13年目の2020年 JPアーチェリーの営業方針(リカーブのみ)

アーチェリータオルのインドア版三つ目的が入荷しました。思ったより小さくてかわいいです。リリーサーポーチにちょうど入るくらいです。

アーチェリータオル

さて、もう少しまとめてしっかりとした記事にしたかったのですが、2週間経ても考えが煮詰まることなく、新商品もどんどんと入荷してきて、販売を開始しないわけにもいかないので、ちょっと、まとまりのない記事になりますが、2020年に営業方針を少し変えることとしたのでお知らせします。変えるというよりも、帰るということでしょうか。

リカーブのみとありますが、コンパウンドは現行のまま営業します。ベアボウはまだ模索しているところです。

私たちのお客様”以外”のアーチャーに対する責任。

去年の9月末に増税のタイミングで上記の記事を書きました。この記事に興味がある方はまずお読みください。でないと話の流れがつかめないと思います。

ということで、結論からズバリ言いますと、大手さんが現行の戦略を通る限りにおいて、戦略的に王道のホイット、ウィン、MKのハンドル・リムの在庫を減らします。昨年から試行していましたが、1本は評価用に仕入れますが、残りはすべて取り寄せとして販売します。取り寄せにかかる時間はそれぞれですが、基本的に代理店に在庫があれば、3-6営業日、メーカーに在庫があれば、1か月、メーカーにも在庫がなければ、2か月以上となります。

弊社ではお客様の選択肢を広げたいとの思いから、幅広いラインナップを取扱いしてきましたが、メーカー、商品数は増える一方です。私たちの取り扱いしている商品の中では、大手さんと被る部分もあれば、被らない部分もあります。3年ほど前から、倉庫のスペースなど物理的な理由により、商品数の削減が必要となり、セレクトした商品のみを販売してきました。

そこを2020年は変更し、大手さんと被る部分で上記のメーカーに関しては、価格を提示し販売しますが、それぞれの在庫数を減らすことで、販売する商品の種類を増やします。私としては、もちろん、弊社で買ってくれると大変うれしいし、感謝いたします。しかし、お客様の立場で考えた時に、同じ価格なら大手で買うという心理は当然理解できますし、ポイント制に不安感がある方を除けば、合理的な判断です。

私たちのとれる営業方針の一つに大手より安く売る価格競争がありますが、そういったものをこの業界に持ち込みたくはないので、販売はするものの在庫量を減らして、大手さん扱っていない商品に注力することとしました。幸いに近年弊社がお勧めしているアバロンも、スカイロンは世界中で高い評価を受けて、それを受けての再投資で、毎年多くの新商品を発表し、販売するアイテム数を増やしています。

先月販売を開始したサイトピンも予想以上の売れ行きです。2回目の入荷便の在庫切れも発生し、さらに好評を受けて、春頃に0.29″サイズの設計も始まっています。

価格と性能がちょうどよいアバロンのスコープサイトピン、いいですよ。

また、多くの商品を販売するに至っていませんが、日本ではまだまだ不明の中国メーカーも世界大会での実績を積みあけてきています。こちらの紹介にも力を入れていきます。

やればできる!中国メーカーのハンドルが4か月で銀メダル獲得。


年末に大きい画面でゲームしたいねという話になって、プロジェクターを買いました。アマゾンで1万円です。メーカーは全くの無名の中国メーカーでしたが、十分すぎるほどの性能で、本当に買ってよかったと思っています。もちろん、大金を払って有名なメーカーを買えば、絶対な間違いはないでしょうが、元々あらゆるジャンルでブランドとかに興味がない私ですので、無名だがしっかりとした商品を作っているメーカーが好きなのかもしれません。

以上となります。

整理します。

1.有名なブランドのハンドル・リムの在庫を減らします。
2.それに伴い一度在庫を整理します。古い在庫から、特価品として販売します。
3.一部在庫品と取り寄せ品で価格差をつけます(在庫品が少し安い)。
4.販売する商品の数は増やします。
5.大手さんが同じ価格に設定してくることが予想されます。
6.まだまだ成長途中のメーカーに注力します。
7.リカーブでのことです。コンパウンドでは有名メーカーでもまだ知られていないところがあるので、この段階ではない。

ホイットの2020年ラインで試行的にやってみましたが、特に大きな混乱はなく、全面移行でも大きな影響はないと判断しています。ただ、1日ではできないので、今日から1月いっぱいに移行します。また、この期間中に値下げ予定の商品を購入された方には、値下げした分返金します。

以上、よろしくお願いします。今日中にWINの新商品に関しては販売を開始します。


【技術協力】NHK 「ひるまえほっと」



今週始めにNHKの「ひるまえほっと」という番組の技術協力をしてきました。視聴可能エリアは首都圏のほか新潟、長野、山梨で、1月31日放送予定とのことです。

武井壮さんがスタッツマンスタイルでのアーチェリーに挑戦します!

GASのゴースト使ってました!

武井壮のパラスポーツ真剣勝負

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《補足:山田より》
写真1枚目の弓は武井さんが左足でスタッツマンスタイルを体験してもらおうと準備した弓(ジェネシスボウ・右用)をスタッツマン選手が「その弓で撃ってみたい!」と、なった時の写真です。
本来のスタッツマン選手の使用する弓は押し足が右のために「左用弓」を使用していますが、右用弓でも器用に構え30mを難なく当てていました(^^♪

↓こちらがスタッツマン選手使用の弓です(HOYT:プリヴェイル/SVXカム・60ポンド)。なんとフロントとサイドのウエイトがそれぞれ32オンス(約900グラム)、弓の総重量が約5.2kgという超ヘビーウエイトセッティングとなっています(驚


シュロッサーも乗り換えへ、GASボウストリングスの販売開始。

ファーストストリングから乗り換えたエリソン選手に続き、WinnersからシュロッサーもGASボウストリングスに乗り換えました。GAS社は主要メーカーで初めてSK99原糸を採用するなどして、近年注目していたメーカーで、話はずっとしていたのですが、今回正式に販売を開始することにしました。

GASボウストリングスが主要メーカーで初めてBCY-X99を採用。

452X弦ではWinnersが長年製造し、多くの実績もあるので、ちょうど買い替えのタイミングでなければ、わざわざGASを試す必要はないと思いますが、GASのSK99を採用したゴーストシリーズは Kris Schaff選手などが採用し、良い結果を残しています。原糸の色の選択肢が少ないですが、ぜひお試しください。シュロッサー選手は現在452XとSK99の両方でテストをしていて、今シーズンどちらで行くかはまだ決めていないそうです。

GAS Bowstrings – JP Archery コンパウンド

また、リカーブ用も実験的に取扱い始めます。日本では、ジグを使って人力で作る弦と大量生産型の機械製弦は販売されていますが、世界のトップたちが使用している職人が機械を操作して作るタイプの弦はリカーブではほぼ普及していないと思います。

理由は価格が高いこともありますが、コンパウンドでは日本でも普及していますので、一番の原因は高ポンドでないと大量生産タイプの弦との違いを感じにくいことだと思っています。実質で30ポンド台ならまず違いは感じられないと思います。これからも大量生産タイプの手ごろな価格の高性能弦をメインとして扱いますが、今回選択肢として、販売をしてみたいと思います。エリソン選手は8125を選択しています。

GAS Bowstrings – JP Archery リカーブ


アクセル(AXCEL)のコンツアー(Contour)タブのSサイズと替え革が届きました。

本日より国際便の運送が再開し、アクセルから未入荷だったコンツアー(Contour)タブのSサイズと全サイズの替え革が届きました。こちらのタブはプレートが高機能で結構な価格になっていますが、コードバンの方は高くなく、一般的な価格です。

また、こちらで高い評価をしたAVALON スコープサイトピンも届いていますが、こちらは一瞬(おそらく再入荷メール)で人気色は完売しました。10個単位で仕入れたんですけど…今度はメーカー在庫切れではないので、2週間後の再入荷で手配しました。


忘年会スルーされなくてほっとした2019。


忘年会の1週間ほど前でしょうか。朝起きて、ニュースを見ていたら、なんと、忘年会が嫌われているという報道が!!しかも、若者では8割…。。

会社の忘年会「ぶっちゃけ行きたくない」が8割超 現代人の本音、読者アンケートで判明

いろいろと心配になりましたが、今年も無事大量の肉とともに忘年会をスルーされずにできました(笑)店舗の営業は残り4日です。

肉ショットでお馴染みの岸含め3名卒業ですので、新規スタッフを何名か加えて、来年もよろしくお願いします。


いろいろと入荷しました、今週。

2020年の新商品が今週、いろいろと入荷しました。少しずつ紹介していきます。

まずは、先月発表されたアクセル(AXCEL)のVバーが入荷しました。まだ、スタビライザーは発表されていませんが、Vバーが360g(リカーブ用CX2が85g)という設計ですので、間違いなくコンパウンド向けのスタビライザーシリーズになると思います。CP店で販売します。

アクセル(AXCEL)がVバーなどを発表、スタビライザーまで2か月。


発表されてから少し経ちますが、最近問い合わせが多かったので、バイターの硬さ調節可能なダンパーセットを取り寄せ対応ではなく、在庫して販売することとしました。

Beiter Vボックス コンプリート

また、6月に発表されたコンツアータブも入荷しました。エリソン選手が開発にかかわった高機能のタブです。6月に発表されて非常に人気となり、7月の第一便でレビュー用にとった4個はすぐに入荷しましたが、その後なかなか安定的に入ってこないので、なかなか紹介できませんでしたが、やっと安定供給ができるようです。

アルミとブラスタイプがあり、現状MとLしかないです。Sサイズは来年になるとのことです。また、交換コードバンなども来年になるみたいです。それぞれ発注はかけてあるので、入荷次第お知らせします。

他のタブと違い、指とプレートがぴったりとフィットする必要があるので、サイズを正しく選択する必要があります。2つのドットの距離を測り、その値(A)をチャートと合わせて選択してください。

Axcel Contour タブ

他、サイトピン、スタンド、クリッカーなどが入荷していますが、別の記事で紹介します。


FFP175ベイン、新型のFLEX2タイプに完全に移行します。昔のブースで無料配布します。

2018年進んでいるFFPの製法の改良ですが、最新タイプはFLEX2となります。弊社では、リカーブ用の175サイズで完全にFLEX2に移行しました。今後はすべて新型での納品となります。

それに伴い、弊社では20枚で販売していますが、旧型のFFPでは端数が出ました。2枚だったり、一番惜しいものでは19枚でした(-_-;)

今週末、江戸川インドアオープン大会にブース出店します。ブースにて無料で端数分を配布しますので、ほしい方はどうぞ。80枚くらいあると思います。端数ですので、色の組み合わせ関係なく1人19枚までとさせていただきます。


ウィンが2020年よりグリップのベースを統一。

2020年ラインナップからウィンがベースを1つに統一しました。2019年以降のモデルには基本的に7番グリップが搭載され、このベースに、1番(TFT)、4番(CXT)、5番(WINEX/AXT)、6番(カスタム)がお互いに全部互換性があります。

ラインナップではCTK-H(ハイグリップ)が新規に追加されます。また、NANO MAXの2番3番グリップは生産が終了しますので、在庫限りとなります。


第61回全日本ターゲットアーチェリー選手権大会銅メダル祝勝会!


会社終わりの8時からだったのですが、6時に用事が入り、8時までに戻れるか微妙だったので、急遽自分が欠席してしまいました。プロショップの近所のホルモン屋でした。肉食いたかったわ。。。

次の対象試合は全日インドアですかね。

ホルモンでめ金