完成弦のSK99弦はCarrera99.R素材に変更します。

BCYの8190Uの生産終了、BCY-XのBXY X99への移行に伴いいろいろと考えました。お客様にとっては、8190Uを使っている方は新モデルの8190Fに、BCY-Xを使用している方は新しいBCY X99にすることのほうが心理的には自然な流れでスムーズに移行が進むとも考えましたが、しっかりとした理論があるわけではありませんが、個人的に大量のストランドで作られた弦には、特定の状況で不安定になるというイメージがどうしてもあります。8190も本来は20本ですが、18本にして、太目なサービングでSサイズノックにフィットするように設計しました。

SK99という最高グレードの素材を使用したBCYのマーキュリーは28本程度でリカーブの太さになるのですが、少し不安を感じます。ただ、これは調整が必要なリカーブの話で、一度調整すれば、弦の取り外しもない、かつ、低くても40ポンドという高いテンションがかかるコンパウンドでは関係ないと考えます。

28本の細い弦(ストランド)をねじって調整して、ある程度の幅の中で、特に20台の低いテンションしかかからないポンドのリカーブで、試合などで組だて後、6本の試射で弦を安定した状態にできるのかが、一番の不安な点でした。かと言って低ポンドのために、20本程度にすると、相当太いサーピングガ必要なり、バランスが悪い弦になることが心配されます。

といったことを弦メーカーのフレックスと相談していたのですが、今回、フレックスが自社で開発している素材で多くのトップアーチャー(*)も採用しているカレーラ(Carrera)シリーズにSK99を使用したリカーブ向けに、成功した8125Gと同じ14本の太さでSサイズ&1#ノックにフィットするカレーラ99.Rを新しく開発したので、8190/BCY-X弦を愛用している方向けには、従来のBCYのSK99原糸ではなく、フレックスがチューニングしたSK99原糸で提供したいと思います。

*フレックスのコンパウンド弦は法人取引の仕組み(大量発注で国際送金支払い)のため、弊社では取扱していません。4-5か月の納期でも問題ないなら取り扱い可能です。

BCY-Xを使用の方には、多くの場合でより高い安定性とスピードが期待されます。8190をご使用の方ですが、以前の8190ではそのスピードを生かすために18本とかなり矢速を重視した設計としていたので、安定性の向上は期待できますが、矢速はほぼ変わらないか、低ポンドで154-18などでは落ちる場合が発生する可能性はあります。

コンパウンドではハンドメイドかマシンメイドかという論争はもうないと思っています。ちなみに違いは原糸を巻くときに機械でテンションを均一にしているか、職人が手で同じようにしているかの差です。どちらでもその後は手作業は発生します。

リカーブではエリソン選手など、主に合理重視のアメリカ選手が機械製の弦を使用していますが、自分で作る方が信頼できて安心する、または、身近な上手に人に作ってもらっている選手も多く、その場合、ゲン担ぎといった理由もあると聞くので、このあたりはロジック・合理性で答えが出る問題ではないのかもしれません。ただし、原材料の原糸はダクロンの時代から一貫して、より安定した素材へと進化を続けています。

例えば、素材の個体差がひどくある料理の世界で機械が料理人よりおいしいものを作ることは現状不可能ですが、加工に使用する素材が安定するほど、機械での加工に分があると考えています。フレックスがチューニングしたSK99のカレーラ99.Rをぜひお試しください。BCY-X/8190は素材の供給の問題により、在庫限りでの販売となります。ご理解ください。

FLEX PRO Carrera99.R 弦 | JPアーチェリー

また、今週にドインカーがヒーロー(HERO)スタビライザーの販売価格を引き下げることを発表しました。それに伴い、弊社でも価格を約20%引き下げました。まぁ、それでも結構な価格ですが(-_-;)

【予約】Doinker HEROスタビライザー


KAPのウィンストームⅡがウィンストームに…。

今年、WNS(WINNERS)のリムの名称とデザイン(見た目だけ)を変更したウィン&ウィンですが、KAPの方も変更されました。しかも、ウィンストームⅡがウィンストームに。。。中身は同じです。順次切り替えていきますが、Ⅱがなくなっても、グレードダウンしているわけではないので、ご理解ください。


PINE Ridgeのボウスタンドがアップデート

リム幅・レッグ長の調整幅が広く、ほぼどんなCPボウでも使用可能なパインリッジアーチェリーのキックスタンド「KWIK STAND」

2019年版からアップデートされ、あつみが“薄い”リムでもフィットするように工夫が施されました。

その工夫とは、ネジを締めこむことでジョー(リムを挟む部分)の間口を狭めていくようになりました。

ジョーの天にあるスクリューをいじります。

昨年までのモデルと比べてみましょう。

左が2019年版、右がこれまでのものです。

特にエントリーモデルからミドルモデルにかけてのリムは薄いタイイプのものが多い為、従来のキックスタンドの決まった厚みの設計ではスタンドをセットしてもガタついて心もとない立ち方でした。今回のアップデートはその不安を解消してくれます。

2019年度版KWIK STANDは店舗およびオンラインショップで販売中です


イーストンの新しいシャフトプロコンプ(PROCOMP)が全入荷しました。

3月中頃からイーストンの新しいプロコンプシャフトの入荷が続いていますが、スパインごとの入荷で、今回の入荷でやっと全スパイン揃いました。ただ、イーストンから対応部品(ポイント・ピン)のチャートは公式にアナウンスされていません。まぁ、スパインチャートの修正も2か月かかっていますので、こんなスピード感です。

そこで、独自に対応チャート表から対応するポイントを算出しましたので、参考にしてください。2019年のイーストン公式カタログでは、ACE/カーボンワンの部品が対応すると書かれていますが、現在(3/29)では、ACE/ACGの部品を使うようホームページに書かれています。


また、実測すればよいのですが、例えば、570と520番の差は0.051mmで、弊社の道具では0.1mmまでしか測定できないので、実測ができないです。こちらのシャフトはコンパウンド用ですので、多少ポイントが大きい分には問題ないです(リカーブの場合はクリッカーに引っかかる)。また、精度ですが、カーボンワン/ACE/ACGともに実測で、12本中10本程度は+-0.1grに収まり、大きな違いはないです(*)。

*保証された精度ではなく実感です。また、100grポイントであれば、100grをベースに+-0.1grではなく、上記のポイントであれば、99.5grから+-0.1grで揃っています。100grにどれだけ近いかではなく、全部のポイントが同じ重さであることが重要です。

イーストンから公式のアナウンスがあり次第情報を追加します。

EASTON Pro Comp シャフト


スカイロン(SKYLON)のバジルポイントが入荷しました。

スカイロン(SKYLON)のポイントですが、大変な人気で通常のパラレルポイント(ポイントの径とシャフトの径が同じ)の#4が1か月近く欠品している状態です。そのために、この番手のみ通常は取り扱いしていないバジルポイント(ポイントの径がシャフトより少し大きい)を仕入れました。お急ぎの方はご検討ください。

SKYLON 3.2mm ブレークオフポイント


LGENDエベレスト44がアップグレードしました。

Legendのコンパウンドボウ・ローラーボウケース「EVEREST44」が、2019年モデルとして*TSAロックを採用しました。

*TSAロック・・・アメリカ合衆国・運輸保安庁から認定を受けた旅具等に備えられた施錠機構の総称である。「赤い菱形(TravelSentry 社製)」または「赤い松明(SafeSkies 社製)」のマークが付いている。 (ウィキペディアより引用)

施錠方法は3ダイヤル方式で、任意の数字を設定します。工場出荷時は「000」となっています。

使用開始時は任意の番号に変更しましょう。変更手順はタグの裏面に記載されています。もし分からない時は店舗までご連絡ください。

内部レイアウトに変更は有りません。

*背負いには対応していませんのでご注意ください。

 

Lgend EVEREST44は店舗およびオンラインショップで販売中です。TSA対応品をご希望の時は「(2019)」を選択してください。


AVALON INFLEXIBLEスタビライザー

アバロンの新作スタビライザー「INFLEXIBLE」・・・直訳すると柔軟ではない。
特徴をそのまま名前にしているんですね。

ロッド径は約15.7ミリ。一応16ミリとうたっています。
ちなみに「HERO Doinker」より約1ミリ太く、ESTREMOプラチナムハイモッドよりは0.5ミリ細いです。
ロッド重量は32インチウエイト無しで169グラム
ハイモジュラスカーボンを採用し、「コアセンター バイブレーションエリミネーション テクノロジー」と言う技術で作られているとの事です。
ウエイトの径は31.5ミリ。これは「HERO-Doinker」のウエイト径と同じです。
ベースウエイト:1.2oz
フラットウエイト:1ozx2、2ozx1
ダンパーは55グラム(両側1/4メス穴)
つまり購入時点で先端にダンパー込で7.2zが装着されていると言う事ですね。
ちなみにイーストンヴァリウエイトで34ミリ
B-Stingerウエイトは35ミリです。
【試射】
32インチセンターロッドを58lbの引き尺29.5インチで、ダンパーありと無しで撃ってみました。
撃った感じはダンパーを装着してもしなくても好感触です。
とても収まりの良い印象です。
私自身はB-Stingerで慣れているので何とも思わなかったですが、撃った後の余計な振動が気になるようならダンパーを装着すれば良い、と言う程度です。
後は耐久性はどうか、と言うところですね。これは使い続けてみないとわかりません。
個人的に感じた残念な点は、ウエイトが1/4ネジなんです。
ロッド先端のネジ穴も1/4です。
このため、ウエイトをガンガン積む人にとってはやや強度に不安が残るかもしれません。変換ネジを用意すれば5/16ウエイトが使用できますが、だったら初めから5/16インチの先端穴にしての1/4変換可にしておけばよかった(イーストンのように)のに、と思いました。ここは今後の課題でしょうか。
しかしながらハイモジュラスカーボン採用スリムタイプのスタビで1万円を切ってくるコスパのよさ。
何よりその性能の高さを凄く感じたスタビライザーです。
是非どうぞヽ(^。^)ノ

完璧なスペックですね、ボウテックのハイスピードターゲットReckoning。

ボウテックがベガスシュートで、2019年モデルの新しいハイスピード(335fps)ターゲットモデル、レコニング(Reckoning)を発表しました。完璧なスペックの弓ですね。

追加された機能はカムドライブというもので、特にチューニングとして新しいわけではないです。私もエリートの時にやりましたが、これまではボウプレスをかけて、カムを外してと、ワッシャーを入れ替えて、ひと調整で1時間程度かかるものでしたが、この機能はレンチで回すだけで、調整可能です。めっちゃ時短です!

さて、このチューニングは、ハイスピードの弓、短いATAの弓ほど必要なものですが、しかし、かと言って、そのスペックを過激にしすぎるとターゲットには向かないものとなってしまいます。

そこで、ボウテックの選択した35インチ、ブレースハイト7インチ、335fpsはほぼ完ぺきな答えではないかと思います。ちょっと高いですが、間違いなく、市場で最もチューニングしやすい弓の一つです。


2018年からエリソン選手がテストしてきたVバーが正式発売。

(写真は今年でのなく1年以上前の2018年1月のニームインドア)

1年以上、シュルード(Shrewd)とトップ選手の協力で開発が進められてきたVバーが正式に発表されました。


ついに明らかに連れた開発のテーマはグリップ力、近年のウェイトのタングステン化などによって可能になった非常に重いウェイトに対応し、テストでは、30インチのバーで180オンス(約5キロ)の重さを保持できるとのことです。まぁ、そんなにつけるひとまずいないですけど。。

動画でもひたすら試作とテストを繰り返してきたことが表現されていますが、まぁ、自分がこの試作品の存在を知って1年以上経っていますので、その通りなのでしょう。ただ、200g以上あるので軽量セッティングのリカーブには向かないというか、必要としていないスペックです。

近日中の入荷を予定しています。