SF フォージド PLUS ハンドルが入荷

DSC00477.jpg
SFアーチェリーの新しいカタログと新しいハンドルが届きました。昨年、ヨーロッパでは大変好評だったので、ラインナップに大きな変更はありません。新しくは、フォージド、フォージド・プロと続くフォージドハンドルの3世代目、フォージドPLUSハンドルが発売されます。
また、細かい所では、プロ・カーボンハンドルがマイナーチェンジし、アルティメイトハンドルとなります。デザインが一新し、新しく「カーボン・ブラック」という色が発売されます。品質も安定し、今まで販売していませんでしたが、価格次第では取り扱いを開始する予定です。
その他で大きな変更はありません。

DSC00473.jpg

こちらが、フォージドPLUSハンドルです。25インチのみで、重さは1,150gです。グリップはフォージド・プロと同じもの。
DSC00474.jpg

デザインはWINが作っているハンドルの中では、かなりシンプルな部類に入るのではないかと思います。デザインの善し悪しはもう個人の好みの世界ですが、個人的にはハンドルのこのラインにかなり惹かれます。CXTハンドルは性能的には抜群に良いと思いつつも、ショップでもお勧めしていますが…この部分がほっそりしているハンドルが好きです。ずっと使っているウルトラハンドルもそれが決め手で買いました。
DSC00476.jpg

センター調節機構は従来通りです。
DSC00475.jpg

リムポケットはPSEのXアピールのような完全むき出しではなく、若干の高さがありますが、リムボルトとリムの角度の確認は十分にできますので、リムボルトとリムがキチンと接しているかの確認はかなり楽です。写真はアルティメイトプロリムをセットしたところ。
同価格帯のアルミハンドルでは、2011年はCartelのMidas MPS ハンドルSAMICKのVisionハンドルもテストしました。
それらを比べ(卸価格は同じくらいです)、このハンドルの完成度はかなり高いと思います。このクラスのモデルではいい加減になりがちな塗装の質もかなり良く、デザインも多くの部分がオリジナルです(センター調節パーツの裏側などはWINEXのデザインを転用しています)。2011年はこの価格帯のアルミハンドルではこのハンドルで行こうと思います。
新しいフォージドハンドルの発注は今日出す予定です。入荷は4月の初旬かと思います。現在、在庫している旧世代のフォージドハンドルは値下げしての販売となります。宜しくお願い致します。
サンプル品は明日から大宮店で展示致します。試射も出来るよう準備させますが、価格はまだ未定です。


FUSEのVバーなど

DSC00472.jpg
今日は本当に忙しい一日で…2回くらいしかPCに触れませんでした。
会社を出る前にちょっとだけプログを更新します。
みなさん合宿あけで今シーズンの準備に入ったとこでしょうか。週末にかなりの数のスピンウィングとエンドテープとボーニングのフレッチングテープの注文が入りました。出来るだけ、明日までには入った注文はすべて発送できるよう頑張ります。
ブログの記事へのコメントありがとうございます。返信していないものは明日には返信を書けるかと思います。
MK1440リムが早速4ペア旅立ちました。ありがとうございます。
何回か書いているかもしれませんが、アーチェリーショップの仕入れには主に3種類あります。
工場・メーカーへの直接発注では、仕入れ価格は安いですが、納品が遅く(WINの中国工場で30日程度、フランスのUUKHAとStringflexは3週間、MKは45-60日)、技術的なサポートは良いのですが、事務対応は遅いです。
代理店への発注では、仕入れ価格は中くらい。納品は早くてだいたい2-3営業日、技術的なサポートは速くないですが、返品などの事務的な対応は早いです。
最後は、ショップ同士や代理店同士での身内でのやり取り。私達はFivicsの日本代理店の1つですが、発注は1カ月ごとにしています。しかし、自分の判断ミスで納品から2週間でSaker1のバックスキンの在庫が無くなった時は、それだけためにメーカーに発注は出来ませんので、正規代理店であっても、他店から仕入れます。Fivicsの代理店同士で、別のFivicsの代理店から商品を貰ったりします。
それぞれメリット・デメリットがあり、それをどう組み合わせてお客様への納期と価格を最適化するかが自分の仕事なのですが…なかなか勉強することばかりです。
今回は、まさかのMK1440リムがこれほど人気だとは思わなかったために各サイズ1ペアで発注をかけていました。反省です。今後は、在庫数の確保と、在庫切れ後の入荷を早めるために、他の代理店との関係の強化などにも力を入れる予定です。
それと、FUSEのカーボンブレードシリーズですが、発注している商品のうち、先週末にVバーが届きました。今週中には在庫にアップします。
発注している商品でまだ届いていないのは、サイドロッド・アッパー・ウェイトとウェイトを装着するためのマウントネジです。Vバー同様完成次第の納品との事です。本当に毎度、なぜ、FUSE(=Doinker)はウェイトとスタビを同時に納品しないのか不思議です。AVANCEEシリーズでロッドの出荷が始まってから、ウェイトの出荷が始まるまでは約5カ月程度の時間あったと記憶しています。今回は2カ月くらいのタイムラグでウェイトが出ると聞いていましたが、もう3カ月たってますしね。お待たせしているお客様には本当に申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちを。
今年は3月に掛川で行われる全国選抜の協賛とブースの出店します。宜しくお願い致します。
それと、声をかけたところ、Fivicsの社長も来ると言っていましたし、SFの担当者も来るので、もしかしたら、期間中、あちぇ屋を1-2日程度臨時休業して自分もいくかもしれません。
後は、SFアーチェリーの新しいハンドルのサンプルが届いています。カタログは大宮店で配布中ですが、新しいハンドルなかなかいいです。明日、時間があれば紹介する予定です。今週中には発注を作るので、新しいハンドルの入荷は4月の上旬かなと思います。
では。
追記:
確定した荷物では、
1.スピンウィングは来週の入荷予定です。
2.Titanのマイクロファイバーサイトピンが今日オーストラリアを出ました。早ければ金曜日、もしくは、来週の月曜日の入荷です。
3.WIN&WIN RCX-100リムは今週の木曜日の入荷です。


つくっていただいたリムカバーが届きました。

110303_152209.jpg
110303_152349.jpg

DSC00169.jpg

(↑生地の色見本)
以前の記事で紹介したデンさんで作っていただいたリムカバーが今日届きました。ありがとうございました。
いろいろなメーカーのリムカバーを取り寄せて販売を考えましたが、どれも納得のいくものではなく、結局作ってもらうことになりました。今後はカラー(赤の7/青の9)も入荷します。
DSC00171.jpg

写真を見ていただければわかる通り、全員メガネを着用…ではなく…ベテランの職人さんの元で2人の若者(うち、1人は息子さん)が修行しています。理想的なものづくりメーカーの姿ではないでしょうか。やはり、国産・日本メーカーでも次世代の人材を育てているメーカーさんとお付き合いしたいと思っています。デンさんは今の国内のアーチェリー製造業で若者を育てている数少ない企業さんです。近くにお住まいの方はぜひ一度行ってみて下さい、プロショップも営業しています!!
今月からは、第二弾のチェストガードについての話し合いを開始する予定です。


アメリカメーカーの新商品

himod.jpg

近年は、韓国やヨーロッパのメーカーが元気ですが、アメリカではSVL/HOYT/Doinkerがコラボして設立したFUSEがかなり元気で、DoinkerはさらにFUSEでのフィードバックを受けて、開発したAVANCEEが売れ行き好調のようです。Doinkerのロッドでこれだけ売れるのは久しぶりですね。ウェイトと評価が高いDoinkerのダンパーがついて、1万円を切る価格(センター)ですから、価格面でも韓国勢と戦えるレベルになってるかなと思います。
2011年のDoinkerの新しいスタビライザーは「プラチナム Hi-Mod スタビライザー」というものです。AVANCEEの次世代モデルかと思っていましたが…素晴らしい剛性を誇るのでしょうが、ロッドはAVANCEEより約18%も太くなり、さらに、27インチで重さは360g(カタログ値、ウェイトを含む)となり…取り扱いは見送りました。人気のAVANCEEは軽量ロッドとして2011年も継続して生産されます。
neet095.jpg

NEETも新しいクイーバーを発表しています。ND-250というものですが、かなりNEETらしくないデザインになっています。NEETのマーク「<>」が全面にプリントされています。写真では分かり辛いですが、収納もたっぷりです。ただ、あちぇ屋はNEETの代理店ではないので、現在、取り扱い代理店を探しているところです。入荷次第販売を開始予定です(←4月頃の入荷予定です)。おそらく、5,000~6,000円になるのかなという感じです。


WIN&WIN WINEX 2011モデルは1つだけ変更

110218_170820.jpg

予告通り、WINのWINEXハンドルが入荷しました。入荷したのは既存色だけですが、ハンドルのデザインは新しくなっています。左が2010モデルで右が2011年モデル。デザインがシンプルになっています。新色のツートンは3月ごろの入荷予定。

110218_171420.jpg

(↑左から WINEX 2010 / WINEX 2011 / INNO CXT 2010-2011)
ハンドルはデザインの一部変更だけだと思っていたので、写真だけ新しくしようとチェックしたところ、リムボルトも新しくなっていました。CXTと同じタイプです。
110218_170419.jpg
110218_170217.jpg

よくメーカー間のハンドルとリムの相性ということが話題になりますが、これはWINEXのリムボルトの位置を一定にした時に、MKのリムとHOYTのリムをはめた時の違いです。上のMKのリムは上記の状態で問題なく使用できますが(ほぼフルまでポンドをあげた状態になります)、HOYTのリムはこの状態では使用できません。
110218_174112.jpg

リムはリムボルトに対して写真の2の位置で接触している事が必要であり、1の部分がリムボルトと接している状態で使用すると故障の原因となりますし、チューニングもあいません。ポンドの調節可能位置は2の状態から1の状態にならギリギリの締めこんだ位置(フルポンドの位置)から、4回転緩めた位置になります。

110218_171510.jpg
110218_171536.jpg

(↑どちらも右が2011モデルです)
そのほかにはデザインの方はW&Wマークの位置が、プランジャーホールからリムボルトの所に変わったことくらいでしょうか。


EASTONクイーバーの2011年モデル入荷

110214_191524.jpg
110214_194613.jpg

三連休あけは忙しいです。。。4日分の仕事が…ちょっと業務に遅れが出ています。明日中にペース戻します。
今日はEASTONの2011年のクイーバーが入荷しました。段ボールを開けて写真を撮っただけですが、明日には在庫に入れられるはずです。右がターゲットクィーバーの新色の紫と緑。左はEASTONが商標登録して、今後独立ラインとして展開予定の”PRO TOUR(プロツアー)”シリーズのクイーバーが入荷しました。
前に、いいと思ったプロツアーシリーズのソフトケースは代理店に発注済みですが、国内にはまだ入ってきていないようです。3-4月くらいには入ってきてほしいのですが、代理店からは未定としか返信が来ていません。
追記、しばらく入荷のなかったWINEXハンドルとWINのカーボンVバーの80度が週末入ります。


SAMICKの工場公開

samickquiver.jpg

SAMICKが新しいクイーバーを出すと言うので、写真を見つけに久しぶりにSAMICKのホームページを訪問。新しいクイーバーはこんな感じです。うん…OEM生産でもない限り、どこかで見たデザイン。。。取り扱いはしないと思います。
SAMICK社紹介ビデオ
http://samicksports.com/movie.html

というがっかりはさておき、SAMICKが工場での生産プロセスをネットに公開しました。理由は分かりませんが、firefoxでアクセスすると3回に1回は再生されません。
また、最初の15秒くらいは動画が再生されませんので、しばらく待つ必要があります
↑修正されました

内容はビデオで確認して頂きたいですが(5分くらいの動画です)、携帯からは見られませんので、紹介すると…
samick1.jpg
リムについて話合っている所でしょうか。ミーティング中。
samick2.jpg
SAMICKに到着した木材はまず40日間窯で乾燥させます。
samick3.jpg
次に、30日間の自然乾燥(温度はある程度人工的に高めた部屋で)。
samick4.jpg

貼り合わせた後は、12時間赤外線で乾燥させます。

samick5.jpg
これは、リムに彫る弦溝の下書きをしているところ。まだ、リムチップは出来ていません。
samick6.jpg
最後にやすりで削ってリムチップを成形している所です。
こんな感じでリムが作られていきます。とても興味深い動画ですのでお勧めです。


Cartel Midas MPS ハンドル(2011)テスト入荷

110209_164448.jpg

本日届きました。カーテルの2011年モデルのMidas MPSハンドル。2010年までのカーテルのハンドルはテストもしていませんでしたが、今年からはチェックしようと思います。
23インチのアルミハンドルは現在HOYTとSAMICKとWINが作っていますが、上位機種ではHOYTとSAMICKは23インチハンドルから撤退し、INNO CXT(2月末~3月初めの入荷予定)だけがショートを作っている状態ですので、将来的にはMPSの23インチの取り扱いは考えています。
110209_164542.jpg

(販売価格で3万円前後のハンドルとしては)作りは悪くありませんし、仕上げも期待以上です。Nimesで聞いたのですが、ハンドルの名前は「MPS=マルチ・パワー・システム」なのですが、マルチパワーってどこの機能がマルチなのですかと聞いたら「ただの名前」だそうです。特にマルチな部分はありません。個人的には…マルチパワーシステムのような機能を示唆するような名前はどうかと。
110209_170830.jpg

韓国に新しいメーカーが立ちあがるという話がありますが、カーテルのハンドル・リムは●●のもの。以前、リムについて書きましたが、ハンドルの場合はグリップやリムボルトを見ればわかります。写真は上がサミックのアスリートのグリップ、下がカーテルのMPSのグリップ。ただ、ネジ穴の位置が違うため互換性はありません。
110209_175109.jpg

試していませんが、リムボルトはそのままアスリートに入りそうな感じ。リムボルトはカタログ値は4回転ですが、出荷状態では3回転の位置で固定されていました。ただのミスだと思いますが確認してみます。
110209_175503.jpg

面白いのは、リムカバーの素材。ビニール生地のハンドルカバーです(反対側はポリエステル素材)。
ハンドル自体の卸価格もアスリートと同じ程度。販売する場合の価格もアスリートと同じになると思います。25インチと23インチがあります。23インチで1,150gほどです。
あくまでもチェックするための入荷です。今年の販売予定は今のところありません。(テスト入荷したサンプル品そのうちに特価品として提供予定です)
2011年モデルで今後入荷次第テスト予定のハンドルは、WINのRCX-100/KAYAのK7/FivicsのF1/SAMICKのMasters Maxです。
昨年はKAYAのハリアーハンドルがいろいろな利権の為に1本だけのテストすらできませんでしたが、今年の新作ハンドルはすべてテストできそうです。個人的にはスカンジウム合金に期待です。


HOYTのポーチが新しくなりました。

110207_190501.jpg

今日はいってきた分のHOYTポーチから2011年モデルになりました。こんな感じです。2010年モデルが白/赤だったのに対して、黒/赤になっています。
それと予定より1日早く、本日MK KOREAのVERAが入荷しました。昨年の3月に、WIN&WINのEX POWERの最初の入荷で、WINのリムの2年間の進化を高く評価した記事を書いた時にはいろいろと読者の方から意見もありましたが、一年間通して販売してみて、あの時のEXシリーズに対する個人的な評価は間違っていなかったのではないかと思います。期待通りの結果を残してくれています。
MK KOREAとは2009年の世界大会で、世界記録更新の翌日にはじめての商談をして以来、1年半もかけて話をして、ようやく、VERAリムが入荷しました。色々ありましたが最終的には良い結果になってよかったです。
VERAリムの重さはINNO EX POWERとほぼ全てのサイズで同じくらいです。今年販売されているリムの中では軽いほうのリムです。別々の(射型も全然違う)選手によって、2度も最もリムの性能が試される144本でのシングル世界記録を更新したことで、リムの性能は疑いようのないものですが、入荷した量産モデルを確認した限りでは、品質的にもかなり真面目に作られています。まぁ、リムカバーの方の品質は変わらずですが…SAMICKのように足りないことはありません
取り扱いを始めたばかりですのですが、共に成長したいメーカーの一つです。


1本だけ入荷、HOYTのネクサスハンドルのブラックアウト

110204_180622.jpg
110204_180635.jpg

HOYTの2011年モデルのネクサスハンドルのブラックアウト。確認のため、1本だけ代理店に発注しました。
今日届きましたが、なかなかの仕上げです。今後は取り寄せでのみ受注しますが、確認のため入荷した1本はショップにアップしました。42,000円です。よかったらどなたかお願いします(><) 久しぶりにネクサスハンドルを仕入れましたが、4年前のモデルでもいいハンドルですね。