SOCXスタビライザースキンの貼り方資料

段ボールは朝届きました。

年初からいくつか新商品を増やしたので商品情報・説明が不足してように感じます。3月~4月にかけて少しずつ商品情報を増やして行く予定です。

こちらは、SOCXスタビライザースキンの説明書(PDF)を翻訳したものです。参考になさってください。

WIN&WINのボウスタンドで初めてのトラブルがありました。

(故障品)


(正常な状態)

トップの溶接が弱かったようです。今までに10個以上販売していますが、初めてのトラブルです。今までは、パッケージのままで発送をしておりましたが、しばらくはパッケージを開けて検品してからの発送となります。この商品のパッケージは一度開けると戻せないタイプなので、緩衝材でぐるぐる巻きにして発送します。ご了承ください。

SOMA Archery 次期入荷決定しました。

自分のミスで発送用段ボールの補充が間に合わず…少し発送が遅れています。明日には新しい段ボールが到着します。

あとはSOMA Archeryの次の荷物が明日韓国を出ます。現在、在庫がない商品はほぼ入荷します。セーカータブも全サイズが入荷します。当店に到着するのは金曜日か月曜日だと思います。セーカータブのみ、日本に到着した時点で在庫にアップします。(通関と配達で1~2営業日後に当店到着)

お待たせして申し訳ございませんでした。

また、FiberbowのS.3スタビライザーがかなり好評です。すでに追加注文を出しました。2~3週間後には現在在庫切れの30/32インチが入荷します。

3月のプレスリリースが各代理店から届きましたが、いずれにもイーストンの新しいスタビライザーが入っていませんでした…来月に期待です。シブヤさんには既に入荷しているようです。いいなぁ~代理店 (><)


リムセーバーの貼り方について

(Youtube)

あくまでも一般的な位置です。SVLのリムセーバーを貼る位置に迷った時は参考にしてください。

この位置よりリムチップ側に貼れば振動減衰効果が増える分、サイトが落ちます。逆にハンドルよりに貼れば効果は減りますが、サイトが落ちることはなくなります。

…16ポンドでもちょっと押し手がぶれてますね。見難くてすみません。

the ダンパー・ベイビー

台湾のお土産にダンパー・ベイビーをいただきました。

…ダンパーの赤ちゃん??


調べたところ、台北の超高層ビル101(高さ510メートル)のマスコットで、ダンパーとはチューンド・マス・ダンパー(TMD)というビルに組み込まれた強風の揺れを低減させるシステムのことらしい。

ありがとうございますw

ダンパーの赤ちゃんはメモ用紙でした。

大型アーチェリー用品の値下がりについて

朝から図書館でお勉強中。区役所のお知らせで定額給付金は3月中にいただけるようです。何に使いましょうか。

テレビでは、一番早い給付として田舎町のおばちゃんが手渡しでお金をもらっていましたが、Googleで調べると一番早いのは、北海道西興部村(人口1,200人)と青森県西目屋村(人口1,600人)だそうです。

人口だけで判断するのは申し訳ないも気がするが、どちらも地元に大きな商店街はなさそうなので、お金は流出するでしょう(郵便局に貯金したらたぶん米国債に変身するかと)。逆に、大都会ではどこでも大きな商店街があるので、地元で消費してと言われなくても地元で使うんじゃないかな。

結果、みんなが地元で使うと地域格差が広がるばかり…。

80年代に日本車など買わないで地元の車を買おうと言って●●な車を買い支えたツケを、アメリカが何兆円単位で払っているこの時に…。

せっかくなんだから、都会の方は地方の物産品を買いましょうよ。

私の給付金はお隣の山梨県の甲府ワインの消えると思います。
さて、昨日はアーチェリー界の先輩とお食事でいろいろと語ってきました。ひとつ、今後のテーマになるのが代理店の数でしょうか。前にも書きましたが日本の代理店数は他国に比べてかなり異常です。

まぁ、それでお互いが食べていければいいのですが、実際苦しいところも出始めてきているようです。

実は、あちぇ屋がたくさん販売しているスピンウィングやスーパーレストは他のアーチェリーショップの店頭ではあまり値崩れしていません。

逆に、あちぇ屋がほぼ売っていないイーストンの競技用アローシャフトやHOYTのハンドル・リムの価格が最近顕著に落ちていています。

その理由の一つと思われるのが代理店の販売量。スピンウィングのような商品は注文量が一定以上あれば、ほぼ値段は変わりません。100パックで購入しても、1,000パックで購入しても単価は同じです。

対して、商品の単価が大きなハンドルやリム・矢のような商品は取り寄せの数量によって細かく値段が決まっています(詳細は各代理店ごとに微妙に異なるかもしれませんが)。GMXを10本仕入れるときと200本仕入れるときとでは大きく卸価格が違ってきます。

(その理由を簡単に言えばスーパーレストもスピンウィングもほっといても売れるし、モデルチェンジもないからでしょう)

市場価格を見ていると、このような価格体系になっている商品で、かつ、日本に多くの代理店を持つメーカーの商品値段が顕著に落ちています。

スーパーレストであれば、他店の影響で販売量が少し落ちても、売上が少し落ちるだけですが、イーストンの矢やHOYTハンドルでは売上が落ちるだけではなく、商品の仕入価格までもが上昇してしまい、ダブルパンチ状態に。

全国の代理店同士では、話し合って定価を統一していますので、利幅は仕入量(仕入れ価格)に比例します。その仕入量を確保するために実売で安売りしているのが値段下落の理由でしょう。みんなで同じ商品を売っているんだから、X10くらい代理店同士で共同仕入れすればいいのにと思うのですが…仲悪いのかな。

(当店は共同仕入れ大歓迎です~)
アーチェリーショップが減ってしまうのは困ることですが、代理店の数が2社程度に集約されれば、日本の代理店のメーカー側に対する購買力も発言力も今の倍になるので日本のアーチェリー界にとってはいい事だと思いますけど。

ハスコアーチェリーさんのブログがいよいよ

ハスコアーチェリーさんのブログが始まりました。雑誌アーチェリーに載っていたアドレスではないのでリンクしておきます。

初回はスタッフの紹介だけのようですが期待しています。拍手もしておきました♪

あとはNプロさんのブログの再開を楽しみにしているのですが…あまりにも正直に書きすぎているので…難しいみたいですね。

いろいろと語りましょう。アーチェリー業者側がオープンになることはみんなにとっての利益じゃないかな。

昨日、バイターのソフトタイプのアームガードが入荷しました。オイスターとパールの違いがなかなか覚えられません…。

バイターレストも入ってます。今日中にアップしたいとは思っていますが。

ROLANセットの価格10,500円に決めました

ROLANハンドルセットを本日から販売開始します。

セット内容は、

・フランスLAS社 ROLAN CLUBプラスチックハンドル ロング(25)
・サミック社 PORALIS ショートリム or KAP PROSTYLE ショートリム

↑66のハンドルです。

・カーテル サイドサイト  1つ
・HOYT スーパーレスト 2つ
・ダクロン弦 66-12 2本

とさせていただきました。

どうしても1万円にしたかったのですが、急激な円安のために不可能になりました…

予定より500円アップさせていただきましたが、その代りにスーパーレストと弦を2個ずつにすることで許してください…

この価格はドル円105円までなら維持できます。よろしくお願いいたします。

あと、XtremCrestのWEBページが正式に稼働しました。

http://www.xtrem-crest.com/index.php?option=com_content&view=article&id=55&Itemid=53

Voir la vidéoというリンクで貼り方の解説ビデオを見ることができます。

文書で伝えるよりもはるかにわかりやすいので、購入された方はぜひ。


S.3をわかりやすく解説したい

S.3スタビライザーにたくさんのアクセスありがとうございます。高額にもかかわらず、初日で2本売れました!


このスタビライザーのきれいなフォルムを表現しようといろいろと試したのですが、カーボンの光沢でうまく写真が撮れません…

比較的に短くてわかりやすいサイドロッドの写真のコントラストを最大にしたら少しS.3のフォルムが分かる写真になったような気がしますがどうでしょう。

かなり加工した写真なのでショップのページにはアップできませんが、こんな感じでロッドを絞ってねじっています。


Fiberbowのページにリンクを貼ろうとしたところ、トップ画がEASTONのACEシャフトが裂けた写真だった…ランダムで変更されますが、なかなか意味深ですね。


HOYTのEXCELハンドルは意外にいいハンドルでした。


あんまり取扱い商品をほめると宣伝っぽくなってしまいますが…そこは割引いて読んでください。でも、軽いハンドルをお探しの方にはぜひ薦めたいです。
実は手違いで1月の終わりにHOYTのEXCELハンドルが入荷していたのですが放置していました。今日手伝いに来た方がGMXが重すぎてあきらめて、X-FACTORに戻したというので、超軽いハンドル(880g-カタログ値)として冗談でEXCELハンドルを開封したら、意外に素晴らしいハンドルでした。…先入観って怖い。


リムボルトはGMXと共通で、センター調節機能を省いたことで実現した880gは驚異的です。本当に軽い!!塗装もGMXは同じペイントを採用していて、エクリプスハンドルのあのチープさはまったくありません。

現行の軽量ハンドルであるPSEのX-FACTORはグリップが合わない人が多いようで、東京では多くの使用者がグリップを小さいものに交換しています。自分が見た限りでは、軽さを売りにしているにもかかわらず、グリップが大きめの男性に合わせて設計しているからかと。

が、こちらは2006年からHOYTの最上位機種に採用しているエルゴグリップを採用しております。他のグリップと比べて小さめのグリップなので女性にもぴったりだと思います。現行モデルではエクリプス/ネクサス/へリックスに採用されているので、気になった方は射場で使用している人を見つけて触ってみてください。

以前にいただいた問い合わせで、EXCELハンドルは扱いませんと回答しましたが、扱う方向で検討します。

ただし、この24,000円はセンター調節機能がないので、あたりはずれが出た場合にどうすればいいのかといった点をクリアしないといけませんが、儲からないハンドルはどこのショップを売りたくないみたいなので当店で売ってみたいと思います。
今まで高校女子はWIN&WINのWINACTハンドル+サミックのミザールで薦めていましたが、ハンドルはこっちの方がいいかもしれません。後は、センターがどれだけ出るかですね。

Fiberbow S.3スタビライザーが入荷しました。

ヨーロッパから1つテスト用に持って帰ってきていましたが、注文分がついに来ました。近年で最も革新的なスタビライザーの一つではないかと思っています。

素材はカーボンファイバーを使用しています。メーカー側はただのカーボンではなく、コンパウンドのハンドルの素材としても使用できるカーボンファイバーだという点を強調していました。
でも、それよりもこの形の方がよっぽど差別化のポイントでしょう。

根元(ハンドル側)の形状変化。

断面図。

間違いなく今までにない新感覚のロッドになっています。)

2008年に発売されてヨーロッパで話題になりました。発売から半年経ち製造が安定してきましたので取り扱いを開始しました。現在はセンターのみですが、サイドロッドとエクステンダーは今年の6月に入荷予定です。

コンパウンド用の32インチも入荷しました。

もちろん、このスタビライザーがベストと言いたいわけではありません(柔らかいロッドにもいい点はたくさんあります)。これは軽くて硬いロッドで今までにない感覚のスタビライザーをお探しの方にはぜひお勧めしたいです。