JPアーチェリー 2017 夏季休業について

先日お知らせしたとおり、今年度は店舗は3日から11日まで夏季休暇をいただいております。通販は8日より12日までインターハイブース出店のため、休みをいただきます。

私は事務業務の整理などをするために期間中も出勤するので、7月のサイバー攻撃による出荷遅延によって全く更新できなかったこちらのサイトの更新業務などをする予定です。ネタは結構貯まっているのですが…。

よろしくお願いします。

JPアーチェリー 山口


【大久保店お知らせ】夏季休業について

JPアーチェリー大久保店を毎度ご利用いただきましてまことにありがとうございます。

店舗の夏季休業についてご案内いたします。

8月5日土曜日~9日水曜までお休みとさせていただきます。

これにより大久保店の定休日である毎週木金と合わせて8月3日木曜日から8月11日金曜日まで大久保店はお休みとなります。

営業再開は8月12日土曜日からとなります。

休み期間中にいただきますメールによるご質問やお問い合わせは営業再開後順次返信をさせて頂きますので予めご容赦くださいますよう宜しくお願い致します。

大久保店


【続報】TNT/FEDEXサイバー攻撃について

昨日時点で問題の整理が完了しましたので、まずはこちらでお知らせします。個別対応はこれより行います。

まず、TNTのネットワークですが、通関部分に問題が起こりました。現在問題は解消しています。ただ、システムが復旧したものの、攻撃を受けていた期間のデータの復元に問題が起きているようです。

結論としては、6月末から7月初旬に発送された荷物が現在も遅延しており、その後(弊社の場合は7月10日発送分より)に発送された荷物は逆に順調に届いていて、後から発送された荷物が先に届いている状態です。

また、弊社では先週分より運送会社を子のTNTから親のフェデックス(Fedex)に切り替えをし、現在は順調に届いている状態です。

以上、取り急ぎご報告させていただきます。お待たせをし申し訳ございません。

また、運送であれば、弊社持ちで便をチャーターする・運送会社に優先させるよう交渉ができるのですが、今回のトラブルが通関にかかる作業(東京税関は課税額を決定するかなりお堅い機関)のため…正直、交渉できる状況ではないです。申し訳ございません。


下記 TNT の公式発表です

お客様のご理解とご協力に心より感謝いたします。現在、世界中のすべてのTNTのデポ、ハブ、施設は営業中および稼動中であり、遅延分の解消に尽力しております。ほとんどのTNTサービスは現在利用可能です。TNTは、引き続き、全サービスの再開と、基幹システムの復旧に向けて、全力で取り組んでまいります。復旧の取り組みは、TNTの情報システムおよび運用の整合性を保つため、綿密な手続きに則って進められています。一部のお客様におかれましては、引き続き、サービスの遅延、およびお荷物情報へのアクセスに遅延が生じる可能性があります。


【TNT/FEDEX】入荷の遅れ・案内について

弊社で輸入業務を委託しているTNT(フェデックスの子会社)がサイバー攻撃を受け、システムがダウンしています。その関係で一部の商品について輸送中なので間もなく入荷はしますが、一体いつ入荷するのか案内できない状況となっております。

復旧のめどは今のところ立っていないとのことですが、荷物は動き続けているようです。申し訳ございません。

米フェデックス:傘下TNTにサイバー攻撃、グローバル業務で障害

【追記】
木曜日到着予定の荷物は金曜日には到着しましたが、7月1日現在追跡システムはまだ回復していません。

【追記】
7月4日現在回復していません。


簡単に適正価格のプロショップを見分ける方法を。

この時期、一式の見積もりが依頼が多く届きます。ありがとうございます。それと同じくらい、他社で見積もりを取ったお客様から、本当にそれが適正価格なのか、20万円以上の見積もりが出されたが、本当にアーチェリー用品の価格はそんなに高いのかというという問い合わせが届きます。

これは難しい問題です。なぜなら、それぞれのアーチェリーショップにはその店主の考えがあり、私の意見・見解を押し付けて、それは高すぎると言ってしまっても、一歩間違えれば、弊社の営業活動になってしまいかねません。また、私の意見が正しいとも限らないうえ、はじめてお話しする方に私の意見が正しい伝わるとも限らないので、見積もりの弓具の部分に関して、私の方で意見することはほぼありません。

ただ、一点そのプロショップが良心的かを見分ける方法はあります。それは、見積もりにのっている「ボウスタンド」と「クイーバー」の価格です。前にも書いたように最初に購入するハンドル・リム・スタビライザー・サイトなどの商品に関して、何が適切かという意見は多くあります。高いものを薦めてくるからと言って、そのプロショップが良心的ではないとは全く言えません。納得いかないのであれば、店主とよく話をすることです。

しかし、そうではない商品もあります。それが「ボウスタンド」と「クイーバー」です。弊社でも高価格のクイーバーやボウスタンドを販売していますし、それぞれにはその価格に見合う性能があると考えていますが、この2つの商品に限って言えば、初心者が最初のセットを購入するときに高いものを見積もりに入れてくる理由は全くないと考えています。

この2つの商品に限っては、初心者に高い商品を薦める適正な理由が存在するとは全く考えていませんし、そのような主張を聞いたこともないです(*)。

*デザインなどのこだわりであなたが高いものを自分で選択するのは自由です。また、ターゲット競技のリカーブ選手を想定した記事です。たとえば、あなたが最初からベアボウでフィールド競技をすると決めてお店に行ったとすると高くなる理由は存在します。

そのプロショップで取り扱いしていないメーカーだから高くなったという可能性が残ります。たとえば、弊社のテックワンシャフトは他社には卸していませんので、他のプロショップでV1グレードのシャフトで見積もりを取ったら高くなってしまうのは、仕方ないことです。

しかし、この点も低価格の「ボウスタンド」と「クイーバー」ではクリアしています。上の写真左はFIVICSのクイーバーです。FIVICSは日本中の多くのプロショップで仕入れ可能なメーカーだと考えています。

写真右は弊社ではアバロンのものに変更しましたが、以前は同じ価格でウィン(KAP)のものを取扱いしていて、このメーカーも日本中のほぼすべてのプロショップで仕入れ可能な商品になっていることは間違いないです。

1.高価格の商品を最初に薦める理由が存在しない
2.低価格の商品は多くのプロショップで仕入れ可能である

以上、2つの理由から、「ボウスタンド」と「クイーバー」の見積もりがやたらと高い(*)プロショップは、私として良心的と考えることはできません。学校指定などがなく、違う店にできるのであればした方がよいでしょう。悩んでいる方の参考になれば幸いです。

*弊社の場合、2つ合わせて3,680円(税込・送料込み)です。


アークシステム(Arc Systeme)の15mmロッド、グラビティ(Gravity)が入荷しました。

アークシステム(Arc Systeme)が1月に発表した極細タイプ(15mm)のロッドを使用したグラビティ(Gravity)スタビライザーが入荷しました。すでに世界大会での実績もあり、おもにフランスの代表チームで使用されています。

まもなく、山田の方でレビューを行う予定です。

Arc Systeme Gravity スタビライザー シリーズ


【大久保店】臨時休業のお知らせ

毎度、JPアーチェリー大久保店をご利用いただき、誠にありがとうございます。

今週末土曜日の店舗営業についてお知らせいたします。

6月3日(土曜日)はスタッフが大会参加および所用のため店舗を臨時休業させて頂きます。

*翌4日(日曜日)は通常営業いたしますが、ご対応はCPのみとさせていただきます。

ご利用予定のお客様におきましては、ご不便をお掛け致しますがどうぞよろしくお願い致します。


新型スタビライザーについて一週間頑張りました。


1週間頑張りました。取り扱いの話から価格の問題まで。。。ラムロッズ(RamRods)は高いですが、一つ一つ丁寧に作られている感じで、製造者と検品者の名前も入っていて、手作り感がありますね。

先週のワールドカップで多くの新型スタビライザーが使用されました。世界中で製造されているスタビライザーの種類がどれだけあるかはわかりませんが、世界戦でトップ選手が使用するスタビライザーに関しては、できるだけプロショップとして取扱いできる状況にしなければいけないと考えています。

その結果は下記の通りです。

Shrewd Revel 入荷済み 販売開始
Arc Systeme Gravity 価格決定 コンパウンド用として夏ごろに販売開始予定 在庫販売
RamRods Classic Carbon テスト入荷済み テスト中
Fivics フェニックス 1500D 価格決定 取り寄せ対応
Doinker ESTREMO 価格決定 取り寄せ対応 1部サイズ在庫予定
MK KOREA MK-XR 価格待ち

となりました。2017年の新型スタビライザーのほぼすべてについて、話がつき、一安心です。それぞれのロッドについての話はまた記事にします。

また、S21スタビライザーも少数入荷しました。今週内に販売開始したいと思います。

なんかもうそろそろ6月ですね。9月には2018年の新商品の話が始まるので…PSEとUUKHAから…少ししか休めない感じですかね。


TRU-FIRE/SURE-LOC(FeraDyne Outdoors LLC)がCXを買収しました。

TRU-FIREやSURE-LOCなどのメーカーを傘下に持つ、FeraDyne Outdoors LLCがCX(カーボンエクスプレス)を買収したと報じられました。

現在、SSTシャフトなどの一部サイスで入荷が遅れていますが、大資本の傘下に入ることで改善があるかもしれません。まぁ、すぐに変化はないと思いますので、2018年のラインなどから影響ができるかもしれません。


マイボウ(MYBO)CNCモデルに注力する方針でRIO(ダイキャスト)廃盤となります。

イギリスのメーカーが新しいCNCマシンを導入して生産を拡大するという喜ばしいニュースがありましたが、同時に2015年から販売してきましたRIOマグネシウムダイキャストハンドルの生産が終了するとのことです。


新しい製造ラインの導入に伴い、今後はよりCNCハンドルに注力していくとのことです。それもよい選択肢だとは思いますが、低価格のマグネシウムモデルでの選択肢がなくなるとは非常に残念です。

最後の1台です(RH黒25インチ)