トゥルーファイヤ(TRU Fire)からシナプス(Synapse)リリーサーが発表されました。

トゥルーファイヤ(TRU Fire)からシナプス(Synapse)リリーサーが発表されました。今年出たトリガーレスのシアー(Sear)リリーサーをトリガータイプに再設計したもので、ブラス素材をメインとしたハンドルにアルミでカバーをするというユニークな設計です。

ただ…シアーは発表から届くまで6か月かかったので…いつ入荷するかはっきりとは言えない状態です。


ブローネル(Brownell)が新しい原糸バンテージ(VANTAGE)を発表しました。

ブローネル(Brownell)が新しい原糸バンテージ(VANTAGE)を発表しました。近年100% UHMWPE(商標の関係でメーカーは言えないですが、SK90台相当)の原糸を多く出していますが、いったん、立ち止まって、HMPEとベクトランをブレンドした、スペック的に8190/8125Gの間でのノークリープだが、若干ストレッチ性のある、リカーブでもコンパウンドでも使えるバランスの良い原糸を目指しているように思います。

ランページはテスト入荷しましたが、BCYのラインナップでカバーできる感じでしたので販売はしていません。こちらのバンテージも取り寄せでよい気がしています。また、ランページでもブレンドしたランページVが登場します。

テスト入荷したランページで在庫としてあるものは特価品として追加しましたので、必要な方はどーぞ。

Brownell RAMPAGE 1/4ポンド

また、資料によると原糸のパッケージデザインが大幅に変更されるようですが、特に大きな影響はないかと思います。特に告知なく販売します。ファーストフライトプラスが一気に新型っぽくなりますね(笑)


KAP 2018年 チャレンジャーハンドルが改良されます。

ウィン傘下のKAPの2018年が発表されましたが、チャレンジャーハンドルが改良されます。ついに!

旧チャレンジャーハンドルは低価格の23インチハンドルであるにもかかわらず1100gという謎設計(*)だったので、積極的には販売してきませんでしたが、ついに軽量化された新モデル(写真右)が発表されました。新モデルは1000gなので、軽量ハンドルとして分類してよいか思います。

*エントリー向けで小柄のユーザーが使用する事が想定されるので普通は軽く設計する

23インチで低価格という選択肢はほとんどないのが現状ので、新しい選択肢にはなるかと思います。在庫して販売予定で、年末入荷です。

W&W/KAP Challengerハンドル


ブラックイーグル(BLACK EAGLE)アローが新しいインドア向けシャフトを発表。

毎年ラインナップを拡大してきているブラックイーグルアロー(Black Eagle Arrow)が、新しいインドア向け(ベガスルール)シャフト、PS27 Super X Premiumシャフトを発表し、今後のインドアの試合でプロシューターたち(クリス・パーキンスやアレックス・ウィフラー)が使用する予定です。

今月号のアーチェリー業界誌にブラックイーグル社の記事が載っていましたが、2017のASAトーナメント(3D形式)での表彰台の44%がブラックイーグルの選手だったとのことでした。ただ、WAトーナメントでの使用者はまだほぼいないので、もう少し見守っていく予定です。


ドインカー(DOINKER)2018年のラインナップが発表されました。

昨日、ドインカー(DOINKER)2018年のラインナップが発表されました。基本的に特に大きな変更はありません。

現行ホイットシュルードから出ていますが、2018年の新作でドインカー社からもプリベイルマウント対応モデルが出ます。サイトバーとハンドルの距離を調節できるのが特徴です。

それと、向きによって硬さが異なるEXOダンパーとウェイトにカラーバリエーションが登場するようです。

また、スタビライザー向けの追加ラップも登場します。値段が結構な金額になりそうなので、取り扱いはしない方向です。

新マウント対応、カラーバリエーションの追加とデザインラップが2018年での変更点となります。


2018年のサミック(SAMICK)の最初の入荷はアバンテハンドルになります。

10月に再始動が発表されたサミックですが、最初に出荷が始まったのはアバンテハンドルでした。

個人的には、ユニークなデザインのアバンテ2の方が好きでしたが、CXTを彷彿とさせるアバンテハンドルのほうが再生産モデルとして選ばれたようです。アバンテもアバンテ2も、どちらもアルミダイキャストのハンドルですので、2のほうが性能が良いといったことはありません。

来週から販売開始予定です。

SAMICK アバンテ ハンドル


STAN PERFEX-RESISTANCE

今年春に新発売されたSTAN(スタン)のPERFEX(パーフェックス)に、ボディーサイズ・付属品はそのままでトゥルーバックテンションモデルが追加されました。

商品名は「PERFEX-RESISTANCE」(パーフェックス-レジスタンス)。
フルドローで安全レバーを解除し、後はぐいーっと引っ張って発射する仕組みです。
内部のスプリングの抵抗でフックの解放を制御するものです。
先発モデルの「エレメント」と同じ仕組みです。
ボディーにはレジスタンスの頭文字「R」が刻印されています。

ボディーサイズ、付属品などについて詳しくはコチラの記事ををぜひご覧ください。

使用手順です。トリガーレバーが安全ロックの役割になっています。
まずはトリガーレバーを握る方向とは反対の上方向にクイっと押し上げてフックがカチっとおりてくることを確認します。
そしてレバーをグイっと握りつつ取り掛けてからドローイング。
ドローイング途中にレバーの押し込みが緩むような事は絶対あってはなりません。暴発しちゃいます。
アンカーに入ってからレバーの指を離し、リリーサーをじわーっと引っ張ります。
内蔵スプリングに設定された以上の圧力が加わるとシアーが外れ、フックが解放します。

事前準備として必ず弓のホールディングウエイトが何ポンドかを調べておく必要があります。
その数値プラス2ポンドを目安にリリーサーの解放値を設定します。
設定は写真のネジを時計回りに回せば解放は硬くなり、反時計回りに回せば解放が弱くなります。

調整は何度も繰り返し、安全に作動するよう、また、暴発事故が起きないよう慎重に調整を行ってください。

このリリーサーには、安全に素引きが出来るようフックを固定してしまう「トレーナーロック」と呼ばれるネジピンが付属しています。
トリガーバーの先端にくっついてるツマミがそれです。

これを抜き、フックわきの穴へねじ込みます。

ちなみにフックが下までしっかり降りていないとピンは刺さりません。
その時は取り掛け前の操作と同じくレバーを上方向にクイっと持ち上げてフックをおろしておきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
久々の新作トゥルーバックテンションタイプのリリーサーです。
デザインが極めてショートヘッドな点も面白いと思います。

STAN「PERFEX-RESISTANCE」(パーフェックス-レジスタンス)は店舗およびオンラインショップで販売中です(^o^)丿


スペシャリティ(Specialty)アーチェリーの2018年出ましたが、特になし。

スペシャリティ(Specialty)アーチェリーの2018年版のカタログが届きました。一通り確認しましたが、特に気になる新商品はありませんでした。

新発注出すので、次回入荷は12月末です。

Specialty Archery 2018 カタログ(13MB)


ネタだと思ったら本当だった!CXがアトラトルのマーケット参入(笑)

深夜飲みながらフェイスブックを見ていたら…面白いこと考えるな…えっ、ネタじゃないの!!

カーボンエクスプレス社がアーチェリーの原型ともいわれるアトラトルのマーケット参入することが発表されました。

アトラトルと約1.8メートルのシャフトが付属して1万円弱です。

来年の出荷開始予定ですが、アーチェリーショップなので取り扱いの予定はないです。


イーストン(EASTON)がグレード別のシャフトを製造開始へ。

自分が知る限りでは初めてではないかと思いますが、2018年よりイーストン(EASTON)社でも、グレード別のシャフト製造を始めるようです。これまでイーストンでは完成した矢をマッチングさせることで精度を一定に保つ方法を採用していましたが、2018年より、一部のシャフトで、完成したシャフトで精度の高いものを”0.001=プロシリーズ・マッチグレード”として販売することとなったとのことです。

通常グレードは”0.003″でV3相当となります。現状はFMJ(4mm)・FMJ(5mm)・AXIS(5mm)の3つで採用されるようですが、今後拡大していくかもしれません。ん…マッチグレードのACCとかが登場したら使ってみたいかもと思います。