SFアーチェリーからWNS(WINNERS)への移行について リム

来週からSFアーチェリーから移行する新ブランドWNS(WINNERS)の一部のハンドルとリムの入荷が始まるという連絡がありました。

ハンドルについては以前にお知らせしました。基本的には設計が変わるものは違う商品として、変わらないものは同じ商品として販売します。

リムについてですが、基本的には同じものです。ただ、区別するためにWNSロゴのリムに関しては200円高く設定して販売します。AXIOM(SFロゴ)が10800円であれば、AXIOM(WNSロゴ)は11000円としました。価格でどちらのロゴかわかるようにしました。基本的にはSFロゴは売れた分からWNSロに移行しますが、SFロゴしかないサイズでWNSロゴがほしい方はご連絡ください。用意は可能です(逆は不可)。

*ハンドルとリムで違う対応としたのは、ハンドル側のロゴは本当に商品の一部の違いだけ(ステッカーが違うだけ)に対して、リムは見に見えてロゴが違うためです。


また、新規に現行のWIN&WINのRCX-100リムがFC-100リムとしてWNSラインに移行します。計算したところ、RCX-100より少しは安く販売できますが、4万円にはなります。この商品に関しては、これまでの経験でSFブランドで4万円を超える商品は売れづらいという経験があるので、取り寄せなどで対応したいと考えていますが、RCX-100リム自体が非常に人気のあるリムで、対抗のWINEX2も実績のあるロングセラーモデルですが、WINEX2の入荷があまり安定しておらず、現在、RCX-100リムに関しては生産が終了しているので売れ次第、在庫から削除しますが、その分WINEX2の生産が安定しないと、4万円台で高性能のリムとしてお客様にお勧めするものが減ってしまいます。

FC-100リム生産が安定するのであれば、在庫も考えています。特価品のRCX-100リムはFC-100リムの出荷連絡を受け、さらに10%程度値下げしました。よろしくお願いします。

また、FC-100ハンドルですかが、移行元のRCX-100ハンドルがあまり人気あるものではなく、実績にも乏しいので、カートへの登録は行いません。興味がある方はお問い合わせください。

また、KAPコンポジットボウスタンドですが、「低価格で軽量」というコンセプトがこれほど受けるとは思いませんでしたが、昨年の6月に発売して以来105台売れました(完売なので入荷数で計算)。完売です。KAPの次回生産がわからない状態で、これほど人気商品の次回入荷を案内できないのは心苦しいでので、同等の性能を待つと思われるAVALONのボウスタンドへ移行することを検討しています。来週の入荷ですので、入荷後に商品の品質を確認して販売開始したいと思います。まぁ、アバロンのコンパウンド向けのボウスタンドは発売当初から販売しているので品質は問題ないとは思っています。

以上、よろしくお願いします。


SFアーチェリーからWNS(WINNERS)への移行について ハンドル

先日発表されたSFアーチェリーからWNS(WINNERS)への移行について、ハンドルラインは決まったのでお知らせします。

まず、AXIOM+ハンドルはロゴが変わるのみで、 ハンドルは全く同じものです。ただ、新しいAXIOM+αでは、色のランナップが逆に削減されるようです。弊社では在庫のAXIOM+ライトとAXIOM+αとは分けず、同じ商品として販売していきます。削減された色(白/スカイブルー)は在庫限りです。

プレミアム+ハンドルもAXIOM+同様、ロゴが変わるだけで中身は同じもの、色もAXIOM+と同じく2色の削減です。こちらも同じものとして販売します。

また、OPTIMOハンドルに関してはロゴも変わらない(もともとない)ので、これも同じものです。

違うのはフォージド+ハンドルで、フォージド エリート αハンドルとなります。写真の通り、デザインが変更されますので、違う商品として販売します。新しいモデルでは、ペイントの白と黄が追加され、アルマイトの銀とスカイブルーが廃止となります。

W&W/WNS フォージドエリートα ハンドル

そのため、フォージド+ハンドルのみ、価格を引き下げ、在庫限りの特価品としました。その他の商品は継続販売します。ロゴにこだわりがある場合には注文時にお伝えください。

【在庫限り】W&W/SF フォージド+ ハンドル


【重要】SFのラインナップ一部がWINの傘下に移動します。

オリンピックメダリストのフランス人アーチャー、セバスチャン・フルートとウィン&ウィンが協力して、開発してきたSFアーチェリーの一部が、4月より「WINS – WINNERS」として、ウィン&ウィンの傘下となることが発表されました。SFアーチェリー自体が消滅するかは、まだ正式には知らされていません。

それに伴い、SFアーチェリーのラインナップがWINNERSのラインナップとして再発表され、値段を見るとそれなりに値上げされています。

弊社としては、そのままWINNERSに移行するか、低価格商品の一部に関しては、販売価格維持のため、アバロン(AVALON)への移行を検討します。

また、WINNERSの入荷は5月のゴールデンウィーク明けを予定していますので、来週到着分(まだ在庫には登録していませんが下記のものを含む予定です)が届いたのち、次回入荷には1か月程度在庫の空白が生じます。急ぐ方はご相談ください。また、弊社の実在庫を再確認しますが、基本的な在庫がないサイズは再入荷しない見込みです。また、保証はWINNERSに引き継ぐので、SFアーチェリーの商品で故障した場合には、相当グレードのWINNRS商品での対応となります。

来週入荷分)
-AXIOM 25″ PLUS+L RH BLACK
-AXIOM 25″ PLUS+L RH RED


新ブランドでの卸価格の上昇に伴い、下記のSFアーチェリーからの移行商品は値上げされる予定です。ご理解ください。

SF)フォージド+ → WINNERS)フォージド エリート α
SF)エリート+ → WINNERS)エリート α
SF)プレミアム+ → WINNERS)プレミアム α
SF)アクシウム+ ライト → WINNERS)アクシウム α


キネティック(KINETIC)からコンパウンド2代目モデル・ミラージュ(Mirage)が入荷しました。

昨年に開発が発表されていたキネティック(KINETIC)のコンパウンド2代目モデル・ミラージュ(Mirage)が入荷しました。豊富なカラーバリエーションがあり、在庫モデルとしては赤が届きました。

初代モデルと比べるとグリップがよりターゲットタイプでワイドとなり、マシューズっぽいダンパーシステムを外し、かつ、ドローレングスは0.5インチ調整ができるようにアップグレードされました。

4万円を切るモデルとしては、塗装(アルマイトカラー)もきれいです。なかなか良いモデルではないかと思います。まもなく、山田のほうが詳細なレビューを上げるていです。

KINETIC MIRAGE


アバロン(AVALON)とファイビックス(FIVICS)からいろいろと小物の新商品が入荷しました。

新商品の小物がいくつか届いているので紹介します。まずは、ファイビックス(FIVICS)から2016年のカタログに載り、待ち続けていた新しいXENIA JMタブです。全サイズ発注していますが、今回届いたのはMサイズだけとなっています。

テストで各色1色ずつ発注したアロープラーですが、確認したところ、よく手になじみ感じよさそうなので、今後在庫して取扱いしていきます。

また、結構期待していたファイビックスのサイトダンパーが届きました。ミリねじですので、FVシリーズだけではなく、渋谷のアルティマサイトなどにも装着は可能です。1つ9gです。

2017年の新しいファイビックスのダンパーたちも入荷しました。左から、DC1500ダンパーPX1500アッパーPX1500ダンパーとなります。

次に、アバロン(AVALON)からは低価格で豊富なサイズのあるチェストガードが入荷しました。

続いてはタブなどの小物を入れるためのタブポーチも入荷しています。

アウトドアシーズンに向けて、少しだけ気分転換に変えてみてはいかがでしょうか。


ウィアウィス(WIAWIS)ストレッチバンドが入荷しました。

ウィンの2017年商品が少しずつ入荷してきています。今日はウィアウィス(WIAWIS)ストレッチバンドが入荷しました。

まぁ、普通のストレッチバンドです。アーチェリー用に簡単なウォームアップのイラストが同封されており、また、グリップの形状によって、使い分ける事が可能です。

ちなみにS21やAFTの入荷はまだ決まっていないです。もう少し時間かかりそうです。

WIN&WIN Wiawis ストレッチバンド


今週末は全日室内&ヨーロッパ室内です。

(dutchtargetより)

今週末は、最後のインドア試合、全日室内とヨーロッパ室内です。弊社からは坂本が出場します。また、お知らせしたとおり、日曜日は店舗スタッフが両方試合に出場するためプロショップは休みとなります。ご理解ください。

リック選手は5位585点で予選通過。シュルードの新型スタビライザーREVEL、もうトップ選手の間には出回っているようです。弊社への具体的な入荷時期はまだ確定していません。3月末くらいになりそうです。


SVL(リムセーバー)のFW1スタビライザーが届きました。

製造が終了したモジュラースタビライザーの後続モデルとして発表されたFW1スタビライザーが届きました。

4つのパーツから構成されています。ブロードバンドダンパー部は2つのダンパーが一体で製造されているので、分割することはできません。46gのダンパーに、2つの57gウェイト(黒/直径38mm)が付属します。5/16径なので、その径の他社のウェイトも装着は可能です。

一点、付属する5/16″ねじは長くないので、ダンパー/ウェイト/ハンドルという構成しかできません。ウェイト/ダンパー/ハンドルで組みたいときにはもう1本5/16″径のねじを用意することが必要です。

本日より販売開始します。

SVL FW1 スタビライザー


ホイット(HOYT)のKSL(リー・キーシクデザイン)グリップが少数入荷しました。

ホイット(HOYT)とリー・キーシク氏が協力してデザインしたエリソン選手使用のKSLグリップが少数入荷しました。初期ロッドの問題で少数での入荷です。2-3週間後の入荷で20個(左用2個含む)、発注数の全部が入荷する予定です。

写真の右が現在のホイットハンドルに標準で搭載されているグリップですが、横からの印象と握った時の手のひらの部分のフィーリングは大きく変わらないと思います。

このグリップのユニークなデザインは親指の部分で、この部分をかなり細くデザインすることで、親指の動きがかなり制限されます。写真でも親指の部分の上が厚く盛られていることがわかるかと思います。これによって親指は水平に近い角度で固定されます。

もともとこの角度でシューティングしている、または親指の安定感を求める方には合うかと思いますが、水平よりも高め(的側に行くほど上がる)にしている方には違和感があるデザインになります。

個人的には好きですが、グリップの自由度を下げるデザインですので、標準グリップとして採用できない理由も納得です。記事を書いている間に1つ売れました。ありがとうございます。

HOYT KSLデザイン グリップ


ベガスシュート2017コンパウンド男子はシュロッサー選手が優勝!

昨日、ベガスシュート2017の決勝が行われ、コンパウンド男子はシュロッサー選手が優勝しました。おめでとうございます。インドアでは今、最も強い選手ではないでしょうか。

道具屋の自分としては、昨年から、何名かのトップ選手が使用を始め、ビクトリーと第4のシャフトメーカーの座を争っているブラックイーグルがどれだけの結果を出してくるのか見ていましたが、決勝(シュートダウン)には残ったもののメダルの獲得はできませんでした。シャフトでいえば順当に結果に終わりました。

1.シュロッサー選手(SCHLOESSER Mike) イーストン X27
2.ハンセン選手(HANSEN Stephan) CX X-Buster
3.ハウザー選手(HOUSER David) Gold Tip XXX

15.ルイス選手(HOLMES III Lewis) Black Eagle PS26

(ビクトリーは確認できず)

日本はまだ全日室内がありますが、世界レベルではこれからアウトドアの始まりです。どんな新しいセッティングがみられるのか楽しみです。

リカーブ用のストリングストップ(ステルスショット)をコンパウンド用として使用です。