HOYTのF3/F4リム話し合い中とROLANは黒の追加

100706_171328.jpg

写真の通り、ROLANハンドルに新色の「黒」が追加されました。
それと、HOYTのF3/F4リムですが、数々の大会でメダルを獲得しているにもかかわらず、なかなか販売がうまくいっていないようです。新しい・互換性のない規格は性能だけでは評価できないので、ショップとしてもお客様へおすすめするのは難しいです。価格を下げることで試してみたいお客様の後押しをするしか…。
メーカーとしてのHOYTのセールストークは別としても、大会で結果を残したとしても、新しい規格が1年で爆発的に広まるとは思っていないでしょう。ユーザーの移行までは我慢の年が2~3年。そのあいだの売上をどうつなぐか。GMXの延命か、カーボンハンドルか…とりあえずは値下げでしょうか。
まだ、話が最終決定していないのですが、HOYTのF3/F4リムは価格が値下げされる予定です。現在の価格はそれぞれ、58,800円と59,800円です。
(F2リムとハンドルはすでに4月に下がった価格に変更されています)
Formula_F3_limbs.jpg

結論は1週間程度で出る予定です。それまでは、急ぎでない限りは購入を控えることをおすすめいたします。FormulaRXとF2リムで9万円以下を実現しましたが、F3/F4リムとの組み合わせで11万円以下をなんとかやりたいです。
HOYTの公式ページに全日本社会人大会の結果についてのリリースが出ていました。メダリストの80%がTEAM HOYTのメンバーだそうです。そんなにいたかな…。。。
Hoyt Recurve Sweeps Japan Nationals
http://www.hoytrecurve.com/community/news_detail.php?id=349

Hoyt’s unstoppable recurve shooters in Japan have stormed the podium again, taking all of the men’s individual gold, silver, and bronze and women’s individual gold medals in the All-Japan Archery Federation Shakaijin Nationals in Kijimadaira, near the Olympic site of Nagano, this past week.
Taking first place in the Championship was the All-Japan Indoor Champion for 2010, Hideki KIKUCHI. Second and third were Yoshi FUKUDA and Olympian Tomokazu WAKINO. Taking the women’s gold was World Silver Medalist and two-time Olympian Sayami MATSUSHITA.
Team Hoyt shooters have taken more than 80% of the medals in domestic Japanese competition so far this season. Discover the reason- explore Hoyt’s all-new Formula System recurve bows at a Hoyt Dealer near you!


E128 Final Project: Olympic Recurve Bow – HD

大学生の卒業制作でしょうか。昨日Titanが入荷したのですが(忙しくてまだ在庫にはアップしていません…)、紹介していただきました。動画の中でTitanのサイトピンが登場します。
不思議な動画です。作った人は間違いなく、かなり弓の構造に詳しいのが分かります。ちょっと長いですがどうぞお楽しみください。
(この動画は作品です。道具に関する技術的な動画ではありません)



注目のカーボンリム本格始動

poupee800x600.png

注目していたカーボンリムメーカーがいよいよ本格的に始動したようで、続々と出荷が開始したようです。1本テストで入るか交渉中。(←正直、プロショップとして成長したいので、どこかの大手さんが代理店となってくれれば、そちらから仕入れたいのですが)
担当者いわく、今までのリムは”フォーム”カーボンリムと”ウッド”カーボンリムだったが、うちは本物のカーボンリムだといのこと。上の写真はフラッグシップモデルのUX100(推奨小売価格59,000円程度)ですが、チップを見ていただいてもわかるとおり、リム全体でのカーボン含有量(Carbon Rate)は90%以上!!
*普通のカーボンリムは多くても20%程度です。コアはウッドがフォーム材ですので。
テストもしていないので品質は全くの未知数ですが、コンセプトは久しぶりにワクワクするリム。実績も多少はあります。
talon800x462.png
ux100croisees800x311.png

今年は間に合いませんが、来年に向けて話をしています。ハンドルも作っています(普通な感じの)。ちなみに、全部フランスで作っているそうです。現在、フランス国内でのみ販売中。
ホームページはこちら
http://www.uukha.com/


Fivicsの単色モデルでオレンジと白のスタビ追加

100623_182910.jpg
100622_161055.jpg

昨日、FivicsのCEX5の単色モデルが入荷しました。単色とはいっても、もともと2色だったのはセンターロッドだけですが…単色のものは(One)の表示にしました。サイドとエクステンダーは単純に色が増えただけです。
入荷したの”白”と”オレンジ”と”赤”です。正直どれだけ需要があるのか全く想像がつきませんが、オレンジのロッドを出してるメーカーはかなり少ないと思います(あとはStokerizedが出してます)。個人的には白がかなりいい感じです。


いつにあのNタブがリニューアルしました。

最近では大手代理店はどこもプライベートブランドで自社のタブを持っており、古くからタブを作っているプロショップ(NB?)のところは厳しそうな感じてすが…変わらないもののないのでしょうね。以前に、ボーニングのシールタイトワックスについて書きましたが、今度はNタブがリニューアルです!!

100622_123827.jpg
100622_123908.jpg

写真の通り、プレートが白になり、カンタピンチもすこし変わりました。
10年以上の変わらぬデザインで販売をされていると思いますが(もしかしたらもっと長いかもしれませんが…知る限りでは)、デザインが変わりました。次にリニューアルされるロングセラー商品は何でしょうか??
大きいサイズではほぼ新型に変わりましたが、小さいサイズでは一部まだ前のデザインです。どうしても新しいデザインが良い方は備考欄で指示をお願いします。(古いほうは確保できないので、古いほうをくださいという指示はご遠慮ください)


KAYA VPERFリムテスト入荷しました。

100617_182813.jpg
100617_182703.jpg

KAYAのVPERFリムがテスト入荷しました。M40で重さは204gと990TXと同じ程度のリムです。ATAでもKAYAの社長さんといろいろ話をしましたが、これからのメーカーです。
創立2年のメーカーを現段階でHOYTの最新モデルと比べる方がフェアではないと思いますのであまり厳しく評価するつもりはありません。最終的には(WONさんが言うには2012年ごろ)、HOYTよりも良いリムを作るというので、そのころには同じくらいの厳しさで評価しないといけませんが。
このリムは今年1年はフランジィーリが使うようですが、どのような経緯だったにしろ驚くことです。すぐに新しい商品に飛びつくような人ではないので(矢はACEを使用していますし)、高く評価したのか、それともヨーロッパで先進的なリムメーカーがなくなってしまった現状で、KAYAとともに新しいリムを作っていきたいと思ったのかはわかりませんが、セバスチャンがかかわっているSF ARCHERYのようになっていくかもしれませんね。
リムとしてはいろいろな試合で良い結果(先日のワールドカップでは2位)を残しているので、リムのベースはよいものだと思いますが、やはり、細かいところではまだまだの部分が見られます。とくに塗装関係とリムチップの精度です。
100617_182753.jpg

とりあえず、今シーズンはKAYAのリムの販売は見送ります。KAYAのSOULスタビライザーはかなり出来がよく、売れていますし、それを資金源に(安定的にキャッシュが入ってこないと長期での開発はできません)、2012年に向けて、ベースの性能アップだけではなく、量産技術のほうも良くして行ってと・・・これからに期待しています。
(日本製リムも頑張ってほしいですが…性能はともかく、商品ができてこない状態ですから…)


DoinkerのAVANCEEは思ったよりもいいです。

100614_121415.jpg
100614_121433.jpg
100614_121456.jpg

先週の終りに入荷のドインカー社の新しいスタビライザーのAVANCEE。ダンパー内蔵型のスタビライザーで自由度が少なくていやだなーと思っていたのですが、実物をテストしてみると驚くほど軽いです。
ショップではメーカー発表値を使いました。27インチでダンパーとウェイトを足しても142gだとか。実測ではさすがにカタログ値は達成できていませんが、148gとそれでもかなり軽量でした。ウェイトもアルミ製でかなり軽いです。30インチでカタログ値は147g(実測で152g)。
FUSEのVFRの流れをくむスタビライザーですね。ATAで見た感じではあまり良くなかったので、発注していなかったのですが、とりあえずセンターが入荷。価格は9,200円。よかったのでサイドも発注済みです。サイドの入荷は3週間後の予定。


CEX5 ONE COLOR予約開始です。

予約開始といっても小売り向けではないのですが…代理店向けにCEX5の1色バージョンの予約が始まったとの連絡が。入荷は3週間後の予定です。とくにテストすることないので入荷次第販売を開始したます。
CEX5.jpg
全サイズの全色を仕入れると100パターン位になって在庫管理できないので…入荷予定は
白とオレンジと赤の3色です。
サイズはLの26インチと28インチ、Sの10インチ、11インチ、12インチ、Eの4インチと5インチと6インチです。

デザインのみの変更です。中身は変わっていません。また、ツートーンの現行品も販売は継続します


スペインのFLEXストリング入荷です。

5月末に一気に注文が入り、土・日が休みだったこともあり、現在少し発送が遅れています。。。頑張ります。
100601_133816.jpg
さっきから入荷したFLEX社のストリングを検品していたのですが…68インチ148!?
誤送かとビクビクしながら調べましたが、中身は間違いなく164cmでした。マジックペンでの修正となります…ご了承ください。
また、フォーミュラーの68インチの適正ハイトは8+1/2~9+1/4なのですが、ATA規格の68インチの164cmでセットすると9インチになります(実際には使用時に伸びるので1/8程度ここから低くなりますが)。
ハイトのメーカー推奨値の低いほうに合わせたい方向けに66インチ用に160cmと68インチ用に165cmを入荷しました。よろしくお願い致します~。
今からカーテルの検品です。どんな問題が待っているのでしょうか…。


SFのPremiumハンドルが入荷しました。

100527_141623.jpg

昨日、SFアーチェリーのPremiumハンドルが入荷しました。初心者用という位置づけの軽い(1080g-カタログ値)ハンドルです。センター調節機構は以前のWINACT同様のちょっとめんどくさいセンター/ポンド一体型のものです。グリップは上位機種と共通のグリップの効くラバータイプです。
100527_141647.jpg

アッパーリムのリムポケットですが、基本的にはAXIOMリムとのセットでの使用で考えられており、AXIOMは40ポンドまでのウッドリムです。もちろん他社のリムと合わせて使っていただいても全く問題はありませんが、カーボンリムなどの場合は38ポンド程度までで使っていただいたほうがいいと思います。鍛造モデルですし、塗装含め、エクセルハンドルよりはしっかりしていますが、やはり、42ポンド以上のリムでの使用はお勧めできません。
100527_141754.jpg

Premiumハンドルだけの特徴としては、オリジナルのレストはプランジャーが付属で付いてきます。レストは別売りされていない模様…なので壊れたら別のものを買う必要があるのですが。。。
Prest.jpg

カタログの写真のほうがカッコいいのでこちらもどうぞ。。。
phand02.jpg

色は黒・銀・赤・青の4色。SFなのでやはり鍛造モデルです。価格は13,800円の予定です。