ジャン・ヨンホ選手がベルリンオープンで優勝

1500821_651640421566967_1584020470_o

2000年代前後に大活躍し、オリンピックで2つの金メダルと1つの銀メダル、世界ターゲット選手権では金銀銅を1つずつ獲得したジャン・ヨンホ(張龍浩)選手が久しぶりに国際大会に出場し、WINの2014年商品のラインナップの初披露目となったベルリンオープンで優勝しました。

cex2000 COLOR
知っている限りでは出来立てのCEX2000の世界デビュー戦です。年末年始と関税の関係で入荷が来年にずれ込んでしまうことが確実ですが、CEX2000のカラーモデルのイメージが届きました。入荷までもうしばらくお待ちください。

ちなみにシャフトはカーボンエクスプレスのナノ・プロを使用しています。極細のアウトドアターゲット競技用シャフトです。少し前のコメントでも書きましたが、インドア競技でもリカーブにおいてはシャフトの口径よりも、修正力が高いシャフトのほうが有利という考えもあります。


カーボンエクスプレス(CX)の2014年カタログが発表されました

SONY DSCカーボンエクスプレスの新しいシャフトについて、多くのお客様から問い合わせをいただいていますが、現在、最終調整中です。1月のイギリスのテルフォードでの大きな展示会(例年ニームNimeですが、今年は会場の関係でテルフォード)のメーカーブースで最終的な決定をする予定です。

写真は入荷したNona Xtremeで、弊社の村田などがテストしています。X10よりも細いオールカーボンシャフトです。X10よりも細い極細のストレートシャフトですが、CX独自の技術で同じシャフト上に二つのスパインを持ち、中央部が硬く、両端が柔らかく、X10やACEのようなたる型シャフトと同じ性質を持ちます。重さはX10よりも、5%程度軽いです。

nanospec上記が詳細のスペック表です。450番で約5.1mm(0.202インチ)となります。

そのカーボンエクスプレスから、Nano Xtremeなどの新しいシャフトのスパイン表や詳細が記された2014年のカタログが発表されました。Nano XtremeとNano SST以外には特に新しい商品はありません(軽いハンティング用シャフトだけ)。

一般販売での取り扱いは早くともテルフォードから戻ってからなので、入荷は2月後半になります。進展あり次第再度報告させていただきます。

カーボンエクスプレス(Carbon Express) 2014年カタログ
http://archery-shop.jp/catalog/2014CarbonExpressCatalog.pdf


WIN&WINが正式に自転車のフレームに参入

1450875_364076743736257_279971183_n

作っているとは聞いていましたが、正式に自転車のフレームの販売に参入するようです。

INNO MAX/INNO CXTハンドルなどのカーボンハンドルの製造に使用されている技術を転用して、フルカーボンフレームの製造販売を始めるようです。

自転車のカーボンフレームのことはよくわからないですが、カーボンシャフトを製造するイーストンなども技術を転用してカーボンフレームを作っているので、相性は良いのでしょう。

カーボンハンドルでは圧倒的なシェアを持つ本業のアーチェリーとの相乗効果を願いします。


TopHat X7用ブレークオフポイント

IMG_7392 - コピー

取扱開始しましたTopHatのX7用ブレークオフポイント。

極小の10点めがけて大口径の矢を放り込んでいきますが、その肝心な矢を構築するのに僅かなシャフトの番手と数種類の重さのポイントのみで、様々な引き尺やドローウエイトをカバーするのにはなかなかの経験と勘が必要で、今でも多くの選手の悩みの種だと思います。

そんな悩みを少しでも解消するには、いくつものパターンを試す事が重要になってきます。かといって高価なワンピースポイントをじゃんじゃん試すのは費用面においてあまり現実的ではありません。

そこで、このTopHatの出番です。

IMG_7398 - コピー

上は(2315用)3段ブレークオフ、下が(2314用)2段ブレークオフ。

3段のブレイクオフは、1個当たり15グレイン、2段は1個当たり20グレイン。

径が大きいためにブレイクオフするためには、少々手間取りますが、安全に作業を行うためにはプライヤーを2丁用意しましょう。

*ポイントの外径は約8.2~3mmなので、一般的なペンチやラジオペンチでは安全・確実に挟むことが困難です。写真の形状のプライヤーの使用をお勧めします。

IMG_7399 - コピー

プライヤーのアゴにしっかりとはさみ、もう一方のプライヤーでオフする部分をガッチリつかみ、力をかける向きに注意しなが・・・・・

IMG_7396 - コピー

ポキッ

IMG_7395

少々の力が必要ですが、2丁のプライヤーを使用すればきれいに折ることが出来ます。

IMG_7397 - コピー

切断面はこんな感じです。イーストンのブレークオフポイントのように折った後の“バリ”を気にするようなことはほとんどありません。

すっきりと折れてくれます。ただし、切断面は結構鋭利な角度になりますので、指先や手を怪我しないように十分注意してください。

ちなみに全てを折ると、インサートされる部分の長さは約24mm~26mm。そして折られた部分の長さは約5mm~7mm。ポイントの先端(外に出ている部分)が約14mm~17mm。となっています。

現在はX7用の販売ですが近々FATBOY用も取扱い開始致します。

色々とお悩みの方はぜひ一度試してみてください!!

 

 


イーストンのアポロシャフトはなかなか良いです。

SONY DSC

9月20日に発表されたイーストンのターゲット用のシャフトのアポロ(Apollo)のテストを現在行っていますが、なかなか良いです。矢づくりを数多く担当するスタッフからも、カットがカーボンワンよりもしやすいなどのポジティブな意見が多いです。反応は非常に素直なシャフトで、スパインも数字通りに出ますので、チャート表通りの選択でよさそうです。ちなみに、正式なチャート表が2014年のカタログとともに発表なので、カーボンワンのチャート表で選びました。

SONY DSC

テストが遅れた原因はアポロシャフト用のポイントの入荷が遅れたことです。写真は100グレインのポイントですが、かなり小ぶりです。競技用のカーボンシャフトから参入したイーストンは、近年低価格のカーボンシャフトの開発にやたらと積極的ですが、ポイントなどの価格が高いので、結局は完成矢で高くなってしまう傾向がありました。ほぼ、イーストンのシャフトしか流通していない日本では気にならないかと思いますが、カナダやオーストラリア・フランスなどでは、少しずつ他社にシェアを奪われてきているので、今回、ターゲット用のアポロはシャフトが低価格なことも特徴的ですが、ポイントがかなり安く設定されています。その分、ブレークオフなどではなく、25gr刻みのワンピースポイントです。

個人的な感想ですが、売りたいシャフトです。いいシャフトだと思います。安くても、矢の性能のほぼすべてを決めてしまうスパインは細かく設定されていて、妥協するポイントは矢の重心(AOC)の設定が細かくできないことだけ。それでいて、カーボンワンよりも、2,000円以上安く購入でき、スピンベインなら、10,000円を切る価格で完成矢を作ることができます。

ただし、やはり素直なシャフトだと思います。多くの国で最初のシャフトではアルミを勧めているのは安いからという理由があります。この点では、アポロは完ぺきな代替案となります。

ただ、もう一点、最初に買ったアルミ矢のスパインが、トレーニングによってリムのポンドが上がり、射形が定まってきたことで引き尺が変わったりして、適切なスパインでなくなっても、アルミ矢であれば、何とか飛ばせてしまうことも可能なのですが(望ましい状況ではないですが…)、やはり、この点では、軽量で重心が前方にあるオールカーボン矢は、スパインが適切ではなくなると、すぐに機嫌を悪くして飛んでくれなくなります。ポイントも100grまでしか用意されていないので、ポイントやシャフトカットでごまかして使うのも難しそうです。

状況が変わっても、最初に買った矢を長く使い続けたいのであれば、まだ、アルミ矢のほうをお勧めします。もちろん、ポンドや射形が定まっていればそんなことはないです。

eastonad2014

イーストンの新しい広告でも、カーボンワン、A/C/C、A/C/Gを押しのけて掲載されています。スパインがしっかりと決まっている方、常にフレッシュな矢を使うのが好きな方、成長期ではない初心者の方にお勧めです。


イーストンが新しいアルミシャフトを発表

1379460_656539794380500_1951484140_n

イーストン(Easton)が自社のフェイスブックで、2014年の新しいアルミシャフトX27を発表しました。イーストンのX7シリーズ発表からは…四半世紀ぶり…くらいのリニューアルかと思います。

まだ出荷は始まっていないようで、入荷は11月を予定しています。


新入荷はテスト入荷アポロ・シャフトとCXTの白グリップ

IMG_20130925_175512.jpg

今週は昨年東京で行われたワールド・カップのファイナルがパリで行われ、週末にはトルコで世界選手権が行われます。その関係で、営業が出払っているメーカーも多く、新規入荷は多くないです。
W&WからはCXTカラーグリップの白が入荷しました。CXTハンドルにはない色ですが、AL1ハンドルでは白グリップが装着されています。AL1とCXTではグリップが共通なので、CXT用の新色・白として入荷しました。想像以上にCXTにあう気がします。
IMG_20130925_175531.jpg

次に先週発表されたイーストンの新しいシャフト・アポロが入荷しました。シャフトにターゲット的が印刷されており、ターゲット用のカーボンシャフトであることがわかります。
IMG_20130925_175542.jpg
IMG_20130925_175556.jpg

上の2枚の写真はカーボンの編み方がわかるようコントラストをかなり上げたものですが、多重構造のカーボンシャフトです。写真上がノックエンド、下がポイント側です。Gノック・ピンノックが使用で、ポイントは専用のポイントです。
このシャフトのコンセプトは耐久性の高いターゲット用のエントリーシャフト。日本ではまだ一般的ではありませんが、多くの国ではエントリー向けのシャフトもカーボンシャフトに移行しており、先行しているのはCX(カーボンエキスプレス)です。それに対抗するシャフトです。
さっそくテストしたいのですが、今年の世界選手権に顔を出すために、9月28日にはトルコに出発しないといけないので、テスト・レビューの時間がとれません。戻ってからやりたいと思います。10月4日に戻ります。ただ、すぐに東京国体(10月5~7日)があるので…もう少し後になるかと。ご理解ください。


イーストン・アーチェリーから、新型のターゲット用シャフトが発表

Apollo2.jpg

かねてから噂されていた、イーストン(EASTON)の新型のターゲット用カーボンシャフトのアポロ(Apollo)が正式発表され、出荷が開始されました。
現在、話しているところですが、テスト入荷は来週(2ダースのみ)、販売開始は10月の初めを予定しています。設定されているスパインは、560/610/670/740/840/950/1070/1200の7種類です。
詳細はテストしてから報告させていただきます。


ガスプロの羽と中ポンド帯の相性

data_arrow02.jpg

2週間前の弓具テストのうちの一つのまとめを書きます。
ガスプロの羽についてのテストです。ガスプロは2010年から製造がはじまった商品で、過去の記事を調べてみると、弊社では2年前の2011年の7月1日に初めて仕入れてのテストを行っています。
ヨーロッパ選手権とか…スピンウィングの独占を止めるかもしれない羽。
http://jparchery.blog62.fc2.com/blog-entry-761.html

実射テストで大変良い結果を残し、また、同時にお客様へも評価用として10パック程度提供し、良い評価が多かったと記憶しています。その後、8月にコンパウンド用のガスプロベインの販売を開始しました。
GAS PROの取り扱い開始
http://jparchery.blog62.fc2.com/blog-entry-801.html

当時はまだ当店だけで販売していましたが、その後、新たに国内で代理店になるところも現れ、今年の2月にパートナーとして累計100万枚製造記念の記念品を頂きました。おめでとうございます。
実射テストをしてから、この羽の事は評価していますし、多くの試合で結果も残しているのですが、お客様へアドバイスするときに、いまいちすっきりしない点があり、今回のテストになりました。詳細に関しては前回の記事をご覧ください
ガスプロの優位性は羽が起き上がっていないため、クリアランスがよく、かつ、風に強いことです。風にスピンの矢の高さが15.6mmに対して、ターゲット専用に開発されたガスプロ・ターゲットでは11.9mmしかありません。この値が少ないほど風に対して強くなりますが、そうすると極論はベアシャフトが一番良いという話になってしまいます。
風に対する強さとともに、羽に求められているのは、修正力です。風への強さと修正力、このバランスの中で羽を選択する必要があります。加えて、低ポンドの場合は、羽の重さも重要になります。
初期のころ、ガスプロの羽は低い(小さい)ので、修正力も弱く、矢速が落ちにくいので、低ポンドの方にもお勧めできるのではないかと思っていましたが、やはり、この羽のネックは重さにあります。ガスプロ・ターゲットの重さは332.4grで、最新のゴム羽とは0.6grの違いしかありませんでした。スピンは327.8grで4.6grも違います。
ゴム羽に近い・ほぼゴム羽と同じ重さであるために、低ポンドアーチャー(~30ポンド)には、やはりお勧めできないです。一方で、高ポンドのアーチャーではガスプロは多くの実績をすでに残しており、世界中で多くのトップアーチャーが使用しています。
今回のテスト中心的なテーマは、中ポンド帯のお客様(30~36ポンド)には、どの程度お勧めできるのかということでした。
過去の記事のコメントではこんなことを書いています。
(ドイツの新しいシャフトメーカー)のコメント欄
http://jparchery.blog62.fc2.com/blog-entry-1253.html#comment1863


>ガスプロ・スピンベインからエフィシェントに張り替えたのですが、
>サイトが少し落ちました。理由を教えてください。
サイトが落ちるかどうかは人それぞれです。サイドが落ちる場合は回転数が上がりすぎている可能性があります。柔らかいACEなどで発生します。逆にお客様がX10の450のような重いシャフトを使っていて、サイトが落ちた場合は、違う原因が考えられますが、詳しくはもう少しお客様の情報がないと分析できません。
>あと、一般的にガスプロよりスピンウィングの方がよく飛ぶと言われますが、その理由も教えてください。
自分はそうは思いません(ガスプロの方が優れているとは思っていません)。一番の違いは羽の硬さです。柔らかい羽根が合う方もいれば、硬い羽根が合う方もいらっしゃいますので、一概には言えません。


このコメントはシューターテスト時点でのものです。今回のテストはシューティングマシンを使っています。前者の返信に関してはこのまま訂正するところはありませんが、後者の返信に関しては、読み返すと修正する必要があると思います。
自分の仮説では、ガスプロの羽は小さいので、風に対して強いものの、スピンよりも修正力は弱く、減速率も低いので、中ポンド帯のお客様ではスピンよりも良いのではないかというものでした。重さによる差を引けば、矢速は同じだと思っていましたが、今回のテストで、重さによる差を差し引いても、0.2~0.5%スピンよりも、矢速が出ません。予想外です。
まとめると
・(良い点) ガスプロの羽は小さいが修正力はスピン同等レベルである。
・(悪い点) ただし、スピンと同等レベルにシャフトを回転させ、同一条件下でも、サイトはわずかに下がる
ですので、ガスプロは高ポンド(36ポンド以上)で風対策をしたい方には絶好の羽です。低ポンド(~30ポンド)では、今まで通り、スピンウィングがお勧めです。中ポンド(30~36ポンド)では、ガスプロではターゲットよりも、ノーマルのガスプロが良いと思います、もしくは、スピンウィングの方が良いでしょう。
*低・中・高ポンドのカテゴライズは今回の結果を見て、今回の結果分析のためのものです。別の記事でも36ポンド以上は高ポンドとして表現しているとは限りません。


イーストンシャフトのシリーズ番号について

IMG_20130710_175538.jpg

最近質問が増えているのでプロショップとして、イーストンのシリーズ番号についての正式な回答をさせていただきます。

テクミチョフさんが最新号の雑誌アーチェリーの記事で初めてシリーズ番号についての公式のコメントをしましたが、この番号については業界では公然の秘密といった扱いで、お客様に幅広くその意味を伝えていなかったと思います。

以前に、某代理店の方が自身のブログでホイットに対して「とある情報を金曜日まで発表しないように代理店に依頼したくせに、メーカー自身が月曜日に発表するなんて無責任だ」…みたいなことを書いていたことがありましたが、今回の件は自分からしたら同じような思いで、自分たちであまり公言しないように言っていた話を、自分たちで公開するって…という気持ちです。

まず、シリーズ番号とは何か。写真はACEシャフトですが、C番号(カテゴリーナンバー)と別に、1206という数字の後に「H」「J」「G」などのアルファベットが書かれています。これがシリーズ番号(シリーズナンバー)と呼ばれるものです。

C番号についてはガイドブックや、グーグルでも検索すれば、その意味や扱いについて書かれたページが見つかると思います。対して、シリーズ番号については調べても、日本語だけではなく英語で調べても、言及しているページ、ガイドブックはほぼないです。

では、なぜプロショップがこの番号についての情報を伝えてこなかったかというと、この番号はいざというときの番号で、普段は意味がないものだからです。

まず、この番号の意味ですが、この番号は製品仕様書とひもづいています。つまり、JシリーズとHシリーズは違う素材から作られています。仕様書(非公開)はAから始まり、Jであれば、ACEの10番目の仕様書によって製造されたACEであることを示しています。

そうすると気になるのは、「J(10番目の仕様書で製造されたACE)」「H(8番目の仕様書で製造されたACE)」では、性能が違うのか、どっちが性能がいいのか、ということだと思いますが、これに関して、イーストンの公式見解は「全く同じ性能」だそうです。

しかし、本当に全く同じであれば、わざわざ違う番号を付けて管理する必要はないです。では、何を管理しているのかというと、品質を管理するための番号です。

現在、良く見かけるのは「G」「H」「J」などですが、運用としては、例えば、2012年に「K」を投入し、2012年の1年間を通して、4つの仕様のACEを製造し、最もクレームが多かったのが1シリーズを翌年から廃番にするといったことが行われてきました。現在、(ACEの場合)「A」「B」「C」「D」を見つけることはめったにないはずです。Dを在庫に見たのは…5年以上は前だったと思います。

結局、シリーズ番号とは、イーストンも、イーストンに素材を供給している素材メーカーも、理論上では同一の性能・同一の品質と言いながら、売るという実務の中で、実際性能に差がないのかを検証するための番号です。

また、お客様側でこの番号との付き合い方ですが、特に気にされるものではないと思いますが、心配であれば、購入するときには同じ番号のものを購入された方が良いかもしれません。ただし、C番号とは違い更新されるものです。初期のAシリーズはもう生産されていないので、手に入りません。購入するときには、自分が使っているシリーズ番号か、そのシリーズ番号よりも後ろのアルファベットのものを購入されれば問題ないです。

これまであまり積極的にこの番号の意味を伝えてこなかったのも、事後的(問題が起きてからの)な処理にしか使われない番号だったためです。今回、なぜイーストンが広くシリーズ番号の意味を知らせる方向に舵を切ったのか、あまり理解できませんが…次に担当者にあった時にでも聞いてみます。