Easton2020インドアラインにX23/X27の新色追加。

イーストンの2020年インドアラインナップにRX7についで、X23の先端が黒となった2色バージョン(ブラック/シルバー)が追加されました。スペックは同じですが価格は少し高くなっています。入荷は9月の中旬を予定しています。

EASTON X23 B/Sシャフト

また、正式にPSEからPhenom XTシリーズの2019年での生産終了がアナウンスされました。後継モデルはATAが結構違いますが、Centrix SDです。在庫のPhenom XTは特価品に追加しましたので、スペックが合う方はぜひ。

【即納】PSE Phenom XT-MD


PSE2020 スープラフォーカスXL

でかい!!
カムの端から端で116センチです。ボウケース泣かせの大きさですね。

アクセル間40インチ、デフレックスハンドルならではの存在感です。
同じアクセル間であるTRX(マシューズ)とはまた違った面持です。

ブレースハイトは7.5インチながら、スリムな幅、23センチ。
ちなみにHOYTのプリベイル(37)は30センチあります。

新たに用意されたエヴォルブカムシステムの新種「EM」カムはIBOで327fps発揮され、このアクセル間とブレースハイトにしては矢速は速い方だと思います。
引きはじめがかなりきつい印象ですが後半は緩やかにバレーに向かう感触です。

バレー幅は広いとは言えませんが75%のレットオフの為、ホールディングで苦労することはなさそうです。(別売りで85%モジュールも用意されています*)

*通常のエヴォルブカムはレットオフが3段階で調整がきくのですが、新種のEMカムはその方式は採用されなかったようです。

ちなみに、、、タグにはなぜかレットオフ70%の記載が・・・。

入荷した弓の実測値は、ピーク60lbでホールドは15lbなので75%で間違いないようです。

ケーブルガイドバーはこれまでのフレックスタイプではなく、初めから4度程度の傾斜を付けたバーとなっており、この方式が採用されています。

フェイス面のブッシングは下側リムポケットそばの1か所だけ。穴は約20度ダウン角です。

サイド面はバックストップバーの付け根付近に1か所です。径は共に5/16インチです。

引き尺が24インチから30インチまでの為、新弓検討候補におすすめの1台です。
(ロングドローモデルは28インチから33.5まで)
惜しむらくは40lbモデルも用意してほしかったなぁ。

入荷したネイビーブルーは早速即納モデルとして販売開始です、ぜひ!ヽ(^。^)ノ


RX7の正体は柔らかいインドア向けシャフトでした。

EASTON(イーストン)の新しいアルミシャフトRX7の詳細が出ました。正体はテーパーをつけることで、柔らかいスパインでも大口径を実現するシャフトのようです。

RX7でのスパインはそれぞれ下記のX23(X7)シャフトに対応するそうです。

RX7 420 = X23 2315 340 (80番柔らかい)
RX7 475 = X7 2214 425 (50番柔らかい)
RX7 525 = X7 2114 506(ほぼ違わない…)

書き出してみると、RX525に関しては、今発表されているデータが正しいとすると、また、価格が届き、計算してみると、1ダースでX7より4000円高いので、どれだけの需要があるか読めないところがあります。

なので、ここではRX7シリーズではなく、420番について書きますが、インドア制限ギリギリという観点から行くと、アルミシャフトでの選択肢は、X23 2315の一択となります。つまり、自分の弓に合うスパインを選ぶのではなく、スパインありきで、そのスパインをいかにして、自分の弓に合わせるかという作業となります。

現状、インドアチューニングでは、矢をものすごく長くする、それとポイントをかなり重くすることで、スパインを相対的に下げるという方法がとられてきました。今までの結果を見るとこの方法をそれなりに成功を収めていると思います。しかし、どちらも矢が重くなるので、矢速が落ちるという副作用があります。

インドアにおいて、矢速というものを不利になるという経験策はありませんが、しかし、矢離れの早さの好みはアーチャーによってあります。このシャフトは、矢離れが速い方が好みという方にぴったりのものになると思います。

こちらでシミュレーションしたところ、2315に比べ 約20% 矢速が向上します(*)。概算ですが、リカーブでもほぼ同じくらい矢速が向上します。

*コンパウンド 59ポンド 27インチ引き X23 2315 28.5インチ 200gr vs RX7 420 27.5インチ 80gr

9月に発売予定です。まぁ、インドア向けなので、急ぐ感じではないですね。また、これに合わせて、セレトクチャートを更新しました。来年がオリンピックで多くの選手がそこに目を向けて努力しているので、リカーブでは、今シーズンはX10のようなターゲットシャフトのまま、インドアシーズンに入っていくトップ選手が多いと予想します。

EASTON RX7 シャフト

ホイットのPrevailが出荷終了しましたが、Carbon 840リムも出荷終了です…売るものがないので早く2020年モデルを発表していただきたい…。


EASTON(イーストン)が木曜日に新しい大口径アルミシャフトRX7を発表。

EASTON(イーストン)が木曜日(アメリカの水曜日の朝)に新しい大口径シャフトRX7を発表するようです。VXTのようなコンセプトだと思われますが、大口径のテーパー設計でどのようなメリットが得られるとされるのか楽しみです。ご期待ください。久々のアルミシャフトの新モデルですね。


PSE2020、新モデルは低価格のハイパフォーマンスボウCentrix SD/LD

2020年のPSEの新モデルとして2つ発表されました。一つは現行のPerform-Xのショートドローモデルで21インチ(!?)から27インチまで対応します。カムを変えただけではなく、ハンドルも再設計されていて、アクセル間は6インチ短い34インチに、プレーハイトは1インチ短い6インチ、弓は0.5ポンド(225g)軽い4.7ポンド(2,131g)となっています。引き尺が26インチ前後の方にはぴったりのスペックですが、最上位モデルにもかかわらず現状カタログでは50ポンドまでしか用意がないとのことで、これについては担当に問合せしています。国内ですと60ポンドの需要はあると思います。

新しいモデルでは、Centrix(セントリックス)が出ます。価格はフェノム(84,000円)と同じですが、スペックはATAで327fpsとかなりの数値です。アクセル間は33インチなので、ショートドローモデル(23-26.5インチ)ではよいバランスだと思いますが、ロングドローモデル(26.5-32インチ)で、30インチ前後引いてしまっては、ターゲットモデルでは見られないようなバランスになってしまうので、引き尺が長い方にはターゲット用としてはお勧めできません。こちらもフェノムと同じ50ポンドまでです。

出荷時期のアナウンスはありませんでしたが、いつもの感じだと9月頃です。2020年のラインナップを見る限りでは、2019年モデルの多くが継続となりそうです。

PSE Centrix SD


スパイダーベインの新色入荷していました(-_-;)

エリソン選手などが使用しているスパイダーベインの在庫が少なくなってきたので、再発注を本日かけたのですが、忘れてました…前回の入荷で新色のピンクと緑が入荷してました!!ぜひご検討ください(笑)在庫ないものは10日程度で再入荷します。

また、在庫がなくなくなってきたスピンベインも来週メーカーから出ますので、こちらも10日程度で入荷すると思います。よろしくお願いします。スピンの方は特に新商品はなくただの補充です。


PSEアーチェリー2020ターゲット、明日発表です。

先日のスープラXL(来週後半入荷予定)に続き、明日、PSEアーチェリーの2020年モデルの残りが発表されるようです。画像を見る限り3モデルのようです。ご期待ください。

PSEアーチェリー、早くも2020年モデルの一部を発表、スープラシリーズ。

また、ホイット(HOYT)からも2019年モデルのPrevailシリーズの出荷終了の連絡がありました。間もなく、新しいターゲットシリーズが発表されるものと予想されます。それに伴い、弊社在庫モデルを特価品に追加しました。

いよいよ、2020年シーズンが始まりますね。

【即納】HOYT Prevail 37 X3カム


ARCTECの新製品・カスタムトリガー

アークテック(ArcTec/ドイツ)から久々の新商品の入荷です。
リリースエイドのサムトリガーバーのバリエーションパーツです。

動画では何色かカラバリが紹介されていますが、取り扱いは黒のみです。
内容は3つの形状がワンセットになっています。

*動画では5つ映り込んでいますが正しくは3種です。

カーター、TruBall、STANなどのリリーサーに取り付けられます。

店頭およびオンラインショップで現在販売中ですヽ(^。^)ノ。


PSEアーチェリー、早くも2020年モデルの一部を発表、スープラシリーズ。

まだ7月ですが、早くもPSEアーチェリーが2020年ターゲットモデルの一部を発表しました。現行のオリジナルスープラフォーカスはそのまま2020年のラインナップに持ち越され、新しくXLモデルとLD(ロングドロー)モデルが発表されました。

SUPRA Focus XLはATA(アクセル間)40インチのロングデフレックスハンドルを採用したユニークな弓です。カムは新しく開発されたEMカムで、現在好評のEvolve Camと同じ引き心地で小型化したものとなっています。レットオフは75%、または85%、ブレースハイト7.5インチ、重さは5.1ポンド(2,313g)とそこまで重くありません。対応するドローレングスは24-30インチです。

もう一つのLDは28-33.5インチ対応なので、国内での需要は多くないかと思います。

また、新色として GOOD VIBRATIONS(GV)とAmerican Flag (AF)の2色が追加されます。

9月頃から順次納品が始まるようです。また、現行スープラは2020年に持ち越されますが、色の選択肢には変更があるかもしれないとのことです。

PSE SUPRA FOCUS XL 2020


TruBall ブラス製品が今後はクイックシルバー製品へと切り替わります。

TruBallから今後出荷されるブラス(真鍮)製品は順次クイックシルバー(ニッケルメッキ真鍮)製品に切り替わっていきます。

変色・錆を防止し耐食性を与える目的があります。硬度・重さに変更はありません。

お求めの際は「QS(クイックシルバー)」を目印にお求めくださいヽ(^。^)ノ