エリート(ELITE)2020年モデルRezult(リザルト)でカム調整機能を搭載。

1日、エリート(ELITE)の2020年モデルが2つ発表され、ターゲット用としてはATA37.75インチのRezult(リザルト)が発表されました。PSE/Bowtech/Mathews(オプション)などが近年導入してきたカムの位置を変えることでチューニングするシステムをエリートも導入しました。

他社の特許の都合か、こちらはリムをねじっていくシステムです。ちなみにリカーブではリムがねじれることは不具合を意味しますが、コンパウンドでは、ケーブルが片側にある弓では、リムがねじれることは通常起きていることですので、問題とはなりません(プライムはねじれが少ないことをメリットとして宣伝してはいます)。このシステムをより安定したものにするためによりワイドのリムにアップグレードされました。また、バーサ(Versa)カムシステムによって、モジュール交換無しでドローレングスを調整できます。

スペックですが、ATAが37.75インチと、2019年のフラッグシップ2モデルの間(37″&38.75″)のちょうど間くらいです。ブレースハイトを高めに設定したことで、エシュロン37よりはスピードが下がりますが、リザルトが325fps、エシュロン39(326fps)とビクトリーX(327fps)とはほぼ同じなので、移行はスムーズかと思います。1日に発表されたましたが、なかなか納期が出ず、お知らせできていませんでしたが、昨日、12月初旬の納品予定という連絡がありました。販売開始します。

Elite Archery REZULT | JPアーチェリー


プライム(PRIME)アーチェリーが2020年ブラック(Black)シリーズを発表。

プライム(PRIME)アーチェリーが2020年ブラック(Black)シリーズを発表し、従来のものと違い、カムやモジュールを交換せずに、ドローレングスを調整できるRotoカムシステムを導入しました。

1(ATA31インチ)/3(ATA33インチ)/5(ATA35インチ)/9(ATA39インチ)の4モデルがあり、ターゲット向けには35インチと39インチが用意されています。39インチモデルが27.5インチからにしか対応できないのが残念ですが、既存のプライムユーザーにとっては、十分に満足できるスペックかと思います。レビュー用には35インチを発注していて、間もなく入荷すると思います。

あ、でも弦交換大変そう。。


AAE(アリゾナ)が簡単にトルクチューニングできるレストを発表、けどちょっと高い。

AAE/アリゾナがスタビライザーのようなクイックデタッチ式のレストを発表しました。下のベースをしっかりとハンドルに固定し、その上にレストの部分を固定することで、レストの取り外しを簡単にできるようになります。

また、この機能によって、レストとグリップのピボットポイントとの距離を変更することで、矢が受けるトルクの影響を最小限にするトルクチューニングが簡単に行えるようになります。なかなか面白い発想だと思いますが、まだ確定していないものの、恐らく弊社価格で唯一2万円を超える値段になりそうです。アリゾナのフリークショウレストは実績もある高評価のレストですので、”価格”次第ですかね。トルクチューニングも同じ弓・矢であれば、そんなに頻繁にやるチューニングでもないですし。

入荷後再度お知らせします。


イーストン(Easton)の2020年は特に大きな変化なしです。

イーストンの2020年カタログが届きました。一通り見ましたが、特に大きな変化はないようです。以下箇条書きで。

(ELITE 2.0 4717 DOUBLE BOW CASE)

-プロコンプにハンティング用として250番スパイン追加
-スーパードライブに19サイズ追加 外径は0.28″でゴールドチップのウルトラライト(400番で0.29″)とほぼ同じ太さ、GPIは若干重め
-47インチのホイールタイプのケースの生産終了 新しくソフトケースで47インチモデル登場。

気になるのはスーパードライブ19くらいで、価格はまだ来ていませんが、スーパードライブ23の価格を見ると、ウルトラライトより少し安いくらいなので、世界大会で金メダル獲得の実績もあるウルトラライトに対して、精度が少し劣り(V2グレード)、2-3千円安いだけなので、イーストン好きでない限りはウルトラライトになる気がします。おそらく、取り寄せでの取り扱いになります。

*追記* 価格届きました。予想通り、スーパードライブ23とほぼ同じです


また、プロコンプシャフトとカーボンワンシャフトのパーツ表が更新されましたけど…カーボンワンの方はプロでも覚えられないような気がする(少なくとも私には…)。チャート、パーツ対応表2020年に更新済みです。

ハンティングの方は結構新モデルでたのになぁ…。来年に期待です。

EASTON Archery 2020 Target(14MB PDF)


キネティックが新型のCNCハンドルSovren(ソヴレン)を発表、ちょっと使ってみたい。

キネティックが2020年モデルとして新しいCNCハンドルSovren(ソヴレン)を発表しました。仕様はちょっと独特で、6061(1230g)を使用したモデルと7075(1290g)の両方が生産されます。自分の求める感覚によって同じ設計で、ハンドルの素材を選択できるのはなかなかユニークです。

6061は若干柔らかい素材で、素材自身も振動を吸収しますので、柔らかい感覚です。また、スタビライザーを装着できないベアボウでは、こちらの方が体への負担が少なく人気です。アメリカやヨーロッパのメーカーが好んで使用しています。

一方、7075は非常に硬い素材ですので、自身はあまり振動を吸収しませんが、ソリッドな感じで安定した感覚となります。その分体に負荷がかかりますが、スタビライザーなどでチューニングすれば、解消できる問題です。韓国メーカーが良く上位モデルに使用しています。重さの違いはカタログ値で60g、価格で6,000円程度になる見込みです。

弊社では上位モデルは基本販売していますが、低価格モデルでは多くをカバーしていません。一番の理由はそれほど大きな差がなく、お客様に違いを聞かれたときに、物によっては、見ためかな(?)程度の説明しかできないので、販売する価値のある特徴があるモデルと、WNSブランド(旧SF)の長い販売実績があり、品質が安定しているモデルに絞っています。

こちらのハンドルでは、最近ホイットなどで採用されているリムポケットに重量と長さを持たせる設計と、ウィンが上位モデルなどで採用しているリムが飛び出さない安全な構造を取り入れ、かつ、まだ決まっていませんが、3万円前後で販売できる低価格のハンドルです。最近発表された低価格ハンドルの中では、なかなか期待できるモデルではないかと思います。また、個人的にもホイットの最近の設計のシューティング感を使ってみたかったので、自分用に買うか悩んでます。

2週間後の入荷見込みです。実物確認後販売開始したいと思います。


ボウテック(Bowtech)の2020年モデルが発表されました。スペシャリスト復活!

予定通り、ボウテック(Bowtech)の2020年モデルが本日発表されました。2モデルですが、どちらも聞いた名前ですね(笑)。


まずは、往年のスペシャリストがスペシャリストⅡとして復活します。現在のメダリストをベースとして、グリップに新しい設計を取り入れています。2020年の両モデルに搭載されているクラッチパフォーマンスグリップ(Clutch Performance Grip)は1/4″角度の違うグリップに交換できます。色のオプションが必要かわかりませんが、4色から、ハンドルも9色から選択できます。後半、スペシャリストはプラップオプスの1色しかなかったと思うので、色の選択肢は圧倒的に増えています。40ポンドモデルも選択できます。

また、現在のReckoning(レコニング)に搭載されているダンパーもついてきます。価格はまだ決めていませんが、メダリストより1万円くらい高い、9万円前後になると思います。スペシャリストが11万円でしたので、エリートのビクトリーのように過去に実績があるモデルを、復刻して、コストパフォーマンスの良い実績ある競技用モデルとして追加しました。

もう一つはレコニング38。2019年に発表されたレコニングの38インチモデルとなります。グリップが調整できます。ただ、引き尺が27インチからとなっているので、使用できる人が限られますね。

完璧なスペックですね、ボウテックのハイスピードターゲットReckoning。

ということで、時差の関係でまだ価格が来ていませんが、来週くらいにはカートに追加します。どちらも既存のモデルをベースとしているので、入荷には長くかからないと思います。在庫の予定はどちらもないです。


マシューズ(Mathews)の2020年はTRX36/40の2モデルです。

PSEと同日にマシューズ(Mathews)の2020ラインも発表されました。現行のHalon X Compの後継モデルとしてコンパクトでハイスピードのTRX36、軸間40インチのTRX7/8の後継モデルとしてがっしりと安定感のあるTRX40が発表されました。現行のTRX38があるので、名前を聞いた時には、あー、現行の軸間違いが出るのね、程度の認識でしたが、カムもハンドルも新しくデザインされていて、全くTRX38の軸間違いではないものでした。

まず、マシューズの厚みのあるハンドルだからこそできることなのでしょうが、サイドウィンドウにもゲージデザインを採用。発表されている横からの写真だと分かりづらいですが、このレオ・ワイルド選手が紹介し、手にしているTRX36の肉厚ハンドルの存在感はなかなかです。自分の最初の弓Apex7を思い出します。

弓の基本思想はホイットの真逆で、可動部をできるだけなくし、強堅性の高い=ソリッド感のある弓を作っています。ドローレングスを変えるだけでも、レットオフの変更も、モジュール交換が必要ですが、その分、それぞれのモジュールはそのためだけに作られているので、高いパフォーマンスを発揮します。この設計思想を不便に感じるか、頼もしいと感じるかは、もうそれぞれのアーチャーの考え方の問題なので、どちらが正解ということはありません。

TRX38にあるハーモニックダンパーは装着されていませんが、かわりにハンドルの下部にハンティングボウではすでに実績のある3Dダンパーが搭載されています。カムはC3Xという新設計のものです。グリップも新しくなっています。グリップなどに関しては、また、実物でレビューします。即納モデルは来週の中ごろ入荷予定です。

2020年(昨日から)から、発注時にストリングカラーなどをカスタムする場合には、追加で5000円いただきます。

また、現行のTRX7/8/Halon-x/Halon-x-compは生産終了となります。Halon-X-Compは1台在庫しています。特価品に追加しましたので、良かったらどうぞ。この特価品をご購入で引き尺が合わない場合にのみ、ご希望のモジュールを3000円で提供されていただきます。

【即納】Mathews Halon X Comp - JPアーチェリー

本日より販売開始します。

Mathews 2020 Target

【即納】HOYT Invicta 37 DCX 


PSE2020ライン揃いました。

いろいろと発表がありましたが、まずは、一番整理のしやすいPSEからです。ターゲットラインはすでに発表済みで、新しく、ハンティング向けのCarbon Air Stealth Mach 1とEVO NXTシリーズです。Carbon Air Stealth Mach 1では、レイドバックリムを採用し、簡単に言えば、リムをよりパラレルにして振動を抑えた設計です。どちらもカタログには載せませんが、ほしい方がいれば取り扱いは可能です。

PSEアーチェリー、早くも2020年モデルの一部を発表、スープラシリーズ。

また、出てなかった2020年のカラーチャートが届いています。プレミアムカラーは少し高くなっています。

変更としては軽量カーボンハンドルのカーボン・エアシリーズの中で、ローレットオフモジュールが選択できるCarbon Air Stealth SEを販売してきましたが、2020年のラインには含まれていないので、ECカムモデルの販売に切り替えます。

PSE Carbon Air Stealth EC

前の記事にリカーブについて、最後にコンパウンドではどうかなと書きましたが、昨日からホイットの2020年の販売を開始したところ、即時に1万円以上の値下げが行われたようです。この1週間の間に大手さんで買ってしまったお客様は、発表されたばかりの新商品が1週間で1万円も安くなるとは思っていないでしょうね。ちょっと可愛そうなような。。。

私たちのお客様”以外”のアーチャーに対する責任。


ホイット(HOYT)2020、コンパウンドが発表されました。

先日のリカーブに続き、ホイット(HOYT)2020のコンパウンドが発表されました。8月には現行ラインの製造を終了していて、約2か月売るものがないという前例のないリリースとなりましたが、出たものを見ても、ホイットらしくないというか、リカーブでも、ここ何年かカタログに採用しているエリソン選手やお国元の米ナショナルチームに使用を拒まれても、採用し続けた可動式リムボルトをあっさり撤回したりと、本当に設計しているエンジニアに変更になったのではないかと思うほどのリニューアルが続きます。

さて、簡単なところでは、プロフォースの2020年モデル65%のローレットオフモジュールが付属します。2019年の出荷済みのモデルではローレットオフモジュールが付属し、2020年出荷のモデルでは、65%が標準搭載、ハイレットオフモジュールが付属という形になるようですが、まぁ、違いはないでしょう。また、写真では具体的には分かりませんでしたが、少し色味が2020年は異なるようです(少しマット調)。もう売ってます!

HOYT PRO FORCE | JPアーチェリー


次に主力のインビクタ(Invicta)ですが、見てわかるとおり、ロングハンドルが採用されています。上記の写真の比較は完全に正しい長さにそろえてはいませんが、ハンドルとリムの比率を見ることはできます。どれもATAは37インチです。ホイットの発表では、2.5インチハンドルを長くしたとのことです。近年成功したマシューズのPro Compに近い長さになっています。ハンドルデザインもより直線的になっています。ハンドルを長くして、リムを短くし、ブレースハイトを3/8″短くしたことで、SVXカムで330fps(9fps増)とこちらもマシューズのプロコンプと同じ値になりました。

カムですが、SVXとともに新しくDCXというカムが登場します。こちらはX3カムのリプレイスですが、こちらも11fps速くなっています。ハンドルの違いで9fpsですので、カムのデザイン変更による実際の違いは2fpsです。来週初め入荷予定の在庫モデルはDCXで手配していますので、入荷後山田の方から詳しいレビューが出ると思います。

(ホイットのプロモーションビデオより)
他にはステルスショットのデザイン変更、レストを装着するためのホールが2つになり、より確実に装着できるようになったとのこと(なら使えよ…)。

評価が分かれるところはさらに豊富になったグリップオプションでしょうか。6種から選択できます。もちろん、オプション、セッティングは多いほどいいという考えの方からすべば最高のことでしょう。しかし、私の最初の弓はApex7でグリップは変更できるものではありませんでしたし、カムの位置も変更できず、ケーブルガードも可動式ではなく、それでも、全日本で戦えるレベルのチューニングに持っていくのに、3か月かかりました。エリートのエナジー35は4か月かかりました。

個人的には、最終的なレベルで選択肢が増えるほどチューニングがしやすいとは考えていません。特にグリップのポジションはその弓の性質を一番伝えてくれるもので、それを6種類も選べるとなったら、しかも、ドローレングスを変化させるモジュールもあるとしたら、ちょっと半年でもチューニングを終える自信がないです。チューニングが完成しないという意味ではなく、完成しても、もしかしたら、あっちの方がより点数出るかもという迷いを消すのが難しいという意味です。

このあたりが、いまだにほぼいじるところがないコンクエスト4がマーケットに残り、売れ続けている理由かもしれません。

個人的には選択肢が多すぎる弓は初心者にはお勧めできないです。特にグリップは他の部分と違い正解がないチューニングです。コンパウンドはポンドの調整幅が大きいので、初心者でも最上位のターゲットモデルをお勧めできますが、この弓はちょっと違うかもしれません。まぁ、いじらなければいいだけなのですが、私なら我慢しきれないです(笑)

カラーはすべてsatin finish(つや消し)となります。色の名前には変更はないようです。

もう一つのFX Compはちょっと異色です。DCXカムで28.5インチ、SVXカムでは27インチまでしか対応していません。まぁ、この部分は使用者が限定されるだけですが、ATAは33インチしかなく、ハンドルは非常に短いです。


Invictaは、これまでに設計した中で最も長く最も安定したライザープラットフォームで構築されています。 ライザーの長さを2½インチ増加させることで、Invictaはより低い重心と大きな慣性モーメントで設計され、これまでに構築したターゲット弓の最も効果的な照準と堅固なホールドを実現します。
(グーグル翻訳)

この弓がミドルレンジならいいのですが、価格もホイット側の宣伝も競技用として売りたいようです。しかし、インビクタの宣伝文句では、上のように書いているし、私の経験からも、それには納得なのですが、ショートドローでは、ハンドルが短い方がより安定するという理論は聞いたことがないです。違うメーカー同士、宣伝文句が異なるのはありますが、同じメーカーで、一方で長いハンドルのもたらすメリットをうたいなら、もう一つの競技用ハンドルを逆向きに設計するのは、あまりない経験です。

本当に限られた選手、例えば車いす用に来年のパラリンピック向けに特別に製造されたモデルかもしれません。今のところ、パラアーチャー以外で、これを自信もってすすめられる方が思いつきません。トップの選手でこれを採用する人がいたら、追ってみたいと思います。

以上、新しい2モデルは間もなく販売開始します。