【傷あり】 SAMICK アスリートハンドルをどなたかお願いします。

アスリートハンドルを検品中に傷を発見…おそらく運搬中の物でしょう。2~3mm程度塗装がはがれています。


残念…在庫にアップしました。3,000円引きで、定価29,500円のところを26,500円とさせていただきます。ほしい方はショップから「青(傷あり)」を選択してご購入ください。自動計算の価格は29,500円のままですが、折り返し、割引後の値段を連絡させていただきます。

九月に一度棚卸を行う予定ですので、それに向けて諸事情で死蔵されている商品を夏休み中に順次放出する予定です。よろしくお願いいたします。

需要のある方にとってはかなりお得だと思いますので、ときどきチェックしてみてください。

【注意】SOMA MAXPROスタビライザーとSVLのでたらめな価格

おはようございます。

夏は休まず営業します。

現役選手のバイトのみなさんはインカレや国体の練習で忙しく、社員の方は夏休みを取るので(10営業日)、その間に手伝いで入ってくれるバイトの方が明日来ます。今、事務所を片づけ中。片付けというよりかは、業務をするスペースを作らないと…。プロマットが邪魔すぎる…。
カートシステムにログインしたら、SOMAのMAXPROスタビライザーセットが一瞬で売れてましたね。いつもありがとうございます。今回は新しいスタビの品質チェックや重さの軽量のために2セットしか入れていません。次回入荷便(8月末予定)でまとまった量のオーダーを出す予定です。

他のショップの商売を邪魔するわけではないですが、創業当時からいいお付き合いをしているSOMA ARCHERYのためにも、書かせていただきます。

・MAX PROセンター 28インチ
・MAX PROサイド 10インチ x2
・MAX PRO エクステンダー 4インチ
・ウェイト x 1、ライトウェイト x2
・V-Zeroダンパー
・SHIBUYA 固定80度 Vバー赤

というセットで13,800円という価格設定をしたMAXPROのスタビライザーをセンターのみで13,800円という価格をつけているアーチェリーショップを見つけて閉口。

値段が高いのはいいのです。しかし、こののお店ではCEX2のセンターを12,000円で販売しているのに、CEX2の下位ブランドのMAXPROをどういうセールストークで上位ブランドよりも高い値段で売るのでしょうか。理解に苦しみます。
お客様は値段が高い方が上位ブランドであり、性能も優れているという風に思うでしょう。そして、CEX2ではなく、MAXPROの方に高い期待値を持って購入をする。その結果…

今爆売れのプリウスはいい車だと思いますが、プリウスを1,000万で購入した人がそう思うかは疑問です。正当な価格で評価されてこそ、適切な評価が得られるのではないでしょうか。

ブランドでいえば、代理店がメルセデス・ベンツをいくらで売るかとは別に、CクラスをEクラスより高い値段で売る販売店がいたら、それは間違いなく問題です。そんなことが続けば、必ずブランドの信頼に傷がつくのではないでしょうか。

当ブログをご覧のアーチャーの皆様に理解していただきたいのは、MAXPROはSOMAのラインナップにおいて、CEX2の下位ブランドです。価格と性能は概ね比例しますが、しかし、それは正当な価格付けが行われた場合だけです。SOMAは8月4日まで夏季休暇なので明け次第、このような売り方を是正してほしいというメールを入れます。
ちなみに、今回の価格改正でネットショップとの競合商品が狙いうちで値下げされているために、SOMA以外のメーカーでも同じことが起きています。

例えば、SVLのクワッドリムセーバーSVLのアルファショックス

卸価格はあえて書きませんが。

あちぇ屋では、2,300円と2,200円という価格設定。イギリスの大手Quicks Archeryではどちらも12.95ポンド(2,100円)、アメリカの大手Lancaster Archeryではどちらも18.99ドル(1,850円)です。

そして、日本の大手アーチェリーショップではなんと、2,940円と3,990円です。1,000円以上の差。

高いのはいいのです。それだけサービスが充実しているのですから、そのコストが価格に反映されるのは当然です。

でも、この価格差はなんでしょう。

自分も店頭でアーチェリー用品を売っていた時期がありました。ネットショップよりも値段が高い理由を何度もお客さまに説明しています。でも、このような歪な価格はどう説明してるのでしょうか。

ショップを始めて気付きましたが、アーチェリー商品の性能は価格との対比でしか語れないのに、アーチェリー用品の価格を研究している人は極めて稀です。

ちなみにSOMAのボールペンはまだあります。WIN&WINのグリップメーカーのキズものは売り切れです。ありがとうございました。

第2回 アーチェリー用品価格調査

2009年に大幅な価格改定が行われたアーチェリー界ですが、これについて書かれている記事を見つけようとgoogleさんで検索しましたが、なにも見つかりませんでしたた…アーチェリースポーツについて書く人はいるのですが、アーチェリーショップについて書く人は少ないようです。

検索中、一年前に「アーチェリー用品価格調査」という記事を書いてました。記憶にない…ということで、これは第2回目。

古いアーチェリー業界の体質について書いてきましたが少しずつ変わりつつあります。去年の11月にこんなことを書きました。

業界団体の価格統制を無視する卸(元売り)が増えてくれば、ある時点で自然にこの馬鹿げたルールは事実上の崩壊をするはずです。その日は近いと感じています。

今年の4月~6月の各アーチェリーショップの価格改定で、どこのショップも同一商品・同一定価という馬鹿な伝統は消えたようです。

もちろん、この暗黙の伝統も最初(70年代くらいからですか?)から馬鹿げたものだったわけではないのでしょう。日本のアーチェリー界が右上がりで成長していた時代にはいいルールだったのかもしれませんが、しかし、昨日よかったものが今日もいいとは限らないでしょう。

ウェーバー的な意味での伝統主義(過去の行動様式を無批判的に繰り返すこと)はちょっと意味がわからない。それならと変えようとすると、突然、偉大な人が現れて叩かれますけどね…。

というこで、現在のアーチェリー用品価格を比べてみました。しかし、ネットショップはサービスで大型店に太刀打ちできない分、安いのは当たり前です。なので、大型店2店の価格のみを比較してみました。Aアーチェリーさんからはわざわざ価格表を送ってもらったのですが、手元にあるものが一般配布用かわからなかったので価格のアップはやめときました。

S社とH社のものはどちらもショップ向けではなく、一般配布用の物を使用しています。

写真を見ていただいた方がわかりやすいと思いますが、検索できるようにテキストデータはこちら。


メーカー/商品名/H定価/S定価

バイター リムゲージセット1,260 1,156
     プランジャー18,900 16,800
     Vバー6,300 5,775

カーテル Kサイト7,350 6,000
     CR1アームガード1,050 840

NEET 301クィーバー7,140 6,615

ボーニング フレッチングテープ2,940 2,310

キャバリア エリートタブ コードバン6,615 5,775

スピギャレリ ライトサイトピン3,360 2,940

Doinker ディンキー4,725 3,360
     Aボム3,990 3,150

SOMA ダンパー1,575 1,890

SVL QUAD リムセーバー3,675 2,940

という感じです。ポイントをまとめると、

・SOMAのV-ZEROダンパーのみH社の方が安い
・価格差が最も大きいのはバイターのプランジャーで2,100円
・価格比で一番差が大きいのはドインカー社のディンキードインカーで3,360円に対して、4,725円。
・S社はネットショップであまり競合していない商品(NEETなど)も値下げしている

S社とH社を合計すると店頭小売りでも日本のアーチェリー市場の1/3のシェアを持っています。この2社が価格の差別化に入れば他社も追随するしかないでしょうね。

こちらも参考にしてください。


ボールペン配布中


SOMAからの荷物が本日届きました。アッパーとレストなどが久しぶりの入荷です。

で、販促用にボールペンが入ってましたので、ほしい方は備考欄に「ボールペン入れといてください」とご記入ください。別に注文にSOMAの商品が入ってる必要はないです。よろしくお願いいたします。


国内でも価格差が出てきましたね。が、パテが…


入荷したWIN&WIN ARCHERYのグリッパー(グリップ用のパテ)ですが、2つとも缶に凹みが…

レストのケースでも傷一つなく届くのに、なぜ、金属の缶がこんなに凹んだのか謎ですが、ほぼ仕入れ価格で提供させていただきます。無念。特価品でお探しください。

大手アーチェリーショップ各社の価格表が出そろいました。現在研究中。価格統制が崩壊しつつあるようですね。具体的な情報はのちほどアップしますが、
たとえば、SVLのウルトラクワッドリムセーバーの価格は、

大手アーチェリーショップでの改定後の定価で、シブヤアーチェリーで2,940円なのに対して、ハスコアーチェリーさんでは3,675円。

定価で25%の価格差です。

ちなみに、あちぇ屋での価格は2,300円。アメリカ最大手のアーチェリーショップ(Lancaster Archery)では、19ドル(1,800円)でした。

SOMAはFIVICSへ

オフィスで使用しているエアコンのリモコンに「フィルタ洗浄」という表示が現れてから半年。只今、クリーニング中です。

アビドレックス株式会社
http://www.666900.com/house_cleaning/index.html

12,600円。そんなものですかね。終わるまですこし仕事中断してブログを。
SOMA ARCHERYからの次回入荷が決まりました。と同時に、SOMA ARCHERYからFIVICS ARCHERYへ名前が変更されたようです。WIN&WIN/KAP同様、下位ブランドとして、JOOMONGが正式にスタートするようです。JOOMONGについては少し様子を見てスタビライザーあたりから扱ってみようと思っています。


どこがで見た形…おそらく某米国のアーチェリーメーカーと同じ工場に作っているのでしょうね。

各国、いろいろアーチェリーメーカーがありますが、近年ますます中国へのアウトソーシングが進んでいるようです。中国のACO ArcheryやLegend Archeryのような工場を持っているメーカーのベースとなっている設計図を少しいじれば、オリジナルの商品の完成です。

ACO Archery (サーバーの反応遅いです…)
http://www.aco-archery.com/
近年では、日本もいくつかのメーカー・ショップがその形で売っています。製造側(中国)が製造ノウハウを持っているので、日本側は設計するだけ。誰でも簡単にアーチェリー用品が作れる時代になったということでしょうね。

それ自体はいいことだと思いますが(消費者の選択肢が増える)、設計のノウハウは日本に残っても、製造ノウハウは中国メーカーばかりに蓄積されていく。自分の経験からいえば、アーチェリー用品はアイデア(設計)よりも、それを形にする(製造)ほうが難しいです。アイデアが良くても製造段階の問題で消えていった商品は…いろいろありますよね。

その意味で製造が日本から出て行くのは残念ですね。

日本唯一のリムメーカーが工場の移転でずっと休眠状態のようですが大丈夫でしょうか。長野から九州に移ったようですが、機械だけでなく職人さんも一緒に移動していればいいのですが。

リムとショートハンドルについて


本日、WINSTORMのグラスウッドリムが入荷しました。12サイズ注文したのですが…ほとんどが生産待ちでした。入荷できたのは4サイズのみ。

価格は11,800円。いろいろと話を聞くと初心者に5万円以上のカーボンフォームリム勧めるアーチェリーショップもあるようですが、指導者として、最初に買うのは絶対的に軽いグラスウッドリムがいいと思います。1万円のリムでもショートハーフなら全然戦えますよ。

ショップの方は常勤のスタッフも入り、サポートのほうも余裕が出てきましたので、今後、中級者用のリム(30,000~50,000円)の取り扱いを始めようと思っています。

現在注文中。どれだけ入荷できるかな…;

それと、ショートハンドルも在庫しようと考えているのですが、女子用として考えると、どのメーカーにもいいハンドルがないのが現状です。難しいです。では、今日はもう帰ります~。GMXのショートはちょっと重いし…うん。

* 携帯から問い合わせメールを送る場合はドメイン指定拒否を解除してください。問い合わせでお客様側でPCからのメールを拒否しているために返信できずにいる方が現在2名です。ご確認ください。


戻りました。

昨日、合宿から戻りました。アーチェリーの楽しさを改めて実感しました。

ずっと現役を見てきましたが、もっと大きな問題に取り組みたいと思ってあちぇ屋を始めてからは、現役を見る時間がなくなり、けれども、後輩のOB・OGたちが卒業後も高校に戻り、自分の代わりにしっかりと現役を見てくれているみたいです。自分が昔ほど現役に必要とされていないと感じたことが逆にうれしかったですね。
雨で最後の花火はできなかったけど、充実した合宿をしてきました。


筋トレ後のストレッチ。怪しい宗教にしか見えない…


現役を指導しに来た大学生・院生のOB・OGのみなさん。
元気をもらってきました。

仕事が…フルパワーでがんばります。

明日から合宿に行ってきます。

明日から高校の合宿に参加してきます。その準備で大慌てです…。自分は17日~22日までいません。

スタッフは金曜日、月曜日、火曜日が1名、水曜日が2名ですので、発送はいつも通りで行けると思います。
今日来るはずの荷物が届かず、今トラッキングした結果「Held For Customs Inspection. Will Be Cleared At First Opportunity(税関の検査が入ったので遅れてます)」とのこと。明日の午後にイーストンとHOYTの荷物が届くはずです。在庫にも今から追加します。

SOMA ARCHERYの方は先週末に注文を出しました。まだインボイスが来ていませんが、来週の中ごろには韓国を出ると思います。


後、注文メール後にSOMAから新作の花柄スタビライザーの写真が送られてきました。売れるのかな…。

ヨーロッパがそろそろ長いバカンスに入ります。ヨーロッパメーカーの商品の納期がかなり伸びる場合がございますので、急ぐのでしたら、在庫があるうちに早めに注文をお願いします。こればかりはどうしようもないです…。イーストンやHOYTのものは心配ないです。アメリカ人は意外に働き者なようで。

ちなみにあちぇ屋は夏もできるだけ休まず営業する予定です。

FLEX ARCHERYからダンパーの使用注意のお知らせ


さきほどFLEX ARCHERYからメールで届きました。使用上の注意だそうです。

どれも常識的なことですが、一応お知らせいたします。

(注意)
・先端にウェイトを3つ以上つけないでください。
・スタビライザーとダンパーの間にOリング(ワッシャー)をはさまないでください。
・ダンパーを地面に押し付けないでください。
・ダンパーを力いっぱいしめこまないでください。

の四点です。よろしくお願いいたします。