SANLIDA TEAM-700スタビライザー

中国の新興メーカーSANLIDAからスタビライザーが届きました。
TEAM-700シリーズには3タイプのロッドが用意され、その中でCP用として「エクストラ・スティフ(ES)」を在庫する事になりました。

TEAM-700ESは昨今流行のスリムタイプ高剛性スタビ。ロッドの直径は14.3mm(実測値)

参考までにメジャーどころの数値がこちら。
*実測値
・AAE アドバンテ-X  12.6mm
・B-Stinger マイクロ-HEX 13.8mm
・ドインカー エストレモ・プラチナムHi-Mod 16mm
・アバロン インフレキシブル 15.7mm
・コンクエスト スマックダウン625  15.8mm

採用されているウエイトシステムは1/4インチ。付属ウエイトは4オンスが1個。ほかにロッドの締付レンチ「サムスプール」1本、接続ネジが5種です。

*4.7mm/7.4mm/12mm/15mm/25mm 各1個

厚めのクリア塗装が施されたグロッシーなロッド表面はカーボンメッシュ模様をより奥深く立体的に映し出しています。

在庫はロングが30インチとサイドが12インチ。他のサイズは取り寄せです。
価格と性能の両面でこれまでコスパ断トツだったアバロン・インフレキシブルにライバル登場といった感じですね。
まもなく販売開始です。


シュルード(Shrewd)から新しいスタビライザーRevXを明日発表へ。

ニーム(Nimes)で何人ものトップ選手が使用し注目された新しいスタビライザーがRev-Xという名称で、シュルード(Shrewd)から本日の深夜発表されることがアナウンスされました。

シュルードは個人的にはも好きなメーカーで、自分の弓でも使用しています。この仕事をしていると、本当に金もうけばっかりのメーカーがいたりして、嫌になるときもありますが、シュルードの営業方針にはすごく共感できます。グールグル翻訳でざっくり訳しましたのでどうぞ。

(グーグル翻訳-一部修正-シュルードのカタログより)

私たちは、消費主義の時代に生きており、私たち全員の自然な本能は、購入、購入、購入することです。私たちのほとんどは不必要にアップグレードし、耐用年数の終わりに近づいていないアイテムでも使うことをやめます。

顧客は製品の破損と保証の期限切れに慣れています。多くの企業は、顧客が以前に生産したものより良くない製品に年々お金を使うように促すことに成功しています。

私たちの目標は、より多く購入してもらうことではなく、シュルード製品を購入することを選択した場合に、より少ない購入で済むことです。当社の製品は製品ラインに何年もの間、何十年も続くことが多く、これらの製品に対する当社のサポートは、カタログや価格表から削除されても続きます。

(原文-抜粋)
We live in an age of consumerism where the natural instinct in all of us to is to buy, buy, buy. Most of us upgrade unnecessarily and shelve items that haven’t come close to the end of their useful lives.

Customers are used to products breaking and warranties expiring. Many companies succeed by pushing customers to spend money year after year on products that aren’t better than what they’ve produced previously.

Our goal is not to get you to buy more, rather our goal is to ensure that if you choose to purchase a Shrewd product, you’re able to purchase less. Our products stay in our product line for years, many times lasting for over a decade, and our support for these products extend well beyond the time where they’re pulled from our catalog and price lists.

Buy Smart, Purchase Less, Shoot More


Flex PowerBall

Flexから販売されている「FLEX ターボ・ボタン2.0」の販売終了(在庫限り)を受け、その後継となる商品が入荷しました。
FLEX PowerBall(パワーボール)

C環状のウエイトは1つ約10gr前後*(9~11)。12個付属します。2カムモデルなら上下のカム付近両方に。ワンカムならカム側の片方に適宜個数を装着します。
*マニュアルには約8.5グレイン/1個とありますが、実測値を記しました。

装着には金属ノックセットプライヤーがあればきれいに装着できます。通常の平たい箇所しかないプライヤーでも可能ですが均等に丸くかしめるのにやや苦労するかもしれません。
また、黒およびカラータイプのヒートシュリンク(熱収縮チューブ)が付属するので、かぶせる際は一旦ストリングをカムから外さないとなりませんが通した後、ヒートガンで温めてカバーします。
黒のチューブは約8センチ、その他のカラーは約5センチです。
ただ、一般家庭にヒートガンなんてめったに無いので代わりにドライヤー…と、なりそうですが、最近のドライヤーは風量は強いもののあまり高温にはならずチューブが収縮してくれる温度(約70~80度)に到達しないのでやや苦戦するかと思います。

FLEX PowerBall(パワーボール)は店舗およびオンラインショップにて販売中ですヽ(^。^)ノ


キネティック(KINETIC)の第三世代モデル、90点、いいですね。


キネティック(KINETIC)の第三世代モデルのソヴレン(SOVREN)がテスト入荷しました。いいハンドルですね。メーカーの将来に期待できます。現在6061の黒のみ在庫していますが、今後増やしていく予定です。また、現在、3万円台でもっもとお勧めできるハンドルとしてフォージドをセレトクしていますが、実績を重視する方は今後もフォージドをお勧めしますが、新デザインでお勧めできるとしたら間違いなくこれです。

まず、キネティックですが、2016年ごろに初めて登場したメーカーです。第一世代はHaloなどの鋳造低価格モデルというラインナップでした。まぁ、設計などを語る価格帯ではありませんが、塗装の品質が同価格帯では非常に高かったことを覚えています。

第二世代として独自に設計したスタイライズド(STYLIZED)を2018年に発表します。デザインはなかなか好評でしたが、オリジナル設計のリムボルトの形状が干渉し、リムによってはポンド調整幅が2回転ほどしかないのが問題になり、生産が終了しました。短命でちょっと残念なハンドルでしたね。

キネティック(KINETIC)のスタイライズド(STYLIZED)ハンドルが入荷しました。

2016年、2018年からの2020年にいよいよ独自設計で、かつ、他社のリムにもぴったりとフィットするハンドルが発表されました。

まずは、このリムポケットは私としては現状ベストな設計だと思います。1つは閉鎖型になっているので、一度ハメたリムが、抜けることはまずありません。安全です。

もしもの時のためのストリンガーの使い方

そして、さらにリムポケットの可動部がリムと接する設計になっています。これはどういうことかというと、メーカーがリムをブレースしたまま、センター調整できると言っているハンドルがありますが、個人的にはこのタイプでしかやりません。リムがハンドルと接しているタイプのハンドルで、リムをセンター調整をすると、リムとハンドルがすれるので、コーティングが剥がれたり、傷がつく可能性がありますのでお勧めできません。

しかし、このタイプであれば、リムとハンドルは接せず、センター調整パーツと一緒に動くので、傷がつく心配はなくなります。3万円台でこのタイプのリムポケットを備えているハンドルはないかと思います。

順番最後にしようと思っていましたが、リムポケットの話なので。100点といってもいいかなと思っていましたが、一点問題が。リムボルトとリムが接する限界(ポンドを下げるときの限界点)がこのあたりなのですが、ちょうど見えません(-_-;)非常に確認しずらいです。次世代モデルでは改善してほしいところで、90点とさせていただきました。



ハンドル全体としての特徴は、やはりこの厚みでしょう。写真はAL1との比較です。もっとも分厚いところでは、AL1が57mmに対して、ソヴレンでは75mmもあります。ハンドルの両端に重量と厚みを持たせることで、ねじれる方向の振動を減らし、ハンドルがより素直な挙動になることが期待されます。ホイットが上位モデルで近年取り入れていますが、3万円台でこの設計も今のハンドルが初めてではないでしょうか。

前回の反省を踏まえて、このハンドルではしっかりと4回転調整できるようにしたと言われました。こちらでテストした限りでは、間違いなく4回転は調整できますが、すべてのリムをテストしたわけではないので、商品説明では3回転半と表記しておきます。

また、ユニークな選択肢として、ハンドルの素材を6061合金と7075合金が選択できます。価格と重さが異なりますが、基本的には実質ポンドを基準に選ぶと良いと思います。35ポンドくらいまでは6061、45ポンド以上は7075、35-45ポンドはどちらでもよいかと思います。

・3万円台(6061)
・安全なリムポケット
・ブレースしたままのセンター調整が可能
・ハンドルの挙動を改善するデザイン
・ハンドルの素材を選択可

とお勧めできるポイントは多数です。いいハンドルですよ!!

KINETIC SOVREN ハンドル


【技術協力/放送延期】NHK 「ひるまえほっと」



今週始めにNHKの「ひるまえほっと」という番組の技術協力をしてきました。視聴可能エリアは首都圏のほか新潟、長野、山梨で、1月31日放送予定とのことです。

*国会中継「衆議院予算委員会質疑」 ~衆議院第1委員室から中継~ 放送のため延期となりました。

武井壮さんがスタッツマンスタイルでのアーチェリーに挑戦します!

GASのゴースト使ってました!

武井壮のパラスポーツ真剣勝負

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《補足:山田より》
写真1枚目の弓は武井さんが左足でスタッツマンスタイルを体験してもらおうと準備した弓(ジェネシスボウ・右用)をスタッツマン選手が「その弓で撃ってみたい!」と、なった時の写真です。
本来のスタッツマン選手の使用する弓は押し足が右のために「左用弓」を使用していますが、右用弓でも器用に構え30mを難なく当てていました(^^♪

↓こちらがスタッツマン選手使用の弓です(HOYT:プリヴェイル/SVXカム・60ポンド)。なんとフロントとサイドのウエイトがそれぞれ32オンス(約900グラム)、弓の総重量が約5.2kgという超ヘビーウエイトセッティングとなっています(驚


調整機能をもつアバロン(AVALON)のエクステンションクリッカーが入荷しました。

アバロンのエクステンションクリッカーが入荷しました。インドアなどで長い矢を使う方、矢尺が決まる前の方(切りすぎ防止)などのためのクリッカーです。

アリゾナ(AAE)のものが有名ですが、こちらのものはバーにウェイトがついていて、この位置を調整することで、クリッカーのテンションを調整できるというユニークな機能を持っています。

AVALON エクステンション・クリッカー


K&Kアーチェリー JET6ベインの新型SVタイプが入荷しました。

先日のニームインドアで300点のパーフェクトを記録したJET6ベインの新型が入荷しました。また、製造量の拡大などにより、卸価格の改定があり、安くなりました。既存のJET6も値下げされました。3000円を切ったので、ぜひご検討ください。

KSL Jet6 ベイン

インドアではより回転力のあるシャークタイプも実績を上げましたが、時期的な問題で今インドアシーズンは在庫しないことにしました。来シーズンから販売したいと思っています。


【大久保店お知らせ】アルバイトを募集します。

新宿・大久保店で主に矢づくりを手伝ってくださる方を若干名募集致します。

・時給 1,050円~
・交通費支給

【条件】
・アーチェリー経験者(初心者~上級者問わず)
・手先が器用
・年齢性別不問*ただし高校生以下は不可(この春から大学生になる方は可)
・1勤務あたり4時間程度
・週1回~でもOK
・従業員割引あり(全商品10%引き)
・リーグ戦期間中の長期休み可(大学生)

アレコレかなり融通が利く職場です。
その他は面接時にお話いたします。
まずは大久保店までお電話ください。
080-2564-2181(木金以外11時~20時)


13年目の2020年 JPアーチェリーの営業方針(リカーブのみ)

アーチェリータオルのインドア版三つ目的が入荷しました。思ったより小さくてかわいいです。リリーサーポーチにちょうど入るくらいです。

アーチェリータオル

さて、もう少しまとめてしっかりとした記事にしたかったのですが、2週間経ても考えが煮詰まることなく、新商品もどんどんと入荷してきて、販売を開始しないわけにもいかないので、ちょっと、まとまりのない記事になりますが、2020年に営業方針を少し変えることとしたのでお知らせします。変えるというよりも、帰るということでしょうか。

リカーブのみとありますが、コンパウンドは現行のまま営業します。ベアボウはまだ模索しているところです。

私たちのお客様”以外”のアーチャーに対する責任。

去年の9月末に増税のタイミングで上記の記事を書きました。この記事に興味がある方はまずお読みください。でないと話の流れがつかめないと思います。

ということで、結論からズバリ言いますと、大手さんが現行の戦略を通る限りにおいて、戦略的に王道のホイット、ウィン、MKのハンドル・リムの在庫を減らします。昨年から試行していましたが、1本は評価用に仕入れますが、残りはすべて取り寄せとして販売します。取り寄せにかかる時間はそれぞれですが、基本的に代理店に在庫があれば、3-6営業日、メーカーに在庫があれば、1か月、メーカーにも在庫がなければ、2か月以上となります。

弊社ではお客様の選択肢を広げたいとの思いから、幅広いラインナップを取扱いしてきましたが、メーカー、商品数は増える一方です。私たちの取り扱いしている商品の中では、大手さんと被る部分もあれば、被らない部分もあります。3年ほど前から、倉庫のスペースなど物理的な理由により、商品数の削減が必要となり、セレクトした商品のみを販売してきました。

そこを2020年は変更し、大手さんと被る部分で上記のメーカーに関しては、価格を提示し販売しますが、それぞれの在庫数を減らすことで、販売する商品の種類を増やします。私としては、もちろん、弊社で買ってくれると大変うれしいし、感謝いたします。しかし、お客様の立場で考えた時に、同じ価格なら大手で買うという心理は当然理解できますし、ポイント制に不安感がある方を除けば、合理的な判断です。

私たちのとれる営業方針の一つに大手より安く売る価格競争がありますが、そういったものをこの業界に持ち込みたくはないので、販売はするものの在庫量を減らして、大手さん扱っていない商品に注力することとしました。幸いに近年弊社がお勧めしているアバロンも、スカイロンは世界中で高い評価を受けて、それを受けての再投資で、毎年多くの新商品を発表し、販売するアイテム数を増やしています。

先月販売を開始したサイトピンも予想以上の売れ行きです。2回目の入荷便の在庫切れも発生し、さらに好評を受けて、春頃に0.29″サイズの設計も始まっています。

価格と性能がちょうどよいアバロンのスコープサイトピン、いいですよ。

また、多くの商品を販売するに至っていませんが、日本ではまだまだ不明の中国メーカーも世界大会での実績を積みあけてきています。こちらの紹介にも力を入れていきます。

やればできる!中国メーカーのハンドルが4か月で銀メダル獲得。


年末に大きい画面でゲームしたいねという話になって、プロジェクターを買いました。アマゾンで1万円です。メーカーは全くの無名の中国メーカーでしたが、十分すぎるほどの性能で、本当に買ってよかったと思っています。もちろん、大金を払って有名なメーカーを買えば、絶対な間違いはないでしょうが、元々あらゆるジャンルでブランドとかに興味がない私ですので、無名だがしっかりとした商品を作っているメーカーが好きなのかもしれません。

以上となります。

整理します。

1.有名なブランドのハンドル・リムの在庫を減らします。
2.それに伴い一度在庫を整理します。古い在庫から、特価品として販売します。
3.一部在庫品と取り寄せ品で価格差をつけます(在庫品が少し安い)。
4.販売する商品の数は増やします。
5.大手さんが同じ価格に設定してくることが予想されます。
6.まだまだ成長途中のメーカーに注力します。
7.リカーブでのことです。コンパウンドでは有名メーカーでもまだ知られていないところがあるので、この段階ではない。

ホイットの2020年ラインで試行的にやってみましたが、特に大きな混乱はなく、全面移行でも大きな影響はないと判断しています。ただ、1日ではできないので、今日から1月いっぱいに移行します。また、この期間中に値下げ予定の商品を購入された方には、値下げした分返金します。

以上、よろしくお願いします。今日中にWINの新商品に関しては販売を開始します。


ファイビックス(FIVICS)の2020年のカタログが届きました。結構新しいの出ます。

ファイビックス(FIVICS)の2020年のカタログが発表されました。具体的な納期はまだ届いていませんが、流れとしては2月くらいだと思います。結構新しいの商品が載っていますね。

FIVICSのカタログが読んでいて面白いのは中身がちゃんとあり、言っていることが理解できるから。某メーカーみたいに、

「新開発の〇〇〇(定義のない造語)素材を使用し、〇〇〇(同じく造語)技術により、大幅に性能が向上しました。」

とか言われても、一体何がどう変わったのか、もう想像するしかないレベルです。

現在、FIVICSはタブとダンパー系を中心に扱っていますが、2019年からは、成熟してきたシャフトも販売を開始しました。取り寄せの形ですが、順調な滑り出しでトラブルもありません。リムはまだ判断しませんが、ハンドルに関しては、毎年見ていますが、そろそろいい感じのものを出してきているのではないかと思います。スタンダード設計で1,330gの6000系アルミハンドル。いいスペックではないかと思います。7万弱くらいで販売できれば、いいかなとおもいますが、いろいろと検討中です。

シャフトに関しては変更はありませんが、チャートの若干のミスがあったのが修正され、良かったです。

新しいスタビライザーラインFORNIXは需要の多い14mmと18mmで提供されます。よさそうですが、正直現状スタビライザーが多すぎです。もちろん、それぞれ個性があるのでしょうが、オペレーション的にすべてを扱うのが困難になってきているので…悩むところです。価格帯別に切り分けて、すべて扱うことは可能ですが、在庫するものは絞っていこうと思います。

新しいタブとして、コーチの Kwon Yonghakさんと共同開発したタブが出ます。この方、自分はあまり知らなくて、検索もしてみましたが、恐らく漢字で中国検索エンジンで調べたら出るのでしょうが、アルファベット名で(中国に弱い)グーグル検索では情報が出てこなかったので、どういう方かわかりません。中国では有名とのこと。

調整幅が多いタブが近年流行していますが、グリップを加工すること自体は簡単ですが、自分に必要なグリップをまず設計するのことは簡単ではないのと同じで、どのタブも完成度は高く調整することは簡単ですが、自分にとってサポートとなるパーツの場所をどこに置くべきか理解するのは簡単ではないです。こんなに調整する箇所あったら大変そう(笑)ですが、いじるのが大好きな人には楽しくて仕方ないでしょうね。取り扱い予定です。

ハンドルやリムに注力している影響か、アクセサリー系は近年少しずつ種類が減っていっています。今年も特に目新しいものはないようです。ダンパーやアッパーも現行のまま。

新商品は2月の後半から3月の頭くらいにに入ってくると思います。

FIVICS アーチェリー 2020