SAMICK 2010 NEW MODEL

45th世界選手権女子団体銀メダル、男子団体銅メダルおめでとうございます!!
月曜日からの仕事の為、一足先帰国してから、本日に一つ大きなミーティングをこなし、いろいろと書いていきたいと思います。
まずは、SAMICKのブースで新しいハンドルについて話してきました。名前はまだ決まっていないそうです。重さは1300g、価格も未定(マスターズハンドルと同一価格帯)。色も未定で展示されていたのは白とラメ入りの金色…
日本のショップとして「この色をどう思う?」と聞かれたので、「too shiny…」と伝えてきました。

スキャン0002
P1030132.jpg

全体の写真なども取りましたが、宣伝用の写真とグリップのみアップさせていただきます。グリップはかなり小さめです。SAMICKによれば、10月の中旬にも販売したいとの事。
あちぇ屋で評価用にすぐに1本取る予定ですが、在庫販売の予定はないです。
でも、SAMICKの方はみんないい人でした。
P1030133.jpg

それと、マスターズリムのロゴが新しくなります。


Copper Johnのアリサイト入荷

今週はいろいろと入荷しました。今から写真を撮りながら少しずつアップしていきます。

ant2

こちらはCopper JohnのANTS PRO FITA サイトです。エクステンダーが11インチと長めです(アルティマは9インチ)。使いこなせれば、より精密にエイミングできます。
ant

マニュアルにあるようにアリ(Ant)がキャラクターのようですが…ANTSとはAlways Normal Target Sightの事です。
いつもノーマル…いつも普通??…いつでも正常という意味のノーマルだそうです。
アメリカ製だけあって、かなり堅牢な作りですが、動かすのには日本製のものよりも力が必要です。女性のアーチャーにはお勧めできませんね。
本来はサイトピンが付いていないのですが、届いてすぐ使用できるようにカーテルのサイトピンをつけました。
後は、いろいろとウェイトとバイターのアウトサートノックの追加ですね。。


【限定】WIN&WIN ARCHERY HMCS10″ + HMCE 5″ 赤セット

この間のSAMICKのアスリートの傷が付いてしまった子は無事に旅立って行きました。ありがとうございました。

hmcred

今度は取寄せたものの、キャンセルとなったHMCスタビライザーのセットです。通常は販売していない赤のセットです。新品です。定価25,725円のところ、13,000円での提供でいかがでしょうか。立て替えている代金回収のため代引きでお願いします…ウェイトもつけますので。。


SFアーチェリーの2009年価格決定とACOレストがついに入荷

まずは、本日ACOのレストがフルライン入荷しました。トップアーチャーのMさんが使ったことで問い合わせが殺到したSHOEXも入荷しました。
ACOの品質とデザインを体験していただくため、15日~8月末(31日)までにハンドルをお買い上げいただきましたお客様にはACOレストを無料で同梱させていただきます。注文時には希望のACOレストの商品名を備考欄にご記入ください。(無記入の場合はHOYT スーパーレストを2つ同梱させていただきます)
*ローランハンドルを除く。取寄せのハンドルもさせていただきます。おって担当より連絡いたします。
1.ACO SHOEX レスト
2.ACO QMAN レスト
3.GMX + SHOEX

shoex1
qman
shoex2

また、SFアーチェリーの2009年の価格が決定しました。在庫処分としてSUPER FORGEDは21,800円とさせていただきます(旧価格は26,000円)。
2009年バージョンのNEW SF FORGEDですが、メーカー側からこの価格で売ってくれという要請がありました。SFアーチェリーのおすすめ小売価格(Suggested Retail Price)は245ユーロでした。この価格を135円で換算した価格(33,075)に送料を加算した価格33,800円で販売を致します。
宜しくお願い致します。


新メーカー紹介 KAYA ARCHERY

おはようございます。今週は休みをもらっているのですが、リムの検品のやり方を教えていなかったために、朝から会社に来てリムの検品をしてました。。
ちょっとブログを更新。新しいアーチェリーメーカーの紹介です。

kayaarchery

KAYA ARCHERY
http://www.kayaarchery.com/
ハンドルは現在開発中だそうです。中国の経済参考報によれば、中国には122社(2003)も自動車メーカーがあるそうですが、アーチェリーのリムも誰でも作れる時代になったのでしょうか。
問題はどんなリムを作るかですね。
今年度中に一度Kaya Archeryさんと話をしてくる予定です。
ハンドル専業のメーカーはあまり聞きませんが、リム専業のメーカーは結構あります。リムの販売は故障による交換を考慮してもかなり利幅が大きいうまみのあるビジネスなんでしょうね。


Sebastien Flute のホームページがリニューアル

SF ARCHERYのホームページが大幅にリニューアルされて立派なものになりました。

sft

Sebastien Flute Archery
http://www.sf-archery.com/
また、SFからの次回便が決まりました。SFのフォージドは新しいカタログからは外れます。当店では今週中に在庫品を値下げして販売する予定です。かわりに今までPROハンドルとして販売されていたモデルが「FORGED」の名前を引き継ぎました。セバスチャンはこの名前がよっぽど好きなんですねw
PROハンドルは最上級ハンドルから、ミドルラインに落ちたので価格も値下げされています。従来、あちぇ屋では38,000円で販売していましたが、こちらも値下げの予定です。
新しく最上級モデルとなったカーボンハンドルですが…いろいろと問題があり当分は販売するつもりはありません。作っているうちに品質も良くなってくるのと思うまで、来年くらいになって品質が安定してきたら販売も考えようとは思いますが、まだ早いかなと。
cbrest

ダンパーやカーボンレストなども同時に入荷予定です。レストのプレートがカーボンだとどんな効果ががあるのか不明ですが…少なくとも見た目はいいと思います。ご期待ください。


エンゼルの美脚クリッカーはセクシーすぎると思います

エンゼルさんの美脚クリッカーをテスト入荷しました。
bikyaku
商品として出品するための写真を撮っていたのですが…セクシーすぎないですか。高体連での使用が禁止されたりして…。
商品の説明としては、この商品はクリッカーというよりは「美脚クリッカープレート」です。ネジは付属しません。お客様の方で用意する必要があります。また、ソフトタイプは少し音が小さいです。
あくまでもネタとしての使用を前提にご購入ください。間違いなく注目されますよ~。


SOMA CEX5スタビライザーのデザイン決定

初めてこちらのブログへ投稿。SOMAのCEX5スタビライザーのデザインが決定しました。
CEX5PrevDesign
SOMA ARCHERYのホームページにはCEX2スタビライザーのデザインで2を5に変えただけの写真が掲載されていますが、正式なデザインが決定したとのメールが来ました。4色での展開になるようです。剛性重視のCEX5(WINのHMCとの競合モデル)と軽さ重視CEX2(EASTONのACEとの競合モデル)とカラフルなMAXPROという感じになるようです。
CEX5NewDesign
金曜日にシルバー以外の3色の注文を出しました。間に合えば、8月の終わりには届くと思います。価格はCEX2と同じくらいになる予定です。


SOMAはFIVICSへ

オフィスで使用しているエアコンのリモコンに「フィルタ洗浄」という表示が現れてから半年。只今、クリーニング中です。

アビドレックス株式会社
http://www.666900.com/house_cleaning/index.html

12,600円。そんなものですかね。終わるまですこし仕事中断してブログを。
SOMA ARCHERYからの次回入荷が決まりました。と同時に、SOMA ARCHERYからFIVICS ARCHERYへ名前が変更されたようです。WIN&WIN/KAP同様、下位ブランドとして、JOOMONGが正式にスタートするようです。JOOMONGについては少し様子を見てスタビライザーあたりから扱ってみようと思っています。


どこがで見た形…おそらく某米国のアーチェリーメーカーと同じ工場に作っているのでしょうね。

各国、いろいろアーチェリーメーカーがありますが、近年ますます中国へのアウトソーシングが進んでいるようです。中国のACO ArcheryやLegend Archeryのような工場を持っているメーカーのベースとなっている設計図を少しいじれば、オリジナルの商品の完成です。

ACO Archery (サーバーの反応遅いです…)
http://www.aco-archery.com/
近年では、日本もいくつかのメーカー・ショップがその形で売っています。製造側(中国)が製造ノウハウを持っているので、日本側は設計するだけ。誰でも簡単にアーチェリー用品が作れる時代になったということでしょうね。

それ自体はいいことだと思いますが(消費者の選択肢が増える)、設計のノウハウは日本に残っても、製造ノウハウは中国メーカーばかりに蓄積されていく。自分の経験からいえば、アーチェリー用品はアイデア(設計)よりも、それを形にする(製造)ほうが難しいです。アイデアが良くても製造段階の問題で消えていった商品は…いろいろありますよね。

その意味で製造が日本から出て行くのは残念ですね。

日本唯一のリムメーカーが工場の移転でずっと休眠状態のようですが大丈夫でしょうか。長野から九州に移ったようですが、機械だけでなく職人さんも一緒に移動していればいいのですが。

リムとショートハンドルについて


本日、WINSTORMのグラスウッドリムが入荷しました。12サイズ注文したのですが…ほとんどが生産待ちでした。入荷できたのは4サイズのみ。

価格は11,800円。いろいろと話を聞くと初心者に5万円以上のカーボンフォームリム勧めるアーチェリーショップもあるようですが、指導者として、最初に買うのは絶対的に軽いグラスウッドリムがいいと思います。1万円のリムでもショートハーフなら全然戦えますよ。

ショップの方は常勤のスタッフも入り、サポートのほうも余裕が出てきましたので、今後、中級者用のリム(30,000~50,000円)の取り扱いを始めようと思っています。

現在注文中。どれだけ入荷できるかな…;

それと、ショートハンドルも在庫しようと考えているのですが、女子用として考えると、どのメーカーにもいいハンドルがないのが現状です。難しいです。では、今日はもう帰ります~。GMXのショートはちょっと重いし…うん。

* 携帯から問い合わせメールを送る場合はドメイン指定拒否を解除してください。問い合わせでお客様側でPCからのメールを拒否しているために返信できずにいる方が現在2名です。ご確認ください。