ファイビックス(FIVICS)の2020年のカタログが届きました。結構新しいの出ます。

ファイビックス(FIVICS)の2020年のカタログが発表されました。具体的な納期はまだ届いていませんが、流れとしては2月くらいだと思います。結構新しいの商品が載っていますね。

FIVICSのカタログが読んでいて面白いのは中身がちゃんとあり、言っていることが理解できるから。某メーカーみたいに、

「新開発の〇〇〇(定義のない造語)素材を使用し、〇〇〇(同じく造語)技術により、大幅に性能が向上しました。」

とか言われても、一体何がどう変わったのか、もう想像するしかないレベルです。

現在、FIVICSはタブとダンパー系を中心に扱っていますが、2019年からは、成熟してきたシャフトも販売を開始しました。取り寄せの形ですが、順調な滑り出しでトラブルもありません。リムはまだ判断しませんが、ハンドルに関しては、毎年見ていますが、そろそろいい感じのものを出してきているのではないかと思います。スタンダード設計で1,330gの6000系アルミハンドル。いいスペックではないかと思います。7万弱くらいで販売できれば、いいかなとおもいますが、いろいろと検討中です。

シャフトに関しては変更はありませんが、チャートの若干のミスがあったのが修正され、良かったです。

新しいスタビライザーラインFORNIXは需要の多い14mmと18mmで提供されます。よさそうですが、正直現状スタビライザーが多すぎです。もちろん、それぞれ個性があるのでしょうが、オペレーション的にすべてを扱うのが困難になってきているので…悩むところです。価格帯別に切り分けて、すべて扱うことは可能ですが、在庫するものは絞っていこうと思います。

新しいタブとして、コーチの Kwon Yonghakさんと共同開発したタブが出ます。この方、自分はあまり知らなくて、検索もしてみましたが、恐らく漢字で中国検索エンジンで調べたら出るのでしょうが、アルファベット名で(中国に弱い)グーグル検索では情報が出てこなかったので、どういう方かわかりません。中国では有名とのこと。

調整幅が多いタブが近年流行していますが、グリップを加工すること自体は簡単ですが、自分に必要なグリップをまず設計するのことは簡単ではないのと同じで、どのタブも完成度は高く調整することは簡単ですが、自分にとってサポートとなるパーツの場所をどこに置くべきか理解するのは簡単ではないです。こんなに調整する箇所あったら大変そう(笑)ですが、いじるのが大好きな人には楽しくて仕方ないでしょうね。取り扱い予定です。

ハンドルやリムに注力している影響か、アクセサリー系は近年少しずつ種類が減っていっています。今年も特に目新しいものはないようです。ダンパーやアッパーも現行のまま。

新商品は2月の後半から3月の頭くらいにに入ってくると思います。

FIVICS アーチェリー 2020


アバロン(AVALON)アーチェリーの2020年カタログ届きました。ただ。。



アバロン(AVALON)から2020年のカタログが届きました。いろいろと新しいものがありますが、上記のものが弊社で注目しているもので、まだ生産が始まっていないものばかりですが、入荷次第販売したいと思います。順当なところでは既存のタブのブラスバージョン。アバロンでは高品質なものを低価格で提供してきたので、お手頃のブラスタブになると予想します。

新ジャンルでは、多くのメーカーが進出しているベアボウタブ。リカーブからベアボウに挑戦するには、少なくとも、専用のタブがあることが望ましいので、低価格のベアボウタブの登場に期待しています。

また、2年前くらいから準備されているコンパウンドでは、新しいレストが登場します。特に、TEC-X-MAXXには期待しています。新商品すべて卸価格が届いていませんが、これが7,000円程度で販売できるようであれば、相当人気出るのではないでしょうか。

また、15日からベアボウカテゴリーが世界記録に登録されました。頑張りましょう(笑)

下記、アバロンのカタログ完全版ですが、何をしくったのか、533MBもあります。ダウンロード時間かかります。ご注意ください。

AVALONアーチェリー 2020 (533MB / PDF)


【技術協力】NHK 「ひるまえほっと」



今週始めにNHKの「ひるまえほっと」という番組の技術協力をしてきました。視聴可能エリアは首都圏のほか新潟、長野、山梨で、1月31日放送予定とのことです。

武井壮さんがスタッツマンスタイルでのアーチェリーに挑戦します!

GASのゴースト使ってました!

武井壮のパラスポーツ真剣勝負

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《補足:山田より》
写真1枚目の弓は武井さんが左足でスタッツマンスタイルを体験してもらおうと準備した弓(ジェネシスボウ・右用)をスタッツマン選手が「その弓で撃ってみたい!」と、なった時の写真です。
本来のスタッツマン選手の使用する弓は押し足が右のために「左用弓」を使用していますが、右用弓でも器用に構え30mを難なく当てていました(^^♪

↓こちらがスタッツマン選手使用の弓です(HOYT:プリヴェイル/SVXカム・60ポンド)。なんとフロントとサイドのウエイトがそれぞれ32オンス(約900グラム)、弓の総重量が約5.2kgという超ヘビーウエイトセッティングとなっています(驚


ラストチャンス(Last Chance)から新型のボウスケールが発表されました。

ラストチャンス(Last Chance)から新型のボウスケールHS3が発表されました。このタイプのボウスケールは精度を求めなければ、似たようなのアマゾンで結構安く売っていますが、アメリカメーカーのラストチャンスは精度にこだわりがあり、今回HS2からHS3にアップグレードしたことで、さらに10%精度が向上したそうです。HS3は3月の入荷を予定しています。

また、高価なので(多分5万円とか)取り寄せでの扱いとなりますが、ストレッチ機能のついたストリングジグも発売となります。手動で、250ポンド(113kg)でストリング・ケーブルをストレッチできます。

一般的に機械製の弦ではコンプレッサーなどで、150-300ポンド程度の力でストレッチしているので、そん色ない値です。手動なので、時間はかかると思いますが。

現在、アメリカでATAが開催されているので、今週末にいくつか新しい商品の発表があると思います。お楽しみに。


シュロッサーも乗り換えへ、GASボウストリングスの販売開始。

ファーストストリングから乗り換えたエリソン選手に続き、WinnersからシュロッサーもGASボウストリングスに乗り換えました。GAS社は主要メーカーで初めてSK99原糸を採用するなどして、近年注目していたメーカーで、話はずっとしていたのですが、今回正式に販売を開始することにしました。

GASボウストリングスが主要メーカーで初めてBCY-X99を採用。

452X弦ではWinnersが長年製造し、多くの実績もあるので、ちょうど買い替えのタイミングでなければ、わざわざGASを試す必要はないと思いますが、GASのSK99を採用したゴーストシリーズは Kris Schaff選手などが採用し、良い結果を残しています。原糸の色の選択肢が少ないですが、ぜひお試しください。シュロッサー選手は現在452XとSK99の両方でテストをしていて、今シーズンどちらで行くかはまだ決めていないそうです。

GAS Bowstrings – JP Archery コンパウンド

また、リカーブ用も実験的に取扱い始めます。日本では、ジグを使って人力で作る弦と大量生産型の機械製弦は販売されていますが、世界のトップたちが使用している職人が機械を操作して作るタイプの弦はリカーブではほぼ普及していないと思います。

理由は価格が高いこともありますが、コンパウンドでは日本でも普及していますので、一番の原因は高ポンドでないと大量生産タイプの弦との違いを感じにくいことだと思っています。実質で30ポンド台ならまず違いは感じられないと思います。これからも大量生産タイプの手ごろな価格の高性能弦をメインとして扱いますが、今回選択肢として、販売をしてみたいと思います。エリソン選手は8125を選択しています。

GAS Bowstrings – JP Archery リカーブ


アクセル(AXCEL)のコンツアー(Contour)タブのSサイズと替え革が届きました。

本日より国際便の運送が再開し、アクセルから未入荷だったコンツアー(Contour)タブのSサイズと全サイズの替え革が届きました。こちらのタブはプレートが高機能で結構な価格になっていますが、コードバンの方は高くなく、一般的な価格です。

また、こちらで高い評価をしたAVALON スコープサイトピンも届いていますが、こちらは一瞬(おそらく再入荷メール)で人気色は完売しました。10個単位で仕入れたんですけど…今度はメーカー在庫切れではないので、2週間後の再入荷で手配しました。


この3日間にあった変化。

私たちは本日から仕事ですが、海外では多くの会社が1月1日から営業しています。入荷は立て続けにあり。本日はカーター(新モデルNV含む)が入荷予定です。来週の月曜日にはエリート、ホイット、アバロン、スカイロンなどが入ってきます。

さて、休んでいる間に届いた三つの変化、

1.シュロッサー選手がドインカーから、昨年より取り扱いを開始したコンクエストに変更
2.エリソン選手が使用するストリングメーカーをファーストストリングから、GASボウストリングに変更(*)
3.トヤ(Toja)・エリソン選手が使用シャフト(インドア)をイーストンから、ブラックイーグルに変更

*取り扱い可能ですが、さすがにトップ選手のオーダーメード弦だけあり、3800円ほどになります。

完成弦のSK99弦はCarrera99.R素材に変更します。

いずれも、老舗メーカーから、この1-2年存在感を増してきた新しいメーカーへの変更です。新しい波、来てますね(笑)。


忘年会スルーされなくてほっとした2019。


忘年会の1週間ほど前でしょうか。朝起きて、ニュースを見ていたら、なんと、忘年会が嫌われているという報道が!!しかも、若者では8割…。。

会社の忘年会「ぶっちゃけ行きたくない」が8割超 現代人の本音、読者アンケートで判明

いろいろと心配になりましたが、今年も無事大量の肉とともに忘年会をスルーされずにできました(笑)店舗の営業は残り4日です。

肉ショットでお馴染みの岸含め3名卒業ですので、新規スタッフを何名か加えて、来年もよろしくお願いします。