ファイビックス(FIVICS)の2020年のカタログが届きました。結構新しいの出ます。

ファイビックス(FIVICS)の2020年のカタログが発表されました。具体的な納期はまだ届いていませんが、流れとしては2月くらいだと思います。結構新しいの商品が載っていますね。

FIVICSのカタログが読んでいて面白いのは中身がちゃんとあり、言っていることが理解できるから。某メーカーみたいに、

「新開発の〇〇〇(定義のない造語)素材を使用し、〇〇〇(同じく造語)技術により、大幅に性能が向上しました。」

とか言われても、一体何がどう変わったのか、もう想像するしかないレベルです。

現在、FIVICSはタブとダンパー系を中心に扱っていますが、2019年からは、成熟してきたシャフトも販売を開始しました。取り寄せの形ですが、順調な滑り出しでトラブルもありません。リムはまだ判断しませんが、ハンドルに関しては、毎年見ていますが、そろそろいい感じのものを出してきているのではないかと思います。スタンダード設計で1,330gの6000系アルミハンドル。いいスペックではないかと思います。7万弱くらいで販売できれば、いいかなとおもいますが、いろいろと検討中です。

シャフトに関しては変更はありませんが、チャートの若干のミスがあったのが修正され、良かったです。

新しいスタビライザーラインFORNIXは需要の多い14mmと18mmで提供されます。よさそうですが、正直現状スタビライザーが多すぎです。もちろん、それぞれ個性があるのでしょうが、オペレーション的にすべてを扱うのが困難になってきているので…悩むところです。価格帯別に切り分けて、すべて扱うことは可能ですが、在庫するものは絞っていこうと思います。

新しいタブとして、コーチの Kwon Yonghakさんと共同開発したタブが出ます。この方、自分はあまり知らなくて、検索もしてみましたが、恐らく漢字で中国検索エンジンで調べたら出るのでしょうが、アルファベット名で(中国に弱い)グーグル検索では情報が出てこなかったので、どういう方かわかりません。中国では有名とのこと。

調整幅が多いタブが近年流行していますが、グリップを加工すること自体は簡単ですが、自分に必要なグリップをまず設計するのことは簡単ではないのと同じで、どのタブも完成度は高く調整することは簡単ですが、自分にとってサポートとなるパーツの場所をどこに置くべきか理解するのは簡単ではないです。こんなに調整する箇所あったら大変そう(笑)ですが、いじるのが大好きな人には楽しくて仕方ないでしょうね。取り扱い予定です。

ハンドルやリムに注力している影響か、アクセサリー系は近年少しずつ種類が減っていっています。今年も特に目新しいものはないようです。ダンパーやアッパーも現行のまま。

新商品は2月の後半から3月の頭くらいにに入ってくると思います。

FIVICS アーチェリー 2020


The following two tabs change content below.

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。