KAYAのK7カーボンハンドル

K7riser.jpg

KAYAの2011年カタログが届きました。写真でのみの紹介ですが、KAYAのK7カーボンハンドル。話を聞いている限りでは、やっつけ感があったハリアー(←KAYAびいきの代理店でも販売をしたショップはほとんどいませんでした)と違って、代理店待望のKAYAの本気のハンドルです。
量産品の完成は1月末。NimesのアーチェリーのトレードショーではKAYAとはこのハンドルを中心の話になると思います。K7(Nimesインドアでフランジィーリが使用してデビュー)/K5(アジアをターゲットとしたウッドコアモデル)/K7カーボンハンドルと、素材をグレードアップさせたSoul Fabric CarbonスタビライザーがメインとKAYAの2011年の新商品となります。
WINのRCX-100などがライバルになるでしょうか。とりあえず、テスト入荷はRCX-100よりも、K7のほうが先に入荷しそうです。入荷次第テスト評価してみたいと思います。


おそらく今年最後の入荷UUKHA EX1 リム

101228_184418.jpg
101228_184526.jpg

本日入荷。UUKHAの新しいエントリークラスのカーボンリムのEX1。価格は32,800円とさせていただきました。
エントリークラスのリムに最も多いトラブルは近射でのシューティングにも支障をきたす極度なねじれと、リムの接着不良と、ヘタレですが、UUKHAで採用している製造方法では、理論上これらの問題は起こりません。最初のリムが市場に出て1年半経ちましたが、上記の理由でのトラブルは起きていません。
その意味では半永久的に使用できる究極のエントリークラスリムかと思いますが、10年使っても剥離はしませんが、しかし、まずUUKHAのリム製造プロセス自体が2年ほどの歴史しかないので、今までのリムにない別のトラブルが10年後に発生する可能性は当然否定できませんが、それは時間が経つのを待つ以外にないので。。。
EX1ですが、
– UX100 : カーボン90% + グラスファイバー9% + アラミドファイバー1%
– EX1 : カーボンファイバー30% + グラスファイバー70%
と、ラミネートリムではないコンポジット形成リムなので正確にはコアという概念は存在しませんが、エントリークラスリムとしてお買い求めやすくするために、リムにおけるカーボンの使用量を90%から30%に下げてカーボンをコアにして、このクラスに一般的なグラスファイバーの使用量を増やすことで、安い価格を実現しました。
また、性能以外では、仕上げがUX100に比べると85点という感じです(写真2参照)。カーボンの網目が若干…。
今回は2ペアだけの入荷ですが、在庫サイズは増やしていく予定です。在庫にないサイズは取り寄せできます。


FUSEのCarbon Bladeが入荷しました。

101224_162812.jpg

本日、FUSEのCarbon Bladeが入荷しました。今回は入荷分は27インチ10本です。Carbon Bladeのサイズ表記ですが、27インチはロッドの長さです。専用のウェイト3つと専用ダンパーが標準で付属しています。そのため、27インチ表示の場合は、ロッドか27インチで、商品全体の長さは、29インチとなります。30インチの場合は全体の長さは32インチです。ご注意ください。
101224_162733.jpg101224_162751.jpg

装着した時にロッドがちょうど地面と水平ななるためには、ネジの長さを調節する必要があります。この穴にレンチを入れて調整します。そのため、このロッドにはレンチが付属しています。
101224_162710.jpg

後は標準でソフトケースが付属しています。
ということで、FUSE カーボンブレード(Carbon Blade)の27インチをお買い求めの場合は、
・Carbon Bladeロッド(27インチ) x 1 → 161g
・専用ダンパー x 1 → 37g
・専用ウェイト x 3 → 1個26g
・調整用レンチ x 2(ネジ用とウェイト用)
・ソフトケース

が付属品です。
今回の入荷は27インチのみ。他のサイズは順次入荷してきます。多くの方にこの新しい技術を体験していただきたいので、センター価格は1月末まで限定で、14,800円とさせていただきます。宜しくお願い致します。
201012241715000.jpg

↑大宮店では試射できますので、ぜひ、自分の弓を持って行って、お試しください。


Cartelの2011年の新商品に期待

MidasRiser.jpg

最近の、FivicsやKAYAやMK Koreaが急成長し、あの老舗の韓国メーカーのカーテル(Cartel)の存在感が…若干薄れていたのですが、2010年のRXシリーズのカーボンスタンドに続き、2011年もなかなか面白いものを作ってきました。
カーテルと言えば…どのメーカーにも、強さがあれば、弱さがあります。カーテルはどんなにいいものを設計しても、いい素材で作っても、仕上げ(塗装と接着)がいまいちというのがこれまでの評価でしたが、2011年の新商品は気合が入ってます。
MPS_limb.jpg

2011年のカタログはさっき届いたばかりなので、まだ見ただけです。新しく出るのはハンドルとリムとスタビライザーです。詳しくは、明日電話でミーティングしてからアップしますが、いろいろと期待できそうな気がします。Fivicsが上位モデルからスタートして、フルラインでアクセサリーの展開を始めていますので、Cartelにも危機感が芽生えたのかもしれないですね。ずっと、何を考えているかちょっと分からないメーカーだったんですけど、韓国国内の状況が変わったことで生まれ変わるかもしれないですね。
写真は新しいCartelのハンドル。前モデルのMidasハンドルは実物を見ただけで、テストすらしませんでしたが(**)、今度のNew Midasハンドルはテスト予定です。23インチで1,140gの7000系のアルミを使用したハンドルです。リムは詳細の説明ありませんでしたが、MPS Carbonリム。構造を見る限りでは、とある有名メーカーの工場のものなので、品質は問題ないと思います。
**あるハンドルをモデルにコピーしているのですが、コピーしきれずに後ろから見ると、かなりぽっちゃりしたハンドルになってしまっています。国内では…ほぼ流通はしていないと思います。


RCX-100、WIN&WINが2011年の新商品を発表

6日、WIN&WINが新しい2011年商品を発表しました。来年も若干の修正はありつつも、INNO CXTがフラッグシップモデルとして、販売されますし、リムもINNO EXシリーズが継続して販売されます。
変更点はミドルラインのモデルで、いろいろあったものが2モデルに集約されるようです。とはいっても、2010年モデルでも在庫が余っているものは2011年のカタログにも載るかもしれません。


WIN Archery 2011


cxt_new.jpg

・INNO CXT
23インチモデルと27インチモデルが発売されます。ただし、右用だけという噂。また、新色のツートーンカラーが発売されます。写真はネイビー/ホワイト。。。
RCX-100.jpg
RCX-100limb.jpg

RCX-100 シリーズ
現、プロアクセントラインのリニューアル。ハンドルは新作の25インチの軽量(1,040g)オールカーボンハンドル。CXTより1万円くらい安い、50,000円前後の予定。性能はまだ未知数ですが、UX100にぴったりすぎると思う。色は黒だけです。
RCX-100リムは見る限りでは、現行のプロアクセントリムの改良モデルですが…今回正式に発表された商品の中では、一番未知ですので、これ以上はわからないとしか言えません。
armcarbon.jpg

カーボンアームガード
写真を見ての通りのカーボンアームガード。気になるのは価格ですね。
miniD.jpg

・ミニダンパー
ダンパー類ではミニダンパーというものが新発売に。これはすでに入荷しています(←ちょっとだけデザインが違ってました)。見た目以上にしっかりとしています。正式に発表されたので、明日から販売を開始します。
とこんな感じでしょうか。
【新作】
RCX-100ハンドル
RCX-100リム
CXTハンドル 23inch/27inch
【継続】
CXTハンドル 25inch
INNO EX POWER リム
INNO EX PRIME リム
WINEXハンドル
WINEXリム
【廃止】
WINACTハンドル
WINACTリム
TF Apecsハンドル
プロアクセントハンドル
プロアクセントリム
INNOハンドル 23inch/27inch
全体の傾向としては予想どおりですが、ウッドのリムがEX PRIMEだけになるとは考えられないので…日本語のカタログになった時点では、もう少し残ると思います。


いくつか入荷についてのお知らせ

12月になり、いろいろと終わらせなくてはいけないことがあり大慌てです。
まずは、新商品の入荷状況についての各方面からの返信
1.Titanの新しいサイトピンは一瞬で無くなりましたが、本日再入荷。間もなく、ショップにアップします。
2.リカーブ向けの唯一のEASTONの2011年の新商品、Carbon One(500番台)は1月の後半の入荷予定です。
3.FUSEのカーボンブレードは今週にメーカーから出荷されました。あちぇ屋への入荷は12月の15日あたりになると思われます。ただ、以前に書いたとおり高いです。センターでCXと同じくらいにしたいです。
4.FormulaRXとGMXのマット色(Blackout)は生産に入っているものの、現物の入荷にはまだ時間がかかりそうです。新色グリーンは既に入荷しています。
5.EX PRIMEの入荷が少し遅れています。12月の15日あたりの予定です。
6.Legendのバックパックケースは10個ほど販売しましたが、生産が追い付いていない状況のようです。しばらくの間、入荷が止まるかもしれません。
7.昨日の記事に書きましたが、UUKHAのEX1リム(カーボンコアリムのエントリークラス)がテスト入荷します。テスト入荷分2ペアに問題がなければ、12月中に販売を開始します。価格は3万円台前半です。
8.ドインカーのAVANCEEシリーズが大人気です。エクステンダーに3.125インチとシルバーバージョンを追加しました。ドインカーのスタビライザーが日本で人気になるのは久しぶりだと思います。来年は大手代理店のカタログにも乗るかもしれませんね(←するとうちも感謝されて、みんなハッピーなのですが)。ありがとうございます。
主要メーカーの新作はだいたい揃ってきました。WIN&WINはもう少し先です。入荷は2月~3月(中国の春節後の作って、代理店に納品して、それから届くとなるとそのくらいです)になるかなと思っています。あと、ドインカーも若干遅れての発表になります。←毎年そうです。
現在、手元に来ている情報はそのくらいです。
12月ですが、あちぇ屋では今日年と同じ代引き手数料10円キャンペーンを行います。入金の手間と入金手数料が若干節約できるかなと思います。


UUKHAのリムが世界選手権で優勝してた


(↑携帯電話からアクセスの場合はビデオは表示されません)
フランス語で言っていることは理解できませんが…UUKHAのビデオです(提供はフランスアーチェリー連盟)。
UX100リムのレビュー・テストでも書きましたが、引きやすさや安定性・コントロール性を重視する人には最高のリムです。ただ、そういった部分にフォーカスするために矢速はHOYTに比べて5年くらい遅れています。G3の世代くらいです。
フランスは、多くの競技種目に競技人口がおり、フルカーボンのUUKHAのリムは、インドア・フィールド・ベアポウの試合で多くの実績を残しています。
ビデオに選手は世界フィールド選手権のベアボウ部門で優勝したハンガリーの選手です。ベアボウは何よりも安定性が大事ですし、他にも実績のあるインドアもそうですね。リムの安定性が一番求められる部門でも確実に実績を残していますが、やっぱり、日本では速いリムが好まれますので、そんなリムも将来的には開発してほしいかなと。

ちなみに、News欄を見ると…なんとヨーロッパのWIN&WIN CUPに優勝したと…うんんん。ビデオの7:14あたりです。ってか、人数多いなぁ。
Ex1-800x335-fondblanc.jpg

今月中くらいには、下位のカーボンリムがテスト用に入って来る予定です。EX1は今週発売の出来立てホヤホヤのエントリー用カーボンリム。メーカーからの推奨販売価格は295ユーロ。3万円台前半で、また、UUKHAも当社が一次代理店ですので、価格に関係なく1年保証で行けると思いますが、とりあえず2本だけの入荷です。


GMX&FormulaRXのピンク

101127_163408.jpg

早速、本日入荷しました。いつもありがとうございます。仕事が速くて助かります。特注でお願いしたピンクカラーです。色はイメージ通りな感じで、仕上げはかなりいいです。既存のペイントカラーよりも丁寧に作っている感じすらします。
「異端のアーチャー」の翻訳は残すところ10ページ程になってきました。第一稿は少し明日の江戸川インドアオープンのブースで配布予定です。宜しくお願いします。これから、夜まで間違い探しだ!!


【がん撲滅キャンペーン】HOYTの寄附付きモデルが入荷しました。

Brady-ELLISON--USA-IMG_5820-Modifier.jpg
brady_1.jpg

HOYTの乳がんか撲滅モデルが入荷しました(正確には日本のHOYT代理店に入荷、明日にこちらに届きます)。売り上げの一部が乳がん基金に寄付されます。
まぁ、これも正確にはHOYTの売り上げが寄付されるので、HOYTからハンドルが出荷された時点で基金に計上されているはずですが、ぜひ、ご協力を。価格は通常のものより少し高くなっています。入荷数はGMXのピンクが2本、FormulaRXのピンクが1本です。
限定数販売終了後は特注で注文を受けます。完全特注の為、お届けには2カ月程度かかる見込みです。
乳がん撲滅。相方はNICUからの与えられる母乳のノルマを達成できなくて悩んでいるとか…タンポポを飲むといいらしいので大量にプレゼントしたがどうなるか。


Titanの新商品、マイクロサイトピン

Titanimage001.jpg
101124_134151.jpg

本日の朝に、一般向けにお知らせが出たようですので、発表します。TitanのMicroリカーブサイトピン。
まぁ…性能的にはいままでのサイトピンを一回り小さくしただけですが、ノーマルのタイタンサイトピンに比べて、約43%レンズが小さくなっています。
要望としては小さいものが欲しいというのは、昔からあったのですが、オーストラリアのヘッドコーチのサイモンさんから強く依頼があったために開発を決めたようです。
既に入荷しています。ショップには今日中にアップする予定です。付属品は換えのファイバーだけです。価格はノーマルタイプより若干安い5,880円です。
それと商品はまだ届いていませんが、FUSEのCarbon Bladeスタビライザーの価格が届きました…高すぎです。CX(小売り価格15,800円、渋谷定価23,100円)よりも、20%も高い価格が付けられていました。このままですと、2万円になるかならないか程の価格で販売することになります…他の代理店からも高すぎるという声が届いているようですので、値下げされるといいのですが。どうなりますか。
入ってきた物のテスト結果次第ですが、挑戦的なスタビライザーですので、”良ければ”ですが、利幅を削っても入手しやすい価格で提供したいとは思います。
*あちぇ屋では政治的な価格付けは行っていません。入荷価格から機械的に価格を付けていますが、例外は現在のところFormulaシリーズです。