FIVICS Arcchery x Joo Hyun-jung(北京オリンピック金メダリスト) リリース


リリースは、最も重要な部分の1つです。リリースは矢飛びに大きな影響を与えます。リリースとは、指のテンションを緩め、引き手の指から弦が離れていくと同時に、アンカー位置からあごの下のラインに沿って約3〜10 cm耳に向かって手を動かす動作です。

リリース中、アーチャーは的に視覚のフォーカスを維持しながら、手を開かずに引き手の指をリラックスさせる必要があります。

フルドローとショットのタイミングの一貫性を大幅に高めるクリッカーを使用する場合、アーチャーはホールディングで両方の肩甲骨を使用して力を維持する必要があります。クリッカーは、矢のポイントが通過すると動きになり、同じドローレングスに達したことを示します。アーチャーはすぐに弦をリリースします。

–間違っている例

リリースに違いがあるとショットに大きな影響を与える可能性があります。リリースを最適に行うには、クリッカーがなるまでの時間を一定に保ちながら、リリース時の手の姿勢と動きに注意してください。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。