新しいコーチングツール、スイートスポット(Sweet Spot) プロが発表されました。

新しいコーチングツールで、セルフコーチングも可能な、Pressure Perfect Products スイートスポットプロが発表されました。



価格は約6万円ですが、機能としてはハンドルに加速度センサーを取り付けて、まずは自分の感覚の良かったショットを機械に記憶させ、その後、機械がそのパターンを学習し、スコープに取り付けたLEDで、エイミング時の状況が良い(緑が光る)のか悪いのか(赤が光る)をリアルタイムでアーチャーに知らせるというものです。

この種のセンサーは、テニスやゴルフではすでにコーチングに導入されていると聞いていますが、アーチェリー向けは初めてではないかと思います。ジェシー選手も開発にかかわっているようですので、今後の展開に期待しています。


イーストン(EASTON)がスーパードライブシリーズに新しく27径を追加しました。

イーストン(EASTON)がこれから始まるターゲットシーズン(3D)に向けて、スーパードライブシリーズ23/25に続き、新しく27径のシャフトを追加しました。国内の競技会では使用できないので、在庫の予定はありません。

Superdrive 27 - EASTON ARCHERY


リー・キーシクコーチのインサイドアーチャーの第二版(英語版)が出版されます。

リー・キーシクコーチのインサイドアーチャー(Inside the archer)ですが、近く出るとは聞いていたのですが、アメリカのプロショップのランカスターが第二版(英語版)の出版日を3月30日頃と発表しました。

楽しみです!

*英語版は自分の分しか発注していませんが、欲しい方がいれば、合わせてとっちゃうので連絡ください。


アバロン(AVALON)の2018年新商品、テックワンタブが入荷しました。

アバロン(AVALON)から新しく発表されたテックワン(Tec One)シリーズのタブが入荷しました。全体的なフォルムから、以前のクラシックタブ同様にファイビックス(FIVICS)のセーカータブと互換性があるのかと思ったのですが、

写真では上がセーカー1タブ用のバックスキンで、下がテックワンタブのフレームです。比較して、テックワンタブのほうがフレームが横方向に短く設計されていることがわかるかと思います。

拡大してみると、短いだけではありません。セーカータブが生命線に合わせて、若干突き出ているのに対して、テックワンタブでは完全に丸みを帯びた形になっています。

ですので、セーカータブのコードバンはそのままでは互換性がありません。装着には加工が必要になってきます。弊社含め、普通は加工されたものは返品できないので、加工を考えている方はご注意ください。

AVALON TEC ONE タブ


ラストチャンス(Last Chance)から2018年ラインが入荷します。

ラストチャンス(Last Chance)から2018年ラインがATAで発表されましたが、入荷日がはっきりとしていなかったので、待っていましたが、先週出荷されたようで、今週入荷します。

新商品はポンドスケールの新モデルで、形状に変化はなく、ピークとホールディングが両方表記されることが特徴です。その分価格も高くなってしまいました。

また、価格を考えれば旧型で十分な気もしますが。。2017年モデルは在庫限りです。

ラストチャンス ポンドスケール HS2

ラストチャンス ポンドスケール 2017(在庫限り)


TRU FIRE PANIC-X

Tru Fire(トゥルーファイヤー)から昨年発売されたユニークな機構を搭載するリスト式リリーサー、PANIC-X(パニックエックス)の紹介です。

シングルフックのリリーサーヘッドが採用された一見いたって普通な外観のリリーサーですが、ターゲットパニックによる誤発射を防ぐ機構が採用されています。

インデックストリガー(人差し指トリガー)タイプのリリーサーでドローイング後、サイトピン(ドット)が的につくやいなや指先が意に反して“ビクっ”となってしまい想定外の発射を行ってしまう場面に頭を悩ます方にとってはそれを防いでくれる機能です。

Tru Fireの公式Youtuubeに詳しい案内が上がっています。

パニック状態にありがちな指先の不安定な動きが51秒~55秒あたりで再現されています。
もしそうなった時は一旦気持ちを落ち着かせ、引いてしまったトリガーをパチッと前方に戻して、再度トリガーに乗せた指は今度はゆっくりじっくりを引き絞るようにトリガーを操作します。そのあたりの操作は1分5秒から11秒あたりで示されています。

もちろんつけ根のダイヤルスイッチを「OFF」にすれば一般的なリリーサーと同じ操作になります。

*写真は「ON」の状態です。

リスト式リリーサーのトリガー感度を上げて使用している方でこのような悩みをお持ちの方は是非一度お試しくださいm(__)m

Tru Fire「パニック-X」は店舗・オンラインショップにて絶賛発売中ですヽ(^o^)丿


スパイダーベインの新色の赤とソフトタイプが届きました。

スパイダーベインから新しく発表された新色の赤と、ソフトタイプが届きました。ソフトタイプですが、品質の問題から着色のない白しか生産されていません。

本日より販売開始します。

Spider Vanes リカーブベイン


シュルード(SHREWD)が新商品をいくつか発表でした。

昨日、シュルード(SHREWD)がいくつかの新商品を発表するというので楽しみにしていたのですが…。

発表されたのは、FLEXリカーブスコープの新色紫。

それとVバーの装着をサポートする機能の付いたREXエクステンダー*。同時に、レベル(REVEL)のエクステンダーのみ生産が終了しました。

* Riot Vバーと3/4インチの厚みの、工夫すれば、それよりも細いバーに対応します。それよりも厚みのあるVバーの場合は、裏返せばフラットになり使用できます。

ただ、肝心な楽しみにしていたエリソン選手がニームで使用した新型のVバーは発表されず、残念でした。発表された新商品は3月の入荷予定です。


KSL(K&Kアーチェリー)からジェット(Jet)6ベインがテスト入荷しました。

KSL(K&Kアーチェリー)のジェット(Jet)6ベインがテスト入荷しました。8パックの少数入荷のため、価格が若干高くなっています。今後、正式に取扱いすることとなったら、若干は安くなると思いますが、それでも非常に高価なベインになります。12月頃から流通が始まっていますが、シーズンがインドアの時期なので、実績はほぼありません。今シーズンのワールドカップ(4月)が始まってから、活躍することが期待されます。


特徴としては、気流によって矢を回転させる(表面=ベインの主目的)だけではなく、その反対側を流れる気流もコントロールして、その流れで矢の安定性を高めるというものです。

開けてみてびっくりしたのは、なんと日本語マニュアルが付属しています。別に直接的な関連はない思いますが、近年いくつかのメーカーがプロショップを省いて、直接お客様と関係を繋ぐことを試みていますので、こういった動きとリンクしていそうな気がします。通常メーカーは母国語か英語のマニュアルだけ入れて、後は、販売する国のプロショップで説明してねというスタンスでしたが、今後どうなって行くでしょうか。

中身はベインとフレッチングテープとラッピングテープです。独自に熱収縮チューブタイプのものが入っています。ただ、写真の通り、小さいもので、ACE/X10/ナノエクストリーム/ナノSSTくらいまでは問題ない思いますが、ACGからはスパインによっては入らない思います。ご注意ください。通常のラッピングテープは、巻くときにテンションに注意すれば一定に巻けますが、このタイプのものはドライヤーなので、一定に巻けるのか不安な気がします(そしてそれを確認する方法もないので…)。

実績が出るまでは大量販売はしない予定です。ちょっと試してみるには高すぎる気がしますので。

KSL Jet6 ベイン