PEDEGOの1台3役の凄いやつ! グリップトレーナーが入荷。

今週はホイットがまとまった量の入荷でした。最新の正しい情報のアップデートを心がけていますが、現状でも、生産に大きな遅れは出ていないものの、主にアメリカを中心として、流通に遅延が生じています。ご理解いただけると幸いです。

さて、緊急事態宣言が出ましたが、情報が錯綜しています。大型のプロショップ・スポーツ用品の小売業に関しては休業要請が出ると聞いていますが、クラスターとなる可能性が低い100平米以下の小規模店(弊社店舗は73平米)に関しては、十分な対策をしたうえでの営業を認めるという報道も出ています。明日は通常通り営業しますが、その後に関しては日本国民として最大限の協力をしたいと思っています。

さて、このダイソンみたいなの分かりますか?(笑)

*スタビライザーは付属しません

そう、フランスのPEDEGO社のグリップトレーナーです!外出自粛が続く中、何か新しいトレーニングツールはないかと探していたのですが、なかなかいいです。

できることは基本的にはストレッチバンドと同じですが、多くの機能が追加されます。まずは、商品名通りグリップのトレーニングができます。左右兼用なので、グリップの形は多少異なりますが、フラットなグリップとなっていて、まっすぐ押す感覚を鍛えることができます。

バンドのストッパーがついているので、リリースした時にゴムが腕に当たることもありません。

バンドは3つ付属します。ストレッチ用の柔らかいチューブ、標準的な負荷のチューブ、筋力トレーニングとしても使用できる硬いものが付属しています。また、このゴムチューブにDループを装着することで、コンパウンドのリリーサーでのトレーニングも可能です。

グリップの反対側に5/16″のブッシングがあります。リカーブのスタビライザーや、ベアボウウェイト、または、押し手のトレーニング用にウェイトを装着することが可能です。そう、リカーブ/ベアボウ/コンパウンドとすべてのカテゴリーで利用できます。ただ、写真の通り、ブッシングが細めなので、場合によっては、SAボルトを入れたうえで装着する必要があります。

こちらがメーカーの説明ビデオですが、まぁ、フランス語でも何を言っているのかは伝わると思います。

レビュー用の少量の入荷で、販売用は2つだけですが、来週にはまとまった数が入荷しますので、売り切れた時には再入荷メール登録していただけたら幸いです。家でもトレーニングして、自粛の終了、アーチェリーの再開に備えましょう。

PEDEGO グリップトレーナー


サイモンフェアウェザー(Simon Fairweather)からベアボウ用のリングタブが届きました。

昨年からベアボウでも競技しているサイモン・フェアウェザー選手が開発しているリングタブのラインナップにベアボウタイプが加わりました。

超大物がベアボウカテゴリーに参戦!!

こちらのタブの特徴としては、タブプレートと自分の指に合わせたリング(指輪)タイプのカンタピンチを組み合わせて、自分のタブを作ることができ、また、革には柔らかいカンガルーの革を使用しています。個人的には今試しているところです。

ベアボウタブだけの特徴としては、左右兼用で、S/Lの2サイズ。リング(カンタピンチ)は柔らかいものと硬いタイプと1セットで販売されています。硬い方がフィット感があり、柔らかい方が脱着が容易です。革はノーカットで届くので、自分の手に合わせてカットして使用します。また、リング(カンタピンチ)の位置を調整でき、ベアボウの目盛りはプレートにはなく、テープを貼って使用する運用となります。詳しくは下記の動画でご確認ください。ご不明な点があればメールかコメントください。

サイモンフェアウェザー(Simon Fairweather) ベアボウタブ


SANLIDA X10ダンパーウエイト

先日発売開始となったSANLIDA(サンリダ)アーチェリーの「SANLIDA TEAM700-ES」の拡張用にダンパーウエイトが登場しました。

3つに分離できるこれは総重量が10オンス(約283.5グラム)。
先端が3オンス、真ん中の(黒の)ダンパー内臓ウエイトが2オンス、ベーウエイト型のが5オンスとなっています。


ネジ径は1/4インチ。
真ん中の黒いのは「DOINKER Heroドインカーウエイト 1.7oz」みたいなの、と言えばわかりやすいでしょうか。

3つ全部繋げると全長は74mm。外径は31mmです。
ベース部分の一段小さくなった箇所の径は25.2mm、つまり1インチとなっています。

1/4ネジウエイトシステムで使用できるので、SANLIDAスタビはもちろん、アバロン「インフレキシブル・スタビ」「ドインカー・スタビ」などで使用できます。
もちろんRCでも(1/4ネジ径)使用できます。

ぜひお試しをヽ(^。^)ノ


TRUBall Short-N-Sweet’rがちょっとだけアップデート


TruBallのから販売中のリストタイプリリーサー「ショート-N-スイーター」。バリエーションとしてトリガー形状の違う「S1」と「S2」の展開だったのですが、この形状を一つにした「ハイブリッド」が発売されました。


このトリガーパーツの取り付け方を下記のように向きを変えるだけで形状が変更できる、と言うものです。

是非お試しくださいヽ(^。^)ノ


スムーズな移行のための1本、KAP R-24ハンドル入荷しました。

お客様から相談があり、入荷しました。少し特殊なモデルですが、ニーズが合う方もいらっしゃるかと思います。

昨日、ホイットの本社が閉まると聞き、コロナの影響だとすっかり思っていましたが、そうではなく地震があったそうで、その影響でした。多くの試合が中止されていますが、製品は問題なく生産されています。ただ、飛行機のフライトが大量にキャンセルとなっているために、物流は不安定なところがあります。


初心者が最初に使用する事の多いウッドハンドルは、基礎を身に着けるのに非常に有効ですが、競技用ハンドルに移行するときには、グリップの設計が大きく異なります。そこで相談があり、AXIOMリムなどで一式交換すればよいのですが、既存の資産(オプティモやポラリスなどのねじタイプのウッドリム)を有効に活用するために、ねじタイプのリムが使用できるダイキャストハンドル(*)を取り扱うことにしました。

*金属トハンドルでないウッドハンドルは強度的にあのような太いグリップにしか加工できないです。

貸し弓の最初のウッドハンドルと、最初に買う金属ハンドルの間にある仕様です。ニーズに合う方がいれば是非。

W&W/KAP R-24ハンドル


GilloからGT25ハンドル入荷、約30%ポンドが調整できます。

Gilloの非常にユニークな設計のGT25ハンドルが入荷しました。個人的に見て、多くのチャレンジングな要素があり、昨年11月発売だったのですが、しばらく様子見をしてました。約半年間、特にトラブルもなく評価もよいので販売を決めました。念頭にはベアボウでの使用が想定されていますが、リカーブでも楽しんめるハンドルだと思います。ただ、パーツを非常に多く使用していますので、男子のトップレベルの45ポンド以上での使用には向かないと思います。

1.ハイブリッド設計

まず、ハンドルとリムポケットで異なる素材を使用しています。ハンドルとリムポケットを別々に作ってボルトで固定するという製法は昔からありますが、自分が知る限りでは、同じハンドルでライザーに6061アルミ合金、リムポケットに7075アルミ合金を使用するという設計は初めてです。このような設計の理由としては、ベアボウではスタビライザーが使用できないので、ライザー部分をしならせて振動を吸収させようという考えがあります。しかし、一方でリムポケットには耐久性と高い剛性が求められるので、このハンドルではそれぞれに適切な素材を選択して組み上げています。

2.ILFとFormulaで共通のライザー

写真を見ていただければわかる通り、このハンドルでは同じライザーでリムポケットを交換することでILF(GP)とFormulaの両方に対応します。ただ、個人でやることは許可されていなく(改造行為・補償対象外)メーカーの工場送ることが必要なので、イタリアから遠い日本では、費用的なあまり価値のある機能ではないかもしれません。ユニークな点はMKなどのハイブリッドハンドルでは、ILFでもFormulaでも同じ弓の長さになりますが、このハンドルでは2インチ長さが変わります。

この設計の意味は、ベアボウでは同じ弓の長さの場合、ハンドルが長い方がシューティングは安定しますが、ハンドルが短い方がストリングウォーキング時の5mと50mでの差異を最小限にできます。ベアボウターゲットは2020年に始まったばかりなので実践的なノウハウではなく、理論上での話となりますが、ターゲット競技でフィールド競技よりも長いハンドルが有効かもしれません。

3.フローティングリムポケット機能

リカーブの方でも楽しめる機能としてはこの設計となります。通常のハンドルではリムボルトを上下することでポンドを調節しますが、このハンドルでは、リムポケット自身を上下(傾ける)させることでポンドを調節します。リムとリムボルトの位置関係は変化しませんので、幅広い調整が可能です。その回転幅は9回転、標準位置は一番緩めたところ(ラバーが伸び切ったポイント)から4回転締めこんだところです。+-15%のポンド調整が可能で、36ポンドのリムの場合、おおよそ30ポンドから40ポンドまで10ポンド調整が可能です。ただ、リムにおいては効率性が最も高い部分が限られていますので、そこから角度が変わるほど効率性は落ちます。ですので、効率性(大雑把に言えば=矢速)を重視する場合には有効な機能ではありません。


商品ページにこの記事を紐づけていますが、調節方法は独特です。まず、箱だしそのままでは使用できません。2つの固定ねじが付属していて、リムポケットを調整後、このねじでボルトシャフトを固定することが必要です。

ポンド調整のやり方も独特です。まずは黄色のねじを緩めてリムポケットが動くようにして、黒の矢印のリムボルトを回して(このとき必ず赤い矢印のねじが連動して動いていることを確認)調整し、調整後黄色のねじを締めこみ、再度に赤の矢印に上下1つずつ固定ねじを入れて固定します。ねじが多いので、使用前にはねじにゆるみがないか確認してください。

コンパウンドでは一般的なチェックですが、このホールにねじが貫通していれば安全に使用できます。ここに隙間がある場合は、ねじを緩めすぎでいるので、危険です。

色の表現はあまり得意ではないですが、塗装もちょっと変わっています。PSEのハンドルみたいな色です(表現が下手で申し訳ない)。、

GT25ですが、非常にユニークでいじるところも豊富にありますが、その分初心者の方には向かないと思います。可動部が多い分チューニング・チェックしないいけないところも多いので。

なぜか黒がカラーオプションにないので青を在庫しています。

Gillo GT25 ハンドル


WNSのDELTA NX ハンドル入荷、円と曲線を多用したデザインです。サイトピン値下げしました。


先日の記事で紹介したWNSの新しいハンドルが入荷しました。昨日紹介したMYBOのWAVE-Xと違い、円と曲線を多用した設計です。重量も軽量(実測で1,030g)で、塗装の質も悪くありません。2万円のエントリーモデルとしては、かなりお勧めできます。10年以上販売した来たLXモデルは仕入れを停止して、少しずつ、NXモデルに移行していこうと思います。

WNS(Winners)の2020年ライン出荷開始、モデル数が大幅に拡大。

また、先日発売されたAVALONのスコープサイトピンが非常に好評で、以前は売れ行きナンバーワンのDECUTサイトピンが…なので値下げしました。シンプルなDECUTサイトピンも見てってあげてください。

W&W/WNS DELTA NX ハンドル

DECUT ファイバーサイトピン

DECUT マイクロ ファイバーサイトピン


スピギャ(Spiga)のマイクロチューンレストが入荷です。

スピギャの新しいベアボウ用レストが入荷しました。マイクロチューンレストはZ/Tレストに簡単にバーを上下の調整ができる機能を取り入れたものです。先日エリソン選手が900点満点を記録した時にも同様のレストを使用しましたが、バーの耐久力が特徴ですので、インドア用の重い矢などにも適応します。

Spigarelli マイクロチューンレスト


WNS(Winners)の2020年ライン出荷開始、モデル数が大幅に拡大。

WNSの2020年ラインナップが発表されました。主に中国の工場で生産されているので、何か影響があるかと心配しましたが、事前に聞いた通り、ほぼ問題ないようです。ちなみに、コロナウイルスは付着後最大でも9日しか生存できないので、物流の流れから考えて弊社の荷物で輸入されることはありません。

Persistence of coronaviruses on inanimate surfaces and their inactivation with biocidal agentshttps://www.journalofhospitalinfection.com/article/S0195-6701(20)30046-3/fulltext

さて、新しいカタログを見ると…リムの種類多すぎないか!

(下記価格順)

CARBON FOAM FC-100
CARBON FOAM VANTAGE-G7
CARBON FOAM MOTIVE-C5
CARBON FOAM DELTA-C2
CARBON WOOD DELTA-C3
CARBON WOOD EXPLORE-CW1 = W&W/KAP Winstorm 2 カーボンリム
CARBON BAMBOO EXPLORE-CB1 = KINETIC バンブーカーボンリム
FIBER FOAM MOTIVE-F5
FIBER WOOD DELTA-F3
FIBER BAMBOO EXLORE-B1
FIBER FOAM DELTA-F2
FIBER WOOD EXPLORE-W1

ILF規格(GP)だけで13種類あります。そして、一番の悩みが13種もありながら名前に商品のポジションの情報がないことです(2019年までは基本数字が大きいほど性能が高く価格も高い)。上にイコールの記号を入れましたが、これは別に中身が同じという意味ではありません。弊社では10年以上、低価格ラインのメーカー・モデル数が多すぎて、かつ、同じ価格なら性能も大差ないことから、低価格帯はWNSだけ取扱してきました。ただ、WNSでは賄えないものは取り扱っています。それがKAPのWinstorm(低価格のカーボンリム)とKINETICのバンブーコアリム、サミックのメイプルウッドコアリムの3つですが、今回、そのうちの2つはWNSでも賄えるようになりました。


KINETICのバンブーカーボンの関しては、EXPLORE-CB1に切り替えをします。ただし、在庫は当分の間は少数として、多くのサイズは取り寄せになると思います。


KAPのCW1への置き換えに関しては難しいところです。KAPのウィンストームリムは非常に好評で、長い実績を持っていて、高く評価しています。カーボンリムでありながら、15000円台という価格も優秀です。しかし、KAPというブランドに対してのウィンの姿勢がここ近年見えてきません。WNSは毎年商品が増え、当然ホームページもあり、カタログの毎年新しいものが配布されていますが、KAPのカタログの最新っていつだろと思うくらい…2017年とかかな? ブランドに対して、メーカーからメンテナンスがされていません。

現在も何サイズか入荷待ちになっていますが、代理店にも在庫がないのが現状です。ただし、3月に商品届くという言われているので作っていないわけではないのでしょうが。

とりあえず、1ペア仕入れて、違いを見て判断しますが、よほどCW1の方が優秀でない限りはウィンストームの販売を継続したいと思います。ただ、将来的にはKAPをWNSに一本化していくのではないかという感じもしているので、流れを見ながらという感じです。


残りですが、低価格のフォームコアに対して、私はあまりいい印象がありません。なので、F2リム/F5リムは取り扱いしません。F3リムとC2リムと同価格帯(販売価格で1000-2000円違い)との比較で立ち位置が明確ではないので取り扱いしません。VANTAGE-G7リムはFC-100リムと同様に取り寄せでの扱い。B1リムはバンブーコアを採用し、ソフトな引き心地を実現しています。価格もウッドコアモデル(W1)と同じですが、在庫スペースの関係で、在庫は難しいです。

新しいハンドルとしてはDELTA-NXアルミハンドルと、VANTAGE-CXカーボンハンドルが登場します。VANTAGE-CXは3万円前後のカーボンハンドルです。低価格のカーボンハンドルのメリットが正直あまりわからないので、取り扱いはしません。DELTA-NXは火曜日にさっそく1本サンプルが届きますが、シンプルでクラシックなデザインに、低価格で軽量(1,080g)と完全に私がエントリーモデルとしてお勧めしたい設計になっています。届いてから決めますが、予想通りのものであれば、DELTA-LX(1,200g)の新規入荷を停止して、DELTAラインではNXハンドルを販売を移行していきたいと思います。

アクセサリー類では大きな変更はなく、取り扱いもアバロンに絞る方向で動いているので、変更はありません。以上で、初期ロッドサンプル以外は3月の初めの入荷を予定しています。

SFアーチェリーからブランド移行時にはWINNERSという表記でしたが、新しいカタログではWINNERSの表示がないようで、今後、弊社でもWNSに統合しようと思います。


AVALON Tec-X CPレスト

アバロンのCP用レストが入荷しました。

マイクロクリック調整式のレストです。
付属のレンチで少しだけ緩め、つまみを回して上下左右を調整します。
回す際はクリック感を伴うので感覚としてはサイトのつまみ回しに近い感じです。


ブレードの角度も調整できます。
目盛り線はありますが、度数の表示はありません。30度~40度の間で適宜調整します。

ブレードは3枚(3種)付属します。先端幅が4mm(取付済)、5mm、6mm。

付属の六角レンチはミリです。本体の各所ネジがミリとなっています。
ただ、以下の2か所(本体取り付けネジ、留めネジ)だけはインチ規格です。ご注意を。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アバロンのTec-X CPレスト。
この仕様で4,000円を切ります。言う事なしです。
あとは耐久性・堅牢性がどこまであるか、ですね。
こればっかりは使ってみないと判断しずらいですが。。。

オンラインショップ、および店舗で販売開始です。
*右用のみ取り扱います。左用はお問い合わせください。