アーチェリーショップとコロナと今後の展望について。

新しく届いたX10のタングステンポイントのパッケージがすごく豪華に…いや、ポイントって接着したらポイントケースにもう戻ることないと思うのですが…何のためでしょうか。

さて、自分の整理のためにも、新型コロナの影響によるアーチェリー業界の現状と今後について、弊社の今後の方針について少し書いたみたいと思います。まず、アーチェリーショップですが、時期に救われたところが大きいと思います。アーチェリー用品の需要が大きいのは新入生が自分の道具を買う6月から夏休みの合宿前くらいまでです。その最も需要がある時期に向けて、5月後半ごろから在庫を積み増していくわけですが、コロナで学校で止まったのが3月頃、練習ができなくなったのが4月ですので、ハイシーズンに向けて、在庫を積み増したところはほぼないと思います。プロショップの固定費はそんなに高くはないので、6月ごろまでに終息すれば、プロショップが受ける影響は少ないと思います。

カテゴリーでいえば、社会人中心のコンパウンドの売り上げはあまり変化がないものの、学校が止まり、練習ができない学生がメインのリカーブでは売り上げが落ちている状況です。

アーチェリーメーカーですが、どこでも2-3か月分の需要が飛んだと思います。ただ、こちらも、現在日本では9月入学が検討されていますが、世界的に見て需要が最も旺盛なのが6-7月な市場は少なく、例えば、アメリカでは9-12月(ハンティングが始まる時期)です。なので、最も商品が売れる時期を丸っと逃してはいません。

ただ、カテゴリーによる違いもあり、コンパウンドメーカーの多くは10-11月に2020年モデルの販売が始まっていて、新型の弓の需要はほぼ一巡しています。私たちも先日、コンパウンドに関しては、今シーズンをここで切って、全体として、9月には始まってくる2021年シーズンに向けて、切り替えようという方針としました。2021年シーズンは問題なく始まると考えています。コロナ終息後を楽しみにしましょう。

【コンパウンド即納モデル】は20%値引き、店舗受け取りでさらに1500円値引きです。

一方でそうはいかないのが、リカーブの方です。WNSやKAPやKINETICのようなエントリーを得意とするメーカー・ブランドは影響をうけませんが、上位競技用モデルを販売している各社は、ずっとオリンピック対応してきました。4年に一度のオリンピックで自社の最上位モデルが輝くよう、新商品の供給時期やアスリートとの協力体制を構築してきました。しかし、今回は異例な事態となり、ゴールとなるオリンピックこそ、1年後に決定(仮)していますが、今後のオリンピック以外の国際大会・選手選考のスケジュールややり方が全く見えていません。

しかも、多くのアスリートが練習もままならない状況にあります。日本でも味の素ナショナルトレーニングセンターが止まっています。私が練習に使用している施設も閉まっています。この状況において、11-12月頃に向けて新商品を発表できるのか、個人的な意見ですが、非常に難しいと思います。例年、6-7月頃にはトップ選手がロゴのない新商品を、国際大会に実際に投入してテストしている情報が出回りますが、今年はまず無理でしょう。

もちろん、2021年のカタログは発表されると思いますが、多くの商品は今シーズンのものが載るのではないかと思います。来シーズン、コンパウンド側とリカーブでは違う事情となると思います。

最後に弊社の今後の営業方針(長期)ですが、今回のコロナで多くのことを学ばされました。特に(厳密には違いますが)内部留保と固定費の大切さです。コロナ前には内部留保はけしからんと言ったことを唱える人がいたりしましたが、現状、何の補償金も借入金(無利子借金を申し込んだ友人は6月面談7月入金との事)の入金もない中、雇用を維持し、店舗も維持している会社は、みんなその内部留保(手元の現金)のおかげです。大切です。

そして、固定費ですが、弊社でも所有している事務所もあれば、家賃を支払い借り入れている事務所もあります。テレビでも騒がれていますが、家賃が多くの会社で大きな負担となっています。事業が再開したのちには、さらに1物件を目途に事務所を賃貸から、所有に切り替える方向です。それにより、さらに固定費を削減し、今後も定期的にやってくる災害に対して、より耐えられる体制を目指していきたいと思います。

ただ、経済は流動的ですので、すべての物件を保有するリスクもあるので、1店舗は賃貸での運用を維持すべきだとも考えています。

以上、5月8日時点での状況です。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。