HOYTのEXCELハンドルは意外にいいハンドルでした。


あんまり取扱い商品をほめると宣伝っぽくなってしまいますが…そこは割引いて読んでください。でも、軽いハンドルをお探しの方にはぜひ薦めたいです。
実は手違いで1月の終わりにHOYTのEXCELハンドルが入荷していたのですが放置していました。今日手伝いに来た方がGMXが重すぎてあきらめて、X-FACTORに戻したというので、超軽いハンドル(880g-カタログ値)として冗談でEXCELハンドルを開封したら、意外に素晴らしいハンドルでした。…先入観って怖い。


リムボルトはGMXと共通で、センター調節機能を省いたことで実現した880gは驚異的です。本当に軽い!!塗装もGMXは同じペイントを採用していて、エクリプスハンドルのあのチープさはまったくありません。

現行の軽量ハンドルであるPSEのX-FACTORはグリップが合わない人が多いようで、東京では多くの使用者がグリップを小さいものに交換しています。自分が見た限りでは、軽さを売りにしているにもかかわらず、グリップが大きめの男性に合わせて設計しているからかと。

が、こちらは2006年からHOYTの最上位機種に採用しているエルゴグリップを採用しております。他のグリップと比べて小さめのグリップなので女性にもぴったりだと思います。現行モデルではエクリプス/ネクサス/へリックスに採用されているので、気になった方は射場で使用している人を見つけて触ってみてください。

以前にいただいた問い合わせで、EXCELハンドルは扱いませんと回答しましたが、扱う方向で検討します。

ただし、この24,000円はセンター調節機能がないので、あたりはずれが出た場合にどうすればいいのかといった点をクリアしないといけませんが、儲からないハンドルはどこのショップを売りたくないみたいなので当店で売ってみたいと思います。
今まで高校女子はWIN&WINのWINACTハンドル+サミックのミザールで薦めていましたが、ハンドルはこっちの方がいいかもしれません。後は、センターがどれだけ出るかですね。

Fiberbow S.3スタビライザーが入荷しました。

ヨーロッパから1つテスト用に持って帰ってきていましたが、注文分がついに来ました。近年で最も革新的なスタビライザーの一つではないかと思っています。

素材はカーボンファイバーを使用しています。メーカー側はただのカーボンではなく、コンパウンドのハンドルの素材としても使用できるカーボンファイバーだという点を強調していました。
でも、それよりもこの形の方がよっぽど差別化のポイントでしょう。

根元(ハンドル側)の形状変化。

断面図。

間違いなく今までにない新感覚のロッドになっています。)

2008年に発売されてヨーロッパで話題になりました。発売から半年経ち製造が安定してきましたので取り扱いを開始しました。現在はセンターのみですが、サイドロッドとエクステンダーは今年の6月に入荷予定です。

コンパウンド用の32インチも入荷しました。

もちろん、このスタビライザーがベストと言いたいわけではありません(柔らかいロッドにもいい点はたくさんあります)。これは軽くて硬いロッドで今までにない感覚のスタビライザーをお探しの方にはぜひお勧めしたいです。

(予定)1万円の練習用弓セットを検討中

個人的な話ですが質問があります。役員の方にもメールしましたが、今年の東京都アーチェリー協会の競技予定を見たら、「30/T」という試合形式があったのですが、これはどんな意図があるのでしょうか。最近、あまり練習できていないので、5~6月頃にS.H.の試合を探しているのですが、「30/T」という試合に出てもいいのでしょうか。

東京都が初心者・キャデット選手が楽しめるトーナメント形式の試合という意図で始めたものだったとしたら、その中で射つ自分はとても空気を読めない奴になるのかと…リハビリに出てもいいならぜひ出たいのですが。
報告としましては、ディンキードインカーで代理店で在庫切れになっているため、当店への入荷が遅れそうです。現在がまだ少しありますので、急ぎの方は早めにお願いします。3月の上旬はFiberbowのS3スタビライザーを除いては、在庫切れ商品補充のための荷物が何個があるだけですね。

それと練習用ハンドルの取り扱いを開始します。プラスチックハンドル・ウッド100%リム・サイドサイト(Cartel)、弦(ダクロン)、スーパーレスト(HOYT)と送料と全部込で1万円で提供できるようにがんばります。…なんか通販っぽいなぁ。

ハンドルはすでにROLANに決めましたが、リムが決まりません。ROLAN(フランスLAS Distributionのプライベートブランド)はリムも最近は作っているのですが評判はかなり悪いです。現在、日本でROLANを扱っているアーチェリーショップもROLAN+他社リムが基本です。

いくつかのアーチェリーメーカーが互換リムを製造しているのですが、当店ではリムを大量に自社製造しているKAP(WIN&WIN)かサミックかにする予定です。両方とも現在取り寄せ中で、実物見てどちらをセットにつけるか考えます。

前の記事で募集したスタッフがイギリスに旅立った事による交代ですが、明日から火曜日・水曜日・金曜日に新しい人が入る予定です。いろいろとありがとうございました。

XtermCrest新色発売予定です


こんばんわ。ヤフー翻訳を活用しつつ、某アーチェリーメーカーの人とちょっとした相談をしていたら、Mr.Laurent(XtremCrestの社長)からメールが届きました。日曜日に働くフランス人もいるんですね。ちょっと驚き。

新色が発売予定だとか。3月の後半には入荷できると思いますが、奇抜すぎる気も…特に上から3番目(名前はバイキング)。
後は、先週FiberbowからS3サイドロッドの製造が遅れているとのお知らせがあったので、S3のセンターロッドのみ先行を注文しました。送料込みで2万以内でお届けしたかったのですが、ユーロが急激(Fiberbowはイタリアメーカー)に高くなってしまったために、2万円にはおさまらなくなってしまいました。FiberbowのS3センターは送料込み22,000円での発売予定です。
(関係ないことですが)

フランスで思い出したのですが、先月フランスで法改正があり、インターネットで会社を登記できるようになり(さすが先進国)、起業がかなり増加したという記事を読みました。カリフォルニアでも住宅の販売数が12月は前年比50%、1月は前年比100%のペースで増加しているし、明るいニュースが増えるといいですね。


お疲れ様の会と注文数記録

いつもありがとうございます。あちぇ屋の山口です。少しだけ。

来週からずっと仕事を手伝ってくれていたSさんがイギリスに旅立ちます(伝票の字が汚いほうのスタッフですw英語は自分の100倍出来るけど、漢字なら勝てる!)。

一緒に働けて楽しかったです。自分もいろいろと勉強になりました。

これから大久保の焼き肉屋でお疲れ様の会をしてきます。

あと一日ありますが、今月は注文数で過去最高をすでに記録しました(売上はぼちぼち)。全配送をトラック便に変更したのがいいほうが効いたようです。

あちぇ屋が目指すのは、特定の地域の顧客を囲い込むことではなく、多くの選択肢(現在30社)を多くのお客様に提供することです。そのために経営目標は総売上よりも注文数(=顧客数)を基準にしているので、本当に今回の結果はうれしいです。

3月もよろしくお願いいたします。

そして、新しいスタッフを募集します。だれか~


海外のアーチェリーショップを利用のお客様にお知らせ

忙しいです。突然の円安で、昨日は発送業務をいったん中止して、いろいろ決済をしてきました。ドル円レートで98円…今の価格設定を維持する限界です。100円を割る状態になれば、いくつかの商品の価格は値上げ(10%くらい)することになると思います。ご了承ください。
さて、海外のアーチェリー通販を利用しているお客様へのお知らせ。使っていないお客様には関係ない情報です。

20万円以上の荷物の、郵便局での通関手続きが変更されました。今までは、玄関で税金を払うだけでしたが、今後はかなり煩雑な手続きが必要です。詳しくは国際郵便物の通関手続の見直しについて

問い合わせ先は 税関 0570-064-018 郵便局 03-5665-4200 です。

あまり知られていないようで、郵便局は大混乱しているようです。先ほど、スピンウィングの荷物が届き(20万円以下)、関税納付書とともお知らせが入っていたので、問い合わせをしたら「こちらは大変な状況です。EMSは平均して1週間くらい遅れてお客様に届いている状況です。韓国発だと3週間ですね」と言っていました。

…韓国からの航空(移動時間2時間)で届く荷物が、手続きのために3週間もかかるとは。時代が変わりましたね。
郵便局で対応してくれた方は、20万円以上の荷物は2つに分けてもらって送られた方がいいと思いますと言っていましたので、海外のアーチェリー通販で商品を購入する場合は、フェデックスで送ってもらうか、EMSの場合は15万程度を上限に分割してもらうことをお勧めします。
(未確定情報)
現在、郵便局の通関料は200円ですが、今後は今回の変更で関税申告手続きが、関税から郵便局に変わったので、郵便局では通関料を他社同様に納税価格に比例する価格体系に移行することを検討しているようです。

NIMES ARCHERYトーナメント決勝(YOUTUBE)

NIMESのインドアトーナメント決勝の様子がFITAからYOUTUBEにアップされています。

(携帯からは再生できないと思います)

コンパウンド女子決勝で優勝した選手ですが…射線で射ちながら、ずっとガム噛んでますよね…それでも強い方が勝つのがアーチェリーですね。

【速報】アジアグランプリ男女団体優勝!!

男女ともに団体優勝/アーチェリー

 アーチェリーのアジアグランプリ・バンコク大会は23日、バンコクで行われ、男子団体は山本博(日体大女短大教)古川高晴(近大職)菊地栄樹(デオデオ)で出場した日本が優勝した。

 女子団体も図師未希絵(広島・山陽女学園高)林勇気(堀場製作所)寺井真美(近大)で編成した日本が優勝した。

今年も日本アーチャーは強いですね☆おめでとうございます。

公式結果はこちら

写真集はこちら

山本さんの弓がGMXになってます。

残念ながら、アジアグランプリは国際アーチェリー連盟(FITA)の主催ではなく、アジアアーチェリー連盟(AAF)の主催大会だったために、韓国と中国のナショナルチームは参加していませんが、今年の世界選手権が楽しみです。

安定しました。

金曜日に販売を開始したXtremCREST社のリムクレストの貼り方をアップしておきます。

当店でご購入のお客様には商品と共にこちらを送付しておりますので、ダウンロードしていただく必要はございません。日本国内で当店以外の取り扱いは確認できておりませんが、海外通販で購入された方は参考になるかと思います。

スタビライザースキンの貼り方は明日アップする予定です。

サーバー障害は安定しました。ご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。

フランスXtremCrest社の製品取扱い開始です。

フランスのXtremCrest社の商品の取り扱いを開始しました。点数アップのための商品ではありませんが、自分の弓を好みにデコレーションしたら、アーチェリーがもっと楽しくなるのではないでしょうか。


社長さんは元SEだったので、とても仲良くなりました。



北京オリンピックでも使用されましたが、こちらのクレストは北京オリンピック選手用の限定商品ですので、取扱いはありません。

貼り方は簡単なので特に説明はいらないと思います。気泡が入らないようにすればいいだけですね。サイズはほぼすべてのL/M/Sサイズのリムに適合します。Nプロさんで作っている72インチを組むためのLLリムは手元にないので適合するかは不明です。

ここだけの話、色の名前は一部勝手につけました。社長がつけた元の名前は

「moderne jaune」とか、「têtes de mort rouge」とか、「moderne bordeau」とか…

フランス語は理解できなかったので便宜上の日本名をつけました。ご了承ください。

ウェブサイトはこちらですが、オールフランス語です。

良い週末を~