HAMSKEA Versa RESTが新しくなりました。

あると便利なちょっと変わったアーチェリー用品(と言ったら叱られますが)でおなじみのHAMSKEA(ハムスキー)から絶賛発売中の“神レスト”「Versa REST」(ヴァーサレスト)が、マイクロ調整機構を搭載して新登場となりました。

CM140831-195334001

*従来のマイクロ調整機構のないモデルも引き続き販売中です。

上下(縦方向)の調整、左右(横方向)の調整は、ロックネジを緩めて本体を適宜動かし、再度ロックネジを締める手順となりますが、これだとロックネジを締める最中にもしかするとズレたりする可能性もありました。

このロックネジ~調整の部分で、もう一か所、本体を移動させる際にネジを使うことでさらに微調節ができ、しかもロックネジを締めこむ際のズレも起きないという目的で設計が見直されました。

CM140831-195343003-1

*赤矢印・・・ロックネジ

*黄矢印・・・マイクロ調整ネジ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そもそもこのレスト、なにが“神”なのか。

それは、この1台で、、、、、

・リムドライブ(上リムor下リム)/フォールアウェイ

・ケーブルドライブ/フォールアウェイ

・スプリングテンションレスト

・ブレードテンションレスト

と、実に1台4役の対応が可能な優れたマルチレストなのです。

このレストにマイクロ調整機構が追加された、と言う事なんです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さらにこのハムスキーから、もう一つこんなパーツが発売されました。

「Versa Overdraw」(ヴァーサオーバードロー)

CM140831-201844007CM140831-201745005

レストブレードの先端と矢が接触するポイントを従来の位置よりも後ろ(射手の顔に近づく方向)へずらし、発射の際の矢に伝わるトルクを低減させようという目的で「AAEフリークショウ・ロングマウント」等をはじめとするオーバードローレストが 販売されていますが、ハムスキーから今回発売されたこの商品は、現在お手持ちのレストを使ってお手軽にオバードローレストに変貌させようというエクステンションパーツとなっています。

延長できる幅は、約1インチ~約2インチ。

まず最短位置で取り付けただけで約1インチ下がります。それが最大2インチまでとなります。

と言う事は、最近のHOYT弓はテックハンドルになっているので、デザイン上その時点で無理です。残念ながら使用出来ません。

HOYT以外のモデルで使用が可能となっています。

CM140831-202145010

イラストは、ハムスキー/Versaレストをあてがったイメージです。実際は下の写真です。

CM140831-203212040

同一メーカーなので当然バッチリピッタリです。

では、他のメーカーのレストはどうか?

今回試したのは、トロフィーテイカー、スポットホッグ、AAEフリークショウです。

ポイントはレスト取り付け部の幅です。

この部分の内幅が約23ミリなので、おのずと23ミリ以下の幅を持つレストに限られてきます。

CM140831-202847028

結論から言うと、今回のレストの中では約19ミリのトロフィーテイカーだけが取り付可でした。

CM140831-203005030CM140831-203047034CM140831-203117037

その他のメーカーのレストは幅が合わないため不可となりました。

見た目からしてかなり大がかりな部品になるので、好みが分かれる部分かも知れませんね。


ボーニング ICE(アイス)べインが入荷しました。

今週入荷した新商品、BOHNING(ボーニング) ICE(アイス)べイン。

入荷するや直ちに多くのお客様のお問合せとお求めが相次ぎ、好調な滑り出しを見せています。

10492128_10152588505774725_1251056409529329221_n

 

フランスのトップ選手が開発に携わり、また実戦投入をし好成績を残している結果もこの好調さを後押しさせています。

その秘密は、羽根に長さを持たせることで修正力を生み出し、しかしその一方で極力背を低くすることで風から受ける影響力を最低限に抑えるデザインです。

貼付け前の触った感触は柔らかいですが、貼付け後は背が低いため全体が硬い感触になります。

全10色、どれも鮮やかな発色で注目を集めるスタイルです。個人的に気になったのは「青」です。「青」と言うよりも、紺色もしくは藍色と言った印象です。

全長:76.2ミリ

高さ:7.62ミリ

重さ:6.5グレイン(0.42グラム)

~~~~~~~~~~~

貼付け位置はシャフトエンドから1インチと言うのが一般的*ですが、個人的にはピッチを付けるか付けないかで議論が分かれそうですね。

*ノック溝から1インチと言うケースもあります。

メーカーは若干のピッチ付け(1~2度)をお薦めしていますが、もし付けるとしても、まず最初に自身のベアシャフトがどちらに回転するかを確認してから貼付けを行うのが良いでしょう。

ボーニング・アイスべインは、大好評発売中です!

1409471148841


ガスプロのリカーブエフィシェントサイトピンが入荷しました。

DSC_02941月にイギリスのテルフォードで見た試作品のガスプロ(Gas Pro)の新型サイトピンが、本日入荷しました。

DSC_0295設計はタイタンのような無倍のレンズを使用したドットタイプのサイトピンですが、特徴はリングをはめ込むことで、内径を調整できることです。

DSC_0291がっちりと押し込んで固定し、外すときは、今回たまたま近くにポイントがありましたが、レンチやボールペンみたいなもので掻き出す感じで取り外しできます。

DSC_0293何も入れないときの内径が15mm、調整リングの内径はそれぞれ、12mmと8mmです。

DSC_0292装着した時のイメージはこんな感じです。レンズに張り付けられているドットは2mm。ハウジングは3色で本日より販売開始です。


2014年の全日本ターゲット選手権 挑戦してみませんか?

2014_national_target_001昨日、今年度の全日選手権の要綱が発表されましたが、コンパウンドは同じ人数でしたが、リカーブの出場枠が大幅が増えています。

男子リカーブ 2013年 定員 75名 → 2013年選考の申請をした人数 92名 → 2014年 定員 96名
女子リカーブ 2013年 定員 48名 → 2013年選考の申請をした人数 61名 → 2014年 定員 78名

と大幅に定員が増えています。大幅に増えているところか、2013年に申請した人は全員そのまま通るほど定員が増えているます。

2014_national_target_002ただし、申請するためには上記の点数を少なくとも満たしている必要がありますが、70mwの方の最低基準点は2013年度よりも男女ともに10点も下がっているので、点数がある人は申請してみると、参加できる可能性がかなり大きいと思います。これだけ枠が広くなり、点数も下がってくると、何点くらいで通過できるか予想もつかないです。

締切まであと2か月、皆さん頑張りましょう!!

要綱はこちらです。


2014年の全米選手権終了しました。

10418870_319384894886798_4090415131428556630_n(ジェシーのフェイスブックより)

全米選手権が終了しました。昨日の記事はジュニア部門の選手で、ハウザー選手は見事に優勝しました。

シニアのコンパウンド男子部門では、優勝がジェシー選手、2位がハンマーを開発したティム選手、三位がレオ・ワイルド選手でした。

US_open_2014_compoundルールが改定されてから、アメリカで試行錯誤されているオールラウンドタイプのX10やNono Proに変わって、フィールド用のヘビーポイント+大口径軽量シャフトという選択肢の成果を試す、初めての全米大会でしたが、8位までに入った選手の使用シャフトを調べてみました。

US_open_2014_compound_shaft調べた結果、8人中3人という結果になりました。この結果をどう判断するかはお任せしますが、X10やナノプロという1ダースの値段が4万円前後の非常に高価なオールラウンドシャフトに対して、1ダース2万円で製作できるゴールドチップのシャフトで、ここまでの結果が出たということは、メーカー技術の優位性というよりも、ゴールドチップの持つコンセプト(高精度・大口径・軽量シャフト・ヘビーポイント)の勝利と言ってもいいのかなと思います。

Wroclaw_14次は8月5日から行われるワールドカップの第4戦です。

リカーブでは、昨年ちょうどこの時期からホイットが新作のリムのテストに入りました。今年はどうでしようか。現在、F7リムの在庫が急激に減少しています。確定した(*)ことではありませんが、2015年のラインナップにF7リムは残らないと思われます。在庫状況からフォーミュラーRXハンドルもなくなると思われます。ハンドルで新しいものが出るとは限りませんが、リムの方ではF7がなくなると、残るラインナップが3種類だけになってしまうので…かわりのリムが出るのではないかと予想しています。

*2015年ラインナップのホイットでの決定自体が8月です。代理店への説明は9月に始まります。

コンパウンドでは、アメリカ勢のシャフトセッティング、フランス勢のベインのセッティング、あとは先日のヨーロッパ選手権も制した絶好調のエルジンガー選手などが注目されるか思います。

この時期にナショナル選手権(日本なら、全日本選手権)をやってお国の一番を決めて、10月に世界選手権・ワールドカップファイナルをして、世界一を決めるという流れが多い中、スケジュール的に日本では、世界一が決まってから、日本一を決めるという流れになっています。

…何でですかね。。。


GT デイビット・ハウザー選手が世界ジュニア記録を更新

10489802_831568593521063_6688707337565112783_n先月、チームAXCEL/TRUに加わったばかりのデイビット・ハウザー選手がさっそく、世界ジュニア記録を更新しました。

1502302_754328731299795_3826734895020468421_o現在行われている全米選手権で、50m15本射の決勝ラウンドで150点&10Xを射ち、世界ジュニア記録を更新し、レオ・ワイルド選手が持つ、世界シニア記録タイの点数です。

将来が楽しみな選手です。ちなみに、ゴールドチップのウルトラライト400番使用、ポイントのグレイン数は確認中です。

また、ウルトラライトが多くのスパインで在庫切れになっていますが、来週の後半に入荷予定です。


フランスアーチャーが開発したICEベイン

worldarcherytv_ice_vanesボーニングから新しい羽が発表されました。

コンパウンドではアメリカ選手を中心にゴールドチップのシャフトを使う流行ができていますが、今度はアメリカのボーニングとフランスのプロアーチャーたちが協力して開発した羽です。

まずはフランスの(写真上)Pierre-Julien Deloche選手で、現在世界ランキング1位の選手です。去年の世界選手権は個人で2位。今年はワールドカップステージ1で個人で2位、ステージ2で男女混合のMixで優勝と、最近絶好調の選手です。次にフランスのDominique GENET選手。現在、世界ランキング14位。代表歴10年以上のベテラン選手です。


worldarcherytv_ice_vanes1
もう一人のSebastien Peineau選手は、Pierre-Julien Deloche選手と今年のワールドカップ・ステージ1で闕所ン戦を戦う、見事に勝利し、現在世界ランキング12位。上記の試合はコンパウンド個人の決勝戦。両方ともこのタイプの羽根を使用しています(見た目は既存のインパルスにそっくりで気が付きませんでした)。

実はフランス人アーチャーの友人があまりいない(理由はヨーロッパの中でも飛び抜けて英語しゃべれる人がいないため…)もので、情報が遅れました。

10492128_10152588505774725_1251056409529329221_n
長さは3インチ、高さは1/10の0.3インチ。長さと高さの比がこれほど極端なベインは多くはありません。リカーブでのガスプロの2.5インチのターゲットエフィシェントと同じような形状です。

Impulse
これはベースモデルのインパルスが発表されたときの資料ですが、ガスプロのベインと同じ発想で、羽根を長くし、かつ、低くすることで、同等の修正力を保ちながら、風から受ける影響を低減させ、かつ、矢のクリアランスを良くします。

ボーニング インパルス 技術資料
http://archery-shop.jp/manual/ICE_VANES_DATA.pdf

発表されたばかりで…入荷は1か月後くらいを予定しています。ご期待ください。


1/4ロッド用のディスクウェイトを仕入れてみました。

10348379_248869095303750_7519942852091008847_nリカーブ競技でメインのフォーマットが144本から、半分の72本になり、重めのスタビライザーセッティングを好む選手の間で、ディスクウェイトが人気になってきたので、新規取扱いすることにしました。5/16のねじのものは多くのメーカーが発売しており、弊社でも昔からビー・スティンガーのものを扱っていますが、1/4ねじのものはちょっと珍しいです。

DSC_0278まぁ、ウェイトなので、何かすごい性能はないのですが、スタビライザー全体の長さを伸ばさずに、ピンポイントでロッドに重量を付加することができるというものです。

GT_Ryo重いセッティングではなく、ロッドの先端にウェイトを1-2個しかつけていない方には特にメリットはありません。写真は現在の自分のコンパウンドのセッティングですが、サイドには14オンス(約400g)のウェイトを付けています。これをW&Wの通常サイズのウェイトで400gをロッドに付加しようとすると、ウェイトだけで、21cm(約8インチ)にもなってしまい、ウェイトの長さがロッドの長さの半分以上になってしまいます。

IMG_20140725_163937IMG_20140725_163822写真の通り、ディスクウェイトは24mmの長さで208g、通常のサイズのウェイトでほぼ同じ重さにすると長さは105mmと約5倍の長さになってしまいます。

IMG_20140725_164504ただ、ロッドによっては装着できません。装着するにはロッド側のオスネジに7mm以上の長さが必要です。購入を検討される場合は、使用予定のロッドのオスネジの長さを確認してください。ちなみに、写真の左が8mmのオスネジで、右が6mm(使用不可)のオスネジです。