大室山でアーチェリー!

つい先日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)によって地形や地質が希少な「世界ジオパーク」に日本国内9例目に認定されたことで一躍注目を集めている静岡県の伊豆半島。
この伊豆半島ジオパークの目玉の一つ「大室山(伊東市)」にお邪魔してきました。



*3つ目の写真は待合に飾ってあったものです。

大室山は国の天然記念物に指定されている標高およそ580mの鉢伏型の山で伊東市のオフィシャルサイトによると「約4000年前に活動した伊豆半島最大の単性火山で、 底面の直径1kmの大型の臼型スコリア丘。山体はほぼ原型を留めており、山頂には直径250mの噴火口があります。北側の岩室山から流出した大量の溶岩流は、広大な先原の溶岩地形を形成し、城ケ崎地形を作り出しました。南斜面には側火口が1つあり、山体形成後にも活動があったことを示しています。」
*伊東市HPより引用

この大室山周辺を含む伊東市は年間およそ600万人以上にも及ぶ国内外からの観光客が1年を通して訪れます。
大室山は天然記念物と言う理由で歩いて登れる登山道が無いのが特長で、頂上へ上る為には登山リフトで登ります。

リフトにゆられる事約6分。到着した頂上は火口直径250m、周囲1キロ、深さ約50m。
傍らにある山頂テラスにはアクティビティーとしてアーチェリーが楽しめる受付があります。

今回お邪魔したのはこちらで提供されるレンタル弓を新たに更新する為、その納品と説明に訪れました。
打ち合わせの様子

受付窓口

弓を手にしたら、ここから噴火口跡の底まで下りていきます。
およそ2~30mは取れるスペースで、的は8的ゆったりと設置されています。


写真奥上にあるグレーの建物が山頂テラス、その右側の白い建物がつい最近、数億円かけて作り直された化粧室(お手洗い)です。

お手洗いから見下ろす火口跡含む景色が何とも言えない絶景です。

山頂はアーチェリーだけでなく、ここでしか味わえないグルメや絶景、お土産など盛りだくさんです。
おすすめは伊豆の農家で作られた果汁100%無添加ストレートみかんジュース。あちらこちらでそんなに販売されていない数量限定の幻のジュースです。
見つけたら是非一度飲んでみてください。

さて、大室山登山リフトのメインイベント?でもある下りのリフト。
北側面を下っていくのですが、天気の良い日はむちゃくちゃ遠くまで見通せるんです。
この日はあいにく午前中に台風レベルの暴風雨だったためその影響で遠くの景色や富士山がほぼ見えなかったのですが、それでもこの写真からその絶景の雰囲気がお分かりいただけるかと思います。

大室山登山リフト公式ホームページ

伊豆半島ユネスコ世界ジオパーク認定の記念にぜひ訪れてみてください。ヽ(^o^)丿

 


WIN&WINのアジャスタブルカーボンVバーとFlexスコープの紫が届きました。

いくつかの新商品が入荷しています。まずはウィン&ウィンのカーボンアジャスタブルVバー(CX-AD)です。やっと届きました。届いたものを確認すると予想通り、軽量Vバーと呼ぶのは困難な商品として仕上がっています(いい意味です)。

ソリッドタイプのカーボンVバーとは違う、可動する部分が多いのがアジャスタブルVバーの特徴です。可動部は強く締め付けて固定するので、その場所にカーボンを使用するのは問題だと考えてますが、ウィンのVバーでは強い力が加わる部分はすべてアルミ素材を使用していて、高い耐久性があるものに仕上げてきました。その分、多くのバーツがカーボンではなくアルミなので、重さはカーボンVバーとは言えないほどになっています。Vバー単体で115g(カタログ値・実測値120g)となっており、この数値はアルミタイプのアジャスタブルVバーよりは軽いですが、CX2が実測で46gですのでその約3倍です。

(ウィン2018カタログ)

ただ、ウィンのカタログ(英語版)ではよくわからないことになっていて、アジャスタブルVバーよりもCX2カーボンVバーのほうが軽いように書かれています。しかし、実際にはアジャスタブルVバーの方はSAを含まない重さであり、S21VバーはSAを含む重量、CX2VバーはSAを含む重量でも、118gではなく、実測でSA込みで84g(単体は46g)です。

まぁ、常識的にVバーの構造を考えれば、CX2のほうが重いことがあり得ないのは理解していただけると思うのですが…。なので、このVバーは軽量Vバーとは分類できないと考えますが、それは悪い意味ではなく、重さはある程度になったものの、アジャスタブルタイプに必要な耐久性とカーボン素材の振動吸収の両方を兼ね備えた良い商品に仕上がっているのと思います。

WIN&WIN CX アジャスタブルカーボン Vバー

それとShrewd(シュルード)のフレックスサイトピンの新色紫が届いています。

SHREWD フレックスサイトピン


ハンティングアローメーカーの独特なシャフトデザイン。

日本ではボウハンティングは許可されていないので、私たちとしてはハンティング用のシャフトは販売したことがないのですが、たまたま、ハンティング用のシャフトの広告を見ていたら、ターゲットシャフトとは全く違う設計がされていることがわかり面白かったので、記事にしてみました。

この設計はBLOODSPORTという会社(競技用のシャフトは製造していないメーカー)のシャフトですが、シャフトのポイント側に特殊にシート*が巻き付けられています。

*特許によると特殊なテクスチュア

ボウハンティングの前提として、まず、アーチャーはバイタルエリアというもの(内臓など)を狙います(スモールゲームなどを除く)。その結果、矢は体を貫通するものの、即死することはほぼありません。獲物は完全に動きを停止するまで逃げるので、ハンターは獲物を追跡する必要があります。このあたりが日本ではボウハンティングが禁止されている理由の一つだと思うのですが、(イメージとして)銃器が獲物を殴ってその場で倒すのと違い、矢は貫通させて失血や窒息で倒すため、獲物はより長距離を移動するケースが多く、日本の平地が少ない環境では、獲物の回収の難易度が非常に高いのです(*)。

*「ボウハンティングは成功率が低い」という俗説はあまり正しくないと感じています。それは、日本国土地形を前提とした局地的なロジックでしかなく地球全体で同じことが言えるとは思いません。

さて、話を戻すと、このシャフトの前方のシートは貫通後に付着している血液・体液によって、状態が異なり、上から心臓・肺(そのあたにいる)、肝臓(3時間程度は生きている可能性がある)、胃や腸(6時間程度)、なにも付着していないとミスしたと分かるので、矢を回収した後に自分がどのように獲物を回収するかの判断ができるというユニークなものです。まぁ、加工がされていないシャフトでもある程度は付着しますし、熟練のハンターなら状況だけで判断できると思いますが、面白いアイデアです。


BCYが新しい素材X99を発表しました。

BCYが新しい原糸X99を発表しました。中身ですが、ほぼBCY-Xと同じです。ダイニーマ側をSK99に変更しただけです。まだ、BCY-Xをどうするかは発表されていませんが、流れとしては、メーカーやショップどでの評判が良ければ、8190と同じように移行していくのではないかと思いますが、特にコンパウンドストリングメーカーにBCY-Xは人気のようなので、どうなるでしょうか。6月くらいに入荷すると思いますが、構成的にリカーブに合うかは微妙なような気はしています。

X99 – SK99 83% + べクラトン 17%
BCY-X – SK90 83% + べクラトン 17%


(2018年4月)グーグル翻訳の実力は。

アークシステム(Arc Systeme)社のフェイスブックページに、リリーサーの重量選択についての記事が上がっていました。Back Tension L’Attendu By PJ の開発に参加したデローチェ(Deloche)選手のコメントなのですが、やはり、フランス語でした(-_-;)

フランス語は読めないので、解読にグーグル翻訳を使用してみました。

—(原文)—
Le poids du laiton donne un sentiment de confort, qui n’est pas toujours au service de la performance. En effet, si votre puissance n’excède pas 50 livres, et/ou si votre arc possède un let-off élevé (faible puissance au mur) à partir de 70% et au-delà, le confort sera au détriment de la performance.

—(翻訳)—
真ちゅうの重さは、常にパフォーマンスのサービスではない快適さの感じを与えます。 実際に、あなたのパワーが50ポンドを超えない場合、および/またはあなたの弓が70%以上の高いレットオフ(低パワーウォール)を持つ場合、快適性はパフォーマンスを犠牲にしています。

どうでしょうか??

まぁ、理解できなくもないといったところですかね。

で、実際のコメント(*)ですが、真鍮の重さは常に快適さを提供してくれますが、弓のポンドが50以下の場合や、レットオフが70%よりも高い(つまりホールでングウェイトが低い)場合などは、その快適さが必ずしもパフォーマンス(高得点)を与えてくれるとは限らないということです。

しかし、進歩を感じます。

*フランス語→英語の精度はかなり高いので、その翻訳された英語を使用しました。


ドインカーがプレシジョン・バランス(Precision Balance)のリニューアルを発表。

ドインカー(Doinker)が傘下ブランドプレシジョン・バランス(Precision Balance)のリニューアルを発表しました。新しいスタビライザーに新しいウェイトと全面的なリニューアルとなっています。

以前のモデルに搭載されていたユニークなダンピングシステムを評価して取扱いしていましたが、新しいロッドはどうでしょうか…価格はドインカーよりもお手頃なので、ただの廉価版ではないかと予想しています。もともとの値段が高いメーカーなので、廉価版と言っても…という感じです。Vバーマウントなどはドインカーのものをロゴを変えて販売するだけのようです。セカンドラインとしての本気さを感じません。まだ、評価できる段階ではないですが、相当に良いものでない限りは取り扱いしないことにする予定です。

現在在庫しているプレシジョン・バランス(Precision Balance)のラインナップは特価品に追加しましたので、興味ある方はぜひ。

プレシジョン・バランス(Precision Balance) - JPアーチェリー


アリゾナカップ2018終了。写真貼っておきます。




アリゾナカップ終了です。大量の写真がアップされているので、今期のセッティングの参考になるのではないでしょうか。

本家の写真には何の説明もないまで、リカーブ・コンパウンド男女の優勝者の写真貼っておきます。あ、AAE(アリゾナ)の新商品入荷しています!


さっそくアリゾナカップにサミックのウルトラXが登場。

現在、アメリカでアリゾナカップが行われており、USAアーチェリーのサイトで今年のトップ選手たちのセッティングなどを見ることができます。

Arizona Cup – USA Archery

確認のために現在アップされている全写真確認しましたが、2月末に入荷したばかりのサミックの新しいハンドルが、さっそくデビューしました。やっぱり、MKのリムとの組み合わせでセッティングされるのですね。

本日の深夜にリカーブの決勝です。


国内での2018年のルール変更について。

2017年11月27日の記事でお伝えしたWA(世界アーチェリー連盟)でのルール変更ですが、アメリカでは今アウトドアシーズン(4月1日)から適応されるようです。国内では旧WAルールが9月30日まで有効で、現行のWAルールは10月1日より。10月6日の国体より適応されるとのことです。


Bernie’sが2018年モデルで超極細ロッドの径をより細くした The Wind Dragon .450″シリーズを発表しました。

現在、市場で最も細いスタビライザーロッドを製造しているBernie’sがさらに細いロッドの製造を開始しました。新しいスタビライザーは.450(直径が0.45インチという意味)シリーズで、2モデルが発売されます。一つは細く軽量化されたMicroモデルで30インチで100gを切ります(3.5オンス=99g)。もう一つはバレルロッドを採用して剛性を高め、かつ、WIND DRAGON PRO-X Plus同様に内蔵ダンパーを搭載したPlusモデルで、30インチで128gです。

2018年マーケットでは細い順に 

The Wind Dragon Micro .450″ = 11.4mm / 99g(30インチ)
The Wind Dragon .450″ Plus = 11.4mm(中央は12.2mm) / 128g
HERO = 14.5mm = 156g

となると思います。在庫は剛性と振動吸収性を高めたPlusの方で予定しています。入荷は5月前半の予定です。Microは取り寄せのみで対応します。

現在在庫している0.5″径のX-Rod WIND DRAGON PRO-X PLUSは在庫限りとして特価品に追加しました。

【特価品】Bernie’s X-Rod WIND DRAGON PRO-X PLUS 28インチ(RC)
【特価品】Bernie’s X-Rod WIND DRAGON PRO-X PLUS 30/32インチ(CP)

よろしくお願いします。