アバロン・カラーピープとトータルピープが入荷

ワンピースタイプのピープで、アバロン製とトータルピープ製が新たに入荷しました。

◆アバロン・カラーピープ

これまでワンピースピープで安価なものとしてFletcher製のTruピープを販売していますが黒だけです。「色付き」の要望が少なからずあったのでそういう方には朗報ですね。価格もFletcher製と同じで提供です。
色展開はもちろんですが、アバロン製はフレッチャー製に比べ全体の角々しさが無く、ストリングに対する負担が軽そうです。いいですね。アルミ製です。

 

 

 

 

◆トータルピープ/フォーターゲット

まず第一印象が大きい、です。
アバロンピープと比べてみましょう。

大きいですね。
奥行に至っては倍ほどあります。
しかしながら高強度ポリアミドでできているのでそんなに重くはありません。アバロンピープは重さ9.5グレインほどに対し、トータルピープは(穴径にもよりますが)10グレイン~13グレイン程度です。奥行きが倍あるからと言って重さも倍程度あると言うわけではないですね。

このピープの特徴は2点。
【アンチグレア】
反射防止・まぶしさ防止の表面加工がおこなわれています。逆光で的面を見る機会のあるフィールド競技においては有利に働く期待が持てそうです。
【アンチディストーション】
ピープを正面から見て左右各側20度以内(トータル40度)の回転なら歪みのない円形視野を保ってくれる構造になっています。
この2点がウリになっています。

このピープは装着にあたっては向きがあります。ご注意を。

矢印で示した箇所に「ピープサイズと向きを示す矢印」があります。この矢印が的面を指す向きでピープを設置ます。

お値段はやや高額ですがピープの左右回転でスコープを見たときに生じる歪みが的中に大きく影響を及ぼすことを考えると試してみる価値がありそうです。

◆アバロンピープ
◆トータルピープ

ともに店舗およびオンラインにて販売中です♪

 


TRU FIRE PANIC-X

Tru Fire(トゥルーファイヤー)から昨年発売されたユニークな機構を搭載するリスト式リリーサー、PANIC-X(パニックエックス)の紹介です。

シングルフックのリリーサーヘッドが採用された一見いたって普通な外観のリリーサーですが、ターゲットパニックによる誤発射を防ぐ機構が採用されています。

インデックストリガー(人差し指トリガー)タイプのリリーサーでドローイング後、サイトピン(ドット)が的につくやいなや指先が意に反して“ビクっ”となってしまい想定外の発射を行ってしまう場面に頭を悩ます方にとってはそれを防いでくれる機能です。

Tru Fireの公式Youtuubeに詳しい案内が上がっています。

パニック状態にありがちな指先の不安定な動きが51秒~55秒あたりで再現されています。
もしそうなった時は一旦気持ちを落ち着かせ、引いてしまったトリガーをパチッと前方に戻して、再度トリガーに乗せた指は今度はゆっくりじっくりを引き絞るようにトリガーを操作します。そのあたりの操作は1分5秒から11秒あたりで示されています。

もちろんつけ根のダイヤルスイッチを「OFF」にすれば一般的なリリーサーと同じ操作になります。

*写真は「ON」の状態です。

リスト式リリーサーのトリガー感度を上げて使用している方でこのような悩みをお持ちの方は是非一度お試しくださいm(__)m

Tru Fire「パニック-X」は店舗・オンラインショップにて絶賛発売中ですヽ(^o^)丿


ELITE Archery Echelon37

Eliteアーチェリー2018年Newモデル「Echelon」
軸間が37インチのモデルと39インチのモデルがあり、今回は37インチモデルが届きました。
 
この色は「グラファイト・グレー」(ガンメタ)です。
*全8色
*色による価格の違いはありません

スペックです(カタログ値)
・バイナリー2カムモデル
・アクセル間:37インチ
・ブレースハイト:6.75インチ
・重さ:4.6ポンド(2.086kg)
・ドローレングス:26.5~31インチ(0.5インチ刻みでモジュール交換)
・トローウェイト:50/60/65/70
・矢速:333(IBO)
・レットオフは調整可

この弓の引き尺調整は0.5インチ刻みで用意がされているモジュールの交換でおこないます。(別売り)
引き尺が定まっていない初心者の方などはあまり手を出さない方がよろしいかと思います。
(モジュール購入費用が痛くもかゆくもない方は別として)
また、ケーブル(2本)はモジュールにあるペグに引っ掛けられている設計の為、モジュール交換の作業には必ずボウプレスが必要です。
とにかくこの一連の作業が煩わしい為に、初心者の方にはややハードルの高い弓となっています。

エシェロン37のスピードレーティングは333fps(IBO)あり、ターゲットモデルとしては矢速の早い部類に入ります。

 

 

ドローストップが2タイプから好みの方式を採用します。
・リムストップ式
・ケーブルストップ式

リムストップは「ガチッ」と止まる非常に硬いウォールの感触が得られるドローストップ方式。

リム内側にネジ止めされている四角い部品はリムストップペグが当たる箇所の枕パーツです。

ケーブルストップはフルドロー後も僅かに動きのあるウォールの感触となっています。
*写真は赤色ピンを装着してる様子です

このドローストップピンは直径が異なる3種類が付属します。

これらは直径を変えることでレットオフの数値を変えることが出来ます。
・1/4インチ(ピンク)
・3/8インチ(水色)
・1/2インチ(黄色)

小さいピン(ピンク)だとレットオフ数値が高まり、ホールディングウエイトは軽くなります。
大きいピン(黄)は数値が低くなり、ホールディングウエイトは重くなります。
ただ、ミリ程度の引き尺変更が伴います。
自身のスタイルに合わせてペグを試してみましょう。
ピンを挿す穴位置は必ずモジュールと同じ番号に挿してください。

また、諸々の作業後に「素引き」をする場合は、必ずリムストップにせよケーブルストップにせよカムにピンが装着している事を十分確認してください。
もしいずれもないままドローイングすると、大変なことになります。
*引き戻せなくなり、一人ではどうにもできなくなります。
本当に気を付けてください。

グリップは幅が19ミリとなり、昨年までのビクトリーより1ミリほど厚くなりました。また奥行もしっかりとありつつ、大胆に肉抜きが施されていますね。

ケーブルテンションリダクションシステムが搭載されています。

リアブッシングは2か所。

前方のセンターブッシングはストレートの1か所のみです。昨年まで販売されていたビクトリーシリーズのようにブッシングがストレートと10度ダウンの2個装備されているものではありません。

そのセンターブッシングですが、ライザーのデザイン上その周囲の幅に限りがあります。次の写真をご覧ください。

大体のVバーは装着できますが、斜めにVバーを取り付けている人を偶に見かけるのでそういう方はご注意くださいね。

エリートアーチェリー2018年モデル、Echelonは店舗、およびオンラインショップで販売中ですヽ(^o^)丿


STAN PERFEX-RESISTANCE

今年春に新発売されたSTAN(スタン)のPERFEX(パーフェックス)に、ボディーサイズ・付属品はそのままでトゥルーバックテンションモデルが追加されました。

商品名は「PERFEX-RESISTANCE」(パーフェックス-レジスタンス)。
フルドローで安全レバーを解除し、後はぐいーっと引っ張って発射する仕組みです。
内部のスプリングの抵抗でフックの解放を制御するものです。
先発モデルの「エレメント」と同じ仕組みです。
ボディーにはレジスタンスの頭文字「R」が刻印されています。

ボディーサイズ、付属品などについて詳しくはコチラの記事ををぜひご覧ください。

使用手順です。トリガーレバーが安全ロックの役割になっています。
まずはトリガーレバーを握る方向とは反対の上方向にクイっと押し上げてフックがカチっとおりてくることを確認します。
そしてレバーをグイっと握りつつ取り掛けてからドローイング。
ドローイング途中にレバーの押し込みが緩むような事は絶対あってはなりません。暴発しちゃいます。
アンカーに入ってからレバーの指を離し、リリーサーをじわーっと引っ張ります。
内蔵スプリングに設定された以上の圧力が加わるとシアーが外れ、フックが解放します。

事前準備として必ず弓のホールディングウエイトが何ポンドかを調べておく必要があります。
その数値プラス2ポンドを目安にリリーサーの解放値を設定します。
設定は写真のネジを時計回りに回せば解放は硬くなり、反時計回りに回せば解放が弱くなります。

調整は何度も繰り返し、安全に作動するよう、また、暴発事故が起きないよう慎重に調整を行ってください。

このリリーサーには、安全に素引きが出来るようフックを固定してしまう「トレーナーロック」と呼ばれるネジピンが付属しています。
トリガーバーの先端にくっついてるツマミがそれです。

これを抜き、フックわきの穴へねじ込みます。

ちなみにフックが下までしっかり降りていないとピンは刺さりません。
その時は取り掛け前の操作と同じくレバーを上方向にクイっと持ち上げてフックをおろしておきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
久々の新作トゥルーバックテンションタイプのリリーサーです。
デザインが極めてショートヘッドな点も面白いと思います。

STAN「PERFEX-RESISTANCE」(パーフェックス-レジスタンス)は店舗およびオンラインショップで販売中です(^o^)丿


EASTON スーパードライブ23のアジャスタブルポイントについて~重要追記あり~

イーストンの大口径カーボンシャフト、「ファットボーイ」「トライアンフ」が廃番となり、それに代わるものとして「スーパードライブ23」が登場しました。
そのスーパードライブ23用に用意されているいくつかのポイントの中で今回は「アジャスタブルポイント」についてのご紹介です。

ワンピースポイントとしては、イーストン製100gr(グレイン)と125grが販売されており、コンペティション製でも同じく100gr、125grが用意されていますが、今回紹介する「アジャスタブルポイント」はまず、ワンピースポイントとしては90grのみの用意です。他のグレインはありません。

「アジャスタブル」と言う事で、そこに「スーパードライブ23ポイントウエイト」を組み合わせる事で8通りの重量を実現できるある意味「超お得な」ウエイトシステムになっているのです。

どういう事かと言うと、百聞は一見に如かず、まずは内容の写真をご覧ください。

ごちゃっと何かしらネジや筒状のものが沢山入っていますね。これがウエイトです。
内容は、50grの筒状で中がネジの切られたウエイトが1種類で12個入り、そして4種類の重さ違うイモネジが12個づつで48個入り。
全部で60ピース入ってワンセットになっています。
イモネジの重さは10gr、25gr、40gr、60grとなっています。

と言う事で、この内容の組み合わせで8通りのポイント重量が構成できます。
まずウエイト追加なしのポイント単体で90gr
そこに10grネジだけを追加して100gr
25grで115gr
40grで130gr
60grで150gr
そして上記の組み合わせにさらに50grの筒状ウエイトを足して・・・
165gr、180gr、最大が200grとなるわけです。

50grの筒状ウエイトの追加ですが、イモネジがポイントと50grウエイトのジョイントの役割を果たしてくれるので、それで連結します。
ただ、10grネジの時のみ50grウエイトとポイントで連結するときは、10grネジがやや短いので、ねじ込み過ぎず少し残して連結してください。
*重さが決まったらネジ止め剤などで固定することをおすすめします。

~追記~
50grウエイトはその太さの為、ブッシング(SもGも)を通りません。
また、イモネジウエイトは、「Sブッシング」は通りますが、「Gブッシング」は通りません。
いずれの場合も都度ブッシングを外すなどの手間が介入します。
追記ここまで

このポイントウエイトの増減はゴールドチップやカーボンエクスプレスでも採用されているロングレンチ方式で、「イーストンアジャスタブルポイントレンチ」を用いてノック側からアクセスして交換します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
インドア用カーボンシャフトのポイントグレインの選定には結構時間とお金がかかるので皆さん苦労されるかと思うのですが、この仕組み(ポイント、ウエイト、レンチ)ですとベストマッチを見つけ出す時間は掛かるかもしれませんが、お金はだいぶ節約できつつしかも納得のいくセッティングができると思います。

地域によってはもうすでにインドアシーズンが始まっているかと思いますが、セッティングにお悩みの方にとっては良い選択肢になるのではないでしょうか。


TRUFIRE トリガーレスリリーサー「SEAR(シアー)」が入荷

TRUFIRE(トゥルーファイヤー)から入荷しました新作トリガーレスリリーサー「SEAR(シアー)」のご紹介です。

黒いボディなので一見アルミハンドルに見えますが、本体はブラス製、重さは126グラム。細身なのにずっしりとした感触です。
色の展開があり、緑、赤、オレンジ、黄色、ティールの5色。

付属のフィンガーパーツの交換で3本⇔4本と変更が出来ます。

イモネジを緩めて中のピンを抜き、パーツを取り替えます。

4本掛けはポジションをストレート⇔湾曲で調整が出来ます。

4本掛けの方はイモネジが2か所あります。位置の固定と角度調整です。

このシアーはその名の通り、シアーパーツに特徴があります。
「バリアブルクリック」と呼ばれる十字型の1つのパーツで、ファスト、スタンダード、スロー、クリック音なしの4つが設定できます。

十字型のパーツで、これを回転させることで、ポジション変更が出来ます。

変更方法は横の小さなふたネジを外してピンを抜きます。

このピンを抜くと中で十字型パーツがくるくる回るので、良きポジションでこのピンを差し込み位置を決めます。

示した先のピンが十字型パーツの回転を止めています。

ファスト、スタンダード、スローのポジションには線が引いてあり、1本→ファスト、2本→スタンダード、3本→スローとなっており、線無しがノークリッカーとなっています。
変更の際は、2本線が見えていればファスト、3本線が見えていればスタンダードという規則。
ここまでの写真ではずっと3本線が見えているので、この場合の設定は「2」のスタンダードとなります。この規則を覚えておきましょうね。

次にタイミングのホット⇔コールドの調整です。
十字型パーツを両サイドから挟み込むようにイモネジが存在するので、締め過ぎには注意して、良き位置で固定します。

TRUFIREのトリガーレスリリーサー 細身ながらずっしりとした感触の「SEAR(シアー)」は、店舗およびオンラインショップで販売中です。


【2018年モデル・レビュー】PSE Perform-X 3D

2018年から各ラインナップを整理統合し、一新したPSE。
その中、ターゲットラインから1台、先行入荷した「Perform-X 3D」(パフォーム・エックス/スリーディー)のご紹介です。

40インチモデルである「Perform-X」のショートアクセル・ロウブレースハイト化されたこのモデルは338fps(ATA)を発揮。
特に3D競技向けボウとしてラインナップされました。もちろんターゲット競技での使用もOKです。

~スペック~
・エボルブ・カムシステム(2カム方式)
・アクセル間 36インチ
・ブレースハイト 6.5インチ
・重さ 約2.26kg(5lb)
・引き尺 25インチ~30.5インチ
・ドローウエイト 40lb/50lb/60lb
・リムフルボルト調整範囲 10回転以内
・色展開 11色(前記事参照)

今回入荷したのは、60lb・右ハンドル・黒です。

早速見ていきましょう。

昨年登場したEVOLV CAM System。
これを再設計し今年からターゲットラインに搭載されました。

丸い小窓からのぞくアルファベットが現在の引き尺ポジション。
写真では「D」を示しています。

このカムには標準搭載としてLL(ロウレットオフ:65%/75%)モジュールと、注文時に追加料金を伴いますが矢速重視のFL(ファスト・ロウレットオフ:65%/75%)モジュールと、HL(ハイレットオフ:80%/90%)モジュールの3種類から選択できます。

FLモジュールはヴァレーを狭くすることで初速をアップすることに成功していますが、半面少しでも気を抜くとたちまちグイっと引き戻される可能性があります。
HLモジュールは「とにかくホールディングウエイトを軽くしたい」と言う要望にマッチするモジュールとなっています。

モジュールに「LL」の文字が見えますね。

*LLの前の「T」はTop(上カム)の意味です。

レットオフの調整はこちらのケーブルストッパー先端の小さなパーツを前後ずらして3段階で調整できます。

写真の位置で一番「引っ込めた」位置。この位置でレットオフが75%。
反対に一番「出っ張った」位置で65%のレットオフになります。
そしてその「真ん中」の3段階となります。

このレットオフ変更によって引き尺が最大1/8インチ変わります。
65%に比べ75%の方が1/8インチ長くなります。
ちなみにココで使用する星形レンチは「T10」です。
さらにモジュールの方は「T15」です、ご承知おきを。

グリップ幅は約21ミリ。相変わらず幅広グリップですね。

リアブッシングは下に1か所、そしてそのやや上方に直接ネジが切られたサイドブッシングが両サイドにあります。

バックストップは昨年モデルに搭載されていた「4」ではなく、また新しいバージョンで搭載です。

昨年新登場したTRS・・・ケーブルガイドバーですが、残念ながら1年でおサラバのようです。
新しいFRS(フレックスロッドシステム)は一昨年まで採用されていたフレックスガイドバーを進化させたもの。ローラーグライドは健在です。

丸いバーに“エグリ”を入れ、かかる力で折れ曲がる設計です。
また、使用するベインの大きさでその位置、向きを微調整することも可能です。

それぞれブレース時、フルドロー時の様子です。
曲がっている様子がお分かりいただけると思います。
 
このシステムが商品化されてから随分と立ちますが、各社まだまだ試行錯誤の途中のようですね。

一昨年登場のLASシステム(リムポケット調整機構)は継続です。

毎年少しずつその仕組みをバージョンアップさせていますね。

PSE「Perform-X 3D」は店舗、オンラインショップで販売中です(^o^)丿


PSE 2018年ターゲットカラー(CP)の展開について

PSE2018年ターゲットモデルの色展開が12色と多岐にわたります。
そのうち、どれがアルマイトでどれがペイントなのかのご質問を頂いたので、お知らせいたします。

*全12色のうち、青(BL)がスープラEXTのみの用意ですご注意を。

Pearl white(PW:パールホワイト)はペイント(塗装)で、Rose gold(RG:ローズゴールド)はパウダーコート(粉体塗装)です。
それ以外はアルマイト仕上げとなっています。

色の選択肢が多いと迷いますね(^_-)-☆


ROLAN CAMBIUM

今回はRolan(ローラン)から発売されているコンパウンド入門用弓「Cambium(カンビウム)」のご紹介です。


ローランのコンポジット(繊維強化プラスチック)ハンドルを採用した、コンパウンド入門用弓としてこの春登場しました。

独特のリム形状でアクセル間(カム軸からカム軸まで)が35.6インチ
重さは実測値で約1.5kg
ブレースハイトは7.25インチ
ドローウエイトは約24ポンド
ドローレングスは31インチまでとなっております。

取り扱いは右ハンドルのみです。左ハンドルについては店舗までお問い合わせください。
色は在庫している黒/グレー以外に、黒/緑、緑、オレンジ(右のみ)があります。

ドローウエイトが約24ポンド、と言うのは実は個体差がややあるようで、およそ24ポンドぐらい、と思っておいた方がよさそうです。
ポンドはリムボルトを緩めることで落とすことができます。

リムボルトは緩めると約10回転で抜け落ちるので、安全を期して4回転ぐらいまでがよいでしょう。
フルで締めこんで24ポンド、4回転緩めて約18ポンドになります。

ドローレングスはカタログ上では「31インチまで」となっていますが、実際はトゥルードローレングス(ノッキングポイント~ピボットポイント)での実測値で30インチまでとなっています。
ちなみにDループを装着しなくても、トゥルードローレングス30インチ以内でタブやグラブを用いて撃つことはできます。

樹脂レストが付属(装着済)しますので、取り急ぎCPレストの準備は不要です。
のちのちこのレストを外せば通常のCPレストが装着できます。


サイト取り付けネジ穴もありますのでサイト装着もOKですね。

グリップはローランのコンポジットハンドルと共通で、丸みの帯びたRCのグリップに似た形状です。
センターロッド取り付け穴も当然ありますのでご心配なく。

この弓は「ノーレットオフ」タイプの弓で、引き始めからフルドローまで一定のポンドで引くことになります。ポンドの変化がありません。
つまり、CP特有のフルドロー時の「ガクッ」と軽くなる感覚が全く無いのです。
かと言ってRCのように引き始めから徐々に重くなっていくのでもありません。
設定が24ポンドだとしますと、引き始めからずーっと24ポンドのままなのです。
そしてこのカムにはドローストップがありません。
腕の長さが違う人が引いたとしても同じように撃てるわけです。
ただし前述のとおり、カムの構造上トゥルードローレングス30インチで止まってしまいますのでご注意を。

このタイプと同じ方式の弓で既に広く知られているのが「ジェネシス」です。
これと同じである、と説明すればお分かりいただける方も多いかと思います。
*ちなみにジェネシスはワンカムシステム、カンビウムは2カムシステムです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この弓は入門用としてこれからコンパウンドを始める方にとって自身の最適な引き尺がまだわからない段階において、ドローストップのついたカムを搭載した一般的なCP弓と違い、自由な弓き尺で引けるので、初心者にとって最も大事な「射形の構築」に大きく寄与します。
その後、自身の最適なドローレングスが何インチなのかが見えてくれば、通常のカム(ドローストップあり)を搭載したCPボウに乗り換えればよいでしょう。

カンビウムは協会やクラブ・チームで1台あれば皆で使いまわしが出来る融通の利く1台ですね。

一方で、「じゃあこの弓は中~上級者には関係ないか」と言えば案外そうでもなさそうです。
この弓はドローストップが無いために好きなだけ引ける訳ですが、時に中堅からベテランさんでもご自身の弓の引き尺が現時点において本当にあっているのかどうか迷う時があると思います。
そんな時、この弓を使ってドローイングをし、自身がイメージする射形を取ってみるのです。
*可能ならドローレングスアローを使用すると分かりやすく数値を知ることができます。
するとどうでしょう。
意外と引けていなかったり、あるいはもっと引いているかもしれない事実に気づくかもしれません。
そうやって現時点におけるご自身の最適な引き尺の再確認をする良い機会にもなると思います。

また、トリガーレスリリーサーを使用するベテランさんはこの弓を使って撃ってみることをおすすめします。
通常のCPボウはフルドロー時「ウォール」と呼ばれる引きどまりに当たることで、このウォールを強く意識したリリースを行っていると思います。
ところがカンビウムはウォールがないので、正しい指先の荷重移動とかかり具合、またきちんと肘から肩甲骨に繋がる一連の回旋運動が出来ていないとずっと引き続けるだけでいつまでたっても発射できないのです。
ただし、指先をこねるような動きですと簡単に撃てます。
がしかし、技法としてはアリですが能動的に指を動かすことになるので再現性や一定性にはやや欠ける為、「場面に応じて使う技術」として留めておく方が良いでしょう。
肘から背中にかけての伸び合いでトリガーレスリリーサーを撃てるようになるヒントを得るにはこの方式の弓(カンビウムやジェネシス)はうってつけの“教材”になるでしょうね。

ローランのカンビウムは店舗およびオンラインショップで販売中ですヽ(^o^)丿


Tru BAll EXECUTE(エクセキュート)

TruBallから新作リストストラップ式リリーサー「EXECUTE(エクセキュート)」が先週入荷しました。

耐蝕性の高いニッケルコーティングのブラス製で、リリーサーヘッドだけで重さが約80グラムもあるデザインとなっています。
ちなみにカーターのハンドヘルドリリーサー「ターゲット3」で85グラムです。

このリリーサーはインデックスフィンガー(人差し指)トリガーでは上位モデルにしか採用されないダブルシアー方式で(一般的にはシングルシアー方式)、ストリングテンションの強弱に関わらず、トリガー操作に必要な圧が変化しない構造になっています。
この構造の先代モデルが「センターX」だったわけですがこれに代わって登場したのがこのエクセキュートとなるわけです。

調整箇所はトラベル(トリガーが作動するまでの移動距離)と、センシティビティ(トリガーの感応度*硬さ/柔らかさ)の2点。

まずはトラベル。
下向き矢印がロックネジ。
横向き矢印は調整ネジです。

次にセンシティビティ。
こちらも下向き矢印がロックネジ。
横向き矢印が調整ネジです。

いずれもロックネジを緩めてから調整。
調整後はロックネジを締めることをお忘れなく。
ただし、このロックネジの締めこみすぎはしないようにして下さいね。小さなネジなのですぐになめちゃいます。
キュッと止まればOKです。

トリガー圧を硬くしてトラベルを浅くする、その反対に柔らかくして深くする・・・などなど。
調整後はいきなり実射せずに、必ずヒモなどでシミュレーションを行ってからにしてください。

トリガーは交換式になっています。
出荷時は「湾曲」バーが装着されていますが、付属で「ストレート」バーへも変更できます。
お好みで装着してください。
こちらのネジがその交換のためのネジです。

使用感はさすがに超ヘビーなヘッドだけあって、トリガー操作に対してブレを感じません。スムースなリリースに期待が持てそうです。

TruBall EXECUTE(エクセキュート)は店舗およびオンラインショップで発売中ですヽ(^o^)丿