世界室内予選で日本記録タブル更新!

現在アメリカで行われている世界室内選手権で、河田選手と入江選手がともに、予選を一位で通過し、さらに、両方ともに日本記録を更新しました。

300点満点の598(旧594点で4点更新)と591点(旧588点で3点更新)で両方ともに大幅な更新となりました。リカーブの日本記録では初めての満点です。おめでとうございます!


2018年、ワールドカップファイナルとベガスシュート終了しました。

2018年のワールドカップファイナルとベガスシュート終了しました。ホイットのリムボルトの安定化の問題では、これまでアメリカチームを中心に行われていましたが、今回のインドアワールドカップ・ファイナルのリカーブ女子で優勝したリサ選手(Lisa Unruh)も、リムボルトを固定式のものに交換しています。女子でハンドルを改造する方は珍しいですね。

コンパウンド男子では、ジェシー選手が優勝しましたが、3Dプリンタで製造した特注のグリップを使用していました。調べましたが、特注の直販品ですので、弊社では取り扱いできません。気になる方はメーカーに直接注文が必要です。13000円くらいのようです。

Jesse Broadwater Signature Series – Mathews UltraGirp

11日に行われたベガスシュートでは、何年ぶりでしょうか、マーチンアーチェリーのプロシューター(AXON-40使用)、ボブ・アイラー選手(Bob Eyler)選手が優勝し、約600万円の賞金を手にしました!おめでとうございます。

国内は全日室内を残していますが、世界的にはこれから、いよいよアウトドアシーズンのはじまりです!


アバロン(AVALON)・テックX(TEC-X)スタビライザー、世界14位に採用される。

アバロンの広告で知りました。ユースの世界選手権で準優勝し、近年では2016年の世界フィールド選手権で14位(広告ではなぜか11位)だったマーク選手(Mark Nesbitt)がアバロンのTEC-Xスタビライザーを採用したとのことです。その後、北アイルランド記録を更新したそうです。

以前使用していたKAYAのSOULスタビライザーとは同じ系統なので、相性が良かったのは分かりますが、販売価格で5000円を切る(現在取扱いの準備をしています)スタビライザーを世界レベルの選手が採用するのは驚きです。

スタビライザーは相性の部分が大きい(特にリカーブ)ので、価格と関係なくいろいろ試すのはありだと思います。実際にウィンのラインではS21が最も高価でよい素材を使用していますが、トップ選手の多くが採用しているのはHMC+です。


2018年、インドアワールドカップ第二戦(バンコク)、エシェロン初の優勝までもう一歩。

インドアワールドカップ第二戦が週末バンコクで行われました。世界大会で最も参加費が安い(旅費含む)ので、私含めスタッフみんなで2年連続でこの試合に参加しましたが、今年は日本からの参加は1名のみというちょっと寂しい状況に。

リカーブの方は第一戦と違い韓国の実業団選手などが参加し、男女ともに韓国選手がX10で優勝しました。

コンパウンドの方ですが、決勝にシャフ(Schaff)選手が進出したことで、出荷が始まったばかりのエシェロン初の金メダルかと期待しましたが、決勝までに3回150点の満点を出しているシュロッサー選手に敗れ2位でした。

女子の方は選手はほぼX-Busterを使用しているという印象で、インドアリカーブはX10 vs 大口径、コンパウンドはX23 vs X-Busterという2択になりつつあるのかなと思います。新商品のスーパードライブもどこかで結果を残してほしいですね。


シファ(sjef)選手のリカーブボウセッティング。

シファ選手(sjef van den berg)が自身のチャンネルで現在のリカーブボウのセッティングを公開しました。

ほぼすべて国内で入手できますが、エクステンダーはハンドメイドのソリッドアルミニウムタイプで、タブは以前に紹介したサイモン選手の特注品です

また、サイトピンは12月に弊社に入荷する予定です。

実質で54ポンドか…さすがです。


ワールドカップインドア2017-2018 ステージ2 バンコク 進行中です。

現在、バンコクで行われているワールドカップインドア・ステージ2に、弊社の翻訳・通訳担当で、2014年にWA国際ジャッジライセンスを取得した塩飽が。スコアリングを担当しているのかな?ちなみに右の中野さんも高校の先輩です(塩飽は高校の後輩)。

頑張って仕事してください(笑)


インドアは…練習しましょう!

1年半ぶりに公式試合に出場してきました。来年のフィールドに目標を定めて、最近練習をして調整してきたのですが、まぁ、調子も悪くなく、直前にセッティングだけインドアに仕様にすればなんとかなる程度に考えていたのですが…終わりました。

三つ目的を射つことになるのですが、上が一番上の的、下が一番下の的。上の的は通常の練習(50m)の感覚とあまり変わりく、ぼちぼちの結果となりましたが、下の的は感覚が全くつかめず、ご覧のひどい有様に…。

インドアの練習します!!ごめんなさい。


勝てない最後の一射/2018年のルール変更について。

スマホ画面われたので本日機種変しましたところ、旧スマホより、書き忘れていたネタがいくつか出てきたので、ここで。

まずは2018年に変更されるルールです。WA(世界アーチェリー連盟)での変更ですが、全日本アーチェリー連盟もそれに沿うようルール変更が進むと思います。

大きなところでは2点です。

1.勝てないときは射たなくてよい(*)。

*(原文) During matchplay in all disciplines, an athlete or team will no longer be forced to shoot their final arrow if unable to win the match – although it would be down to that athlete or team to make the decision.

つまり、リカーブで4-4であと1セットで負けるとき、相手が先に3本で30点を出してしまい、自分がその時点で19点だった場合は射つ必要がないとのことです。コンパウンドの場合も、最終エンドで相手が150点を射った場合、自分がその時点で139点以下なら射つ必要がないとのことです。ただ、射つ必要がないというだけで、射ちたいならどーぞという感じのようです。

2.シュートオフの1回目はリカーブ10点、コンパウンドXなら引き分け(*)。

*(原文) If both recurve athletes shoot a 10 or compound athletes shoot an X10 with their shoot-off arrow, a second tiebreaker arrow will be shot – with the winner of the second tiebreaker decided on which arrow lands closest to the middle of the target.

現状、全ア連では、「個人戦のとき i.得点による1射のシュートオフを行う。 ii.同点の場合、中心に近い矢により決定する。」とされていて、1射目から的に近い矢で勝敗を決しますが、今後は、1射目がリカーブ10点で同点、コンパウンドがXで同点の場合は、測定をせず同点として、2射目から距離の測定をすることとなるようです。

シュートオフの調整はともかく、勝てないなら射たなくて良いっというのは大きな変更のように思います。国内でも近いうちに適応されるはずです。

また、ホットな話題で、パラ競技のシューティング時間で20秒から30秒となります(*)。

*(原文) Other accepted bylaws included increasing the time allowed for individual alternate shooting in para archery competition from 20 to 30 seconds.

先日、NHKの取材のときに、マット・スタッツマン選手が予選ではトップの成績でも、トーナメントには弱いのはなぜかといった話題が出た時に、個人的にこのような回答しました。彼のような射ち方では20秒/1射は結構厳しいと思われます。矢をつがえる時間が違うので、時間との戦いがより厳しいです。今後、30秒になることで彼のような選手には有利になるのではないかと推測します(パラ競技のみです)。

参考:https://worldarchery.org/news/154298/executive-board-confirms-alcohol-ban-pre-congress-meeting


いかがでしたか? マット・スタッツマン選手の特集番組。

昨日の深夜放送されたマット・スタッツマン選手の特集番組「足で射る男!~アーチェリー マット・スタッツマン~」はいかがでしたか?

個人的には完成度の高い良い番組だったのではないかと思います。今後良い番組を作って欲しいです。

また、弊社の3人が番組にかかわっていますので、何か疑問点がありましたら、コメントください。

ちなみに次回の再放送は BS1 11月25日(土曜日)午後0時00分~午後0時50分  です。