ホイットの新しいシステムは面白いですね!


今日の朝にホイットの2020リカーブラインが発表されましたが、新しい「ストリングテンションテクノロジー(String Tension Technology)」はなかなか面白そうです。来週に届くので、詳細は届いてから測定して書きますが、まずは概要についておさらいしておきましょう。

近年、ホイットはなぜか2度(角度)もリムをねじるシステムや、音の対策として可動式のリムボルトを導入しましたが、多くのトップ選手、仕舞いには自社のカタログを飾るエリソン選手にすら、リムボルトをソリッドタイプに交換されてしまう事態に至りました。ホイットが近年そのような歓迎されない技術を採用した理由は、確実には分かるわけないのですが、個人的には、どんなもんだろうと新技術を投入しないと既存の選手がGMXのような完成されたハンドル(今年のワールドカップファイナル4位の選手もまだ使用)を使用し続け、消耗品のリムと違い、ハンドルの買い替え期間が延びるためだと推測します。

ホイット(HOYT)の2019年リカーブ、大改革ですが、謎も。

しかし、そのような状況に至り、2019年にはついに方向転換をし、競技用ハンドルはすべてソリッリムボルトに切り替え、大幅にハンドルの種類を削減し、新しいフォーミュラーXハンドルはインドアシリーズで4勝、ターゲットでも1位と3位を獲得しました。

ベガスシュート(ワールドシリーズファイナル)でもホイットが、惜しい。

面白いというか、設計にかかわるメインエンジニアが交代になったのかと思うくらいに、明らかな2019年に続き、2020年もかなり保守に、成功したハンドルのデザインをほぼそのままに(写真で見た限りでは同じ)、リムポケットの設計だけを変えて、Xiときました。しかも、Xモデルも新モデルで結果が出るまで当面は販売を続けるという、安全策に安全策で確実にオリンピックイヤーに結果を出そうとしています。

そして、新しく追加された機能は「ストリングテンションテクノロジー」と「ベアボウ対応」の2つです。ちょっと先にベアボウ始めてよかったです(笑)おかげでこの機能もそれなりに正しく説明できます。


ストリングテンションテクノロジー(笑)英語にすると凄そうです。どんな機能かといえば、ハンドルの実効的な長さを調整できるようにしたものです。日本のベテランアーチャーにとってはなじみがあるヤマハがかつて採用していた機能に極めて似ています。違いはヤマハがジオメトリーが変わることでリムのポンドも変わってしまっていたのに対して、今回ホイットが採用したシステムではリムボルトの位置を調整することで、ポンドを変えずにジオメトリーを変更でき、その時、ポンドは変わらないが、グリップに対してテンションがかかる角度(赤いライン)が変わることで感覚が変わることを、ストリングテンションという新しい概念として名付けています。

最適リム差し込み角度という謎の概念のはじまり。

上は以前書いた記事ですが、この概念が再度アーチェリー業界に戻ってきそうです。続きはまた明日。販売開始は今週末の予定です。


ブラックイーグル(Black Eagle)使用のJames Lutz選手、新しいシャフトをテスト中か?!

2018年から正式に取り扱いを始めたブラックイーグル(Black Eagle Arrow)ですが、今年はX-Impact使用のJames Lutz選手がワールドカップで大活躍し、多くの実績を残してきました。

ブラックイーグル取り扱い開始予定です。


現在行われているワールドカップ・ファイナルで、見たこともないシャフトを使用しています。極細タイプのシャフトで、かなり長めのポイントとエンドキャップが特徴的ですが、どんなスペックの新シャフトなのか気になるところです!


ホイット(HOYT)リカーブの2020年発表は9月10日。

ホイットが日本時間水曜日の午前に2020リカーブのターゲットラインを発表するようです。ご期待ください。

また、マシューズがTRX7/8の受注を終了すると発表しました。弊社でもちょうど在庫なくなったので、販売を終えます。間もなく、新商品の発表があります!

ホイットのコンパウンドはいつ…。。


【続報】スタローン、弓をうってなかった!

(RamboのFBより)

昨日、ランボー限定モデルについて書きましたが…どうやらこういう使い方をされているようです(汗)

ランボー5(RAMBO 5: LAST BLOOD)で限定コンパウンドが。

仕事関係の話ですと、ホイットのコンパウンドに2019年までついていたショックロッドの製造が終了したとのことです。弊社では在庫限りとなります。ゴムダンパーで消耗品ですので、当分の間は特価品として在庫処分はしません。ホイットから8月初めにターゲットモデルの生産終了が発表されましたが、2020年モデルの発表が全然来ない…1か月以上売るものがないです。。。今年のホイットは例年とは違う発表の仕方をする(マシューズのようなやり方)とは聞いていますが、同じくらいの感じで進んでいるなら2-3週間後かなと。

HOYT ショックロッド交換ダンパー


X23はブラック/シルバーに全面移行です。

新色が発表されたときには正式なアナウンスがありませんでしたが、先日X23が売れて補充しようとしたときに連絡がありました。現在のシルバー1色のX23シルバーは生産終了で、今後新しく生産するのはX23ブラック/シルバーだけのようです。弊社ではシルバーの在庫が終わり次第ブラック/シルバーに切り替えます。また、価格差が少しあるので、古いシルバーの方が必要な方はご連絡ください。本日時点では、まだまだ代理店にたくさん在庫がありますので対応できます。

EASTON X23シャフト - JPアーチェリー

Easton2020インドアラインにX23/X27の新色追加。


ランボー5(RAMBO 5: LAST BLOOD)で限定コンパウンドが。

20日にアメリカでランボーの最新作が公開されるようで、日本公開はまだ決まっていません。(自分がアーチェリー始める前なので確かではありませんが)以前も公開に合わせて、作中に登場する限定モデルが発売されたようですが、今回もベアアーチェリーが限定モデルのコンパウンドボウを発売します。ちなみに、トラディショナルリカーブの方はベアの通常モデルのようです。

弓は既存のKUMAをベースとしていて、カム・弦の色やリムのペイントが異なるものです。取引はあるので取り扱いはできると思いますが、33インチ、70ポンドなので、競技で使用できるものではないと思います。ランボーほどの作品なので、いつかは国内公開されると思いますが、そのタイミングではもう手に入らない可能性が高いかと思います。


T2 HD Brass、ストリングウォーキングに最適化された金属タブです。


最近解禁された金属プレートですが、多くのタブではレーザーで目盛りが刻印されています。金属プレートの優位性はプレートが決して変形しないことですが、逆に位置を決めるときに動いてしまいやすいという欠点がありました。

そこで、この新しいT2 HDタブでは、目盛りをレーザーではなく、プレートを削って入れることで、プレート面に凸凹を作り出し、ストリングウォーキング時にしっかりと溝に爪が引っかかるようになっています。ある程度、爪の長さがあれば、一度決めた位置がズレないよう設計されています。

加工しやすいブラスを使用しているので、その分タブも重くなっていて、スタンダードが35g(ノーカット時)に対して、65gとなります。ベアボウにおいて、タブの重い方が優位という話も、不利という話も聞かないので、好みの部分でしょうか。

ブラックマンバ T2 ブラス ベアボウ


第16回世界ユース選手権大会のリカーブでは。


コンパウンドに続き、昨日はリカーブの決勝でしたが、韓国チームでFIVICSのシャフトでX10よりはるかに低価格の、FIVE-X(想定販売価格3万円)、Ten-Pro(同2万円)を使用したチームがキャデットで金メダルを獲得しました。どちらもまだ扱っていませんが、東京はともかく、その次のオリンピックまでにはリカーブの方でもマーケットに大きな変化が出るかもしれないですね。

FIVE-Xの方の価格表も見ていますが、何だろ、GT/CX/VAPなども含めて、イーストンはシャフトは全部高いのにインサートピンだけは、どのメーカーよりも安いんですよね。どういうカラクリなのか。。

第16回世界ユース選手権大会のコンパウンド結果。


第16回世界ユース選手権大会のコンパウンド結果。

おかげ様で弊社割り当て2台のエリソン仕様フォーミュラーX完売しました。ありがとうございます。また、再入荷の予定は現時点でないです。

さて、現在、スペインでユースの世界選手権が行われていますが、コンパウンドは昨日ですべて終了しました。ジュニア団体はアメリカが優勝したのですが、その選手が全員イーストン以外の矢を使っていたのがびっくりでした、ユース層の選手はほとんどが家族からの支援で、道具を買っていると思いますので、予算を抑えたいのは理解できますが、地元アメリカでも、1-2万円のシャフトでも世界と戦えるという理解が進んでいるのは、予想できませんでした。ちなみにCX1名とGT2名です。

また、ジュニア男子個人もGT、女子はCXでした。すべて異なる選手です。

また、男子決勝では150点満点のパーフェクトスコアが出ています。

ちなみに、ミックスでビクトリーのVAPが銀を獲得しています。やはり、現状、このあたりが世界で実績のあるシャフトといえるでしょうね。

現在、リカーブの決勝などが行われていますが、こちらは、まだイーストンというよりもX10が多く使用されていますが、キャデットの男子でFIVICS使用の韓国選手が700点近い点数(60mw)で予選を1位で突破しています。先日のアジアカップでもFIVICSの新しいシャフトが実績を残しました。ますます、気になってきています(笑)。本日の結果に期待です。

エリソン選手がパンアメリカン大会の予選で702点の世界新を。


Feather River ポンド秤(ボウスケール)取扱い終了。

先日、自分がアーチェリーをはじめるはるか以前からあった原糸メーカーのブローネルが生産を終了しましたが、昨日、こちらも老舗のポンドスケールメーカーのFeather Riverが生産を終えるとのことです。ただ、ブローネルと違い、いつか再生産するかもしれないという情報もありますが、デジタルポンドスケールの低価格化(10年前はピークを測る機能があるものが2万円台だったのが、今は1万円を切ります)の流れを見ると、もうアナログ式の再生産はないかもしれません。弊社でも在庫限りです。

Feather River ポンド秤(ボウスケール)