NIKEがアーチェリー用シューズを開発




NIKEがアーチェリー用のシューズを開発しました(写真1)。

昔、アシックスがアーチェリーシューズ(写真2)を発売していたようですが、靴底がかなり平らでした。今回のNIKEのモデルはこれとはだいぶ異なります。

アシックスのアーチェリーシューズの靴底が平らだったのは日本特有のアーチェリー環境のためだったのでしょう。自分が多くの試合をこなす東京の駒沢は地面が砂で、練習をしている小金井・光が丘はコンクリートです。これらの場所でアーチェリーをする場合は靴底が平らのものがベストです。

しかし、全日本選手権が行われる静岡のヤマハリゾートのような(シューティングラインが)ある程度の長さがある芝の射場では、靴底は平らではなく、芝にしっかりと食いこんで、地面まで届きグリップしてくれるものでベストです。

08年の北京は地面が人口芝ですので、今回このようなデザインになったそうです。これはアメリカと台湾のナショナルチームのために作ったみたいですが一般に市販されるのでしょうか?

ちょっと探してみます。

一番下の写真は射撃用にNIKEが開発したシューズ。こちらは硬い地面(hardwood)でのクリップを最大化するために、接地面積をかなり広くとっていますね。靴底にはカーボンも使用しているそうです。

使い方が難しい…


TIP TURNサイトと同時に入荷したAGFのプランジャー・チェッカー。さっきまで、すっと使い方を研究してました…一度覚えれば、なんてことはないのですが、最初はどう使えばいいのか戸惑うかもしれません。

もちろん、使い方はスイスのメーカーらしく、英語・フランス語・ドイツ語の3ヶ国語のみ。日本語の説明書を作った方がいいのかな。最初に買っていただいたチャレンジャーなお客様の反応を見て決めましょう。

それにしても、今までバネ圧の標準規格というものがなかった日本のアーチェリー業界ですが、これで、バネ圧を「硬め」「柔らかめ」みたいな表現ではなく、私のプランジャーの硬さは5.5みたいに数値化ができるでしょう。

「TIP TURN」はあんなに素晴らしいデザインなのに…なんかこっちの方は色の使い方とかいまいちだと思うんですが。