(MXシリーズの廃止)とSTXシリーズのハンドルデザインの変更となっています。


prime_2016-2016_stx写真左が廃盤の2016年STXで、右が2017年モデルのSTX V2です。カムに変更はないですが、ハンドルのデザインが変更になっています。それによってブレースハイトが6.75インチから0.25インチ伸び、7インチとなりました。また、ハンドルに使用されている素材が82Xに変更され剛性は10%向上しています。

prime%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%aa%e3%83%bc2017%e6%96%b0%e8%a6%8f%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0ケーブルガードにはダンパーが新規に標準搭載され、ロワーブッシングが1つ新設されました。また、カラーオプションも増えました。

prime_2016-2017_stx-39-v2STX39の方も2017年モデルではハンドルの再設計が行われましたが、ブレースハイトの変更はありません。下部のデザインの変更はブッシングを2つ搭載するためのものです。同様にケーブルガードにダンパーが搭載されます。

まぁ、マイナーチェンジとはいえ、ハンドルの再設計ですのPSEの2017年のように一部パーツのみでの2017年モデルへのアップグレードはかなり困難だと思われます。2016年ターゲットで特に不満なく使用されている方であれば買い替えの必要性がどれだけかるかは微妙なところだと思います。もともと、剛性の部分での問題は発生していないモデルですので、10%の剛性の向上(この部分が2016年との一番の違い)が実感できるかは難しいところです。

少し安くなりました(メーカーの卸価格とは関係なく為替の事情です)。


G5プライム 2016年新型モデル RIZE(ライズ)を発表。新素材82Xアルミニウムハンドルを採用。

ライズ_Rize_Prime_2016G5プライム 2016年新型モデル RIZE(ライズ)を発表しました。8月には2015年モデルのONE STX/MXを短くした36シリーズを発表していますが、このRIZEは全くの新規のモデルとなります。設計はアクセル間33.25インチ、ブレースハイト6.75インチ、IBO 335fps、重さは4.3ポンド(1950g)、対応するドローレングスは26-30インチ。

ライズ_2016_primeすでにレビュー動画がアップされています。矢速は2015年のRivalよりも5fps遅くなっており、RIZEはハイスピードよりも安定性を追求したモデルになっています。一番の特徴はコンパウンドボウで初めて採用された82Xという素材。通常競技用には加工しやすく着色も楽な6000番か、剛性はあるがきれいに発色させることが困難な7000番のアルミが使用されますが、新素材82Xアルミニウムハンドルがどんな特徴を持つのか楽しみです。


新規取扱い G5 ASDツール

asdG5山田からの連絡でディブなどのトップ選手も矢づくりするときに使用しているG5のASD(Arrow Squaring Device)ツールの取り扱いを開始しました。その機能はカッター(ヤスリ)とシャフトを正確に直角で当たるようにし、カット面が正確に直角になるようにする工具です。

asdG502

asdG503使い方は簡単でシャフトを載せて回すだけです。片面がアルミシャフト用で、もう片面がアルミカーボンシャフト用です。

IMG_20141219_153010この部分のねじを外してカッターの向きを変更します。

asdG504レオ・ワイルド選手も使用しています。

本当にシャフトを載せて回すだけですが、詳しい使い方はこの動画で確認できると思います。リカーブの低ポンドではここまでする必要はないようにも思いますが、高ポンドを短距離で使用するときは、できるだけ直角に加工しないとシャフトが破損しやすくなります。本日より取り扱いします。