完璧なスペックですね、ボウテックのハイスピードターゲットReckoning。

ボウテックがベガスシュートで、2019年モデルの新しいハイスピード(335fps)ターゲットモデル、レコニング(Reckoning)を発表しました。完璧なスペックの弓ですね。

追加された機能はカムドライブというもので、特にチューニングとして新しいわけではないです。私もエリートの時にやりましたが、これまではボウプレスをかけて、カムを外してと、ワッシャーを入れ替えて、ひと調整で1時間程度かかるものでしたが、この機能はレンチで回すだけで、調整可能です。めっちゃ時短です!

さて、このチューニングは、ハイスピードの弓、短いATAの弓ほど必要なものですが、しかし、かと言って、そのスペックを過激にしすぎるとターゲットには向かないものとなってしまいます。

そこで、ボウテックの選択した35インチ、ブレースハイト7インチ、335fpsはほぼ完ぺきな答えではないかと思います。ちょっと高いですが、間違いなく、市場で最もチューニングしやすい弓の一つです。


2018年からエリソン選手がテストしてきたVバーが正式発売。

(写真は今年でのなく1年以上前の2018年1月のニームインドア)

1年以上、シュルード(Shrewd)とトップ選手の協力で開発が進められてきたVバーが正式に発表されました。


ついに明らかに連れた開発のテーマはグリップ力、近年のウェイトのタングステン化などによって可能になった非常に重いウェイトに対応し、テストでは、30インチのバーで180オンス(約5キロ)の重さを保持できるとのことです。まぁ、そんなにつけるひとまずいないですけど。。

動画でもひたすら試作とテストを繰り返してきたことが表現されていますが、まぁ、自分がこの試作品の存在を知って1年以上経っていますので、その通りなのでしょう。ただ、200g以上あるので軽量セッティングのリカーブには向かないというか、必要としていないスペックです。

近日中の入荷を予定しています。


ボウテック(Bowtech)から新しいターゲットボウReckoningが登場予定。

ボウテック(Bowtech)から新しいターゲットボウ、レコニング(Reckoning)が発表され、ベガスシュートでスペックが明らかにされるようです。

新しい「Deadlock Cam Drive technology」が搭載されるとのことですが、ちょっと聞いただけではどんな技術か想像できないというか…カムにこんな機構仕組んで矢速落ちないかな??

発表が楽しみです。


WNS/WIN&WINの2019年ラインナップ、VANTAGE-AXハンドル発表されました。

WNS/WIN&WINの2019年ラインナップが発表され、既存のラインナップは引き続き生産されますが(名称の変更あり)、新しくWNSとして初めてのオリジナル設計のバンテージ(VANTAGE)シリーズが発表されました。リムの方は位置づけがまだ不明なので決めていませんが、ハンドルの方は在庫しての取り扱いをします。

MKアーチェリーのアルファをほうふつさせるような雰囲気がありますが、ブッシングもすべて黒に統一したりと、長年人気のあるフォージドに重量を少し持たせて(1,200g)、デザインにもコストかけたハンドルとなっています。価格もフォージドより少し高いです。入荷は3月頃を予定しています。

他には、プレミアムハンドルのカラーラインナップ以外、大きな変更はないです…まぶしい!!

WIN&WIN/WNS Archery 2019 カタログ(11MB)


初コンパウンドはPRIME CT-9です。

年も明けて2週間、国際物流が動き始め、プライムの2019年新モデル CT-9がアメリカから届きました。両方とも行き先は決まっております(*’ω’*)

プライム(PRIME)が2019年ターゲットボウ Logic CT9を発表しました。

金曜日にはPSEの入荷が予定されています(新モデルはなし)。


FIVICS 2019年はほぼ同じラインナップです。

FIVICS 2019年のカタログが届きました。トップページで2018年のストーリーを説明していますが、メンバーを見るとやはりイタリアでは絶大な人気があるようですね。

肝心のラインナップですが、微調整(アップグレード)が多く、新商品はあまりありません。新商品の目玉は新開発のFIVE-Xというシャフトのようです。価格はX10とほぼ同じ価格帯ですが、現在の弊社の取り扱っているシャフト全体のバランスを見、取り扱いはしません。

弊社としてはアップグレードした1500Dスタビライザーを扱うか現在検討していますが、それ以外では取扱商品を変更する予定はないです。

FIVICS 2019 カタログ(PDF 12MB)


ビクトリー(VICTORY) VXTの詳細が出ました。

ビクトリーの2019年新シャフトのVXTの詳細が出ました。パラレルテーパー設計ということで、パラレル(ストレート)でありながらテーパーなのと思ったら、先端がパラレル、後半がテーパーという、パラレルからのテーパーという意味でした。まぁ、普通に考えて、後ろからのカットはしない方でよいでしょう。

太さですが、意外にあります。シャフトエンドはACEと同じくらいですが、先端はACGよりも太く、ACCとアポロの中間くらいです。

期待はしていますが、個人的には、先端ACE(0.166)、後方がCXのエクストリームのような極細タイプ(0.124/0.118)のようなものだったともっと良かったのではないかと思います。この数値となるとですね…細いシャフトにはパラゴンがあるし安い、安いACEというには外径がありすぎるし、価格的にもプロコンプより少し高いし、確実なのは、軽いポイントでハイFOCを実現できることですが、それなら、同社のより安いVAPはシャフト自体軽いので、そちらの方に重いポイント付けても全体では同じくらいかと…皆様ならどんなときに選択しますか?

あ、CXからも新しいシャフト出ます(プロコンプ価格帯)。詳細は後程。


スペシャリティ(Specialty)からもノー・グレア式のピープが発売されます。

トータルピープ(TOTAL PEEP)社に続き、2019年スペシャリティからものノー・グレア式のターゲット用ピープが発売されるようです。詳細はまだ決まっていないようなので、ATA後の1-2月頃の入荷かと思います。


ハムスキー(Hamskea)が新しくレンズ(A+/1.5#)と52.5度ピープを追加。

ハムスキー(Hamskea)がピープシステムに新しく、レンズ(A+/1.5#)と52.5度ピープを追加しました。

52.5度はかなりショートドローでないと適合はしないので、在庫はこれまで通り、37.5と45度のみとします。取り寄せの方は1月頃から納品できる予定です。


ケーシー選手使用のゴールドシリーズのエクステンション・クリッカーが入荷しました。

週末のGTオープンでケーシー選手も使用した、新型のエクステンション・クリッカーが入荷しました。従来のエクステンションクリッカーがマグネットを使用しているの対して、こちらはプレートを追加することで、通常のクリッカーと同じ仕組みで長い矢の使用を可能にします。

ちなみに、クリッカープレートのエクステンダーとの違いは、クリッカーブレードを矢に対して斜めではなく、直角に接触させることで、矢を跳ね上げるトラブルを防ぎます。

販売開始します。

また、新型のAAEのスタビライザーは年内ぎりぎり間に合うくらいのタイミングで入荷予定です。

Arizona GOLD エクステンション・クリッカー