STAN Xtinction

STANから新しいインデックストリガー(人差し指トリガー)リリーサー「Xtinction」(エクスティンクション)が入荷しました。
エクスティンクション=絶滅、なかなか刺々しいネーミングですね。
リストタイプのリリーサーです。

最大の特徴はフックとトリガーの間にシアーと言う部品を1つ介することでトリガー負荷を1/30軽減してくれる構造になっています。
極端に言うと10ポンドの弓でも80ポンドの弓でもトリガーを引く力がほとんど変わらないと言う事です。
このためトリガーの「テンション調整」と「トラベル調整」の2つが可能になっています。
*一般的なこの手のリリーサーはトラベル調整しかできません。

トラベル調整ネジ

テンション調整

繊細なトリガー操作が可能なのはターゲット競技にも向いていますので、ありがたいですね。
STAN Xtinctionは店舗およびオンラインショップで販売中ですヽ(^。^)ノ


MATHEWS TRX36

マシューズ 2020年Newモデル「TRX36」のご紹介です。

TRXシリーズ初の36インチ。38や40で慣れているサイズ感からすると第一印象はコンパクト。
重さは手元の秤で4.7ポンド(約2.13kg)です。
新しくなった「C3Xカム」は、「Noカム」が「満月」なら、さしずめ「十日夜の月」。

TRXシリーズの中で最も最速の334fpsを叩き出します。

ちなみにこのC3XカムはTRX40と共通。TRX38とは異なるカムとなります。(CCTカム)
そうなると36&40と38では引き尺変更モジュールは共用できませんのでご注意を。
個人的に引き味はCCTからあまり変化を感じません。V-モジュールによってメリハリのきいたバレーとウォールになっています。

 

2019年モデルから新規採用となったエンゲージグリップは今年も標準装備。

また別売りグリップで「エンゲージサイドプレート」も用意されています。

これは標準のエンゲージグリップを外して“無垢”のグリップで使用したい時に、薄っぺたくなってしまう両サイドの厚みを補てんするプレートです。

このTRX36、眺めていて気がついた点。
まずはストリングの通り位置とハンドルの中心線の位置関係。

ハンドルの縦中心位置の目安になるリアブッシング(赤矢印)
そこにストリングの通りを重ねて視線を上に持って行くと、グリップの中心をストリングが通っていません(緑矢印)。かなり左寄りです。これはTRX7、8、38の時に比べてあえて左に寄せてきたんでしょうね。
38でペーパーテストを行うと右射ちの場合、矢が右向きに破れる結果が大勢を占めました。そこでトップハットワッシャでカム位置をフェイス面からみて目いっぱい左に寄せると解消されるケースが相次ぎました。

さらに36のカム位置を見るとなんと初めからトップハットが目いっぱい左に寄せれらている組み合わせです。

7や8、また38の入荷状態ではやや左のほぼ真ん中位置でした。
意見や要望を取り入れた結果こうなったのでしょうかね。
もちろんこのセッティングには相性があるので必要に応じて変更を。

試射はまだ行えていませんが、時間があれば真っ先に確認したい項目です。
他にもエンゲージグリップの有り・無しも試してみたいし、期待値はかなり高いです。

マシューズTRX36TRX40は絶賛販売中ですヽ(^。^)ノ


HOYT 2020年モデル INVCTA37(DCXカム)が届きました。

~訂正~
当初DCXカム搭載モデルの初回お求め時にはレットオフが65%しか選択できないと案内しましたが、正しくは75%との選択制であることが判明しました。訂正いたします。

HOYT2020Newモデル「INVICTA(インビクタ)37」のDCXカムモデルが入荷しました。X3カムが無くなりDCXカムへと引き継がれました。もう一方のSVXカムは継続です。


全体的に縦長く、また幅薄になった印象です。
ちなみに入荷した色は【スレート】です。

2020モデルからアルマイト仕上げの風合いが変更され、殆どのカラーが「サテン(しゅす)」と言う“ツルっとしたつや消し”仕上げになっており、タクティカル感まんまんの印象になっています。

インビクタにもモジュラーグリップ方式が採用されましたが、今モデルには3つのグリップ角度・・・0度4度8度に加え、1/8インチ(約3ミリ)グリップの厚みが増すグリップパーツもさらに同梱されるので、全部で6通りのグリップになります。「角度や厚みを試す」はもちろん良いですが、1/8インチ厚みが増す分それだけ引き尺が短くなるので注意は必要です。

Newカム「DCXカム」*下カム

引き尺変更はモジュール移動式です。入荷品のレットオフは65%。お求め時に65%か75%か選択ください。
DCXカムのモジュールポジションを確認するのにはこの“小窓”で確認します。(写真は「D」)

引き尺変更時に使用する工具は星形レンチ(ヘックスローブ)の「T-15」です。六角レンチではありません。絶対に間違わないようにしてください。誤って使用しネジ穴を壊してしまったという報告を何件か受けています。

ボウプレス作業はシンナム、ボウマスター共に「スタンダード」サイズで使用できます。
DFXカム搭載ボウのように上下でリム幅が違う、なんてことはありません。

シュートスルー部分の内幅は46ミリ。一時に比べほっそりです。

リアブッシングは5/16インチサイズネジで2か所。下側はハードロック対応です。

もはや定番となってきたケーブルガイドバー

テックハンドルブリッジの内側幅は約46mm。やや狭くなりましたね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今回のNewモデルはかなり振動吸収と静音性に優れたデザインとの事。
ここ最近は何となくマシューズのTRXに押され気味のホイットですが(私の主観200%ですが)、起死回生の一台になるでしょうか、楽しみです。

スッキリとグッドシェイプされたHOYTの新作「INVICTA(インビクタ)」(3740)は店舗およびオンラインショップで販売中ですヽ(^。^)ノ


ホイット(HOYT)2020、コンパウンドが発表されました。

先日のリカーブに続き、ホイット(HOYT)2020のコンパウンドが発表されました。8月には現行ラインの製造を終了していて、約2か月売るものがないという前例のないリリースとなりましたが、出たものを見ても、ホイットらしくないというか、リカーブでも、ここ何年かカタログに採用しているエリソン選手やお国元の米ナショナルチームに使用を拒まれても、採用し続けた可動式リムボルトをあっさり撤回したりと、本当に設計しているエンジニアに変更になったのではないかと思うほどのリニューアルが続きます。

さて、簡単なところでは、プロフォースの2020年モデル65%のローレットオフモジュールが付属します。2019年の出荷済みのモデルではローレットオフモジュールが付属し、2020年出荷のモデルでは、65%が標準搭載、ハイレットオフモジュールが付属という形になるようですが、まぁ、違いはないでしょう。また、写真では具体的には分かりませんでしたが、少し色味が2020年は異なるようです(少しマット調)。もう売ってます!

HOYT PRO FORCE | JPアーチェリー


次に主力のインビクタ(Invicta)ですが、見てわかるとおり、ロングハンドルが採用されています。上記の写真の比較は完全に正しい長さにそろえてはいませんが、ハンドルとリムの比率を見ることはできます。どれもATAは37インチです。ホイットの発表では、2.5インチハンドルを長くしたとのことです。近年成功したマシューズのPro Compに近い長さになっています。ハンドルデザインもより直線的になっています。ハンドルを長くして、リムを短くし、ブレースハイトを3/8″短くしたことで、SVXカムで330fps(9fps増)とこちらもマシューズのプロコンプと同じ値になりました。

カムですが、SVXとともに新しくDCXというカムが登場します。こちらはX3カムのリプレイスですが、こちらも11fps速くなっています。ハンドルの違いで9fpsですので、カムのデザイン変更による実際の違いは2fpsです。来週初め入荷予定の在庫モデルはDCXで手配していますので、入荷後山田の方から詳しいレビューが出ると思います。

(ホイットのプロモーションビデオより)
他にはステルスショットのデザイン変更、レストを装着するためのホールが2つになり、より確実に装着できるようになったとのこと(なら使えよ…)。

評価が分かれるところはさらに豊富になったグリップオプションでしょうか。6種から選択できます。もちろん、オプション、セッティングは多いほどいいという考えの方からすべば最高のことでしょう。しかし、私の最初の弓はApex7でグリップは変更できるものではありませんでしたし、カムの位置も変更できず、ケーブルガードも可動式ではなく、それでも、全日本で戦えるレベルのチューニングに持っていくのに、3か月かかりました。エリートのエナジー35は4か月かかりました。

個人的には、最終的なレベルで選択肢が増えるほどチューニングがしやすいとは考えていません。特にグリップのポジションはその弓の性質を一番伝えてくれるもので、それを6種類も選べるとなったら、しかも、ドローレングスを変化させるモジュールもあるとしたら、ちょっと半年でもチューニングを終える自信がないです。チューニングが完成しないという意味ではなく、完成しても、もしかしたら、あっちの方がより点数出るかもという迷いを消すのが難しいという意味です。

このあたりが、いまだにほぼいじるところがないコンクエスト4がマーケットに残り、売れ続けている理由かもしれません。

個人的には選択肢が多すぎる弓は初心者にはお勧めできないです。特にグリップは他の部分と違い正解がないチューニングです。コンパウンドはポンドの調整幅が大きいので、初心者でも最上位のターゲットモデルをお勧めできますが、この弓はちょっと違うかもしれません。まぁ、いじらなければいいだけなのですが、私なら我慢しきれないです(笑)

カラーはすべてsatin finish(つや消し)となります。色の名前には変更はないようです。

もう一つのFX Compはちょっと異色です。DCXカムで28.5インチ、SVXカムでは27インチまでしか対応していません。まぁ、この部分は使用者が限定されるだけですが、ATAは33インチしかなく、ハンドルは非常に短いです。


Invictaは、これまでに設計した中で最も長く最も安定したライザープラットフォームで構築されています。 ライザーの長さを2½インチ増加させることで、Invictaはより低い重心と大きな慣性モーメントで設計され、これまでに構築したターゲット弓の最も効果的な照準と堅固なホールドを実現します。
(グーグル翻訳)

この弓がミドルレンジならいいのですが、価格もホイット側の宣伝も競技用として売りたいようです。しかし、インビクタの宣伝文句では、上のように書いているし、私の経験からも、それには納得なのですが、ショートドローでは、ハンドルが短い方がより安定するという理論は聞いたことがないです。違うメーカー同士、宣伝文句が異なるのはありますが、同じメーカーで、一方で長いハンドルのもたらすメリットをうたいなら、もう一つの競技用ハンドルを逆向きに設計するのは、あまりない経験です。

本当に限られた選手、例えば車いす用に来年のパラリンピック向けに特別に製造されたモデルかもしれません。今のところ、パラアーチャー以外で、これを自信もってすすめられる方が思いつきません。トップの選手でこれを採用する人がいたら、追ってみたいと思います。

以上、新しい2モデルは間もなく販売開始します。


AVALON  Tec-X Newコンパウンドスコープ

AVALONの新作コンパウンド用スコープが届きました。

前作のスコープは特価品に回しましたので、よろしければぜひ。

さて、新たに入荷したスコープは前作から肉抜きが施され明るく見やすくなりました。口径は29mm。

また光ファイバーピン(赤)をあらたに採用しました。ただしドットシールは付属しなくなりましたので、必要な方は別途お求め頂くことになります。

リテーナリングと一体型になったレンズは2倍、4倍、6倍、8倍の偶数倍率で用意。

在庫は4倍と6倍です。その他は取り寄せとなります。

別売りオプションとして、色違いの光ファイバー・緑が用意されています。
*径:0.4mm、長:13cm
またレベルも色違いのオプションとして赤、青、黄色がランナップ。(標準は緑)
*太:7.6mm、長:22.4mm

安価なスコープにしては結構カスタマイズできるので色々と試すことが出来ますね。

AVALON New Tec-Xスコープは店舗およびオンラインショップで好評販売中ですヽ(^。^)ノ


PSE2020 スープラフォーカスXL

でかい!!
カムの端から端で116センチです。ボウケース泣かせの大きさですね。

アクセル間40インチ、デフレックスハンドルならではの存在感です。
同じアクセル間であるTRX(マシューズ)とはまた違った面持です。

ブレースハイトは7.5インチながら、スリムな幅、23センチ。
ちなみにHOYTのプリベイル(37)は30センチあります。

新たに用意されたエヴォルブカムシステムの新種「EM」カムはIBOで327fps発揮され、このアクセル間とブレースハイトにしては矢速は速い方だと思います。
引きはじめがかなりきつい印象ですが後半は緩やかにバレーに向かう感触です。

バレー幅は広いとは言えませんが75%のレットオフの為、ホールディングで苦労することはなさそうです。(別売りで85%モジュールも用意されています*)

*通常のエヴォルブカムはレットオフが3段階で調整がきくのですが、新種のEMカムはその方式は採用されなかったようです。

ちなみに、、、タグにはなぜかレットオフ70%の記載が・・・。

入荷した弓の実測値は、ピーク60lbでホールドは15lbなので75%で間違いないようです。

ケーブルガイドバーはこれまでのフレックスタイプではなく、初めから4度程度の傾斜を付けたバーとなっており、この方式が採用されています。

フェイス面のブッシングは下側リムポケットそばの1か所だけ。穴は約20度ダウン角です。

サイド面はバックストップバーの付け根付近に1か所です。径は共に5/16インチです。

引き尺が24インチから30インチまでの為、新弓検討候補におすすめの1台です。
(ロングドローモデルは28インチから33.5まで)
惜しむらくは40lbモデルも用意してほしかったなぁ。

入荷したネイビーブルーは早速即納モデルとして販売開始です、ぜひ!ヽ(^。^)ノ


中国メーカー、国際大会でメダルを獲得、新しい宣材が届きました。

先日ニュースで張本とダルビッシュの話を読みました。

張本氏からダルビッシュへ「無言の喝」? 「まさかのMLB情報スルー」 | J-CASTニュース

ニュースを見ただけの感想ですが、個人的には育った時代の違いを感じました。話を聞くと、パワハラという言葉が存在しない時代、先輩にはハイしか言えず、後輩に言いたい放題が正しいという教育を受けてきた時代があったと思います。対して、ダルビッシュと自分は1歳違いですが、先輩でも間違っていれば、積極的に議論をして、逆に、すぐにパワハラになる時代、立場の弱い後輩には一歩引いて優しく接するという教育をうけてきました。

それは今の本業にも影響はあると思うのですが、大きい会社には厳しく物言いをしてきましたが、新しいメーカーに対しては、将来に対する期待も込めて優しく記事を書いてきたつもりで、このようなやり方に関しては、私は違和感を持ちませんが、育った時代によっては違和感を感じるのかもしれません。

以前、Kプロさんのリカーブサイトの評価を厳しく書いたら、その評価についての議論・反対意見ではなく、評価すること自体に対して「あなたよりも先輩のメーカーに失礼」という、ちょっと返信に困るコメントがありましたが、今思えば「先輩にはハイ」という教育からくる理屈かもしれません。

さて、ということで、AVALON・SKYLON・SANLIDAのような新しいメーカーには、大前提として作っている商品の質が良いというのはありますが、よく書きがちです(笑)ご理解ください。AVALONに関しては、最近国内の大手メーカーでも取り扱いを始めたように評価はもう固まってきているように感じます。

SKYLONは来週に新しく開発されたパラゴン用のエンドキャップが入荷しますし、シャフトに関してはともかく、関係部品に関しては現在はタングステンポイント(在庫するかは未定)の開発を行っていて、その次はノックを予定しているそうです。まだまだこれから増えていきそうです。全部そろった時点で、パラゴンのエコシステムが完成した時点での再評価が必要でしょう。

コンパウンドでは1万円台のシャフトでも国際大会でメダル獲得実績があるものはいくつかありますし、パラゴンにも期待はしていますが、パラゴンは高い耐久性と精度はあっても、あくまでも単一スパインシャフトであり、私がアーチェリーを始めてからこれまでの20年近く、リカーブターゲットで単一スパインシャフトでのメダル実績はないと思いますので、難しいところがあると思います。あくまでも目指すところは最高の単一スパインストレートカーボンシャフトであることはご理解ください。

今後、複合スパインシャフトのマーケットに参入する可能性もありますが、近いうちではないでしょう。

SANLIDAですが、国際大会での実績に加え、使用している選手3名が大会で700点越えを果たしたそうです。新しい宣材写真です。近年、コンパウンドメーカーの新規参入組は少なく、リカーブで実績のあるウィンが少し前に参入し、アリオン-Xというユニークな弓を開発し、弊社でも仕入れては見ましたが、継続販売は見送るという判断をしました。今後発表の2020年の新商品によっては、再度検討します。

【即納モデル】W&W ARION-X37 

そして、もう一つの参入メーカーがこのサンリダですが、なんといっても特徴は低価格であることでしょう。700点という到達点は世界大会の予選を8位以上で突破できる点数です。これだけあれば十分世界レベルで戦える弓といえます。それでいて、9万円を切るので、価格で購入できるのはこれだけです。

SANLIDA(サンリダ) HERO X10 -コンパウンドボウ-

これからもサンリダには期待しています!


ARCTECの新製品・カスタムトリガー

アークテック(ArcTec/ドイツ)から久々の新商品の入荷です。
リリースエイドのサムトリガーバーのバリエーションパーツです。

動画では何色かカラバリが紹介されていますが、取り扱いは黒のみです。
内容は3つの形状がワンセットになっています。

*動画では5つ映り込んでいますが正しくは3種です。

カーター、TruBall、STANなどのリリーサーに取り付けられます。

店頭およびオンラインショップで現在販売中ですヽ(^。^)ノ。


【即納モデル】W&W ARION-X37 

WIN&WINのコンパウンドボウ ARION X37が1台限りの即納モデルとして入荷しました。*右ハンドル

-カム方式  1.5カム

-アクセル間 37インチ

-ブレースハイト 8インチ

-重さ(実測) 5lb(約2.26kg)

-色 ダークレッド(マット仕上げ)

-ドローウエイト 60ポンド

-レットオフ 60%~80%

-搭載カムサイズ(引き尺)*  AZ-S(0:26-1/4、1:26-3/4、2:27-1/4、3:27-1/2、4:27-3/4、5:28-1/4)

*注)上記引き尺数値はメーカー公表値です。

比較的マイルドな引き味ながら矢速がそこそこ早いのが特徴です。

 

ハンドル剛性をアップさせながら軽量化にも貢献しているカーボンフレーム

改良が重ねられたフレックス・ローラガイドが搭載されています。

 

【即納モデル】「W&W ARION X37 右ハンドル 60lb AZ-Sカム」

なんと!ボウケースも付属します。ヽ(^。^)ノ

1台限りの限定特価です。お早めにどうぞ!!!(^^)/
ありがとうございました

 


TRU.BALL HT Hybrid-flexが入荷。

TruBallのベストセラーリリーサー「HT」
アルミハンドルモデル、ブラスハンドルモデルとバリエーションを増やしてきましたが、今回新たに「Hybrid」モデルが登場しました。

付属のインサート部品を交換することで、重量に変化をつけることが出来るようになりました。
それぞれブラスインサートとアルミインサートです。


ブラスの状態で120グラム。

アルミの状態で60グラム。

インサートの交換は2か所のネジと、サムバーを抜いて交換します。

名称の最後に「FLEX」とあるのは指掛けの本数と角度を好みに変更できる仕様を意味します。

自分にとって好結果をもたらしてくれるリリーサーが重いのが良いか、軽いのが良いか両方を試してみたい方にとっては画期的なリリーサーかと思います。

TruBall 「HT-Hybrid flex」は店舗およびオンラインショップで販売中ですヽ(^。^)ノ