BCYより452Xの次世代モデル454が発表されました。

BCYから452Xの上位モデル454原糸が発表されました。現在、BCYではSK99への移行を進めていますが、BCY-X99(ベクトラン20%)とマーキュリー(SK99 100%)は最適な素材であるにも変わらず、多くのコンパウンドメーカーが採用を見送り、SK75の452Xを採用し続けています。

60ポンドターゲットには最適な素材だと思いますが、もしかしたら、70-80ポンド台のハンティングコンパウンドでは、べクラトンを多く含む452Xの方に軍配があったのかもしれません。80ポンドをテストしたことがないので正直なところは分かりませんが。または、BCYのハイストランド化があまり好評ではなかった可能性もあります(私もリカーブの観点からは疑問)が、ともかく、452Xの上位モデルとして設計された454原糸は、452Xと同じ量のベクトラン(33%)を配合し、さらに、太さも452Xと同じ事を売りとして販売されます。

個人的に興味がある方に対しては、7月頃から販売できると思いますが、ショップとしては、現在ストリングメーカーの取引先であるウィナーズが採用するかを見守りたいと思います。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。