FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) ストレッチ

最後のストレッチは見てもらえれば、伝わると思いますので翻訳しません。また、assembly/nocking point/arrow settingは特に新しい内容を含まないために翻訳しません。一連のシューティングフォームの教材は下記の通りです。また、FIVICSも営利企業です。外出自粛に伴い、自分でできる勉強として動画を作製しているのだと思いますが、別に当店でなくともよいので、参考になったという方はなにかFIVICSの商品買ってあげてください。

FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) ベーシックアーチェリー(リカーブ)の動画-スタンス

 

FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) グリップ編

 

FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) ノッキング編

 

FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) 取りかけ

 

FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) セットアップ

 

FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) ドローイング

 

FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) アンカリング

 

FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) エイミング

 

FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) ホールディング

 

FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) リリース

 

FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) フォロースルー

 


FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) フォロースルー


フォロースルーとは、矢を発射してから約3秒間、ショットのテンションをま保ち、姿勢を維持する動作を指します。

弓を射つとき、腕を押す力と引く力は前後で同じバランスを維持しています。 両方の腕が的の中心以外の方向(上/下/左/右)に移動する場合、グルーピングが広がる可能性があります。

スタンスからリリースまでのフォームが良くても、一貫したフォロースルーができない場合、アーチャーは競技をうまくこなせません。


FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) リリース


リリースは、最も重要な部分の1つです。リリースは矢飛びに大きな影響を与えます。リリースとは、指のテンションを緩め、引き手の指から弦が離れていくと同時に、アンカー位置からあごの下のラインに沿って約3〜10 cm耳に向かって手を動かす動作です。

リリース中、アーチャーは的に視覚のフォーカスを維持しながら、手を開かずに引き手の指をリラックスさせる必要があります。

フルドローとショットのタイミングの一貫性を大幅に高めるクリッカーを使用する場合、アーチャーはホールディングで両方の肩甲骨を使用して力を維持する必要があります。クリッカーは、矢のポイントが通過すると動きになり、同じドローレングスに達したことを示します。アーチャーはすぐに弦をリリースします。

–間違っている例

リリースに違いがあるとショットに大きな影響を与える可能性があります。リリースを最適に行うには、クリッカーがなるまでの時間を一定に保ちながら、リリース時の手の姿勢と動きに注意してください。


FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) ホールディング


ホールディングはリリースの準備をするステップです。押し出と引き手のバランスを維持し、ホールディングの時間が2〜3秒を超えないようにします。

ホールディングでは、バックテンションと呼ばれる背中の筋肉の使用を強めてます。 このとき、アーチャーは菱形筋を使用し、肩甲骨から脊椎まででそれらを引き締めて、両方の力を維持します。上部僧帽筋を使用しません。

この時点で、肩甲骨の上部が動くと、僧帽筋が収縮する可能性があるため、肩甲骨の下部を使用する必要があります。ホールディングが長いと、射の一貫性が失われたり、スコアが大幅に低下する可能性があります。


FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) エイミング


エイミングは、弓を的の中心に合わせるプロセスです。アンカリング後、ぼやけている弦の位置を維持しながら(訳注:弦サイト)、的に向かって弓を押し、的の中心に”正しい目(the proper eye)”で(*)サイトピンを合わせます。

*焦点をどこに置くべきかについては議論があり、定説はないと思います。

–間違っている例

アーチャーの頭が傾くと、矢は左右にばらけてグルーピングします。


FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) アンカリング


アンカーの位置は、矢の高さを決めます。アンカリングする時、、顔と接触する弦の位置が変わると、矢が当たる場所も変わります。引き手の人差し指の指の関節をあごの下(訳注:センターアンカー)、または口角の下(訳注:サイドアンカー)に配置して固定します。

アーチャーはリリースまでバランスとタイミングを維持しながら的を狙います(訳注:エイミング)。

アンカリングとは、あご顎のラインの下にの親指を置くことを指し、ストリングは鼻の中心と唇に一貫して正確に固定されます。

–間違っている例

アンカーの位置が上がると、矢は下に飛びます。アンカーの位置が低すぎる場合、矢は上を飛びます。アーチェリーでは、アンカーの位置を一定にすることが非常に重要です。


FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) ドローイング

ドローイングとは、弓を押す力と等しい力で弦を引く動きです。自然に呼吸している間、押し手はピボットポイントから的の中心に向かって弓を押し続け、引き手とひじは水平より高く、引き手のひじを中心として動き、引きのテンションは肩の後ろに回転していきます(訳注:バックテンション)。押し手の力と引き手の力はターゲットとのラインと同じにラインです。

–間違っている例

ドローイングするときは、押し手の肩が上がってしまったり、前に出たりせず、引き手のひじは矢のラインの延長線から前に出ないようにしてください。


FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) セットアップ


次のステップはセットアップです。セットアップとは、弦を引く/引く前に、弓の腕を的の高さまで持ち上げる動作を指します。

アーチャーは頭を的に向け、エイミングポイント(*)に視線を向けます。押し手を持ち上げ、引手も同じように上げていきます。このとき、引手のひじを押し手のグリップよりも高く上げ、弦を約3分の1だけ引きます。

押し手の方からピボットポイントまで一つになる感じで正確に動き、ひじの内側に垂直になるように返した(*押し手を返す)後、弦を引く力を一定に維持して、弓のポジションを固定します。

弓をスムーズに引き出すには、引き手のひじを引き手のより上に上げることも重要です。引く時は肩甲骨の動きを使います。

肩の位置を低く、胸は自然な位置を保ちます。

*訳注 エイミングポイントとは、エイミングするときの焦点ですが、さまざま議論があり、サイトピン全体、サイトピンのピン、サイトピンのリング、的などです。まずはサイトピン全体でよいかと思います。


FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) 取りかけ


取りかけ(Hooking)のやり方を学びましょう。 取りかけとは弦を握る動作を指します。取りかけでは、人差し指、中指、薬指を使用します。矢の上に人差し指、中指と薬指は矢の下です。

–間違っている例

強い力で弦を指で握ると、矢がレストから上下することがあり(レストアップ・レストダウン)、正しく当たらなくなります。


FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) ノッキング編


ノッキングは、ノッキングポイントに矢を取り付けるプロセスです。この時、アーチャーは矢をクッションプランジャーの上に置かないように注意する必要があります。ノッキング時、水平のベイン(index fletching)を体の方に向けます。 これは、ベインがクッションプランジャーに当たり、矢飛びに悪影響を与えるのを防ぐために行われます。

–間違っている例

(一部翻訳省略しています)