マシューズ(Mathews)2021はTRX-G2、C3Xカムを搭載したモデルです。

弊社にはまだ写真が届いていませんが、取引先の米ランカスターでマシューズの2021年モデルの販売が始まりました。

基本的にはTRX38のハンドルデザインの見直しとカムをTRX36等で好評なC3Xカムに変更、そして、ハンティングモデルでは採用されているQAD独自のマウンティングシステムをターゲットモデルとして初めて採用しました。合わせて、QADからも新規にターゲットレストが発表される見込みです。

(Lancasterの紹介動画より)

ハンドルの垂直面に直接レストを装着するというこのシステム(Integrate Mounting System)で、レストの水平を測定する必要がなくなり、レストの取り外し・再装着とトルクチューニングが簡単にできるようになります。レストの固定の強度の倍になるそうです。

PSEの2021年も発表され、納期も届いていますが、例年10月1日発表のカタログ(ハンティングモデル含む)の方は予定日も出ていません。マシューズでも、発表は例年通りのスケジュールではないかもしれません。現状、12月半ばの入荷予定です。次は10月3週目のホイットですが(例年)、順調に進むことに期待しています。

34インチモデルも発表されていますが、在庫はTRX38-G2の方のみの予定です。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。