BCYより452Xの次世代モデル454が発表されました。

BCYから452Xの上位モデル454原糸が発表されました。現在、BCYではSK99への移行を進めていますが、BCY-X99(ベクトラン20%)とマーキュリー(SK99 100%)は最適な素材であるにも変わらず、多くのコンパウンドメーカーが採用を見送り、SK75の452Xを採用し続けています。

60ポンドターゲットには最適な素材だと思いますが、もしかしたら、70-80ポンド台のハンティングコンパウンドでは、べクラトンを多く含む452Xの方に軍配があったのかもしれません。80ポンドをテストしたことがないので正直なところは分かりませんが。または、BCYのハイストランド化があまり好評ではなかった可能性もあります(私もリカーブの観点からは疑問)が、ともかく、452Xの上位モデルとして設計された454原糸は、452Xと同じ量のベクトラン(33%)を配合し、さらに、太さも452Xと同じ事を売りとして販売されます。

個人的に興味がある方に対しては、7月頃から販売できると思いますが、ショップとしては、現在ストリングメーカーの取引先であるウィナーズが採用するかを見守りたいと思います。


BCYが新しい素材X99を発表しました。

BCYが新しい原糸X99を発表しました。中身ですが、ほぼBCY-Xと同じです。ダイニーマ側をSK99に変更しただけです。まだ、BCY-Xをどうするかは発表されていませんが、流れとしては、メーカーやショップどでの評判が良ければ、8190と同じように移行していくのではないかと思いますが、特にコンパウンドストリングメーカーにBCY-Xは人気のようなので、どうなるでしょうか。6月くらいに入荷すると思いますが、構成的にリカーブに合うかは微妙なような気はしています。

X99 – SK99 83% + べクラトン 17%
BCY-X – SK90 83% + べクラトン 17%