第61回全日本ターゲットアーチェリー選手権大会銅メダル祝勝会!


会社終わりの8時からだったのですが、6時に用事が入り、8時までに戻れるか微妙だったので、急遽自分が欠席してしまいました。プロショップの近所のホルモン屋でした。肉食いたかったわ。。。

次の対象試合は全日インドアですかね。

ホルモンでめ金


リムボルトとリムがどう接しているか確認してから弓をブレースしてください。

(お客様より提供の写真)

定期的に記事にしています。以前の記事はこれです。この2か月で2件同じトラブルがあったので、再度記事にします。

INNO CXTハンドルのリムボルト調整可能位置について

(間違っている状態-リムボルトの締めすぎ)
写真ではリムのコーティングに少し傷がついていますが、これはハンドルとリムが上のような状況で接した時につくものです。
(正しい状態)
リムとハンドルはどのようなメーカーの組み合わせであっても、先端で接していなければなりません。同じメーカーのリムとハンドルではめったに問題は発生しませんが、異なるメーカーを組み合わせた時に、リムボルトの位置によっては正しくない状況になるので、必ず確認してから弓をブレース(はって)ください。


スパイダー702ベインが入荷しました。

先日発表されたエリソンが世界記録を更新した時に使用したスパイダーベイン702モデル(1.5インチ/白/ハイプロファイル)が入荷しました。販売開始します。在庫切れ分もすべて補充されました。

Spider Vanes リカーブベイン

スパイダーベインから世界記録702点をマークした新型ベインが発表。


発送梱包へのアローケースの導入について。


発送梱包についてお知らせします。段ボール代、送料の値上がりについてはお知らせしていますが、現状商品価格への反映はほぼ行っていません。その代わりに、発送時の梱包を最小にする努力を行っています。

そのためには、各サイズに合わせた段ボールを用意することが必要ですが、運用上困難な事情があり(現状7種の段ボールで運用しています)、大創が販売しているアローケースとしても使用できるポスターケースを今週より梱包材として採用します。これであれば、それぞれの商品のサイズに合わせて梱包材として長さを調整できます。約90cm以上の細い商品で使用予定です。30インチ以上のスタビライザーなどが該当します。

届いた後、アローケースとしても使用できるので、多くのお客様にとってはメリットのあることと考えていますが、何度も注文いただくお客様にとっては、場合によっては、こちらの梱包材は段ボールやプチプチよりも処分が大変なことが予想されます。

この事情にどのように対処すべきか、現状では備考欄で対応しようと思っています。希望する方と希望しない方とでは、希望する方の方が多いと思いますので、備考欄に「アローケース梱包を希望しない」と書いていただければ、対応させていただきます。なしの場合は使用させていただきます。

また、スタビライザーやシャフトをお買い上げで、この梱包に入る場合、合計代金が3万円以上でしたらこのケースで発送します。下記の商品をカートに入れてください。本店・コンパウンド店の合算額でもOKです。また、梱包材なので、テープで封をし、運送会社の伝票が貼られます。

【条件あり・無料】大創 アローケース

商品としては販売しないので、単品でほしい方はお近くのダイソーでお買い上げください。よろしくお願いします。この取り組みに関して、意見があれば、お聞かせください。

ダイソー


キャッシュレス支払いで5%還元

今月からの消費税増税にともない「キャッシュレス・ポイント還元事業」がスタートしました。
JPアーチェリー大久保店ではスマホキャッシュレス決済「PayPay」を採用しております。

このPayPay利用時におけるポイント還元を行うサービスがいよいよ2019年10月21日からスタートいたします。
還元率は5%です。


まだ店頭POPキット等が届いていないので見てわかる告知は出来ていませんが、10月21日から始まることは既に決まっていますので店舗ご利用の際はぜひPayPayでお得にお買い物をしちゃいましょう!


【店舗限定】アウトレットコーナー始めました

本社倉庫には大して日の目を浴びる事もなく埋もれている用品がいくつかあります。
それらをアウトレット品として店頭限定で販売することにしました。
*「在庫一掃」と言う見方もなくはないです。

基本的には500円1000円の2種類(いずれも税込)ですが、たまに例外もある為それらは個別に値札を貼る事にします。

BOXの中身はお店に来てのお楽しみ。
また、中身の入れ替えや補充は不定期で行います。
是非お立ち寄りくださいね。


送料無料価格の引き上げと送料の値上げについて。

消費税増税について、以前に記事にしました。そこでも書きましたが、2%の増税よりも、近年の人件費、送料、段ボール代のコストが二桁%で上昇していることが問題となっています。しかし、私たちが”商品代”の値上げをすることは、検証したとおり、私たちのお客様だけではなく、日本全国の多くのお客様に負担を強いることになります。

私たちのお客様”以外”のアーチャーに対する責任。

その点をどうすべきか、まだ悩んでいますが、送料が無料になる価格と送料負担を引き上げることで、お客様にまとめて購入していただければ、発送する個数を減らすことで、そのまま人件費、送料、段ボール代の削減につながります。

本日の午後に送料が無料となる購入価格を2500円から3000円に、3000円未満の場合の送料を420円から580円と引き上げました。ご理解いただけると幸いです。


消費税増税について、10月の出荷と請求金額について。

ホイットの2020モデルが続々と入荷しています。順調に納品は進んでいます。

さて、来週の火曜日に消費税の増税が予定されています。取扱いはショップによって違うようですが、弊社では、増税前の出荷かどうかにかかわらず、注文が確定した時点でお送りしたメールに書かれている金額が確定した金額です。出荷月にかかわらず、その金額で確定していますのでよろしくお願いします。


私たちのお客様”以外”のアーチャーに対する責任。

先日、インテグラの販売開始の時に書きましたが、大手さんが新商品販売開始して、2週間で1万円以上も値下げしてきましたね。思い切った作戦です。ただ、すぐに買った人はちょっとかわいそうですね。

ホイット(HOYT) 2020年の新しいリムはGPが大幅な値上げ。

さて、10月に消費税の増税が予定されていますが、正直大した影響はありません。2%の増税ですが、2%の円安なんて、3日もあれば変動するので。しかし、今年に入ってから、送料の値上げ、段ボール代、梱包代の値上げが続いています。また、弊社では創業時から優秀な人材を集めるため、10年前からバイトスタッフの時給は1000円以上からでしたが、まさか、最低賃金が追いついてくる時代が来るとは思いませんでした(現在は1050円なのでセーフ)。

消費税以外の以上の理由により、価格を、特にサイズが大きい商品(送料と梱包代が高い)の価格を上げなければいけないかなと思っています。私が計算して商品の値段をつけているのですが、特に競合を意識したことはなく、商品で勝負していると思っているのですが、値上げのシミュレーションにあたり、大手さんの価格を見てみてびっくりしました。ほぼ、弊社の価格と一緒なのです。

ただ、被害妄想ではいけないので、それが、上のインテグラの記事につながるのですが、大手さんが先に値段を発表した商品で、弊社が値段を付けた後にどうなるのかを観察していました。別に、嫌な気持ちになっているわけではありません。私たちより安い値段なら、大手なのに価格で勝負するのか…となりますが、同じ値段なら、それは、値段は同じ=値段以外のところで戦いましょうという、正々堂々とした戦略でしょう。いいと思います。

ただ、これによってもたらされるものが私の現在の一番の悩みですが、私たちのお客様は日本のアーチャー全体からすれば多くありませんが、私たちが値上げをすることで、大手の価格も値上げとなれば、私たちのお客様だけではなく、そうではないアーチャーの方には負担を強いることになってしまうのではないか(*)、そうなると私たちの値上げは、日本のマーケット全体影響を与えるのだとしたら、ものすごく慎重に価格を変えなければならないと思っています。そのために、ずるずる値上げしないでここまで来ているのですが(-_-;)お客様”以外”のアーチャーにも責任がある立場になるとは不思議な気持ちです。

むぅ…。近日中にはやります。そうなると、大手さんも値上げすると思うので、大手好きの方も買うなら今が買い時ですよ。

*先日予行として8年ほど価格を固定していたスピンを1040円から1100円にしましたが、大手も1100円に値上げしてきました。値下げだけではなく、値上げも付き合うようです。

コンパウンドもかな??ホイット、コンパウンド2020についてはこれから書きます。