WIN&WINのMFS/MFWとスピンウィングの次回入荷予定について

ちょっと遅くまでおきて代理店とメールしていました。

まずは、スピンウィングですが注文が遅れてしまいました。現在在庫数が50パック程度まで減っていますが、追加のものが本日アメリカを出ます。だいたい6日程度でついていますので、来週の月曜日には全色在庫が戻っているはずです。申し訳ございません。
また、WIN&WINのメモリーフォームダンパーのアッパーバージョン(MFS)とダンパー単体(MFW)が今週中に入荷します。値段は4,200円と2,400円になる予定です。本当は月曜日に入る予定だったのですが、インボイス不備で引っかかってました。

後は、その荷物にはWINの新しいアロープラーとBeiterの新型ラインケージ(上の写真)が入っています。

Beiterは新型のラインゲージとともに「Beiter X-Ruler for Recurve」(下の写真)という商品をリリースしたのですが、リカーブ用であるのにもかかわらず、説明を読んでも自分には使い方がわからない…何を測るための道具でしょうか…
GMXのオリジナルグリップ(標準でついているもの)が2日間で売り切れました。ちょっとびっくりです。意外な需要がまだまだありますね。

競争と協調


遅めの昼食を食べようとしたらマックのランチタイムを逃してしまいました…ぁぁぁ。

Titanのサイトピンが入荷しました。豪ドル円のレートが110円から60円まで落ちたために、価格を9,800円から7,800円に下げましたが、先週には75円台まで戻しました。今後このレベルで推移すれば、少しは値上げしなければいけなくなりますので、お早めに。

スタッフの方が大学生なので、このリーグ戦・オリエンテーション・履修登録・新歓の時期が大変でしたが、今週末にはシフトも安定すると…思いたい。

昨日のWBSでコメンテーターの方が今後のテーマは「競争と協調」だとおっしゃっていて、いい言葉だなと思い今日の題名に。

お客様の支持のおかげで成長してきました。あちぇ屋は自分の当初の予想よりも大きなアーチェリーショップになりました。大きくなって初めてできることもあれば、大きくなったらできないこともあります。

今後は当店と協力してビジネスしていただける代理店とは協調しながらやっていくことが必要なのでしょう。いろいろ難しい。

新型のACEスタビライザーが入荷しました。


本日、新型のACEスタビライザーが入荷しました。(センターの29インチ)

ロゴが変わっただけではなく、重さが変わり、さらに、卸価格が少し上がって、その分ウェイトが1個付属する仕様に変更されています。

ですので、あちぇ屋ではACE(新ACE)と旧ACEに分けまして、旧ACEを少し値下げしました。(旧ACEはセンターの24インチが5本とサイド9インチが2本残っています)

くれぐれもお間違いのないようにお願いいたします。また、現行のACE(新ACE)はウェイトが付属するために価格が500円高くなりました。ご了承ください。

ちなみに、あまり期待値が高くないようですが、BLACK MAXの次世代モデルに相当するX7アルミスタビライザーも入荷しています。



久しぶりに高校に後輩の調子を見に行ったらみんな花見をしてました…まぁ、お昼だったからということにしておきましょう。さくらんぼ味のシュークリームをいただいちゃいました。ご馳走様です♪

桜って、きれいですね。(射場の10m後方)

在庫状況ですが、SOMAが昨日入荷しました。在庫にすでに追加しています。また、Legendの追加も入ってきましたが、アローケース(SOMA製)が残り6個です。アローケースの追加入荷が間に合わない場合はケースのみの販売になるかもしれません。

また、金曜日にアサヒさんのレストが入荷しました。当店ではスーパーレストがかなり好調ですが、今後はアジャスタブル機能などの高性能レストの扱いを増やして生きたいと思います。

現在、何社かの日本の代理店と話を進めているのですが、いろいろな思惑があるようです。新しいショップし徹底的に無視するところもありますが、お手並み拝見という感じのところがあったり、無視するよりも同じ舞台まで持ち上げたほうがやり易いという思いもあるのでしょう。

はやり老舗は余裕がありますね。みみっちいことを言わず大きく構えていて尊敬します。

また、新しいスタッフのほうは早ければ来週中に決まりそうです。

あちぇ屋では無駄なコストを削減することで低価格を実現していますが、商品と人はコストではなく競争力の根源。ここまでお客様に支持していただけたのも、二流メーカーの安い商品を安くではなく、一流の商品を安く提供してきたからだと思います。

2008年は良質な商品の供給に力を入れました。その結果一流メーカーの商品はほぼ販売できていると思います。
2009年は人材に投資するつもりです。まずは、アルバイトの給料の値上げからですが、今後もいろいろと優秀な人材を確保するための努力をしていきたいと思います。

でも、やはり雇用のミスマッチは激しく、こんな情勢でも小さい会社で正規で働きたい人はなかなかいませんね。難しいです。

さっき、F1のマレーシア予選が終わりましたが、新しい風を感じさせる結果です(ネタばれになるので順位は書きません)。明日の決勝はぜひ見てください。時代が変わる瞬間になるかな。


新しいスタッフ募集

4月からの業務拡大に向けて、在庫管理・梱包・メール対応のスタッフを募集します。

特に条件はございませんが、ネットショップですのでパソコンができる事と商品をピックアップするのでアーチェリー用品の名前がわかることが最低条件です。

勤務地は東中野、勤務時間は平日の昼~午後7時まで。週2~3日程度です。

3月まであちぇ屋のスタッフの時給は1,000円でしたが、優秀な人材を確保するために現在のスタッフく含め時給を1,100円に値上げ致します。(ただし、最初の2か月は800円になります)

よろしくお願いいたします。


(PCのみ)アンケートをお願いします。

投票機能は携帯からでは利用できないみたいです。申し訳ございません。PCからアクセスの方のみでお願いします。

実はあちぇ屋のショップの方の文字表示サイズにずっと悩んでいます。現在は小さい文字が10pt、大きい文字が12ptで表示していますが、買い物している皆さんはどう思っていますか。ブラウザ側の文字サイズ変更昨日を使いこなしている方であれば関係ないとは思いますが、意見をお聞かせください。

また、このブログの読者について、あちぇ屋を利用しているお客様が何割なのかを知りたいなと思いアンケートを作りました。

ご協力お願いいたします。

IKEAも完成しました。


IKEAのほうの家具も完成しました。ちょっと片づけ・休憩です。

ニッセンとIKEAの家具を組立てながら考えたこと。どちらも同じくらいの値段なのですが、IKEAのほうが好印象です。

IKEAは梱包材の発泡スチロールに高級なものを使っています。ニッセンのものはかなりの安物でパーツを箱から出した時に発泡スチロールがぼろぼろ落ちて掃除が大変でした。

どちらも商品にはお金をかけ、それ以外のコストはできる限り削減することでビジネスしている会社ですが、梱包材というコストをニッセンは削るべきものと捉え、IKEAは削るべきではないと判断したのでしょう。

組立て式家具という商品は家具そのものだけではなく、家具を梱包から取り出し、組立て、ゴミを掃除するプロセス全体だと考えれば、梱包材は削減すべきではないコストなのでしょうね。
それと来週にEastonのX7スタビライザーが入荷します。X10スタビライザーは2週間後の予定です。

プロの職人が作ったアームガード

発送のほうはだいぶ進んだようです。そして、自分は一日中新しい家具の組み立てを…IKEAもニッセンも組立て式なので。

これで、在庫スペースが増えたので、新しい企画を考えています。

今日はフランスのLEBRUNETというメーカーの紹介を。フランスの職人がアーチェリー用品をすべてオーダーメードで作ってくれるメーカーです。商品の質はとても高く、取扱いも考えましたが、値段もさすが手作りという感じでしたので、紹介のみです。


こちらはクィーバーをオーダーメードするときの色見本。全パーツを希望色から選ぶことができます。値段は200ユーロ~


こちらは木彫りのアームガードです。かなりきれいです。値段は20ユーロ~。あちぇ屋で販売するとしたら、利益をゼロに設定しても3,200円とか…アームガードとは思えない値段になりますね。

そして、職人だけあって社長はフランス語しか喋りません。ホームページもフランス語だけですが、一見する価値はあるかと思います。


弦ワックスの選び方について

本日、BCYの弦ワックスX WAXが入荷しました。自社の原糸(452x/DynaFLIGHT/Spectra)との相性がいいそうです。

一番の特徴はスティックのりのように下部につまみがついており、これを回すことで自由にワックスの出し入れができます。

正直、各社の弦ワックスに大きな性能差はありません。特にリカーブの場合は、1年以上も同じ弦を使用する選手はまれなので、さらに差が分かりにくいです。

そこで、あちぇ屋では3種類の弦ワックスを販売することにしました。

1.携帯に便利なボーニングのXccelerator Wax
2.40年前からあるボーニングのシールタイト
3.使いやすい・出し入れいやすいBCYの X WAX

という基準で選んでいただければと思います。