カーボンエクスプレス(CX)が新型の大口径シャフトタンク(TANK) 23Dを発表しました。

カーボンエクスプレスからCXLプロに変わる、新しい軽量大口径シャフトタンク(TANK)23Dを発表しました。

12月後半の入荷予定ですが、今インドアシーズンに間に合うかは非常に微妙です。現状、CXのプロ選手たちもXバスターからは移行していないです。来シーズンから取り扱いを考えています。

*国内では需要はあまりないと思いますが、タンク 27Dは10月末に供給が始まっていますので、使用している選手は多いです。

また、在庫分のCXLシャフトは値下げし、特価品に追加しました。CXLパーツの名称も近く変更予定です(Xバスターをベースとして)。よろしくお願いします。

【特価品】CX CXL PRO シャフト


CX(カーボンエクスプレス)の取り扱いの変更について

4月よりCX(カーボンエクスプレス)社の取り扱いを変更します。これまで2011年ごろから代理店として販売し、直接取引を行ってきましたが、2016年頃より納期が不安定なことが増えたため、今後は、メーカーからの直接取引だけではなく、他の代理店と提携し、お互いの在庫商品を融通することで、より安定的な供給を目指すこととなりました。

安定供給を目的とした変更です(*)。現状値上げの予定はありません。よろしくお願いします。

*ただし、3月末時点で一部スパインに関しては他の代理店にも在庫がない状況です。


CX(カーボンエクスプレス)の2016年新商品について

carbonwxpress_medallion_XR_2016カーボンエクスプレス(Carbon Express)が2016年ラインを発表しました。現行のターゲットラインに変更はなく、弊社で取り扱っているメダリオンXRのロゴの変更だけです。多くのメーカーがやっていることですが、ロゴをカラフルにすることで、XRシャフトであることをよりわかりやすくするというマーケティング戦略的なものだと思います。性能に変化はないので、特に区別することく販売します。

RZ_selectもう一つはハンティングの世界で大成功したMaxima BLU Red Zoneをターゲット用として精度を向上させたRZ Selectです。コンパウンド競技が50mwになってから多くの競技大会で結果を出しているGold Tipのウルトラライトとほぼ同じ0.286″(7.3mm-500)のシャフトで、重さもほぼ同じは6.6gr(ウルトラライトは6.3gr-500)。

違いは大口径シャフトで初めてバレルシャフトと同じように矢飛びを安定させる効果を持つデュアルスパインシャフトとして設計されていることで、ポイント側とノック側が硬く、シャフトの中央部分が柔らかく製造されています。このシャフトでどれだけ射つ機会があるかは微妙ですが、メーカー側の実験では、既存の大口径シャフトに比べて、100ヤード先(92m)でのグルーピングが大きく違うそうです。

X10/ACEの真直度は0.0015″ですが、本来のハンティング用に用意されたBlu RZが0.0025″であるのに対して、Ble RZ Selectでは真直度が0.0010″以内で用意されます。イーストンで同じ精度を実現しているのはX7だけです。

新しいXRシャフトは現在通関中の荷物ですぐに入荷します。新しいBlu RZ Selectは来年の2月くらいになる予定です。