自宅でも!インドアワールドシリーズは7000円で参加できます。

World Archeryから2020-2021シーズンはインドアワールドシリーズの詳細が発表されました。基本的にはオンラインでの参加となりますが、現状では、1月のフランス・ニームと2月のラスベガスのベガスシュートはキャンセルされていません。ベガスシュートの参加者はエリート部門を除けば、ほぼアメリカ人ですので、開催されると思いますが、ニームでは多くのEU参加者(ニームはパリよりも伊トリノ・西バルセロナのほうが近い)がいるので、開催できるのでしょうか…。

詳細のフォーマットはWAのホームページで確認できますが、一番の驚きはなんと自宅でのスコアでも申請できるとのことです。まあ、自宅に射場ある人は多くないと思いますが、公共の射場や、学校施設などプライベートな射場でも参加できます。参加費は7000円です。ぜひ!

私は…ベアボウ部門もあるので、迷いますが、ほぼベアボウでインドアの経験がない。。

ルール詳細(英語) – 0.2MB


The following two tabs change content below.

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。