WNS(Winners)の2020年ライン出荷開始、モデル数が大幅に拡大。

WNSの2020年ラインナップが発表されました。主に中国の工場で生産されているので、何か影響があるかと心配しましたが、事前に聞いた通り、ほぼ問題ないようです。ちなみに、コロナウイルスは付着後最大でも9日しか生存できないので、物流の流れから考えて弊社の荷物で輸入されることはありません。

Persistence of coronaviruses on inanimate surfaces and their inactivation with biocidal agentshttps://www.journalofhospitalinfection.com/article/S0195-6701(20)30046-3/fulltext

さて、新しいカタログを見ると…リムの種類多すぎないか!

(下記価格順)

CARBON FOAM FC-100
CARBON FOAM VANTAGE-G7
CARBON FOAM MOTIVE-C5
CARBON FOAM DELTA-C2
CARBON WOOD DELTA-C3
CARBON WOOD EXPLORE-CW1 = W&W/KAP Winstorm 2 カーボンリム
CARBON BAMBOO EXPLORE-CB1 = KINETIC バンブーカーボンリム
FIBER FOAM MOTIVE-F5
FIBER WOOD DELTA-F3
FIBER BAMBOO EXLORE-B1
FIBER FOAM DELTA-F2
FIBER WOOD EXPLORE-W1

ILF規格(GP)だけで13種類あります。そして、一番の悩みが13種もありながら名前に商品のポジションの情報がないことです(2019年までは基本数字が大きいほど性能が高く価格も高い)。上にイコールの記号を入れましたが、これは別に中身が同じという意味ではありません。弊社では10年以上、低価格ラインのメーカー・モデル数が多すぎて、かつ、同じ価格なら性能も大差ないことから、低価格帯はWNSだけ取扱してきました。ただ、WNSでは賄えないものは取り扱っています。それがKAPのWinstorm(低価格のカーボンリム)とKINETICのバンブーコアリム、サミックのメイプルウッドコアリムの3つですが、今回、そのうちの2つはWNSでも賄えるようになりました。


KINETICのバンブーカーボンの関しては、EXPLORE-CB1に切り替えをします。ただし、在庫は当分の間は少数として、多くのサイズは取り寄せになると思います。


KAPのCW1への置き換えに関しては難しいところです。KAPのウィンストームリムは非常に好評で、長い実績を持っていて、高く評価しています。カーボンリムでありながら、15000円台という価格も優秀です。しかし、KAPというブランドに対してのウィンの姿勢がここ近年見えてきません。WNSは毎年商品が増え、当然ホームページもあり、カタログの毎年新しいものが配布されていますが、KAPのカタログの最新っていつだろと思うくらい…2017年とかかな? ブランドに対して、メーカーからメンテナンスがされていません。

現在も何サイズか入荷待ちになっていますが、代理店にも在庫がないのが現状です。ただし、3月に商品届くという言われているので作っていないわけではないのでしょうが。

とりあえず、1ペア仕入れて、違いを見て判断しますが、よほどCW1の方が優秀でない限りはウィンストームの販売を継続したいと思います。ただ、将来的にはKAPをWNSに一本化していくのではないかという感じもしているので、流れを見ながらという感じです。


残りですが、低価格のフォームコアに対して、私はあまりいい印象がありません。なので、F2リム/F5リムは取り扱いしません。F3リムとC2リムと同価格帯(販売価格で1000-2000円違い)との比較で立ち位置が明確ではないので取り扱いしません。VANTAGE-G7リムはFC-100リムと同様に取り寄せでの扱い。B1リムはバンブーコアを採用し、ソフトな引き心地を実現しています。価格もウッドコアモデル(W1)と同じですが、在庫スペースの関係で、在庫は難しいです。

新しいハンドルとしてはDELTA-NXアルミハンドルと、VANTAGE-CXカーボンハンドルが登場します。VANTAGE-CXは3万円前後のカーボンハンドルです。低価格のカーボンハンドルのメリットが正直あまりわからないので、取り扱いはしません。DELTA-NXは火曜日にさっそく1本サンプルが届きますが、シンプルでクラシックなデザインに、低価格で軽量(1,080g)と完全に私がエントリーモデルとしてお勧めしたい設計になっています。届いてから決めますが、予想通りのものであれば、DELTA-LX(1,200g)の新規入荷を停止して、DELTAラインではNXハンドルを販売を移行していきたいと思います。

アクセサリー類では大きな変更はなく、取り扱いもアバロンに絞る方向で動いているので、変更はありません。以上で、初期ロッドサンプル以外は3月の初めの入荷を予定しています。

SFアーチェリーからブランド移行時にはWINNERSという表記でしたが、新しいカタログではWINNERSの表示がないようで、今後、弊社でもWNSに統合しようと思います。


The following two tabs change content below.

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。