ELITE Archery Echelon37

Eliteアーチェリー2018年Newモデル「Echelon」
軸間が37インチのモデルと39インチのモデルがあり、今回は37インチモデルが届きました。
 
この色は「グラファイト・グレー」(ガンメタ)です。
*全8色
*色による価格の違いはありません

スペックです(カタログ値)
・バイナリー2カムモデル
・アクセル間:37インチ
・ブレースハイト:6.75インチ
・重さ:4.6ポンド(2.086kg)
・ドローレングス:26.5~31インチ(0.5インチ刻みでモジュール交換)
・トローウェイト:50/60/65/70
・矢速:333(IBO)
・レットオフは調整可

この弓の引き尺調整は0.5インチ刻みで用意がされているモジュールの交換でおこないます。(別売り)
引き尺が定まっていない初心者の方などはあまり手を出さない方がよろしいかと思います。
(モジュール購入費用が痛くもかゆくもない方は別として)
また、ケーブル(2本)はモジュールにあるペグに引っ掛けられている設計の為、モジュール交換の作業には必ずボウプレスが必要です。
とにかくこの一連の作業が煩わしい為に、初心者の方にはややハードルの高い弓となっています。

エシェロン37のスピードレーティングは333fps(IBO)あり、ターゲットモデルとしては矢速の早い部類に入ります。

 

 

ドローストップが2タイプから好みの方式を採用します。
・リムストップ式
・ケーブルストップ式

リムストップは「ガチッ」と止まる非常に硬いウォールの感触が得られるドローストップ方式。

リム内側にネジ止めされている四角い部品はリムストップペグが当たる箇所の枕パーツです。

ケーブルストップはフルドロー後も僅かに動きのあるウォールの感触となっています。
*写真は赤色ピンを装着してる様子です

このドローストップピンは直径が異なる3種類が付属します。

これらは直径を変えることでレットオフの数値を変えることが出来ます。
・1/4インチ(ピンク)
・3/8インチ(水色)
・1/2インチ(黄色)

小さいピン(ピンク)だとレットオフ数値が高まり、ホールディングウエイトは軽くなります。
大きいピン(黄)は数値が低くなり、ホールディングウエイトは重くなります。
ただ、ミリ程度の引き尺変更が伴います。
自身のスタイルに合わせてペグを試してみましょう。
ピンを挿す穴位置は必ずモジュールと同じ番号に挿してください。

また、諸々の作業後に「素引き」をする場合は、必ずリムストップにせよケーブルストップにせよカムにピンが装着している事を十分確認してください。
もしいずれもないままドローイングすると、大変なことになります。
*引き戻せなくなり、一人ではどうにもできなくなります。
本当に気を付けてください。

グリップは幅が19ミリとなり、昨年までのビクトリーより1ミリほど厚くなりました。また奥行もしっかりとありつつ、大胆に肉抜きが施されていますね。

ケーブルテンションリダクションシステムが搭載されています。

リアブッシングは2か所。

前方のセンターブッシングはストレートの1か所のみです。昨年まで販売されていたビクトリーシリーズのようにブッシングがストレートと10度ダウンの2個装備されているものではありません。

そのセンターブッシングですが、ライザーのデザイン上その周囲の幅に限りがあります。次の写真をご覧ください。

大体のVバーは装着できますが、斜めにVバーを取り付けている人を偶に見かけるのでそういう方はご注意くださいね。

エリートアーチェリー2018年モデル、Echelonは店舗、およびオンラインショップで販売中ですヽ(^o^)丿


キネティック(KINETIC)が低価格のフォージドハンドルを発表。

キネティック(KINETIC)が低価格のフォージドハンドルSTYLIZED(スタイライズド)を発表しました。25インチ、1180gの標準的な設計で、販売価格は3万円弱になるかと思いますが、ウッドグリップでアルマイト塗装されています。

WNSのフォージドハンドルよりも重い分、しっかりしている感じです。1月末にテスト入荷しますので、よさそうな感じなら販売する予定です。

低価格のハンドルでも高ポンドで使用したい方には良い選択肢になるかと思います。


アバロン(AVALON)の2018年カタログです。


現在、アメリカでATAが行われていて、新商品の情報が次々に届いています。まずは、アバロン(AVALON)の2018年カタログです。新商品は取り扱う予定ですのですが、完成時期は結構バラバラですので、入荷してから紹介する方式としたいと思います。

カタログは500MB近くあるので、ダウンロードする方は適切な環境下で行うことをお勧めします。

アバロンアーチェリー 2018(480MB)


フレックスフレッチ(Flex-fletch)ベインが新しい製法”FLEX2″を試験導入へ。

昨年の“NO PERP”シリーズのリニュアルに続き、今年、フレックスフレッチ(Flex-fletch)では、一部のサイズに新しい製法”FLEX2″を導入するようです。

新しい商品の特徴はより強靭になるとのことですが、全サイズでのリニューアルではなく、一部の限定的な生産から始めるようなので、メーカー側でも2017年の”No prep”と新しいと”FLEX2″の評価を見ながらの移行を考えているようです。

とりあえず、一部カラーでFFP 187 FLEX2ベインの発注しました。2月の入荷予定です。2016年のFFPは特価品に追加して売り切るようにしていますが、”No prep”シリーズがそのまま”FLEX2″に全面移行ではないです。ご注意ください。


AXCEL/TRU BALLの2018年ラインが発表されました。

AXCELとTRU BALLの2018年ラインが発表されました。入荷は1-2月頃です。まず、アクセル(AXCEL)サイトの方は、今年の後半にいくつか新型のサイトピンを発表していて、新しいカタログでの新商品はありませんでした。

TRUの方ですが、Tru Ball Short-N-Sweet S2が”R”がついて”Tru Ball Short-N-Sweet R S2″(写真右)にバージョンアップします。といっても、大きな変更はなく、本体の少し小さくなり、ストラップの調整機構が改良されたようです。

ほかに新しいリリーサーはありませんでしたが、いくつかのブラスタイプのリリーサーで、銀色(クイックシルバー)が選択できるようになります。新色は在庫せずに取り寄せで対応する予定です。

AXCEL/TRU BALL Archery 2018年カタログ(170MB)


カーター(Carter)が新作(?)Evolution Tooを発表しました。

カーター(Carter)が2018年新モデルとしてエボリューション・トゥー(Evolution Too)を発表しました。

「?」を入れたのは、昨年2017年モデルとして発表されたエボリューション2は実際には製造されず、先月、製造されないまま廃盤(弊社注文分キャンセル)となっています。

どんな問題があったのかはわかりませんが、それを解決して、再設計されたのが今回のリリーサーかと思います。1月には出荷を開始できると自信たっぷりだったので、こちらは問題なく製造されそうです。1月後半か2月前半での入荷を予定しています。


トゥルーファイヤ(TRU Fire)からシナプス(Synapse)リリーサーが発表されました。

トゥルーファイヤ(TRU Fire)からシナプス(Synapse)リリーサーが発表されました。今年出たトリガーレスのシアー(Sear)リリーサーをトリガータイプに再設計したもので、ブラス素材をメインとしたハンドルにアルミでカバーをするというユニークな設計です。

ただ…シアーは発表から届くまで6か月かかったので…いつ入荷するかはっきりとは言えない状態です。


ブローネル(Brownell)が新しい原糸バンテージ(VANTAGE)を発表しました。

ブローネル(Brownell)が新しい原糸バンテージ(VANTAGE)を発表しました。近年100% UHMWPE(商標の関係でメーカーは言えないですが、SK90台相当)の原糸を多く出していますが、いったん、立ち止まって、HMPEとベクトランをブレンドした、スペック的に8190/8125Gの間でのノークリープだが、若干ストレッチ性のある、リカーブでもコンパウンドでも使えるバランスの良い原糸を目指しているように思います。

ランページはテスト入荷しましたが、BCYのラインナップでカバーできる感じでしたので販売はしていません。こちらのバンテージも取り寄せでよい気がしています。また、ランページでもブレンドしたランページVが登場します。

テスト入荷したランページで在庫としてあるものは特価品として追加しましたので、必要な方はどーぞ。

Brownell RAMPAGE 1/4ポンド

また、資料によると原糸のパッケージデザインが大幅に変更されるようですが、特に大きな影響はないかと思います。特に告知なく販売します。ファーストフライトプラスが一気に新型っぽくなりますね(笑)


KAP 2018年 チャレンジャーハンドルが改良されます。

ウィン傘下のKAPの2018年が発表されましたが、チャレンジャーハンドルが改良されます。ついに!

旧チャレンジャーハンドルは低価格の23インチハンドルであるにもかかわらず1100gという謎設計(*)だったので、積極的には販売してきませんでしたが、ついに軽量化された新モデル(写真右)が発表されました。新モデルは1000gなので、軽量ハンドルとして分類してよいか思います。

*エントリー向けで小柄のユーザーが使用する事が想定されるので普通は軽く設計する

23インチで低価格という選択肢はほとんどないのが現状ので、新しい選択肢にはなるかと思います。在庫して販売予定で、年末入荷です。

W&W/KAP Challengerハンドル


ブラックイーグル(BLACK EAGLE)アローが新しいインドア向けシャフトを発表。

毎年ラインナップを拡大してきているブラックイーグルアロー(Black Eagle Arrow)が、新しいインドア向け(ベガスルール)シャフト、PS27 Super X Premiumシャフトを発表し、今後のインドアの試合でプロシューターたち(クリス・パーキンスやアレックス・ウィフラー)が使用する予定です。

今月号のアーチェリー業界誌にブラックイーグル社の記事が載っていましたが、2017のASAトーナメント(3D形式)での表彰台の44%がブラックイーグルの選手だったとのことでした。ただ、WAトーナメントでの使用者はまだほぼいないので、もう少し見守っていく予定です。