1本だけ入荷、HOYTのネクサスハンドルのブラックアウト

110204_180622.jpg
110204_180635.jpg

HOYTの2011年モデルのネクサスハンドルのブラックアウト。確認のため、1本だけ代理店に発注しました。
今日届きましたが、なかなかの仕上げです。今後は取り寄せでのみ受注しますが、確認のため入荷した1本はショップにアップしました。42,000円です。よかったらどなたかお願いします(><) 久しぶりにネクサスハンドルを仕入れましたが、4年前のモデルでもいいハンドルですね。


KAYA NEW SOUL スタビライザーシリーズのダンパーの相性

KAYAの新しいSOULスタビライザーシリーズ。現在検証中です。ショップへのアップは明日か明後日だと思います。

110201_205037.jpg

写真はSOULの新しく出たダンパーです。現在のゴムダンパーの中では柔らかめで、ロッドを包み込む(1.5mmほど)のダンパーです。しかし、SOULロッドはすべてウェイト付きなのに、ダンパーもウェイト付き。SOULサイドとSOULダンパーを合わせて買うとトップウェイトが2つ付いてきます…何かに使ってください。
110201_205322.jpg110201_204943.jpg

若干太くなったNEW SOULサイドに合わせるとぴったりですが、市販されているロッドで直径が細めのACEロッドと合わせると少しあまりますのでご注意ください。細めのロッドと合わせた場合に性能的に落ちることはないですが、見た目の好みの問題ですね。
110201_204959.jpg


接写で撮るとこんな感じになります。


MK KOREAの2011

DSC00234.jpg

今回は、MK Koreaについて。VERAリムについては語らなくても、別々の選手によって、2度世界記録を更新したことで、性能は十分に証明されたと言っていいでしょう。多くのメーカーがひしめく韓国内で、設立3年目ですでにシェアは20%を超えているそうです。
社長はもともとSAMICKでエクストリームやマスターズなどを開発し、彼が独立してからは、「2.0」や「MAX」などの続編モデルしか作れていないことからも、SAMICKでどれだけの貢献をしていたかわかるでしょう。
今回はMach L3についてと、SAMICKでは1万円の商品が、複雑な流通経路の為に、お客様の手元に届くことには、10万円になっていたり、または、代理店からの圧力で無理なスケジュールで商品開発をして、無理やり出荷して、トラブルになったりといろいろと流通段階であったので、販売ルートについてはいろいろと考えがあるようです。
そのあたりは詳しく書きませんが、1年半にもおよぶ話し合いの結果、取引をすることとなりました。
契約についてはともかく、お客様にとっては、MK KOREAの工場出荷となるため、うちが注文を出して入金してから製造がはじまり、当店に商品が届くまでに45日~60日かかります。メーカー都合で生産が進むため、「●●までにどうしても欲しい」場合などは注文を受け付けできません(もちろん、在庫があるポンドであれば可能です)。
まずは、2月の終わりから3月の初めにかけて、60ペアの入荷を予定しています。すべてVERAです。さらに、4月のはじめにはMK 1440リムが、6月にMach L3が入荷予定です。
通常、代理店取引の場合は、当社に在庫していないポンドは2-3週間で取り寄せ出来ますが、MK KOREAに関しては、上のような事情があるため、、取り寄せには2か月かかりますので、ご了承ください。できるだけ多くのサイズで在庫するように頑張ります。
さて、新商品のMACH L3ですが、まだ開発中だそうです。一応、2011年中に発売する予定のようで、スケジュール通りいけば、5月の出荷開始だそうです。
ただ、その時期にはもう韓国国内では、オリンピック選考などがあるため、ロンドンオリンピックは多くの選手が既存のMK1440とVERAで出場することになりそうです。
DSC00236.jpg

MACH L3はフォームコアを使用しながら、引き心地をできるだけウッドコアに近づけることに挑戦しているそうで、SAMICKではウッドコアとフォームコアのハイブリッドで、両方の良さを追求したつもりが、いいものができず(BFの性能については言及しませんが、商品としてはまったく売れませんでした)、今度は、フォームコアだけを使ってウッドコアの感覚を実現することで、両方の良さを追求するようです。
まだ、完成品ではないので何とも言えませんが、話をした感じ、開発スケジュールを気にしないで、じっくり開発していくようです。現状、MK KOREAの取引先には、納期にうるさい代理店もないので、予定通り、じっくり開発できるのではないでしょうか。楽しみです。
また、2011年には、さらに新しい弓具メーカーが韓国で立ち上がるようです。それについては、また今度。


MK KOREAの新しいリムはMACH L3リムでした。

machL3.jpg

早速の更新ですみません。先程の記事の続きです。
たまたま、すぐに返信があり、MK Koreaの2011年に発売される新しいリムはMACH L3というリムです。
ライン的にはVERAの下、SAMICKのアスリートリムやWIN&WINのプロアクセントリム(新・RCX-100リム)のクラスの中級フォームカーボンリムだそうです。
性能的にはともかく…MACH(マッハ=音速) L3という名前の意味が気になります。L3ってこの場合は3倍という意味でしょうか?


KAYA 2011ラインナップ発表などいろいろ

kaya_2011top.jpgk7_Limbs.jpg
k5_Limbs.jpg

KAYA Archery 2011(PDF)
http://archery-shop.jp/catalog/kaya_2011catalog.pdf

KAYAの2011年のカタログが正式発表されました。
KAYAからのメールによれば、K7リムとK5リムは既に出荷が開始してり、K7ハンドルは2月の始めに出荷されるそうです。昨年にVPERFリムを一躍有名にしたNimesインドアに、今年はフランジィーリはK7リムで出場するそうで、いい結果が出るといいですね。
今週末にヨーロッパのNimes(ニーム)で行われるメーカーとの商談会に出発します。現状、確認することはもうNimesで聞いてくれ状態なので、今週はちょっとネタ切れです。戻ってきたらいろいろと書きたいと思います。アメリカのATAと隔年で行っていますので、2年ぶりですね。2010年と違い、2011年に新しいフラッグシップモデルのハンドル・リムを発表するメーカーはKAYAとFivicsだけになりそうですので、落ち着いた商談会になりそうです。Fivicsのハンドルはグリップにダンパーを内蔵しているらしい…しかし、HOYTがF2/F3/F4を展開するなかで、名前をF1にするのはちょっとどうかなと思いつつ…Nimesで話してきます。
先週末に行われたアメリカでの商談会の情報では…特に新しい事は無かったようですが、MK KoreaがL3という名前のリムを出したとか(メーカーにはまだ未確認です)。KAYAも2010年はハンドルについてはライセンスの問題にこちらには出荷できないと言っていましたが、2011年には解消されそうです。MK Koreaについても、もう1年半話を進めていますが、そろそろ答えが出そうです。
target-nav-casse.jpg

あ、あとはEASTONのバックパックが意外にいい感じだったようです。取り扱い考えます。(写真はEASTONのページより)
sf_forged_handle.jpg

個人的に気になっているのは、やはり、KAYAのK7と新しいSFのハンドルです。SFの新しいハンドルの価格や色のバリエーション・重さなどの情報はまだ入ってきていません。
それと、木曜日にいよいよCarbon Bladeの30インチ(32インチ)が入荷します。予約分を除いた3本を後ほどショップにアップします。また、27インチが残り1本になりました。次回入荷は2-3週後になりますので、欲しい方はお早めに。本日はBCYのFormula8125原糸が入荷。取り扱いを開始します。
最後に…大宮店によれば、FUSE Carbon Bladeを縦に装着して射つと、飛び出しがハンパないらしいです。無風のインドアなら”アリ”のセッティングでは。
アーチェリーに全く関係ありませんが、高校時代の友人がお上から200万円貰ったとか…いいなあw
米粉で起業提案2人に200万支援
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aichi/news/20110116-OYT8T00705.htm


FUSE カーボンブレードダンパー&AVANCEEウェイト

110114_190450.jpg
110114_190416.jpg

昨日の記事の続きです。ということで、カーボンブレードダンパー(Carbon Blade Doinker)をSOULとAVANCEEウェイトに装着。個人的にはなかなかいい感じかなと。。ただ、向きを調節する機能はないので、向きにこだわる場合はワッシャーなどを使って少しずつ調整するしか方法は無いです。ショップにアップしましたので、チャレンジャーの方は!!


FUSE カーボンブレードダンパーはネジが長すぎました

110113_192231.jpg
110113_192202.jpg

本日、入荷したカーボンブレードダンパー。FUSEのアクセサリーとして別売りになっていたので、少し取ってみましたが、写真の通り、オス・メスともに1/4ですので、通常のスタビライザー(写真はKAYAの2010年モデルのSOUL)とのセットでも使用できるものの、ネジ山が長すぎるために通常のウェイトは使用できません。FUSEの別売りウェイトの入荷を待ちたいと思います。。。あ、AVANCEEでも行ける気がしてきました…今度テストします。ゴムは劣化するため、主に交換用・メンテナンス用にショップで販売する予定です。


依頼したFLEXの白が入荷とメーカーさん訪問

DSC00172.jpg

DSC00169.jpg
1週間ぶりくらいの記事更新になってしまいました。3連休明けの昨日は大阪に行ってきました。詳しくは明日記事にする予定ですが、アーチェリー用品のメーカーさん(兼プロショップ)にリムカバーを依頼しており、そのサンプルの仕上がりの確認をかねての訪問でした。ありがとうございました。
110112_160513.jpg

10月の記事で書きましたが、FLEXのアームガードでスタッフの方から提案した白とオレンジのうち、白が本日入荷してきました。既製色に負けないレベルの仕上がりになっていると思います。オレンジはまだ完成していないそうで、2月ごろの入荷を予定しています。


本日より始業です。

newyear2011.jpg

今年もよろしくお願いいたします。
あちぇ屋は4日から始業です。
早速、本日の朝に3つも荷物が届き大変でしたが、多くの代理店ではまだ休日シフトです。特に国内で実際に荷物が動き出すのが、金曜日の7日あたりになりますので、年末年始の間にいただいているケースなどの、代理店からの取り寄せ注文のお届はすべて来週になります。ご了承ください。
今日と明日は基本的にはあちぇ屋で在庫している商品で対応できる注文だけの発送となります。
また、今日朝一で届いた分のWIN&WINのHMC+(プラス)から2011年バージョンとなりました。ブッシングのカプラーが黒になりました。
hmc+2011.jpg
本日入荷サイズは、28インチの黒/30インチの黒/11インチの黒の3つで、28インチの黒と30インチの黒はもう2011年モデルしかありません。11インチの黒は10年と11年モデルでお選びいただけます。その他のサイズはまだ2010年モデルです。11インチで10/11年モデルの指定がある場合は備考欄に一言お願いします。
それと、FivicsとWIN&WINの新しい価格表が届きました。RCXですが、現状のレートであればハンドルが5万円前後、リムが4万5千円前後になると思います。入荷は3月を予定しています。また、前の記事でKAYAのK7ハンドルについて書きましたが、K7のほうが若干安くなりそうです。


KAYAのK7カーボンハンドル

K7riser.jpg

KAYAの2011年カタログが届きました。写真でのみの紹介ですが、KAYAのK7カーボンハンドル。話を聞いている限りでは、やっつけ感があったハリアー(←KAYAびいきの代理店でも販売をしたショップはほとんどいませんでした)と違って、代理店待望のKAYAの本気のハンドルです。
量産品の完成は1月末。NimesのアーチェリーのトレードショーではKAYAとはこのハンドルを中心の話になると思います。K7(Nimesインドアでフランジィーリが使用してデビュー)/K5(アジアをターゲットとしたウッドコアモデル)/K7カーボンハンドルと、素材をグレードアップさせたSoul Fabric CarbonスタビライザーがメインとKAYAの2011年の新商品となります。
WINのRCX-100などがライバルになるでしょうか。とりあえず、テスト入荷はRCX-100よりも、K7のほうが先に入荷しそうです。入荷次第テスト評価してみたいと思います。