PSEアーチェリー、早くも2020年モデルの一部を発表、スープラシリーズ。

まだ7月ですが、早くもPSEアーチェリーが2020年ターゲットモデルの一部を発表しました。現行のオリジナルスープラフォーカスはそのまま2020年のラインナップに持ち越され、新しくXLモデルとLD(ロングドロー)モデルが発表されました。

SUPRA Focus XLはATA(アクセル間)40インチのロングデフレックスハンドルを採用したユニークな弓です。カムは新しく開発されたEMカムで、現在好評のEvolve Camと同じ引き心地で小型化したものとなっています。レットオフは75%、または85%、ブレースハイト7.5インチ、重さは5.1ポンド(2,313g)とそこまで重くありません。対応するドローレングスは24-30インチです。

もう一つのLDは28-33.5インチ対応なので、国内での需要は多くないかと思います。

また、新色として GOOD VIBRATIONS(GV)とAmerican Flag (AF)の2色が追加されます。

9月頃から順次納品が始まるようです。また、現行スープラは2020年に持ち越されますが、色の選択肢には変更があるかもしれないとのことです。

PSE SUPRA FOCUS XL 2020


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

2 thoughts on “PSEアーチェリー、早くも2020年モデルの一部を発表、スープラシリーズ。

  1. 75%に比べて、85%では矢速が落ちる、ピークに向けてより大きくポンドが変わるので若干チューニングが難しくなる、ホールディングポンドが落ちるので風に弱くなることが、あげられると思います。

    感覚(エイミングしやすいかなど)に関しては、個人差とどのようなリリーサーを使うかによるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。